「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年1月20日号No.084

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年1月20日号 No.084

  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖母からリトル・ペブル、エンジェルローズ、ライラックフラワー、
   ゴールデンロッドに与えられたメッセージ
   − No.613  その(2) − 
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.聖母からリトル・ペブル、エンジェルローズ、ライラックフラワー、
  ゴールデンロッドに与えられたメッセージ
  − No.613  その(2) − 
----------------------------------------------------------------
2001年12月23日

 …… 前号の続き ……

聖母:
 私はあなたに挨拶します、私の甘美な娘、エンジェルローズよ。私は
あなたに挨拶します、私の御心の浄配、私の愛のリトル・ペブルよ。私
はあなたに挨拶します、私の司祭なる息子、私のリトル・バルトロメオ
よ。そして私はあなたたち一人一人に挨拶し、あなたたちの優しい心に
キスします。

 ここ私の前に集まった、そして世界中の私の甘美な子らよ。私達の愛
のリトル・ペブルを通してあなたたちに告げてきたすべてに、あなたた
ちが応えることが、この日、特に重要です。私の子らよ、あなたたちの
まわりに広がりつつある天罰は、概して人目をひかなくなっています。
私の小さきものたちよ、あなたたちは理解しなければなりません。これ
らの天罰はあなたたちの家庭に、そしてあなたたちの生活にだんだん近
づいているということを。この日、私は私の若者達に − このゲッセ
マネ共同体の私の若者達に、世界中の全ての共同体の私の若者達にこい
ねがいたいのです。私はこの時期に、あなた達に嘆願します、私の子ら
よ。近づく私の息子の誕生は、全人類のためあなたたち、私の若者達の
ための偉大な恩寵の前兆となります。私はあなたたちに頼みます。進み
出て、あなたたちのために神が持っていらっしゃるものを受け取りなさ
い。私の神なる息子の誕生をもって自分自身を強めなさい。彼があなた
たち一人一人のために持っているその恩寵を受け取りなさい。これらの
来たらんとする日々のために自分自身を強めなさい。

 地上の私の子らは「悲しみの統治期間」が始まってしまったことを認
識していません。あなたたちの父そして私の父は、私を父の聖心に抱き
しめるために、私をこの世界から顔をそむけさせておしまいになりまし
た。それは私が、広がるこの悲しみを見ないようにするためです。私の
子らよ、あなた達のフィアット(はい)が鍵です。これがこの日、私が
要求しているものです。この世で踏みにじられている人々、無学な人々、
彼らに毎日与えられている恩寵の豊かさがわからない人々、そんな人々
が、選ばれたものの中のある人々よりも100倍も良く応えてくれてい
ます。私の子らよ、あなたたちの父はおっしゃいましたね、今が進み出
て、あなたたちの持ち場につく時だと。真理の擁護者として強くありな
さい。私はあなたたちを愛しています。私の最愛のものたちよ。私はあ
なたたち一人一人を、私のマントの下に、あなたたちを保護するために
置いています。それでもあなたたちの多くは、あなたたちを待ち受ける
危険に気付かずに走り去ってゆきます。私の息子、リトル・ペブルがあ
なたたちにこの日言わねばならなかったことを良く聞き入れなさい。な
ぜなら、これらはあなたたちの心に浸透させる必要がある重要な言葉だ
からです。

 忠実なあなたたちへ: リードしつづけ、あなたたちの兄弟姉妹の良
い模範でありなさい。同じ道をついてくるように言われるのを待ってい
てはいけません。そうではなくリードするのです。前へとリードしなさ
い。そうすれば皆が彼らのために彼らの父が持っていらっしゃる恩寵と
報いを受け取ることになるでしょう。

 私の甘美な子らよ、私の息子の賜物にあなたたちの心を良く準備しな
さい。なぜなら彼はあなたたち一人一人を愛していて、あなたたちの心
が熱望するならば、あなたたちを強めてくださるでしょうから。あなた
たちの家族のことで心配しないでください。なぜなら私はあなたたちの
心を知っているのですから。私の子らよ、確信をもって前進しなさい。
私の子らよ、進み出て私、あなたたちの母の後に続きなさい。エンジェ
ルローズよ、この日あなたに言おうと望んでいたことのこれが全てです。

