「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年5月12日号No.100

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年5月12日号 No.100

  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.リトルエンジェルナイトに与えられたメッセージ 
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
 「箱舟の聖母」第100号を、こうして皆様にお届けできることを、神様
とマリア様に感謝しています。前号で、日本での聖シャーベル修道会の共同
体新設事業を、リトル・ペブルさんの許可と祝福を受け、5月1日より開始
しましたことをお伝えしました。これに伴い、明日5月13日より、下記の
住所と名称に変更いたします。この共同体創立のメンバーに加わることを望
む個人、夫婦、家族がいらっしゃいましたら、下記の住所にお手紙をくださ
い。日本語の会則会憲を熟読する必要がありますので、インターネットをな
さらない方はプリントアウトしたものを2000円(郵送料込み)でお送り
いたします。必要な方はお知らせください。箱舟の聖母のメダイ、フードリ
スト等もすべて下記住所にお願いいたします。

〒540-0004
大阪市中央区玉造1−4−14
聖シャーベル修道会


----------------------------------------------------------------
2.リトルエンジェルナイトに与えられたメッセージ
  − 2002年4月28日 −
----------------------------------------------------------------
リトルエンジェルナイト:
 父と子と聖霊との御名によりて。ア−メン。† ローザミスティカのマリ
ア様が私の前に現れました。そして主も現れました。聖母の左手は、主の右
手に握られています。主は左手をあげ、優しくほほえみ、この世の主の忠実
な子らすべてを見降ろされます。聖母は右手を外側へかえし、手のひらが私
の方に向くようにし、そして聖母の手のひらの真ん中から、たくさんの美し
いローズペタルがあふれでてきます。これらの美しいローズペタルは地球に
向かって緩やかに落ちてきます。そして一枚一枚の花びらは、すべての聖母
の忠実な子らの心にただよいながらゆっくりと入ってゆきます。マリア様は
今、まるで祈るかのように体の前に両手をあわせ、そして主は右手をあげ、
十字をきります。†

 私はいま、主の胸の上にその聖心が見えます。主の聖心をとりまく茨の冠
のちょうど下の傷から御血がゆっくりと滴っています。聖母は地球に向かっ
て進まれ、そして聖母がそうなさったとき、聖ミカエルが聖母の真後ろに現
れ、そして聖ミカエルの真後ろには一位のとても大きな守護の天使がいます。
この特別な天使は、聖母のバラの歌隊からやってきていて、服のような長い
スカプラリオをつけています。それは純白で、白い十字架がその上にあり、
その白い十字架の真ん中には一輪の美しい深紅色のバラがあります。聖母は
地球の方にゆっくりとおりていらっしゃり、聖ガブリエルと聖ラファエルが
彼女のおともに加わります。主の後ろには今、多くの他の美しい聖人たちが
現れ、私は、聖シャーベル、洗者聖ヨハネ、聖ペトロと聖パウロ、そしてさ
らに多くの聖人がわかります。

 聖母は今、お望みの所までいらっしゃいました。聖母は右手をあげ、そし
て聖母がそうすると、いらっしゃるすべての聖人たち、天使たちは片ひざを
つき、頭を下げて、そして聖母は、彼女の最も忠実な息子リトル・ペブルに
祝福を与えます。

聖母:
 「私の最も忠実な息子」「私の最も大切な贈り物」、終わりの時に多くの
私の美しい子らを導くであろう者を、私は最も力強く、最も愛すべき聖三位
一体、父と子と聖霊によって祝福します。アーメン。

 私の美しいリトル・ペブルよ、私はこの時期にあなたが感じている重荷を
知っています。私はあなたの上にのしかかっているものがわかっています。
私は、あなたが現在味わっている悲しみと苦痛を理解しています。あなたが
ずっと体験してきたそれらすべてによって、私の美しい息子よ、あなたは私
と私の息子、そして天のすべての方々に対して忠実を保ってきているのです。
そしてまた、永遠の御父があなたに求めることは何であれ行うということへ
の忠実をあなたは保ってきているのです。

