「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年5月26日号No.102

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年5月26日号 No.102

  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ 
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
 5月18日にリトル・ペブルへの公的メッセージNo.614が与えられ
ました。主な内容は「教会認可を受けている聖シャーベル修道会の、聖座か
らの最終認可が非常に近い」というものです。たいへん長いメッセージです
ので、翻訳に少々時間がかかりますが、できしだい「箱舟の聖母」に掲載し
ます。


----------------------------------------------------------------
2.天からの、そして天の僕リトル・ペブルからの最重要の指示
  − No.510 1996年3月2日 その(1) −
----------------------------------------------------------------
神の民へ

(以下には初土曜日にイエズスから与えられた公のメッセージが含まれてい
ます。)

 親愛なる善き意思の霊魂、残れる教会の皆様、復活節にあたりご挨拶を申
し上げます。

 ほとんどの方には隠してきたことですが、私は何年にもわたり、イエズス
が体験されたゲッセマネの園の苦悩を味わっています。また、多くの霊魂が
私と同じように、特に将来に関する神の計画と方法とを理解しようと努める
同じ雲の下にあると信じてきました。

 今は詳しく述べるつもりはありませんが、私が神に、そして聖なる御母に
尋ねた質問と、以下のページに述べられているイエズスからの公のメッセー
ジとともに与えられた答えとをお読みになってください。そうすれば皆様の
霊魂は自分自身から抜け出て、愛する御父である神への感謝のうちに上げら
れるので、皆様の霊魂は喜び、希望、堅忍によって満たされることを確信し
ています。

 皆様にとって聖なる復活祭でありますように。勇気を持ってください!

 皆様を祝福します。†

 リトル・ペブル

--------------------------------
リトル・ペブルからイエズスとマリアヘの質問
1996年2月28日
--------------------------------
 私の神である愛するイエズスヘ、最愛の甘美なる御母へ。無であり、小さ
な白い岩である忠実な息子として、まず第一に嘆願いたします。

 御母よ、あなただけが読むことのできる私の心の奥深くから書いています。
あなたは私の心をよくご存じです。私が命にもまして、そしてその他の何も
のにもましてあなたを愛していることを、あなたはよく理解しておられます。
しかし、私の心は悩んでいます。私の霊魂は苦しんでいます。なぜなら、神
は神であり、あらゆることに対して最もよいことをご存じであると言うしか
ない多くのことがあるからです。よくご存じのように、私はこのことを知っ
ており、否定しません。これらの感情は私のものだけではなく、あなたをと
ても愛している霊魂の感情でもあります。私はどのように神の御計画と御旨
を理解すべきなのでしょうか。他の人はどのように理解すべきでしょうか。

(a)この時の終わりまでにごく短い時しかないと天は言います。しかし、
 為されるべきことは多くあり、その実現可能性は1パーセントです。それ
 は信仰や信念や信頼の欠如ではなく、全面的な理解が欠けているためです。
 なぜなら、ある意味では、時がないように見えるからであり、別の意味で
 は私たちには4年間ではなく50年が残されているように見えるからです。

(b)現教皇がすべてを為すと天は言います。
 * 現教皇はご出現(複数)を認可
 * 現教皇は修道会(複数)を認可
 * 現教皇はロシアを奉献
 * 現教皇は教会内の邪悪なものすべてを公然と非難
 * 現教皇は司教を通して私を叙階
 * 現教皇は12使徒を宣言
 * 「仲介者」の教義を発表

 現教皇はさらに多くのことを為さるでしょう。しかし、大警告までにたっ
 た4年しかないと私たちは思っています。4年のうちに世界が灰になるの
 なら、これらのことを認可する意味は何なのでしょうか。何かが為され、
 あるいは話されるかどうかについて、誰が本気にするでしょうか。御母よ、
 私はあなたに反してこう言っているわけではありません。しかし、実際に、
 すべてが知っている通りになったとしても、それが何なのでしょう。何で
 もありません! それはどのみち遅すぎるからです。ですから、現教皇が
 すべてを認可し、その後に終わりが来ます。何が達成されるのでしょう。
 何もありません!