 私は強力な祝福を私の若者達に送ります。私の呼びかけに注意深くあ
りなさい。子らよ、私の呼びかけに注意深くありなさい! 私はあなた
たちを愛しています。そして私の汚れなき御心の力をもってあなたたち
を祝福します。父と子と聖霊の御名によりて、アーメン。(マリア様は
ライラックフラワーに話す)

ライラックフラワー:
 私は、私のために印を求めました。そしてそれは聖母によって与えら
れました。聖母がリトル・ペブルに話していらっしゃる間に私に与えら
れた幻視を説明するようにと、聖母は私に求めました。

 ちょうど私達の前に、馬小屋の中の聖家族が示されました。聖母は小
さな赤ちゃんのイエズスを、愛と愛情と礼拝でいっぱいになって見つめ
ていらっしゃいます。聖ヨゼフも同様になさっています。一つの明るい
光が天からやって来て − たくさんの天使達が歌っています。聖家族
のちょうど上に永遠の御父が見え、愛に満ち溢れて彼の子を見つめ、な
がめていらっしゃいます。

 今、私は遠くの方に二人の男性が見えます − 馬小屋があるところ
の右側に一人、そしてもう一人は反対側にいます。私には彼らが誰だか
わかりません。一人は年寄りで、非常に貧乏であるかのような装いです。
そして彼は、馬小屋にたどりつこうと苦労しています。同様に反対側の
男性もそうしています。彼は力を使い果たしてしまったようです。今、
私は永遠の御父が見え、御父は両方の男性を打ちます。− そしてただ
ちに彼らは力を取り戻し、再び歩きはじめます。道の途中、馬小屋から
数キロメートルのところで彼らは出会います。− そして今、私は彼ら
が誰だかわかりました。老人の方は教皇ヨハネ・パウロ2世です − 
そしてもう一方がリトル・ペブルです。彼らはお互いに話しあっていま
すが、私には何を言っているのかわかりません。その時、またリトル・
ペブルが話しました。そして、これが私が聞いた言葉です。「あなたが
最初に行ってください、教皇様」 そして彼は教皇様の前にひざまずき、
それからそこで待ちました。教皇様は馬小屋に向かって歩き始め、− 
そしてそこに彼がつくと、彼は赤ちゃんのイエズスの前にひざまずき、
そして泣きはじめました。彼はポケットから二枚の紙を取り出しました。
一枚は彼による手書きのもので、もう一方のは箇条書きされたリストで
した。これらの紙に何が書いてあるのかはわかりません。聖母の顔は、
聖母が赤ちゃんのイエズスを教皇様が礼拝しているのを見るやいなや、
ぽっと赤く染まりました。

 いま、リトル・ペブルが馬小屋に向かって歩き始めるのが見えます。
彼が赤ちゃんのイエズスに近づくと、聖母は顔を上げて彼を見、そして
聖母の顔は、聖母が彼を見てとても幸せであるということを語っていま
す。リトル・ペブルはすばやく歩き、赤ちゃんのイエズスの前にひざま
ずき、彼もまたすすり泣きながら言います。「私にはあなたにささげる
ものが何もありません。私の主、私の神よ」 − そして彼は彼自身の
心臓にさわります! 私にはどうやってそんなことが起こったのかわか
りませんが、彼は彼自身の心臓を手に持って、それをイエズスにささげ
ました。そして彼は二枚の紙を取り出し − パパ様がなさったように
− 一枚には彼の肉筆で何か書かれており、もう一枚には箇条書きにさ
れたリストがあります。

 今、私に教皇様が示されます。沈んだ面持ちで − そして彼は地に
倒れ、彼はそこに横たわってもだえ苦しんでいます。私は、血が地面を
流れているのが見えます。彼のまわりにはたくさんの人がいてパニック
に陥っています。突然、パパ様は消えます。しかし私は、彼が彼の家に
いるのが見えます。− そして私は、教皇様の体に何か異なるところが
あるのに注目しています。

