「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年4月28日号No.098

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年4月28日号 No.098

  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.リトルエンジェルナイトに与えられたメッセージ 
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.リトルエンジェルナイトに与えられたメッセージ
  − 2002年4月14日 日曜日 −
----------------------------------------------------------------
リトルエンジェルナイト:
 聖ミカエルが白い鎧をつけ、金の剣を体の前に、切っ先を下に、両手を柄
に添えて持ち、私たちの前に立っています。彼は天を見上げています。そし
て彼の背後には太陽の光線のように広がる美しい白い光があります。彼は長
い白いケープをまとっていて、それは彼の足元まで届いており、そして彼の
胸の上には金色のJMJという文字があります。聖ミカエルは右手で天へ向
けて彼の剣を振り上げ、剣の切っ先から一条の強い光が天に直接さします。
そしてそうしたとき、まるで大きなドアのように天が開き、その上には永遠
の御父が天の玉座に座しておられます。永遠の御父の右手の側に主イエズス・
キリストが立っておられ、左手の側に私たちの祝された母が美しい頭をたれ、
手を祈りの形に合わせて立っておられます。彼らはみな、美しい白い、そし
て金で装飾された服をまとっていらっしゃいます。永遠の御父の上方に白い
ハトがいらっしゃり、そのハトから輝き下る光は神の王国におられる方々皆
の上に照っています。永遠の御父は右手を挙げ、そして主とマリア様を除く、
いらっしゃる全ての人々はひざまずき、そして永遠の御父は十字をきります。

永遠の御父:
 全能の三位一体である父と子と聖霊によって、私は地上の全ての私の子ら
を祝福する。そして私は、お前たち私の子らに、私の元に戻ってくるように
と求める。なぜならお前たち地上のものにとって時は短いからだ。お前たち
の多くが互いに殺しあおうと決めてしまった。お前たちの多くが自分で勝手
に事を運ぼうと決めてしまった。お前たちの決定のせいで、私の罪のない美
しい子らが世界中で死んでいっている。お前たち、自分自身を権力ある立場
においてしまったものたちよ、お前たちは愛することとはいかなることだっ
たかを忘れ去ってしまっている。お前たちは愛されることとはいかなること
だったかを忘れ去ってしまっている。今この時、戦争に従事しているお前た
ちすべてを私は祝福し †、そしてお前たち私の子らにそんなことをやめる
ように求める。私のひとり子が降誕したのと同じ所の路上で戦争に従事して
いるお前たちを私は祝福し †、そしてお前たちにやめるようにと求める。
私の子らよ、お前たちの武器をおろして、愛を探せ。平和を探せ。すべての
人の間の一致を探せ。対立を続けるな。戦争を続けるな。なぜならおまえた
ちは私の罪のない子らをお前たちの手に握っており、お前たちの決定によっ
て彼らの命は消されていっているからだ。お前たちにとって、私の方へ目を
向けるべき時は今なのだ。私の子らよ、そんなことを行うのをやめよ。そう
すればお前たちは私の手がおまえたちの上にあることを感じるだろう。私を
探すのをやめよ。そうすれば私がお前たちを見いだすだろう。もしお前たち
が戦争と衝突を続けるならば、私の罪のない子らにお前たちが与えてきてい
るのと同じ苦しみを、私はお前たちに味あわせるだろう。もしお前たちが私
の言葉に背き続けるなら、私はお前たち全員が滅ぶであろう災難をお前たち
に送るだろう。現時点で戦争に従事しているお前たちすべてに、私はお前た
ちが衝突をやめ、お前たちの戦争の武器をおろし、お前たちの生まれた所に
戻り、彼らがお前たちの血を分けた兄弟、お前たちと同じ母や父から出たも
のであるかのように互いに愛し合うこと始めるように求める。

 私を恐れることを忘れてしまったお前たちよ、私はある最も忘れられない
恐怖をお前たちに染み込ませる。その恐怖はお前たちを滅ぼす。その恐怖は、
かつてお前たちが決して感じたことのないものである。

 私の言葉に忠実であり続け、私の意思に従おうと出来る限り一生懸命に試
みている私の美しい子らすべてに、私はお前たちにこれらの世界中で戦争に
従事している霊魂たちのために祈るよう、彼らがそんなことをやめるように
と祈るよう、彼らが私の罪のない子らを殺すのをやめるよう、そして彼らが
お互いに殺しあうのをやめるよう祈ることを求める。

