「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年1月13日号No.083

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年1月13日号 No.083

  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖母からリトル・ペブル、エンジェルローズ、ライラックフラワー、
   ゴールデンロッドに与えられたメッセージ
   − No.613  その(1) − 
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.聖母からリトル・ペブル、エンジェルローズ、ライラックフラワー、
  ゴールデンロッドに与えられたメッセージ
  − No.613  その(1) − 
----------------------------------------------------------------
2001年12月23日

リトル・ペブル:
 しばらく前から聖ミカエルが壁の磔刑像の右側に見えています。彼は
空のかなたに立っているので、とても大きいです。そしていつもと違う
種類の盾をもっています。その盾のてっぺんには赤いいくつかのバラに
よってつくられている一本の十字架がたっています。ロザリオが唱えら
れていた時、聖ミカエルは彼の剣を祭壇に投げ込み、それがとても深く
入ったので、祭壇の上には柄が出ているのみです。そしてそれは私達の
方へ扇形に広がる光線を放ちます。聖バラキエルが、彼は大天使ですが、
白い十字架のそばに見えます。白い十字架もまた同様に空のずっとかな
たに立っています。彼はいつものように御出現の始まりに先立って十字
を切ります。

 白い十字架は空のずっとかなたにあり、その十字架の5箇所から血が
滴り落ちています。それはまるで主が実際にそこにかかっているかのよ
うですが、主は十字架上にはいません。しかし十字架の背後には二位の
とても大きな天使がいます。一位の天使は地球を持ち、もう一位の天使
は月を持っています。− そして今度は彼らの後ろで3つの火の玉が尾
をふき出していて、まるで飛跡を残すかのようで、彗星が残すものに似
ています。

 白い十字架の背後にはたくさんのケルビムがいます。そして他のケル
ビムはここ、祭壇のまわりにいます。赤ちゃんの天使たちです。横木の
中心にひとつのドアが開きます。そのドアの上にさえ血はいまだに滴り
落ちています。十字架から美しい一条の光線が発し、聖櫃に向かう道を
形作ります。

 今、十字架から出てくるのは多くの天使たちで、真っ白な装いで彼ら
の翼もまた同じく真っ白です。彼らは速やかに滑り降りてきます。その
天使たちの背後に洗者聖ヨハネが見えます。福音史家の使徒聖ヨハネが
見えます。聖エリヤ、聖モーゼ、聖アブラハム、聖ノア、聖ダビド、聖
エレミア、そして聖ダニエルが見えます。また聖パードレ・ピオも見え
ます。彼らはみな私達に向かって十字架を通って速やかに滑りつつ後に
続いています。これらの聖人たちの後ろにもっと多くの天使たちがいま
す。エノクとエリヤが見えます。エリヤゴールデンはエノクと会うため
に最前列から移動してしまったのです。全ての天使と聖人が祭壇の近く
に半円を形作ります。

 箱舟の聖母が、私達の母、キリスト信者の助けとして、そして赤ちゃ
んのイエズスを抱いて、とても速やかにおいでになります。いつもの色
の装いにかえて、聖母のマントはアメリカ合衆国の旗の星条旗でできて
います。聖母のドレスはロイヤルブルーです。まったく変わっています。
以前にマリア様がどこかの国の旗の色をまとっていらっしゃるのを見た
ことがありません。聖母は右手に炎のあがるトーチか何かを持っていま
す。赤ちゃんのイエズスは聖母の左腕にすっぽりとおさまっていて −
たぶん18ヶ月くらいで、とてもかわいらしく見えます。もっとたくさ
んの天使たちが十字架から聖母の後ろから出てくる間に、マリア様はと
ても速やかに滑って聖堂の中に入ります。ついさっき私が描写した半円
に加えて儀杖兵を天使たちは形作ります。

 聖母は聖堂の中にいらっしゃって、いつものように聖櫃の上にただよ
う薄い雲または霧に御足がなかばつつまれて、聖櫃の上にいらっしゃい
ます。聖母の御足に二輪の金のバラが見えます。赤ちゃんのイエズスは
右手に一本のロザリオを持っていて、もう一方の手にはいくつかのバラ
があり、ロザリオはそれらのバラのまわりに巻きついていて、一方、茶
色のスカプラリオがその全部に互い違いに絡み合わされています。

 聖バラキエルはイエズスのもとに行き、そのロザリオと花を主からと
ります。聖メノロウティスが、彼は私の守護の天使ですが、聖母の右側
に現われ、炎をあげているトーチをとります。この二位の天使たちはど
ちらも祈りのうちに潜心します。イエズスとマリア様はどちらも十字を
おきりになります。

主と聖母:
 父と子と聖霊の御名によりて、アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母はイエズスの額にキスします。

聖母:
 私はあなたに挨拶します。 私の最愛の息子、聖にして母なる教会の
私達の将来の天使的牧者よ。私はあなたにも挨拶します。私のリトル・
バルトロメオ、終わりの時の使徒よ。そして私の神なる息子と私の前に
集まった全ての私の恵まれた霊魂よ! 私は挨拶します。世界中の全て
の私達の子らよ!