 これはあなたがくぐりぬけなければならない最も重要な時のひとつです。
私のリトル・ペブル、私の美しい息子よ、かつてあなたの近くにいた多くの
人が、あなたからゆっくりと離れ、漂っていってしまいましたが、それは、
本当に美しい、本当に最も忠実な、本当に永遠の御父の御旨を成し遂げるの
に十分強い人々を、ただ強めることになっただけです。

 私の息子よ、私の白い岩よ、あなたは未来の基礎であり、あなたはずっと
以前に始めたことの終局にさしかかっています。あなたは、永遠の御父から
言われ、約束されたことのすべてをたずさえ、終わりの時に入るでしょう。
それは地上のすべての人に、私たちの永遠の御父が本当にいらっしゃり、私
たちの永遠の御父が今在り、かつて在り、今から世々にいたるまでいつも在
る方であることを証明するためです。

 間もなくすぐに、あなたはたくさんの美しい偉大な賜物をいただくでしょ
う、私の息子よ。リトル・ペブルという名は、世界中でたくさんの最も忠実
な霊魂たちの耳に届き、そしてこれらの霊魂が、今度は代わってその名を、
彼らが、その人たちもまた同じくとても忠実だけれども不幸にもこの時点で
はその人生の方向を見失っていると知っている霊魂たちに広めるでしょう。

 私は、あなたがこの時に備えて準備していることを知っていますよ、私の
息子よ。ですからあなたに自分自身を準備しなさいという必要はありません。
しかし私はあなたのまわりの人が、彼ら自身を準備するよう願います。なぜ
なら、私があなたにただ偉大な勝利、偉大な凱旋ばかりでなく、あなたに、
あなたの最も強い、そして美しい支持者たちを送る時がとても間近になって
いるからです。

 あなたは地上のすべての私の子らのために、たくさんの苦しみを受けまし
た。私の息子よ、それは認められずに終わりはしませんでした。世界中の多
くの霊魂が応えようとしなかったために、私たちの永遠の御父は、実現する
だろうとおっしゃったことの多くを遅らせてきました。しかし、私はあなた
の強い者たちに強調しなければなりません、私のリトル・ペブルよ、私たち
の永遠の御父は、これらのことをただ遅らせてこられたのであって、それを
完全に取りやめてしまわれたのではありませんと。御父は、私の息子リトル・
ペブルによって預言されたことが実現しないだろうとは決しておっしゃった
ことはありません。なぜなら私の子らよ、それらの実現が非常に近づいてい
るのですから。あなたが、私の忠実な息子よ、話してきたことはすべて、聖
なる三位一体の力によって手にすることでしょう。それらを手にすることで
しょう!

 私の息子は、地上にご自身を表しました。そして今、永遠の御父はご自身
を地上に表すでしょう。そしてあなたも知っているとおり、私の最も忠実な
息子よ、御父とともに三位がきます。神である父、神である子、そして神で
ある聖霊です。最も力ある、最も美しい聖三位一体が地上に、御父の被造物
にご自身を感じさせるとお決めになるときに、全世界は知ることでしょう。

 この時期に、全世界はまた、あなた、私の息子が誰かということを知るで
しょう。なぜなら永遠の御父は私と話し合い、私に保証してくださっている
からです。つまりあなた、私の最も美しいリトル・ペブルが、あなたにかつ
て頼まれたことをすべて成し遂げてきたということを。あなた、私のリトル・
ペブルによって決定されたことはすべて、そしてあなたが御父の忠実な子ら
とともに、御父の共同体において成したことと成し続けていることは、永遠
の御父を喜ばせてきました。

 今や、聖三位一体にとって、世界に何が来ようとしているかを知らせる時
になりました。そして永遠の御父が世界に、御父の美しい子らに何が来よう
としているかを知らせることができる方法は唯一であり、それは御父の預言
者、あなた、私の息子リトル・ペブル、愛の白い岩、天の神的息子を用いて
なのです。