 私の意志に従おうと努めている私の忠実な子らすべてに、私はお前たちが
もう一度、私にお前たちの心を上げることを求める。そうすれば私はそれら
を受け取り、お前たちが私の言葉、私の愛を大切にしているように、それら
を大切にしよう。私の子らよ、お前たちの愛をもって、お前たちが最も困っ
ている人、空腹の人、餓死する人、罪を犯す人、お前達からの祈りの大部分
を最も必要としている人々すべてに、お前たちの祈りを広げるように私は求
める。最も貧しい人々を忘れてはならない。なぜなら彼らはお前たちの近く
にいる人々同様に、お前たちの祈りを必要としているからだ。お前たち、私
の美しい子らすべてを私は愛している。そして至聖なる三位一体によって、
お前たち皆を祝福する †。

リトルエンジェルナイト:
 主イエズス・キリストは祝された彼の母に左手を差し出し、マリア様は、
彼女の息子の手のひらに右手を置き、お二人はそろって地上に降りていらっ
しゃいます。聖ミカエルは彼の剣をもう一度、足のほうに切っ先を下に向け、
つかに両手をかけて彼の前におきます。彼の後にはたくさんの天使たちがい
て、彼らは聖母と主のまわりに集まりました。美しい暗赤色のバラがマリア
様のまわりに現れ、そして主は左手でマリア様に前に行くように合図します。

 マリア様は御子に向かってその美しい頭を下げ、それから私達の方へゆっ
くりと移動します。祝された聖母の手が主の手から離れるとき、聖母はたち
まち何千もの天使たちに囲まれます。天使たちは皆、鎧をつけていて、天の
女王に敬意を表し、皆、彼らの頭を下げています。聖母の真後ろには背が高
く強そうな一位の天使が立っていて、地上の尺度でいうなら十階建てのビル
くらいの高さで、四階建てのビルぐらいの幅で、すべて白い服で、彼は頭を
下げています。彼は涙を流して泣いていて、その涙はいくつもの町を水浸し
にしうるほどです。彼は右手を握りしめて胸の上にあて、地上の全ての人々
を見下ろしていて、彼らが、彼の女王である聖母を悲しませているので怒っ
ています。もう一度 † アーメン。

聖母:
 私はあなたたち、すべての私の美しい子らを祝福します †。 私はあな
た、私のエンジェルナイトを祝福します †。 私は私の息子レインボーワ
リアを祝福します †。 私は私の息子ライティングオブヘブンを祝福しま
す †。私の3人の息子たちは再びともにきて、あなたたちの両耳に私たち
の御父の言葉を受け、私たちの御父の言葉について話し、私たちの御父から
与えられた言葉をもう一度書き留め、証明します。私は私の3人の息子に私
の意志を実行するように、この世的な重荷をおろし、もう一度あなたたちの
心を私にささげるようにとお願いします。過去に私がやっていたように、あ
なたたちの母に導かせ、あやさせてください。私の息子たちよ、あなたたち
の心を開いてください。私にその中に入らせてください。私にあなたたちを
導かせてください。それは私の息子が地上に戻り、生けるものと死せるもの
とを裁くであろう時が近づいたと、あなたたち私の息子たちに示すためです。
この時が来る前に、私はあなたたち私の息子たちと世界中のすべての私の美
しい子らが必要なのです。それは神のメッセージを広めるため、それは最も
助けを必要とする人々に手をさしのべるため、それはすでに信じている人々
を強めるため、そしてそれは道に迷った人々を導くためです。これができる
のは、あなたたちが模範によってまず最初に導かれ、そして模範をもって導
く場合のみです。あなたたち3人全員が、前へ進むべき時は今なのです。

 私の心は重いのです。私の息子たちよ、私の荷を軽くしてください。私が
感じている苦痛は、いかなる人間も感じることができるはずがない程のもの
です。一人の母が一日の一秒ごとに、ひとりずつ子を失っているような苦痛
なのですよ。

 私の美しい子らよ、もう一度あなたたちが前に進み出て、天からあなたた
ちに与えられるメッセージを聞くべき時が来ました。私の最も美しい子らよ、
あなたたちが過去においてそうしていたように、それらを書き留めて証明し
なさい。それらを私の最も忠実な息子、リトル・ペブルに見せ、世界中に神
の言葉を広めなさい。私はあなたたち私の3人の息子と世界中のすべての私
の忠実な子らを祝福します †。

リトルエンジェルナイト:
 聖母はもう一度その美しい頭を下げ、聖母は地上のすべての彼女の子らを
見おろし、ここにいるすべての人と、ひざまずくすべての聖なる天使たちを
祝福します。マリア様は右手を挙げます。 † アーメン。 J.M.J.