 今、私は再び聖家族の前にいます。リトル・ペブルは行ってしまいま
した。永遠の御父はいまだに彼の子を見ています。そして微笑んでいま
す。− 同様に聖母と聖ヨゼフもそうなさっています。永遠の御父は私
を見、微笑みます。そして「善徳のゴールデンロッド」を見つめます。
私は今、黙っていましょう。(永遠の御父はゴールデンロッドに話す)

 …… 次号へ続く ……


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 明日は聖アグネスの祝日です。かわいらしく美しく、やさしいひびき
の名の少女は、13歳の若さでローマで裁判にかけられ死刑になりまし
た。304年のことですが、彼女の言葉が残っています。

「天使がお仕えしているおかた、太陽と月が感心するほど美しいおかた
と結婚しています。彼だけに忠実を守り、彼だけに私のすべてをささげ
ます。」「私の体を刀で殺すことはできても、キリストにささげた私の
体を汚すことはできません。」

 殉教は殉教者にとって勝利であるばかりではなく、イエズスへの愛に
燃えて、恐ろしい拷問にも平然と耐える力をイエズスから注がれて殉教
する人は、この世に対してのイエズスご自身の最も大きな勝利なのです。

 ところで、日本の多くの人々を救うには、私達の莫大な苦しみのささ
げものが必要です。それによって恵みの水門を開いていただけるのです
から。それで私達はリトル・ペブルさんへの忠実、ローマ・カトリック
使徒教会の信仰のゆえに迫害をさくさん受ければ受けるほど多くの同胞
を救えます。鍵は迫害を喜び迎え、できるだけたくさん受けることです。

「私のために、人々があなたたちをののしり、あるいは責め、あるいは
数々の讒言(ざんげん)を言うとき、あなたたちは幸せである。喜びに
喜べ。あなたたちは大きな報いを受けるであろう。先人の預言者たちも
同じように迫害された。」 これがイエズスご自身が教えてくださった、
幸せな人にこの世でなる、そして天においても幸いなものとして認めら
れる秘訣です。

 それで、迫害をみなさんは避けてはいけません。迫害や試練を避ける
ために信仰することを恐れているなら、どうか悔い改めてください。な
ぜなら喜んで苦しむ人だけが愛する人だからです。すなわち苦しみを避
けるなら、それは愛のない信仰で、にせものの信仰です。

 マリア様はイエズスの御受難のさい、イエズスの苦しみを全部かわり
に受けたいと熱望なさいました。このマリア様の愛を模範にしましょう。
マリア様によりすがって、マリア様のふところから、迫害、試練、苦し
みをながめなおしてください。そうすれば、それらは甘美な喜ばしいも
のにみえるでしょう。それによってのみ、あなたが愛する人たちを救え
るのですから。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
 イエズス様からの警告 1991年6月6日
  リトル・ペブルに(抜粋)

 世は神のあわれみや愛を忘れて、自分の道を一人歩きしている。私は
預言者の元后である御母をあなた達のところへ遣わして来ている。それ
でもあなた達は時が始まって以来、あらゆる私の預言者を否み続けて来
ている。私の聖心の光にいる者たちよ、心をこめてロザリオを唱え愛の
珠を持ち、御母のエプロンにしがみつきながら前進し続けなさい。そし
て祈りながらこの道を続けて歩みなさい。世は、私の敵(すなわち悪魔)
の到来に対して準備するべく、すべての救われるべき子等が浄められ、
強められるよう今から厳しい苦しみと試練を体験するであろう。反キリ
ストは自分の不思議な業や力を宣伝してすでに地上に現れている。彼の
言うことに耳を傾けてはいけない。耳を傾けるのならば我が聖心と御母
の御心から連れ去られるというワナにかかってしまうのだ。今の時代こ
そはかの預言者達が話して来た時、すなわち「時の終わり」である。後
数年以内に私は戻り、人間が地球の美を破壊させる前にそれを復興させ
るであろう。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
 天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだけ多くの
人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天から
のメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は1月27日頃、発行を予定しています。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]