「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年1月27日号No.085

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年1月27日号 No.085

  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖母からリトル・ペブル、エンジェルローズ、ライラックフラワー、
   ゴールデンロッドに与えられたメッセージ
   − No.613  その(3) − 
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.聖母からリトル・ペブル、エンジェルローズ、ライラックフラワー、
  ゴールデンロッドに与えられたメッセージ
  − No.613  その(3) − 
----------------------------------------------------------------
2001年12月23日

 …… 前号の続き ……

永遠の御父:
 私はお前に挨拶を送る、私の聖心の我が最愛のバラ、私の「善徳のゴー
ルデンロッド」よ! 私はお前に挨拶を送る。私の最愛の息子、我がリ
トル・ペブルよ! 私は挨拶を送る、我がリトル・バルトロメオよ、そ
してここにいる、また世界中のすべての我が子らよ!

我が最愛の子らへ: 今からそれほどの時間がたたないうちに、私の子
は小さな赤ん坊としてまた来るのだ。我が子らへ: 彼はお前たちへの
私の贈りものだ。私の子 − 私のひとり子を − 私はお前たちの贖
いのため、私の聖心の愛によってお前たちに与えたのだ。馬小屋の中を
のぞいてみよ、甘美な子らよ、貧しさと欠乏の中に生まれた私の小さき
子を見よ: 貧しいものの中で最も貧しいものである。見よ、我が娘マ
リアを! 彼女は、彼女の幼な子である息子のそばにひざまずいている。
彼女のお前たちへの贈りものだ。見よ、私の潔き息子ヨゼフを。保護者
にして守り手である。お前たちへの彼のささげものだ。

我が最愛の子らへ: 私はお前たちの父として、全ての世間的な思いと
行ないを脇へ置くようにとお前たちに求める! それらを脇に置き、我
が聖心からお前たちの心へ与えられるこの贈りものに全く注意を集中さ
せよ。誰も持ち得ぬ偉大な贈りものである! 注意散漫を避け − そ
して世間に関係する全てを脇へ置け。− そして馬小屋の中をのぞき、
お前たちの祈りとお前たちの愛でそこを暖めよ。世界中でお前たちを取
り囲むものをお前たちは見ている。お前たちはいくつもの天罰を、苦し
みを見ている。我が娘マリアを見よ。彼女にお前たちの宿屋を見出させ
よ。お前達の心の宿屋を。彼女に、彼女自身と彼女の息子のための避難
所を見出させよ。我が潔き息子聖ヨゼフとともにいよ。お前たちの愛と
祈りで彼を助けよ。聖なる御言葉を読め。お前たちの心に、キリストの
到来である真のクリスマスの精神を再び燃え立たせよ。お前たちのあか
りをともせ。お前たちの部屋を明るくさわやかに、そして罪の汚れのな
いものにせよ。そうすれば我が聖家族は、お前たちの心でまことのやす
らぎと平和を見出すことができる。

我が最愛の子らへ: お前たちが聞いてきたとおり、たくさんの変化が
お前たちの上に起こる時が来つつある。そして預言者たちの − いに
しえの預言者たちの言葉が成就するだろう。時の終わりのお前達の預言
者の後に従え。十字架の道行きをずっと彼のあとに従え。なぜならそれ
が天に至る道だからだ。だが馬小屋の中をのぞいて、まことの預言者に
していと高き王である我が子を見よ。彼と交わり − お前の愛で彼を
暖めよ。

我が甘美な子らへ: 私はお前たちを励まそう。クリスマスの真の意味
に心を集中させよ。お前たちの心を準備せよ。お前たちの霊魂を準備せ
よ。お前たちは、いつお前たちがこの喜びを再び持てるのかを知らない。
大いなる悲哀の時代が来つつある。お前たち自身を強めよ。お前達自身
を清めよ。そして馬小屋に来たれ。お前たちの愛をもたらし、聖家族に
加われ。彼のために心を準備するものは多くない − 私はお前たちが
彼に最上の贈りものをすることをあてにしている。そしてそれはお前達
のまことの愛、お前たちへの彼の望みに対するお前たちのまことのフィ
アット(はい)なのだ。