(C)それから修道会についてです。天は修道会が広まり、建てられること
 をお望みです。しかし、私たちには教会のどこからも何の援助もありませ
 ん。しかし、私たちは修道会を建設しなければなりません。共同体は地上
 における唯一の力であるかのように天はおっしゃいます。しかし私たちに
 は2人の司祭とわずか400人の会員がいるにすぎません。キリスト信者
 の教会という大海のなかではほんの一滴にもすぎません。教会に関しては、
 私たちは何者でもありません。そして教皇様は共同体を擁護しておられる
 と言われていますが、聖シャーベル修道会、マリアの汚れなき御心修道会
 の名は口にされたことがないので、誰もそのことを知らないのです。

(d)私たちには4年が残されており、たとえ教会が2年のうちに修道会を
 認可したとしてもそれが何になるでしょう。教会の大半は気にかけないで
 しょう。援助が来たとしても世界が灰になっているなら、私達はその援助
 を必要としないでしょう。

(e)御母よ、全ての時代の教皇があなたの御指示に従っていたなら、この
 混乱はなかったでしょう。ですから私たちは認可を得ます。誰が信じよう
 とするでしょう。それから、私たちは召命に従ってきており、これからも
 召命はあるでしょう。誰が彼らに教えるのでしょうか。司祭は二人だけで
 す。カトリック教会に残された八億の人々は? 世と教会が灰になろうと
 いう時に、共同体について誰が教えようというのでしょう。

(f)たとえ4年間のうちに認可が与えられるとしても、誰があらゆる司祭
 と修道者にメッセージについて話してくれるでしょうか。私でしょうか、
 ブレ神父でしょうか、ブロサード神父でしょうか。誰が信じようとするで
 しょうか。今現在、何も信じていない司教にたどりつくまでに、私たちに
 はどれほどの時間があるのでしょうか。それは歯車を再創造するようなも
 のです。

(g)御母よ、教会の権威筋から一人の枢機卿の援助を得るであろうとあな
 たはおっしゃいました。すべてが灰になるのは2000年のうちでいつな
 のでしょうか。大警告後にすべてのことが変わり、世界が清められること
 はよく分かっています。どのメッセージも私達が教会からの支援を受ける
 と言うのはなぜなのですか。私が読み、私自身が受けたすべてのメッセー
 ジによれば、支援は来ますが、支援のポイントは何なのでしょうか。なぜ
 なら、戦争、教会の分裂、地上の破壊が同時に来るのですから、認可のポ
 イントは何なのでしょうか。
  御母よ、あなたは私が話していることを御存じです。なぜなら、これら
 の預言と教皇認可が1985年にあったなら、あなたが依頼なさったすべ
 てのことは達成されていたでしょう。そして神の人々は喜び、ミッション
 は百万倍にも成長し、幻視者と使徒のうちに分裂はなかったでしょう。

(h)さて、私たちにあるものは、以下のものです。
 * 教会内の分裂
 * 幻視者に対する分裂
 * 使徒間の分裂
 * 弟子間の分裂
 * 教会間の分裂
 * 迷っている世界
  このことから、私たちは何を手にしているでしょうか。強い信仰を持ち、
 希望に生き、しかし疲れ果て、私たち皆がするように「主よ、主よ、あな
 たをおいて、私たちはどこに行きましょう」と言う、あらゆることに幻滅
 している善い霊魂の小さな群です。

 ですから、元后よ、これが私と、多くの者が立っているところなのです。
それは、神が示されたすべてを受け入れず、あるいは愛さないということで
はなく、希望のない状況に思えます。なぜなら、いったん教会の支援という
喜びを受けるとき、来るべき勝利について私たちが知らないならば、すべて
は空しく見えるからです。

 御母よ、私は理解しようと懸命に努めています。どうか私を助けて下さい。
私はひどく憤慨し、疲れ果てています。フラストレーションがとてもたまっ
ています。たとえ何と言われようとも、心のすべてをもってあなたを愛して
います。そして再度、あなたの「小さな無」として、「清らかな愛」の奴隷
として、御母よ、あなたに私自身を捧げます。私の心を開くことを許してく
ださい。しかし心を開くことは私をひどく苦しませます。そして私にはある
明快な回答が必要です。どうか私に回答を与えてくださらないでしょうか。

