「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年3月17日号No.092

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年3月17日号 No.092

  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.聖母からリトル・ペブルに与えられたメッセージ 
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.聖母からリトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.571 1998年10月3日(初土) −
----------------------------------------------------------------
 聖シャーベル祈りの家で、リトル・ペブルとシスター・マリア(ドミニコ
会)に聖主から与えられたメッセージ
--------------------------------
 シスター・マリア・アズチェナはベネズエラのドミニコ修道会の神秘家で、
主からオーストラリアに来るように指示を受けています。彼女はカラカスの
司教モンセニョール・バルタザル・ボラスとドミニコ修道会の総長から賛成
を受けています。ベネズエラで聖シャーベル修道会を設立する目的で、オー
ストラリアに勉強に来ました。
--------------------------------
リトル・ペブル:
 白い十字架が空の奥深くにあります。小さいバラからなるハート型の美し
いロザリオが周りにあります。聖ミカエルが十字架の右側に立ち、バラの冠
を被り、手にいつもの剣を持っています。周りの青い珠のロザリオを取りま
す。十字架の周りにもやが立ち込めています。レーザー光線が抜けるように、
もやの中から「道」が形成されて聖堂の方へ下ってきます。聖櫃から淡いピ
ンクのもやが発生して、ここと祭壇の上に雲のようになります。

 空の十字架の中心にあるドアが開かれてイエズスが立っておられます。白
い服を着てとても威厳があります。肩の上から腰の周りに赤い布地の長いも
のがあります。ケープのように見えます。バラの冠が頭に載っています。主
は聖堂の右側の「道」から速やかに滑り下りてきます。後ろに多くの天使が
います。小さき花の聖テレジア、聖テレサ・ニューマン、パードレ・ピオ、
パドアの聖アントニオ、聖ドミニコ、聖フランシスコと天使たちが主の後ろ
から私たちの方に来ます。

 イエズスが聖堂に入って来られます。燃えるような美しさで微笑んでおら
れます。彼の右手に二つのバラがあり、一つは赤、一つは黄色で、糸状の小
さいロザリオからなっています。バラの間に十字架が吊されています。イエ
ズスは深々と私の心をご覧になり微笑まれます。それから向きを変えてシス
ター・マリアとエルビアを見つめられ、微笑まれます。大天使聖バラキエル
が最初に現れ、主の御前に来て跪き、バラを受け取ります。赤いバラをシス
ター・マリアに、黄色いバラをエルビアに与えます。大天使は主の左側に戻
ります。イエズスは微笑まれ、聖堂の後ろの方を見つめられます。

聖主:
 父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。地上の私の家の未来の教皇
「白い岩」に挨拶する。甘美なる息子「リトル・ペトロ」の右手の「小さき
バルトロメオ」、ベネズエラからの甘美なる娘、小さき者シスター・マリア
と甘美なるバラ、エルビアに挨拶する。私の前に集まった甘美なる子供たち
皆に至聖なる聖心から挨拶する。

 今晩私は長くは話さない。お前たちのために重要なことを話そうと思う。
お前達は私の使徒と弟子から私が話すことを何度も聞いただろうが、「心配
に捕らわれないで」この「終末の時代」に指示したことで、重い試練をしっ
かりと受け止めなさい。私の父はお前たちに試練を許されている。数年のう
ちに、父はお前達が主に留まるか、去るかの行く先を決める、ふるいにかけ
られるだろう。選ばれる者は多くはない。甘美なる子供たちよ、心を見失わ
ないように。自分の十字架を取って私に従いなさい。

--------------------------------
真実の道を離れ世に従っている者は、立ち返るのは困難だろう。来たる苦難
の時には多くの者が死に、聖なる時代に入れないだろう。
--------------------------------
 甘美なる子供たちよ、お前たちは今、十字架の道を生きている。お前たち
は私と留まるために選ばなければならない。忠実なる真の「はい」を私の母
に言うか、弱さゆえに「いいえ」と言って世の広い道に従うかを。真実の道
を離れ世に従っている者は、立ち返るのは困難だろう。来たる苦難の時には
多くの者が死に、聖なる時代に入れないだろう。私の父はお前たち皆が準備
するように求められる。この理由で、私の母は地上に何度も来て、甘美なる
子供たちが準備するように求めている。準備とは、絶え間ない祈り、聖なる
生活、償いをする、罪を避ける生き方である。今お前たちの兄弟姉妹と多く
の者は闇の中にいる。

 甘美なる子供たちよ、私に従う道は容易な人生だとは約束できない。誰も
師に優ることはできない。僕は主人より偉くなることはできない。この理由
で私は、私の母に耳を傾け、彼女のマントの下に入るように求めている。こ
れによってお前は道に迷うことはないだろう。