 今はお前たちにとって偉大な恩寵の時なのだ。それをお前たちの心の
中に感謝と謝意とともに受け入れよ − お前たち、恵まれた子らよ。
お前たちに与えられた恩寵を受け取り、それらを宝としなさい。なぜな
ら呼ばれる者は多いが、選ばれる者は少ないからだ。私はお前たちを愛
している、我が最愛の子らよ。お前達の父はお前たちを無限の愛をもっ
て愛しており、そして父はそれをお前たちへの贈りものにおいて示して
いる。

 私の贈りものを宝とせよ! 私の贈りものを宝とせよ!

エンジェルローズ:
 永遠の御父がゴールデンロッドに話していらっしゃる間に、マリア様が
私のところに再びいらっしゃって、私が聖母の神秘的浄配である愛のリト
ル・ペブルへのメッセージを話すことを望んでいるとおっしゃいました。

聖母:
私の御心の甘美な浄配へ: 最近の大いなる苦しみと悲しみにおいて、わ
かってほしいのです。私の最愛の浄配よ、私がいつもあなたとともにいる
ということを。あなたの流す涙のひとしずくごとに、あなたの感じる苦痛
のひとつごとに、あなたのゆく道の上に置かれ、あなたがつまずく岩と石
のひとつごとに、私はあなたとともにいます。あなたは私の忠実な、そし
て最愛のしもべです。あなたは私の御心の浄配です。私の息子よ、私はあ
なたをぴったりと抱いています。私はあなたの優しい心を愛撫し、あなた
の涙を、私の涙とともにそこに置いています。

 私の息子よ、それはいまや長くはないでしょう。そしてあなたと私は、
一緒に偉大な勝利にあずかるでしょう。これは天にまします私たちの父の
おぼしめしです。私の息子よ、私があなたをぴったりと抱いているように、
あなたも私をぴったりと抱きなさい。そして私たちは決して離れることは
あり得ないのだということをわかって下さい。この世の物事は、私の息子
よ、過ぎてゆきます。しかし私はそうではありません。私はいつもあなた
とともにとどまるでしょう。あなたが持っている苦痛を、私の息子よ、そ
して悲しみを私の御心の中に置きなさい。私はあなたを養い支えます。あ
なたは私の父、父の聖霊、そして私達の神なる息子によって愛され、大事
にされています。忍耐強くありなさい。私の息子よ、− 恐れてはいけま
せん。なぜなら私が約束したように全ては実現するのですから。

ここ私の前に集まった、そして世界中の私の子らへ: あなたたちは私の
最愛の浄配リトル・ペブルを模範としなさい。あなた達は同じ道を絶え間
なく前進しなければなりません。三位一体の神の聖心をなぐさめるため、
そしてリトル・ペブルの神秘的浄配である私が彼に求めたすべてのことを
成し遂げるために、全てを与え、全てをささげ、彼が生きているように生
きなさい。子らよ、あなたたちの祈り、あなた達のリーダーを支援し支持
する祈りにおいて油断してはいけません。彼は私達からたいへん愛されて
いる息子です。私からたいへん愛されている浄配です。あなたたちを私が
愛しているように、彼を愛しなさい。天にましますあなたたちの父、そし
て私の父によってあなたたちの前に置かれた全てのことを成し遂げなさい。
なぜならその時、あなたたち一人一人に、ある偉大な報いが授けられるで
しょうから。私の岩を支持しなさい。この道にしっかりととどまり、彼の
後に続きなさい。これらの大きな悲しみと苦痛の時において彼を支えなさ
い − あなたたち一人一人ができる全てのことをしなさい。私はあなた
たち一人一人の心に話しています。誰も、彼が運んでいる十字架がいかに
重いか、知ることも理解することもできません。− そして彼は、私が彼
の耳にささやいているとおりにこれを行なっているのです。彼はあなたた
ち一人一人を、私があなたたち一人一人を愛しているように愛しています。
あなた達は呼ばれているのですから、私の息子イエズスに、その彼が彼の
誕生によってやってくる時に固く約束してください。あなたたちが、彼を
愛し仕えることを。あなたたちが、あなたたちの神を愛し仕えることを。
私はもう一度あなたたち、選ばれたものを呼びます。聞きなさい。あなた
たちの心をもって聞きなさい。そして私があなたたちに求めた全てのこと
を成し遂げなさい。