 苦しんでおられるあなたの息子、苦しんでおられるあなたの人々、私のよ
うにとても傷ついている人々、そして私も、これらのことを明快に説明する
あなたの声を聞く必要があります。私とあなたの子供達が希望を持ち、たと
え私たちに将来と聖なるニューエラがあり、楽しみにしている第2の来臨が
あったとしても、これらの特別な出来事には関係なく、私たちは今なお、時
のうちに生きています。

 御母よ、たとえば、私的に教皇様に会うようにと天は7回私たちに依頼さ
れました。謁見に成功したといっても、私たちは一度、教皇様と私的に話す
ことができただけです。その他の時は、あなたたちは私たちを遣わし、何も
達成されません。これはブレ神父とその司祭たちにも起こっていることです。
唯一の結果は従順であり、心は疲れ果て、希望はくじかれ、熱意は去ってし
まいました。

 同じことがファティマで、他の黙想会で起こっています。しかし、あなた
は私たちに信じるように、勇気と信仰と希望を持つように頼んでおられます。
私たちはそのようにしています。しかし、時の終わりの主要な預言について
何かが成就されるとの期待は全くありません。何も成就しないので、エネル
ギーは使い果たされ、霊感と喜びとは破壊されてしまいました。人々は一般
に信仰を失いましたが、そのことを人々に責めるつもりはありません。です
から、これがあなたの友人、真にあなたを愛し、真に希望している友の状態
なのです。もし教皇様が受け入れられたなら、少なくともある部分までは、
司祭に受け入れさせたでしょう。しかし、そうはなりませんでした。

 御母よ、ブレ神父とブロサード神父には仲間があり、様々な都市に派遣さ
れるでしょうと、あなたはおっしゃいました。なぜなのですか。なぜなら、
権威筋が御出現と、司教の保護のもとの修道会の形成を受け入れるなら、両
神父は修道会に留まるでしょう。そうではないのですか。

 とにかく御母よ、これが私の心に、そしてあなたの忠実な使徒、ブレ神父
とブロサード神父、真にあなたを愛しているけれども当惑し混乱している、
多くの霊魂の心にあることです。

 私はあなたの忠実な、しかし困惑し苦しんでいる息子、教会を勝利に導く
将来の代理者として留まります。


--------------------------------
ナウラの全出現聖堂でリトル・ペブルに与えられた幻視
1996年2月28日
--------------------------------
リトル・ペブル:
 今日、ミサ後、聖母が来られました。明るいピンクのとても美しい装いで、
頭上には明るい星がありました。星のうちには十字架につけられたイエズス
がいらっしゃいました。聖母はクリスタルのピンクの珠でできた美しいロザ
リオをもっておられました。聖母は微笑み、私を祝福し、聖母を最も喜ばせ
る「聖体の清らかなる息子」と私に呼びかけられました。

 聖母は、私が書いたすべてのことを理解しているので、困惑しないように
とおっしゃいました。その後、聖母は血と水の涙を流して泣き始められまし
た。その血と涙は聖母にあてた私の手紙の上に落ち、その涙から花が出てき
てイエズスの聖心を形づくりました。多くの花々があります。百合、バラ、
ライラック、デイジー、そして白と金の十字架もあります。

 聖母は微笑まれ、これは悲しみの涙ではなく、慰めの涙であるとおっしゃ
いました。聖母は私の心をとてもよくご存じですし、この手紙が様々な神秘
家と幻視者、特にソーンブッシュから受ける回答とともに印刷されることを
望んでいるともおっしゃいました。