 私はあなた、私の忠実な息子を祝福します。そして私は心の底ではわかっ
ています。あなたが多くの年月にわたって行ってきたことを、すなわち私の
息子と私に忠実であり続け、私たちの永遠の御父の御旨を行い続けるという
ことを続けるだろうということを。

 私はあなた、私の息子を、父と子と聖霊との御名によって祝福します。

 私の3人の息子へ、私の息子たち、今立ち上がりなさい。あなたたちがそ
こにいると、私の美しい息子リトル・ペブルに知らせなさい。あなたたちの
出来る限りを尽くして彼を助けるだろうと知らせなさい。

 あなたたちが私の仕事をすることから注意をそらさせていた、これらのこ
の世的な悪徳から離れなさい。私の子らよ、なぜなら私はあなたたちにしば
らくの間、好き勝手に進むことを許してきましたが、しかし、今やその時は
終わったのです。私の息子たちよ。今、私はあなたたちにお願いします。か
つて私たちの永遠の御父があれほど何度もあなたたちに頼んだことを、再び
やり始めるようにと。そして私は、あなたたち私の息子たちにお願いします。
堂々と立ち上がり、神の言葉を宣言し、天からあなたたちに手渡された真実
を永遠に語り、さらに最も重要なこと、私の息子、愛のリトルホワイトロッ
クのための柱になるようにと。

 私の息子たちよ、彼を強めてあげなさい。私の息子たちよ、彼を助けてあ
げなさい。私の3人の息子たちよ、さらに最も重要なことは、いついかなる
時も彼があなたたちを必要とするとき、彼のためにそこにいてあげなさい。

 いまや、時が来ました。私は、あなたたちが前に進み出て、永遠の御父に
よってずっとあなたたちの前に横たえられているその役割を担ぎ上げて担う
ように願います。もしあなたたちがそうすることを望まないなら、そのとき
私はあなたたちを祝福し、あなたたちにこう言います。私は、永遠の御父の
御旨を成し遂げるために、他の人を用いますと。

 私はあなた、私のレインボーワリアを父と子と聖霊との御名によって祝福
します。

 私はあなた、私のライティングオブヘブンを父と子と聖霊との御名によっ
て祝福します。

 私はあなた、私のリトルエンジェルナイトを父と子と聖霊との御名によっ
て祝福します。

 私の美しい息子へ、永遠の御父が今、立つようにとお決めになっていた私
の子よ。重要なことは、私の息子リトル・ペブルの近くに居続けることです。
私の3人の息子たちに彼らの友情を通して導きを求めなさい。そして、私の
助けと永遠の御父の助けで、彼らは、彼らの最善を尽くしてあなたを導こう
としてくれるでしょう。あなたの心は純粋です。私の息子よ、天のすべての
方々に対してあなたが持っている愛は非常に強いです。美しく、謙遜で、忠
実な生活を送ろうとするあなたの信心と献身はとても際立っています。そし
て私はあなた、私の美しい息子を、父と子と聖霊の御名によって祝福し、あ
なたにキスし、あなたを抱きしめます。

リトルエンジェルナイト:
 聖母は今、左手をリトル・ペブルのハートの上に置き、至聖三位一体の父
と子と聖霊において彼を祝福します。

 主は右手をあげ、リトル・ペブルを祝福します。父と子と聖霊との御名に
よってアーメン。

 永遠の御父は天に座しておられ、右手をあげ、美しい白い光が居合わせて
いる聖人たち、天使たち、主と聖母の上に輝きくだります。その白い光があ
まりに明るく、激しくなったために、私はもはやそこに誰がいるのかも見え
ません。そして、たちまちその光は消え、永遠の御父が右手を頭上にあげ、
天に座しておられるのが、残っていることのすべてです。ゆっくりと御父は
右手を握ってゆき、そうしながら手を体のわきにおろしてゆき、そうしなが
ら私たち皆を聖三位一体、父と子と聖霊によって祝福します。アーメン。†

(リトル・ペブルによって確認を受け、サインされました)