 あなたは、私の神秘的浄配よ、私の心の炎です。なぜなら私はあなたの
ものですから。私はあなたの優しい心にキスします、私の最愛のものよ。
そして私の汚れなき御心の力を通して、私はあなたを祝福します。父と子
と聖霊の御名によりて、アーメン。

リトル・ペブル:
 いろいろなメッセージの時の間に、赤ちゃんのイエズスが両手にずっと
聖ペトロ大聖堂を持っていました。そしてイエズスは、私にその教会を与
えてくださいました。そして聖メノロウティスがマリア様から受け取って
運んでいた炎のトーチですが、マリア様は同様に私自身にもそれを与えて
下さいました。全くそれらは非常に象徴的なことです。私はその意味のい
くつかを知っていますが、マリア様は私に後ほど告げてくださるでしょう。

 私達の主が持っていらっしゃったバラは、今や一本一本のバラに分割さ
れて配られました。それらの背後にかくされた恩寵、または意味を私は知
りません。

 私達はロザリオのもう一連を、聖母とイエズスに、もちろんこのクリス
マスの全ての祝福のための感謝としてささげましょう。その間に、私はマ
リア様に、私に与えられたたくさんのこれらの聖具にキスし祝福してくだ
さいと頼むつもりです。

リトル・ペブル:
 マリア様はまた、今日ここにおる他の霊魂にも明確な指示とメッセージ
を与えてくださいました。ここには数人の新規参入者がいます。特に若者
たちのために聖母が起こして下さった新しい霊魂たちです。これらの霊魂
たちにある特別な指示が与えられました。聖母と一緒にいた聖人たちもま
た、彼らが私に与えてくださった巻物を持っています。その中に何が書か
れているのか私にはわかりませんが、後ほど私は知ることでしょう。聖母
は今、ブロサード神父様を見て、私達をいま祝福するようにと彼に頼みま
す。マリア様と赤ちゃんのイエズスは神父様のもとにいらっしゃって、彼
とともに祝福してくださいます。

ブロサード神父:
 全能の神、父と子と聖霊が汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

リトル・ペブル:
 ブロサード神父様が祝福を授けている時、赤ちゃんのイエズスが神父様
の肩の上に立っていました。イエズスもマリア様も、お二人ともいま私達
を祝福してくださいます。

イエズスとマリア様:
 父と子と聖霊の御名によりて、アーメン。

リトル・ペブル:
 イエズスもマリア様も今、聖人達と天使達をともなって、白い十字架の
方へすべってゆきます。私達はクリスマスの聖歌を歌いましょう。

(聖歌「Away in a Manger」が歌われる)


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 イエズスは生きているまことの神です。イエズスを信じるということ
は、イエズスの弟子になることだと、生き生きとした考えを持つべきで
す。イエズスので弟子になるには善い人にならなければなりません。つ
まり、生き方を変えなければいけないのです。具体的に言えば、柔和な
人、節制する人、あわれみ深く謙遜な人、隣人と神を愛する忍耐強い人
になることです。天国には、生き方を変えて、自分自身をこのようにき
たえなおした人だけが入るのです。

 ある宗派のメンバーになって、教会費をきちんとおさめた人はみな救
われて天国に入るというのは全くの間違いです。イエズスの弟子として
ふさわしい人間に自分を変える努力を最後まで続けた人だけが救われて
天国に行くのです。