--------------------------------
今は難しい時である。お前が苦しみと祈りの全てを絶え間なく、天におられ
る私の父に献げて、試練に備えていなければ救われない。
--------------------------------
 今は難しい時である。お前が苦しみと祈りの全てを絶え間なく、天におら
れる私の父に献げて、試練に備えていなければ救われない。甘美なる子供た
ちよ、聖書で書かれている多くの者は今、聖人となって天国に来ていること
を覚えておきなさい。このため私たちはしばしば天からのメッセージを再読
するように、神の言葉が載っている聖人の生涯の本を読むように勧めている。
天におられる私の父の御摂理に信頼しなさい。父はお前を見捨てないだろう。

 甘美なる子供たちよ、私はそれが難しいと知っている。しかしそれが簡単
ならば、お前は私に従うだろうか。否。聖なる者になるために努力するなら、
お前はその価値がわかり、お前の全ての生活は健全になり、十分理解できな
ければ健全にはならない。しかし、例が与えられれば、健全の賜を良く理解
できるだろう。甘美なる子供たちよ、同様にお前が天におられる父によって
許された試練を甘受するなら、大きな功徳を得るだろう。準備している霊魂
に神が与えられる報いをお前はわかるか。

--------------------------------
世に生きていても、それに倣ってはならない。私の父からお前に与えられた
全ての贈物を享受しなさい。それから恩恵を受けなさい。しかし節度をもっ
て。私の父に呼ばれてもいいように、いつも準備していなさい。
--------------------------------
 甘美なる子供たちよ、今の時は、反省の時、黙想の時、サタンが用意した、
お前を「窒息」させる全ての悪への誘いと世から自分を離す時。甘美なる子
供たちよ、私の父からお前に与えられた全ての贈物を享受しなさい。それか
ら恩恵を受けなさい。しかし全て節度をもって。地上の命は人間の「道具」
であり、いつか終わるということを忘れないように。私の父に呼ばれてもい
いように、いつも準備していなさい。

 甘美なる子供たちよ、どれほどお前たちを愛していることか。全時代を超
えて楽園でお前たち皆を待っている。しかし、何と悲しいことに、私の聖心
からの呼びかけに少数の者しか応じない。懲罰はこの世代に下り続けている。
それは人々を目覚めさせ、霊魂を集めるための私の父からの御憐れみの贈物
である。お前達が眠りから覚め、耳を傾けるまでそれはまだ続く。この聖寵
を理解しなさい。道に迷っている多くの人々が戻ってきて、私の現存の光の
中にまもなく生きるように、忍耐していなさい。人類の時はわずかである。
しかし、救霊のための時は十分にある。

--------------------------------
来たる数カ月に世界中の子供たちに大きな試練が下るだろう。病気。世界中
とオーストラリアのこの大陸を多くの懲罰の暴風雨が襲うだろう。
--------------------------------
 来たる数カ月に世界中の子供たちに大きな試練が下るだろう。病気。世界
中とオーストラリアのこの大陸を多くの懲罰の暴風雨が襲うだろう。甘美な
る子供たちよ、「選ばれる」ために祈りなさい。教会位階のために祈りなさ
い。彼らが「時の印」をわかるように。私はまもなく、彼らの中央に立ち、
全ての者を裁くだろう。教皇ヨハネ・パウロ2世のために祈りなさい。彼は
地上に立てた私の家である公教会のために、自分の命を献げてカルワリオの
山を登っている。私の聖心に叶う「リトル・ペブル」、将来の教皇のために
も祈りなさい。

--------------------------------
私の父は来られると約束する。私の母の優しさによって、教会は調査を開始
している。これによって「小さき岩」によって創立された修道会は認可され
るだろう。
--------------------------------
 私の父は来られると約束する。私の母のやさしさによって、教会は調査を
開始している。私が罪人の救いのために地上に与えた「小さい岩」によって
創立された修道会は、教会の権威者から認可されるだろう。私が世と教会に
遣わした「小さき岩」によって、全ての印と不思議を、全ての者が見て信じ
るようになるためである。人類の契約の預言である。今、小さき「白い岩」
を助けるために「小さい者」を遣わす。私は御旨により彼女を指導してい為、
この修道会は私の父の誉れのために創立された。来たる平和の新時代に生き
る全ての者は、男も女も子供も奉献生活をしなければならない。

 甘美なる子供たちよ、すべてに対して強くなるために、聖にして母なる公
教会と、お前に降りかかる試練に備えられるように、私の至聖なる聖心から
祝福を送る。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 イエズスは右手を動かし、わずかに閉じられます。シスター・マリアの心
の中を深々と見ておられます。私は彼が彼女に話されるかどうかわかりませ
ん。私は黙ったままでいましょう。