(リトル・ペブルによって真のものと確認され、サインされました)


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 今日は聖ルイ・マリー・ドゥ・モンフォールの祝日です。ちょうど今から
300年前にフランスで活躍していた彼は、マリア様の偉大な聖人で、マリ
ア様を熱愛し、マリア様のために働き、マリア様へ自分を使い果たして完全
にささげきった人です。マリア様の聖人ちの生涯は、準備、働き、苦しみの
3段階です。

 準備の期間は、マリア様のことを深く知るための読書、勉学。マリア様と
の心の対話によって、愛の炎を生き生きと燃えさからせる祈りが生活の主要
な部分です。次に働きの期間があります。疲労、困難、迫害を耐え忍びつつ、
過労死せんばかりに働きます。生活のほとんどを人々のためにささげて働い
ているのがこの期間です。最後に苦しみの時期があります。過労、病気、老
齢、迫害による牢獄や収容所への監禁、拷問など、働くことはできず、苦し
み、苦しみ、苦しみ、ただそれだけが続く日々です。聖コルベ神父様にとっ
ては、それはアウシュビッツ強制収容所の日々でした。

 皆さんにマリア様が「苦しんでほしい」と願っていらっしゃるのを、メッ
セージで読み取っていますか? どんなタイプの苦しみでも、また、どこか
らもたらされる苦しみでも、それを甘んじて受けて、マリア様への贈り物と
して、マリア様へおささげするようにとおっしゃっているのです。そのとき
苦しみは価値あるものとなります。例えば「病気の私がいったい何の役に立
つでしょう?」と誰かが言うとしましょう。実際、痛みのある病気、消耗す
る病気などは、祈ることも働くこともできないものです。しかし、マリア様
のためにただひたすら苦しむことで、祈ること、働くこと以上に役に立てる
のです。それだからこそマリア様の聖人たちは、人生最高の、成聖にあふれ
ている時期に、苦しみによってマリア様に仕え、聖徳の絶頂へと駆け上がる
のです。苦しみを喜び迎えましょう。どんな苦しみもマリア様にささげれば、
偉大な価値がで、ささげなければ無駄になってしまうのです。せっかく与え
られている苦しみを一つも無駄にしないようにしましょうね。

 邪欲、つまり肉欲、物欲、出世欲などの誘惑との戦いの苦しみも、もちろ
んマリア様にささげるなら偉大な価値を持ち、あなた自身のためでなく、あ
なたが戦っているのと同じ罪に染まっている人々の救いのために、マリア様
が用いることができるのです。

 あなたにとって今は、準備の時に当たるでしょうが、こうして苦しみをさ
さげることが今も、いつでもできるのです。苦しみを喜んでささげるあなた
をマリア様はどれほど慈しんでくださることでしょう。あなたがささげる苦
しみは、マリア様からの母の愛撫、母の口づけとなってあなたの心を慰める
のです。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1992年10月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 わが甘美なる子供たちよ、全てのあなたたちの悪徳、全てのあなたたちの
弱さ、全てのあなたたちの罪深さを克服することができるのは祈りを通して
なのですよ。あなたたちは祈ることによって神の光を見出すことができます。
ただ祈りによってのみ、あなたたちはルチフェルを最後には打ち負かし、あ
なたたち全てが私の汚れなき御心において、神の栄光のため、地上における
私の神なる息子の教会の栄光のために勝利をするのです。なぜなら、教会が
以前の栄光を回復し、霊魂を救うという使命に立ち戻るのは祈りによってだ
からです。

 わが甘美なる子供たち、鎧を身に着け、聖ミカエルの後について前進しな
さい。聖ミカエルは、わが汚れなき御心のため、天国と地上の全ての軍隊を
栄光ある勝利に導くでしょう。わが甘美なる子供たちよ、たとえ国々の上に
苦難と懲罰がもたらされる日々にあっても、恐れないでください。多くの大
いなる懲罰が来たるべき月、来たるべき年に人類を待ち構えています。なぜ
なら、多くの母たちは子供たちが地上に起きる多くの戦争によって、飢えに
よって、自然災害によって死ぬのを見て多くの者が涙を流すでしょう。人類
がそれらは神であると認めるまで続くのです。

 人は愛をもって神に仕えなければなりません。単に掟だからというだけで
はなく、心の掟によって愛とともに仕えなければなりません。三位一体の神
は被造物からの愛を求めておられます。なぜなら、あなたたちは皆、愛のた
めに創造されたからです。わが甘美なる子供たちよ、神は善であり、唯一の
神なので、ルチフェルが私たちの子供たちを盲目にしようと試み、全ての善
いものから引き離そうとするのはこのためです。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は5月5日頃、発行を予定しています。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]