 イエズスはあわれみそのものの先生であり、友です。できの悪い弟子
を切り捨てる先生では決してありません。弱い友を見捨てて先に行って
しまう友ではありません。真っ先に模範を示し、限りない忍耐をもって
導く先生ですし、絶えずなぐさめ、はげまし、重荷をかわってになって
くれている友です。ただ皆さんに、善くなりたいというつねに変わらぬ
望みと、生活を変えようという強い意志を求めています。本当につよい
意志が要るのです。なぜなら、自分を善くしていく努力は、川を流れに
逆らって、上流にのぼっていくようなものだからです。罪にしばられて
いる人間性が、絶えず悪へと押し流そうとするからです。努力をやめた
瞬間に悪くなっていきはじめ、苦労して進んだ道のりを、あっという間
に逆戻りしてしまいます。

 皆さんはこの努力を一生続けなければいけないと知って、しり込みし
てしまいますか? 嫌気がもうさしてしまいましたか? ではマリア様
の胸に飛び込んで、しっかりとすがりついてください。ここには、イエ
ズスが求めている善くなりたいという不変の望みと、自分を変えようと
いう強固な意志を保たせ、ますます強くする飲み物があります。マリア
様とお話しすることによっていただく恵みの母乳です。そして世間の罪
と悪の逆流が届かない、そのふところに安全に抱かれたままでいつづけ
れば、マリア様が上流へと運んでくださるのです。自分が弱く、貧しく、
悪いものだと感じる謙遜な人はみな、マリア様の胸に必死にすがりつい
てください。こうしてマリア様の優しい胸の中で、自覚している自分の
悪さを日々悔い改めているうちに、あなたはイエズスの弟子に、それも
本当に生き生きとした信仰と、活発な愛と同情心に満ちた、師そっくり
の弟子に変わってゆくでしょう。 


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
 マリア様からの警告 1991年8月25日
  リトル・ペブルに(抜粋)

 今日、私はここに集まった人々だけではなく、ドイツと全世界の人々
に特別な恩寵、すなわちルチフェルと地底の軍団に打ち勝つことのでき
る恩寵を与えようと望んでいます。霊魂の大いなる戦いは3月19日に
始まりましたが、この戦いは神であるわが息子が地上に戻って来られる
まで続きます。この戦いはわがかわいい子供たちよ、いまや猛烈なもの
となっています。なぜならルチフェルが、わが汚れなき御心に奉献した
熱心な霊魂の多くを取り去ろうと望んでいるからです。

 しかし、私は彼らを護るため、わが御心の天使たちを世に遣わしまし
た。彼らは選ばれた者達の中から選ばれた者であり、ルチフェルが滅び
の穴の深淵に投げ入れられるまでルチフェルと戦うからです。この戦い
は神であるわが息子が語られた預言が成就するまで激しさを増していき
ます。なぜなら反キリストが現れ、彼の言葉を広めるからです。

 今や黙示録の言葉の実現に向けて全ての準備が整っています。いつの
時にも暗闇には打ち勝つ光のわが子供たちにとって、今は貴重な時です。
今はアブラハムの時から、わがかわいい子であるあなた、つまり、聖に
して母なる教会の最後の預言者まで聖典に述べられた時です。そのため、
わがいとしい子であるあなたとわがいとしい子供たちに、ルチフェルと
地底の軍団および神であるわが息子に反する全てのものに打ち勝つため
の勇気と、神であるわが息子の光の中を前進する力を得るために、十分
な恩寵を送ります。今日は、教会にとって特別な日です。神であるわが
息子の尊き御血によってわが汚れなき御心を介して、一致すなわち神で
あるわが息子の十字の印によって印された全世界の全ての子供たちに、
一致の連鎖が結ばれたからです。この選ばれた子供たちは、ルチフェル
と地底の軍団と、そして反キリストと戦い、彼らを倒し、再び来られる
神であるわが息子の勝利をもたらすでしょう。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
 天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだけ多くの
人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天から
のメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は2月3日頃、発行を予定しています。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]