----------------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 「義人はいない。一人もいない。」という聖書の有名な言葉があります。
そのとおり人間はみな罪人で、最高に聖なる人でも一日に七回は罪を犯すと
いわれています。ですから毎日痛悔し、悔い改めるべきです。ただ考え、言
葉、行動をよりよく正してゆくだけでは足りません。生活を改めるだけでは
足りないのです。痛悔しなければならないのです。

 痛悔には心の痛みが必要です。子供の頃を思いだしてみてください。悪さ
をして母の心を苦しめたり,悲しましたり、怒らせたりしたことがあったで
しょう。泣かしたことさえあるかもしれません。そんなとき、母を愛してい
るから心が痛んで「お母さんごめんなさい」と言わずにおれなかったはずで
す。神様が私たちに要求するのは、ご自分に対する愛だけです。罪人である
あなたが神を愛するなら、神を慕う思いに加えて、神のみ心を傷つけたこと
に対する心の痛みがないとおかしいのです。良い子だから愛してくださるの
ではなく、悪い子なのに愛して下さっているのだと実感するとき、神様の愛
の大きさがよりいっそう体験でき、なおさら神を強く愛するようになります。

 私たちの神に対するささげもので最高のものは「痛悔する心」です。正し
く立派な生活も、意向が神のためでなければ天国を得るための価値はありま
せん。しかし、心の痛みをともなう痛悔と悔い改めは、そこに神に対する愛
と、神のためにという意向があることを証明するもので、天国を得るための
価値を持っています。私たちのどんな些細な罪も、神様の心とても深く傷つ
けてしまうので、私たちのためにとりなしてくださる方がどうしても必要で
す。その方は同じ人間でありながら、ただの一度も神様を傷つけたことがな
く、存在そのものが神の慰めであるマリア様です。お母さんであるマリア様
によりすがりながら、罪に対して心の痛みを起こすようにやってみてくださ
い。そうすればマリア様は、真実に神を愛するよう導いてくださいます。


----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1992年8月
リトル・ペブルに(抜粋)

聖母:
 私の愛する息子、私達の愛のリトル・ペブル、ここにいる私の愛する子供
たち、あなたの仲間の幻視者たち、そして世界中にいる子供たちよ、私は汚
れなき御心をもってあなたたちに挨拶します。私は今日、子供たちに天の母
として私が彼らに抱いている大いなる愛について語るために来ました。子供
達はこの涙の谷間を旅する間、ルシファーと闘わなくてはなりません。邪悪
なる者は私の全ての子らに、とりわけ世界中に散らばっているボイス・ボッ
クスのわが子らに破壊をもたらすことを欲しています。

 私が出現する所はどこへでも、ルシファーもまたそこに行き、私の光の子
らに混乱と中傷をもたらそうとするのです。彼を恐れてはなりません、甘美
なる子らよ。なぜなら、あなたたちは私の汚れなき御心の光の子らだからで
す。そして、私の神なる息子キリストにおいて、あなたたちの祈りと犠牲と
神の御言葉への従順によって、あなたたちは勝利し、彼を打ち負かすでしょ
う。私の神なる息子の十字架の規範を取り、あなたたちからルシファーを投
げ捨てなさい。彼はこの規範に反する何の力も持っていないのです。

 ルシファーは自分が勝利し、世を征服し、私の子供たちを打ち負かしたと
信じています。けれども、瞬く間に三位一体なる神は勝利し、多くの子らを
彼の手から取り返されるでしょう。勝利は天と共にあり、これからもそうだ
からです。子供たちを浄化し、天の御国へ向けて彼らを備えさせるために、
私たちは子らが試みられ、テストされるのを許しています。私の神なる息子
は、あなたたちの十字架を取って彼に従うようにと、あなたたちに仰せられ
ませんでしたか? ですから、恐れてはなりません、甘美なる光の子らよ。
まもなく私の神なる息子は大いなる栄光と力をもって平和統治をもたらすた
めに戻って来られるからです。


----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は5月19日頃、発行を予定しています。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]