--------------------------------
全出現聖堂でリトル・ペブルに与えられたメッセージ
1996年3月1日
--------------------------------
リトル・ペプル:
 今日、聖母は茨の冠をかぶり、ここに来られました。聖母は悲しそうに見
えました。聖母は私に挨拶され、神である聖母の御子からのこの冠を担って
いるとおっしゃいました。それは、私とソーンブッッシュが担っている冠の
一部だからです(私とソーンブッシュはあたかも一つです)。聖母は微笑ま
れ、私を祝福し、おっしゃいました。

聖母:
 清らかなるホワイト・ロック、神の愛の天使よ、平和に留まりなさい。私
はあなたの心を知っており、あなたの悲しみをよく理解しているからです。
息子よ、あなたが神のことを理解していないことは分かっています。神は全
てを知っておられ、為されたすべてのこと、神から要求されたすべてのこと
には理由があることをあなたたちは知っておくべきです。

 神がお求めになるあらゆることの背後にある最も重要な目的は、たとえ理
解されないにしても、霊魂を救うことなのです。教会が認可するのは今か、
過去にか、それとも将来かは問題ではありません。神の完全で聖なる御旨は
成就されるからです。すべての目的は霊魂を救うことなのです。

リトル・ペブル:
 世界がこの件に関してて理解でき、霊魂が強められるように、イエズスは
明日、私にお話しになると聖母はおっしゃいました。

 神も聖母も、私の心を、私がどれほど神と聖母を愛しているか、また私の
従順をよくご存じなので、私の手紙に不快感を抱いてはおられないと聖母は
おっしゃいました。天は、私が清らかな信仰、愛、憐れみの人なので、教会
の光のかがり火として諸徳が私の霊魂のうちに輝いているので、私のことを
「清らかなる真理の白き岩」「神の愛の天使」、そして「リトル・アブラハ
ム」、最後の代理者と呼ばれるとおっしゃいました。

(……原文一部分消えている……)

 その後、聖母は私に茨の冠を手渡し、私の手にその冠を置いて、おっしゃ
いました。これはあなたのものですと。

 その冠の上に、クリスタルの小さな白いバラが見えました。白、赤、茶色
の十字架がある茨もありました。その後、聖母は3フィートほどある茶色の
十字架を取り、それを私のうちに置き、恐れることはないとおっしゃいまし
た。私は十字架を担うけれども、死ぬことはないからと。イエズスが園で試
みられたように悪魔が私を試みていること、すべては理解できるようになる
から心配しなくてよいことを私は思い起こすべきですと。

--------------------------------
1996年2月28日の質問に対して聖母の回答
1996年3月1日
--------------------------------
聖母:
 尊い、真理の清らかな白い石、神の愛と信仰の天使よ、あなたをとても優
しく愛している私の汚れなき御心から挨拶します。息子よ、心と霊魂を悩ま
せてはなりません。あなたの心深くにあるものを私はよく分かっています。
そしてあなたと子どもたちの多くがこの苦悩の下で悩んでいることも知って
います。

 私の心の息子よ、あなたの中には決して消えることのない清らかな愛の炎
があるので、何にもましてあなたが神と天の母を愛していることを私は知っ
ています。あなたは、母そして元后である私と、私の浄配聖ヨゼフ以外には
誰も達しなかった高度の聖性に定められています。ですから、これから私が
あなたに話すことを注意深く聞きなさい。これはあなただけへの啓発なので
はなく、神の国に定められているすべての霊魂への啓発であるからです。

 人の子、イエズス、救い主、全ての心の支配者なる「神の輝く右手の息子」
リトル・ペトロよ、あなたが今経験していることは、神である私の息子イエ
ズスがゲッセマネの園で体験なさった試練なのです。イエズスは、人として
ご自分の死と働きとを空しいものと感じ、心と、霊魂と、精神の苦悶を苦し
まれました。教会と権威はイエズスを拒みました。ですから、なぜ杯を飲み、
十字架に釘づけられるまで苦しまねばならないのでしょうか。いとしい息子
よ、あなたもこれと同じことを体験しているのです。そして多くの子供たち
もです。あなた達は人間的かつ論理的な方法で理解しようとしているのです。