 もう間もなくあなたたちは私の神なる息子イエズスの誕生をもう一度
祝うところです。どうかあなた達の心の中に子供であるキリストの聖霊
がましますように、愛する子らよ、なぜなら人類に与えられたこれらの
日々は非常に特別で − あなたたちの心にとって大事なはずだからで
す。それは反省の時です。愛する子らよ、それは将来を熟考する時です。
それは現在について黙想し、そして過去から学ぶためにです。一日一日
を大事にしなさい。そうすればあなたは神の前に功徳を積むことでしょ
う。− そして注意深く善徳に生きなさい。そうすればあなたたちは皆、
人類のもとへすみやかに来る、来たる新しい聖なる時代において私の神
なる息子と私とともに支配することでしょう。

--------------------------------
世界の眠っている良心は、もう間もなくあらあらしくたたき起こされる
でしょう。そして人類は神のあわれみが全ての神の子らの心に流れ込む
ように変わらなければなりません。
--------------------------------
 長年にわたり告げられてきた出来事の幾つかがすみやかにあなたたち
の上にふりかかり、あなた達の永遠が一瞬のうちに決定することでしょ
う。愛する子らよ、私が話してきたこと全てをよくよく考えなさい。あ
なたたち自身を準備しなさい。あなたたちの世帯を、あなたたちの家を、
あなたたちの共同体を準備しなさい。私の神なる息子イエズスの再臨は
近いのです。世界の眠っている良心は、もう間もなく荒々しくたたき起
こされるでしょう。そして人類は神のあわれみがすべての神の子らの心
に流れ込むように変わらなければなりません。聖書の黙示録と世界中の
大多数の御出現において明かされているように、天罰は降っており、そ
して降り続けることでしょう。いくつかの悲しい出来事が迫っています。
愛する子らよ。多くの生命が失われるでしょう。世界にとってというだ
けではなく、天にとってもまた失われるでしょう。− なぜなら、ちょ
うど私の神なる息子が、人類はある日すべてが一掃され、もはや思い出
されなくなるまで、あたかも神が決して存在しないかのごとく生きるこ
とを続けるとしばしば言ったとおりに、多くの私達の子らが準備してい
ないからなのです。あなた達 − 特に私の選ばれた者の上にこのこと
が起きないようにしなさい。油断してはいけません − 特にあなたた
ちの祈りの生活において、あなたたちの天にまします私達の父の御旨を
行なう、そしてそれを成し遂げる献身において。神に「はい」と言うの
をためらってはいけません − 今、時のあるうちに。なぜなら、間も
なくこの時はあなたたちから取り去られ、そしてその時「はい」と言っ
ても、もはや役に立たないからです。

--------------------------------
あなたたちが信仰においてしっかりとしていて、神の呼びかけに対して
忠実でない限り、あなた達は来たる艱難の日々には堅忍できないでしょ
う。まことに私はあなたたちに言いますが、甘美な子らよ、この世は来
ようとしているものをいまだかつて見たことがありませんし、再び見る
こともないでしょう。
--------------------------------
 今はカルワリオの最後の時間です。甘美な子らよ。これが何を意味し
ているかよく考えなさい! 私の神なる息子イエズスが十字架上で亡く
なった時、いったい何が起こったかをよく考えなさい。慰めは全くなく、
屈服させられ、悲しく、泣き、心と霊魂は断末魔の苦しみを受け、精神
と意志は苦悩にさいなまれました。あなたたちが信仰においてしっかり
としていて、神の呼びかけに対して忠実でない限り、あなたたちは来た
る艱難の日々には堅忍できないでしょう。まことに私はあなたたちに言
いますが、甘美な子らよ、この世は来ようとしているものをいまだかつ
て見たことがありませんし、再び見ることもないでしょう。ですから祈
り、あなたたちができるすべてをささげ、犠牲としなさい − そして
恐れてはいけません。なぜなら三位一体の神と私、あなたたちの天の母
はいつもあなたたちと一緒にいるのですから。あなたたちは天使たちと
聖人たちとあなたたちが愛する人々と友情によって結ばれています。私
の神なる息子と私があなたたちに約束したものはあなたたちに与えられ
ますが、それはふさわしい時にです。あなたたちの幸運に満足し、今ま
で受けてきた全ての祝福とこれから受ける全ての祝福について神に感謝
をささげなさい。