聖主:(シスター・マリアに)
 小さき者よ、子供たちに話しなさい。今お前が疲れていて体力が弱ってい
ることを私はわかっている。恐れないように、小さき者よ。しかしこのメッ
セージは必要なのだ。お前は兄弟姉妹をもっと愛するように。

 私はお前たちと一致している。私の小さな国ベネズエラ、私の愛する国で
あるオーストラリア。皆を愛す。小さき者よ、お前は少し狼狽している。お
前の体は旅行になれていないからだ。何もかもが「見慣れない」感じだから。
しかし、これは問題ではない。お前の到着を温かく歓迎してくれたことがわ
かるだろう。

 私はお前がこのように歓待されることを予期していたのを知っている。私
の愛によってそうなった。私、イエズスはめでたく楽しい旅で二人をここに
招き、固く二人を結ぶ。アーメン。

リトル・ペブル:
 イエズスは聖テレジア、小さき花が立っている前にもどられ、ごく小さい
バラの珠からなる二つの美しいロザリオをお持ちです。一つはブロウサード
神父の頭に、もう一つはシスター・マリアの頭に置かれます。聖テレジアは
微笑み、主を見るために向きを変え、そこに行き、彼の後ろに立ちます。

聖主:
 甘美なる息子と娘たちよ、私の母と一致して祈りを続けなさい。私はその
祈りを人類のために、愛なる神の霊である私の父に持っていく。

リトル・ペブル:
 イエズスの御胸に聖母の微笑んでいるお顔が見えます。

聖主:
 父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 白い十字架にイエズスが速やかに戻られるまでロザリオを続けましょう。


--------------------------------
1998年10月4日AM2:45
ナウラの女子修道院で、シスター・マリアが聖主から受けたメッセージ
--------------------------------
聖主:
 私は今日、聖シャーベルとここを離れる。彼はお前の心に愛の話をしてく
れるだろう。アーメン。お前を祝福する。神のいとしき者、神に選ばれた者、
神によってここに来た者。多くの者がお前と同じならばと思う。彼らは夢を
見ているが、目覚める時が来て、全てが現実だとわかる。神に愛された私の
ちっぽけな者と地上の多くの者に天からの祝福を送る。私の家に、愛の花園
に、私が引き連れる小さい「群れ」にお前の避難所がある。私に導かれなさ
い。

 私に導かれることを恐れないように。私に自由にさせなさい。私にまとめ
させなさい。お前自身の指針が正しくなるだろう。そのことを恐れないで、
お前は私の小さい者だから、愛深く私が優しく抱いて運んであげる。しかし、
「愛の腕」でお前たちを何度も運ばなければならない。それは問題ではない
が、お前がするか、ある物事が好きにならないかだ。これはお前たちを作っ
ている「塩」についてである。お前たちの賄い人である聖母は全ての物事に
関係している。「塩」は全ての料理に「満足する味つけ」として使われる。
語学を学ぶにも簡単なところがら少しづつ始める。英語は良く学ばなければ
ならない。聖人の霊がお前を助け、導いでくれるだろう。この道に沿って進
みなさい。

 明日の朝早く、女子修道院に全ての私の息子たちと娘たちを招き、お前と
二人の隠れ場とする。女子修道院で私は愛と平和のうちにリトル・ペブルと
永遠の御父の懐から出てきた「きれいな水の泉」を抱きしめる。彼らは私の
「縦隊」、私の力、私の「道具」。(三回祝福する)父と子と聖霊との御名
によりて。アーメン。

 最後に私は全ての私の麗しい天使たちである「麗しい乙女」と彼ら全てを
分け隔てなく抱きしめる。お前たち皆を平和のうちに抱きしめる。愛と平和
の祝福を受けなさい。いつかこのことが、適切で時宜を得ているとわかるだ
ろう。天と地の元后である私の母は、歓迎の印として手からバラの花びらを
落とし、各自に与えられるだろう。そして全ての者を彼女の小さき息子イエ
ズスと一緒に祝福されるだろう。彼の腕は大きく開かれ、彼の小さな愛に満
ちた燃える聖心は全ての者に差し出されている。

 私の愛する息子「リトル・ペブル」に言う。すべてのことをもっと厳粛に
準備しなさい。愛をもって。お前の全てのために愛の炎となり、「モーター」
のようになっている聖霊によって動きなさい。

 なぜ、そんなに長く待っているかと言えば、全ての者が愛によって興奮し、
良い望みがこの会合で両者によってもたらされるからだ。ベネズエラから来
た二人と、ここにいる人々によって。お前がここに到着して彼らはお前を歓
迎した。これはお前たち全てのための私の「るつぼ」である。永遠の御父か
ら愛をもって抱きしめる。父からの「燃える火」と、母の懸念の抑え切れな
い感情が、息子からの一致の「輪」で、たった一つの「群れ」に全ての者が
一致するために、アメリカとオセアニアの二つの違う世界が結ばれて、愛の
一つの団体になる。