 リトル・アブラハムよ、神の道は人の道とは異なり、神のご計画のうちに
は何も空しいものはなく、失われるものもありません。ただ人が神の愛とあ
われみを拒むときに霊魂が損失をするだけなのです。神にとって時は存在し
ません。すべてのことは神のうちですでに起こっているからです。

 偉大なる信仰の甘美なる「受難の花」よ、人がすることは、神の計画を受
け入れることだけで、神の計画に対して質問することではないのです。多く
の時が過ぎ去るまで、あるいは次の生に入るまで、人は決してその答えを理
解することはないのですから。

 霊魂の価値を思い起こしなさい。霊魂の価値は測ることができません。神
は霊魂を救うためならどんなことでもなさるでしょう。まさにこのためにこ
そ、時は神の全能の御手のうちにあるのです。しかし、この偉大な神秘を人
が理解することは、未だ神の御旨ではありません。

 永遠の真理の甘美なる岩よ、混乱せず迷わないようにしなさい。特に、こ
れから多くのことが起こり、ほんの数年のうちに過ぎ去っていくからです。
すべては文字通り成就するでしょう。神、聖人、天使、汚れなき御心があな
たと他の霊魂に示したことはすべて成就するでしょう。キリストの代理者に
関して私たちが話したすべてのこと、キリストの代理者がしなければならな
いすべてのことは、私が何度も操り返してきたように、行われるでしょう。
甘美なる子よ、何も失われることはありません。たとえ、時が残り少ないに
しても、神は霊魂を救い、神の聖なる御名に栄光を与えるために、そのこと
をお使いになります。時は神のものであって、人のものではないことを心に
留めておきなさい。

 そうです、甘美なる息子よ、霊魂たちは混乱しています。多くの分裂があ
り、全てにもはや正当な理由がないように見えます。しかし、いとしい息子
よ、神にとっては、これは永遠に至る時の中のほんの一瞬にすぎないのです。
そして人に受け入れられねばならないことは、そうなるでしょう。神が永遠
にあざけられることはないからです。

 息子よ、認可が遅れていることを気にかけることはありません。神は、ご
自分の知恵のうちに、一瞬にしてすべてを変えることがおできになるのです。
しかし、神は人を自由に任せることをお選びになります。時が遅れたとして
も、神は勝利され、真理の道に従うために印を必要としている教会の残りの
者たちを救うために、認可がもたらされるでしょう。

 将来の司祭、使徒、神である私の息子の地上の家の最後の教皇である愛す
る息子よ、勇気を出しなさい。あなたと、そして心に抱かれている子供達を
弱めるために、あなたの霊魂を攻撃する誘惑する者を脇へ置きなさい。聖な
る代理者、ヨハネ・パウロ2世はあなたの苦境を知り、よく理解しています。

 天の母の御心は決してあなたを、そしてあなたの世話の下にある群れを見
捨てません。神によって定められた時が来れば、代理者は腹蔵なく意見を述
べ、あなた、リトル・ロックと、そして真理を生き、教えているすべての者
を擁護するでしょう。そして、殉教までに代理者が為さなければならない全
てのことが為されるのです。

 清らかで尊い御聖体の息子よ、もう一度、あなたを黙示録の天使と呼びま
す。あなたの心と霊魂を私に、清らかな愛の無原罪の母に上げなさい。そう
すれば、私たちの岩に与えられたものと同じくびきの下で苦しむすべての人
が私たちの岩に与えられるでしょう。平和に留まりなさい。信頼と信仰に固
く踏み留まり、確信と堅忍をもって歩みなさい。天の母は、真理の兵士であ
るあなたたち一人ひとりを抱擁し、母の心に閉じこめます。

 尊い花よ、今、私の心をあなたと、尊い子供たちに開きました。ですから、
あなたたちは今、信頼と希望のうちに前進します。たとえ、あなたが神であ
る私の息子、イエズスの受難を生きているとしてもです。あなたたちを愛し
ています。あなたたちの小さな心に接吻します。祈りなさい。堅忍しなさい。
平和に留まりなさい。