--------------------------------
私達の聖なる代理者のために祈りなさい。なぜなら彼のために時の鐘は
打たれてしまったからです。すぐに彼は、私の神なる息子のための彼の
心の骨折りの報いを受け取るはずです。しかし、いったん彼が取り除か
れたなら、この世は災い。なぜなら暗闇が地球を襲うはずだからです。
--------------------------------
 私達の聖なる代理者のために祈りなさい。そしてもっと祈りなさい。
なぜなら彼のために時の鐘は打たれてしまったからです。すぐに彼は、
私の神なる息子のための彼の心の骨折りの報いを受け取るはずです。し
かし、いったん彼が取り除かれたなら、この世は災い。なぜなら暗闇が
地球を襲うはずだからです。あなたたちを愛しています。私の甘美な子
らよ、そして私の神なる息子イエズスからの賜物と恩寵をあなたたちに
差し出しています。彼はあなたたちを世界中の聖櫃で − そしてあな
たたちの心の中の聖櫃で毎日待っています! あなたたちにクリスマス
の祝福を豊かに与えるために、私達の汚れなき2つの聖心を通して、あ
なたたちを私の神なる息子と私は祝福します。父と子と聖霊の御名によ
りて、アーメン。

 今日、飾られているバラは、私達の汚れなき2つの聖心から、人類へ
の贈り物として祝福します。− その贈り物とは、艱難と間近に迫った
大警告を堅忍しぬく賜物です。父と子と聖霊の御名によりて、アーメン。

リトル・ペブル:
 マリア様が誰か他の人に話すのをお望みでしたら私は黙っていましょ
う。(マリア様はエンジェルローズにお話しになる)

 …… 次号へ続く ……


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 今日はイエズス様が洗礼を受けた祝日です。洗者聖ヨハネは神に命じ
られて「悔い改めよ!」と説教し、悔い改めのしるしとして洗礼をさず
けていました。神であるイエズス様はその洗礼を受け、逆に洗礼の意味
を神的に変化させました。それは新しく生まれるという意味にです。

 天国に入るためには新しく生まれなければなりません。皆さんは洗礼
を受けたなら、新しく生まれ、新たな人になります。この恵みをイエズ
ス様は十字架にかかって死ぬことによって、御父からいただいてくださ
いました。そして新しく生んでくださるのはマリア様です。みなさんが
洗礼を受けたいと希望する時、マリア様の胎内にみなさんはやどります。
これだけでも何とすばらしいことでしょう。突然の死を迎えたり、様々
の理由で洗礼を実際には受けずに死んでも、「望みの洗礼」というかた
ちの洗礼で天国へ行けるのですから。また、洗礼を受けていなくても、
この信仰のために殉教したなら「血の洗礼」というかたちの洗礼で天国
へ行けるのです。いずれにしても、洗礼を受けたいと望みつづけること
によって、すでにマリア様の中に生きているのです。マリア様の胎内で
しっかりと保護されつつ徳と信仰に成長するには、洗者聖ヨハネの洗礼
の原点である悔い改めが必要です。

 これはむずかしいことではありません。マリア様と毎晩お話しすれば
いいのです。「今日は何かマリア様を喜ばせてさしあげることができま
したか?」 良くできたことからふりかえるのが子供らしいやり方です。
それから「今日はこんなことが悪かったです。マリア様、ごめんなさい」
と反省し。日々悔い改めつづけるのです。洗礼を受けたいという望みと、
日々のマリア様を通しての悔い改めは、いまだ原罪の汚れをもつ、罪深
い生活を続けるみなさんを、御父の正義の厳しさがとどかないマリア様
の胎内にとどまらせてくれるのです。どうかいちはやくマリア様の胎内
に避難してくださいね。正義の時はすでに始まっているのですから。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
 イエズス様からの警告 1991年2月13日
  リトル・ペブルに(抜粋)

 我が敵なるルシファーそしてその配下にある悪霊の大群は、何千いや
何百万もの霊魂を訴えようとして、今この地上を徘徊している。誰がこ
れらの霊魂を救うのであろうか? それは「光」の子供たちなのである!
そしてその救いは子供たちの祈りによって成し遂げられるのである。

 地上の我が家にいる多くの者、特に権威ある者たちは、大いなる闇に
閉ざされてしまっている。我が霊は、彼らを導くことができないのだ。
逆に悪しきものの霊が、権力の座を支配している。愛する子供たちよ、
なぜこのようになってしまったのか? その理由は、邪悪な霊が人々の
霊魂に取り付くのを、あなたたちが許してしまったからなのだ。邪悪な
霊を追い出しなさい! あなたたちは、それを行う力を有している! 
そして我が家からルシファーを追放するために、偉大なる戦士、聖ミカ
エルと聖なる天使たちを呼び求めなさい。

 我が子供たちよ! 愛しい子供たちよ! あなた達は、なぜ世のなか
があまりに邪悪になってしまったのかと戸惑っている。それは我が声に
耳をかたむけ、それを実行する者がほとんどいないからなのだ! そし
て「光」のなかにある子供達でさえ、その祈りが十分でなく、良き模範
を示していないのだ! もし、あなたたち自身が「光」を放たないのな
らば、世界はどのようにして改心し、私を信じることができようか?


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
 天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだけ多くの
人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天から
のメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は1月20日頃、発行を予定しています。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]