 この全ての重大な与え主に感謝しなさい。アーメン。全ての疲れ果ててい
る者に私の祝福を与える。感謝の祈りを続けなさい。アーメン。私はお前と
小さき者を祝福する。父に感謝し、恐れないように。お前に必要な休息をと
りなさい。アーメン。


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 今日は長崎の信徒が1865年3月17日にプチジャン神父にローマカト
リック信者であることを打ち明け、日本の教会が復活した記念の祝日です。
鎖国と大迫害の時代を日本の地下教会が生き抜いたことは、全世界に驚きと
感動を与えました。このことは現代の教会にとっては別の新たな意味を持っ
ています。それは間近に迫る反キリストの統治のとき、マリア様が地下教会
を用いて信者を救ってくださるという約束の保証としての出来事という意味
です。

 キリシタンがプチジャン神父に「サンタマリアの御像はどこ?」と言った
ことが、約300年も続いた公権による過酷な弾圧を経ても、信者の信仰が
地下で受け継がれ、しかも異端にもおちいることがなかったのが、マリア様
の特別な保護であったことを証ししています。司祭が1人もいないにもかか
わらず、七代にもわたる潜伏の期間、洗礼はラテン語で正しく有効に授けら
れ続けており、ロザリオは唱えられ、四旬節の過ごし方でさえ守られていた
のです。このようなことは世界史上、他に例がありません。しかも迫害によ
る殉教者の数は、一民族として世界一の多さです。私達は日本人としてこの
信仰に忠実な地下教会が、かつて存在し、マリア様に偉大な保護を受けたこ
とを誇りにすべきです。彼らがマリア様を愛し、よりすがっていたからこそ、
迫害からも異端におちいることからも守られたことを忘れてはいけません。
私たちは近づく殉教の時代のために、霊魂の準備を彼らをお手本にして進め
ましょう。

 マリア様は、日本が世界の光となる特別なご計画をお持ちです。皆さんが
この素晴らしい計画にあずかれるように呼ばれているのは、殉教者たちと地
下教会のキリシタンたちがつんだ功徳によると、マリア様はおっしゃってい
ます。天国にいる彼らに助けを願ってください。あなたは彼らの血を引いて
いるかもしれません。すべての日本人を彼らは特別に愛して、天から恵みを
降らせてくれています。彼らのようにマリア様を愛し、マリア様により頼み、
希望かけましょう。私たちがそうするなら、マリア様の日本に対する特別の
御計画は、実現させていただけるのですから。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
 マリア様からの警告 1992年1月4日
  リトル・ペブルに(抜粋)

 邪悪な存在のための時とは今です。わが甘美なる子供たち、良く見て耳を
そばだてなさい。罪の男はすぐに現れて多くの者を取り去って行くでしょう
から。けれども、あなたたちの総ては、私の神なる息子の御言葉を、彼がど
のようにして天に大いなる力と威厳をもって来られるかということについて
知っています。それゆえ、この来るべき年に世界に現れる多くの反キリスト
に従ってはなりません。多くの偽預言者たちが立ち上り、この世代の人類が
かつて見たことのない不思議を行ない、私の神なる息子の清い御手から多く
の霊魂を奪うでしょう。

 ですから注意深くして祈りなさい。私と私の神なる息子が操り返してあな
たたちに語ってきた準秘蹟を身に着けなさい。そうです、わが甘美なる子ら
よ、人生とは真剣なものです。ゲームではありません。あなたの懐胎の時に
永遠は始まり、あなたの生涯の総ての瞬間は、永遠の一部なのです。甘美な
る子供たちよ、善き道か悪しき道かを選ぶのはあなたです。あなた達に選択
権があります。天にいる私たちは、あなたたちを助けるためにやって来ます。
だから、あなたたちが正義と善の道に留るでしょう。けれども、世のほとん
どの子供たち、そしてとりわけ教会の子供たちは、私たちに耳を傾けないで、
悪の道に従っています。

 今、霊の戦いは最高を極めています。だから注意深くしていなさい、わが
甘美なる子供たちよ。よく見極め、そして、よく祈りなさい。私はあなたた
ちを愛しています、わが甘美なる子供たちよ、そして、私はあなたたちに私
の原罪なき御心を差し出しています。この御心はあなたの避難所であり、あ
なたの力です。そして私の神なる息子があなたたちを御元に呼ぶまでの間、
あなたたちが自分の十字架を担う勇気と力を与えるために、あなたたち皆を
祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
 天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだけ多くの
人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天から
のメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は3月24日頃、発行を予定しています。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]