あなたたちを祝福します。† あなたたちの生ける母、希望のマリア。

リトル・ペブル


 …… 次号に続く ……


----------------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 イエズスとマリア様を一言でいうと、この世にくだったあわれみです。イ
エズスとマリア様に従う人はあわれみの弟子ですから、何よりもあわれみを
第一にしなければなりません。このあわれみそのものであるイエズスとマリ
ア様が、カルワリオという処刑場にイエズスが十字架をになってひきまわさ
れて行く途中、出会いました。苦しむ2人が「母さま!」「子よ!」と何度
も呼びかわすと、ローマの兵士たちにさえもあわれみの動揺が広がりました。
しかしユダヤ人たちはお二人には全くあわれみを感じなかったのです。

 あわれみの反対は残酷です。同情心にかける人は残酷な人です。日本は凶
悪犯罪がとても多くなっています。社会全体が同情心にかけ、残酷になって
いるしるしです。子供たちも執念深く、陰湿に、クラスメートをいじめるの
が日常当たり前の出来事になっています。しかもあわれみにかられて、いじ
められる人の側に立つ子供が全くいません。

 今もマリア様は私たちのもとに来て、あわれみのメッセージを与えてくだ
さいますが、このマリア様のあわれみに執念深く、陰湿に、残酷に迫害を加
えている日本人がいます。彼らは同情心を持っていません。あわれみよりも
ひとりよがりの宗教、思想、イデオロギーを第一にする人はイエズスとマリ
ア様の弟子では決してありません。みなさんも同情心に富むように自分を変
えなければ、メッセージでマリア様が伝えたいと思っていらっしゃることの
本質をくみ取ることはできませんし、メッセージを実践することもできない
です。

 90%が地獄に落ちていると聞いて、皆さんの心は同情ではりさけそうに
なりませんか? すべての人のために「マリア様、彼らを救ってあげてくだ
さい!」と叫ばずにはおられなくなりませんか。自分のこの世での快楽は全
て捨てて、彼らを救うためだけに生きようという気になりませんか! もし
そうならないのなら、あなたの心はあわれみを感じにくい残酷な心というこ
とです。この石のような心を、愛に燃える心に取り替えていただくように、
マリア様に頼んでください。マリア様にはその奇跡が行なえます。心からへ
りくだり、忍耐ずよく頼み続けてください。マリア様はあなたをご自分の愛
で温め、変え、変容してくださいます。


----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1992年9月5日
リトル・ペブルに(抜粋)

 私は母親です。私はわが子らに対して母親の気持ちを持っています。私が
子供たちを救うために地上に来たのはそのためです。しかし、私のかわいい
子供たちよ、私は独力では救うことはできないのです。私にはあなたたちの
助けが必要です。霊魂を救うために私の力になるのは、あなたたちの犠牲、
あなたたちの奉献、そして、あなたたちの祈りです。あなたたちの愛とあわ
れみの行ないによって救われた全ての霊魂ゆえの報酬は、あなたたちの理解
を超えるものです。

 天使たちはあなたたちが悪魔と戦うため、世と戦うため、肉と戦うため、
あなたたち一人ひとりを襲う誘惑と戦うための救援の呼び声を待っています。
私のかわいい子供たちよ、天使たちを呼びなさい! 光の子供たちはすべて、
そのかたわらに多くの天使たちを持っています。天使たちは善と悪の、地獄
の力と天国の力の最後の戦いであなたたちに力を貸します! 私のかわいい
子供たちよ、あなたたちは血肉と戦っているのではなく、むしろ霊力と、あ
なたたちの精神と知性の力と戦っているのです。

 今地上に起こっている戦いは、ルシファーとその堕天使と、聖ミカエルと
浄き天使との戦いの時と同じ大きさです。ですから私のかわいい子供たちよ、
今何が危機にあるか分かりますね。だから勇気を持ちなさい。私の至聖なる
ロザリオを取り、何度でもこれらの愛の珠に祈りなさい。この祈りによって
多くの霊魂が罪から引き戻され、あわれみと赦しのうちに三位一体の神の前
に運ばれるのですから。


----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は6月2日頃、発行を予定しています。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]