「箱舟の聖母」バックナンバー
2001年12月2日号No.077

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2001年12月2日号 No.077

  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.預言と最近の出来事
   − リトル・ペブルの公式サイトより その(2) − 
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.預言と最近の出来事
  − リトル・ペブルの公式サイトより その(2) − 
----------------------------------------------------------------
http://www.shoal.net.au/~mwoa/the_messages/prophecy_and_current_events.html

 …… 続き ……

--------------------------------
◆メッセージNo.504 1995年12月31日
 …… 反教皇の支配 ……
--------------------------------
【抜粋】
聖母:
 私が告げることを良く考えなさい、甘美なる子らよ。神の印が生活に
もたらされれば、怒れる神の印も共にもたらされるのです。まもなく神
なる息子や私、そして聖人や天使の涙を流す数多くの像のことを耳にす
るでしょう。悲しみの涙、いけにえの血、希望の油を流す像のことです。
そうなったら甘美なる子らよ、艱難があなたがたと教会に降りかかるこ
とを知りなさい! ペトロに忠実であり続けなさい。キリストの代理者
から離れてはなりません。教会のうちに、私の神なる息子の地上の家に
堅く留まり続けなさい。神なる息子の地上の家の指導者である司教、枢
機卿が話すことは用心して聞きなさい。識別し、賢明でありなさい。真
理の言葉に忠実でありなさい。なぜなら、ローマから来るもの、司教・
枢機卿から来るもの全てがヨハネ・パウロ2世から来ているわけではな
いからです。

 それゆえ注意しなさい。よく聞きなさい。時の中の時はすでにあなた
がたの上にあります。甘美なる子らよ、信仰を学ばなければなりません。
信仰を守るためには信仰を知らなければならないからです。甘美なる子
らよ、キリストの代理者は、これまで薄められ取り除かれてきた多くの
教えを明確にするために、全教会に向けて話すことを望んでいます。聖
なる教皇は教父たちの信仰を再確認するでしょう。それゆえよく聞きな
さい。真の従順とは何かを学びなさい。真理に従うか誤謬に陥るかは、
この従順いかんによります。

 教会が感染している多くの異端は偽りの従順によってもたらされたの
です。そのことから学びなさい。たとえ時間は今非常に素早く進みつつ
あるとしても、あなたがたは時間を持っています。聖書には次のように
言われています。「キリストは人類のために時を縮められる。さもなけ
れば誰が救われるであろう?」 メッセージを再読しなさい、甘美なる
子らよ。これに時間を費やすことは今非常に重要です。自分自身の望み
や必要、自分自身の楽しみを追い求める時間を減らしなさい。信仰を知
り、信仰のうちに堅忍と剛毅の聖寵を求めて祈ることに時間を使いなさ
い。私達が多くの多くの聖人を与えてきたのはこのためです。この聖人
たちはあなたがたと同じく生きていました。しかし彼らは「御言葉」に
真に従ったがゆえに聖人となったのです。わが神なる息子の聖心、そし
て私の御心は、常に避難所、力となるでしょう。私たちの聖心は分離し
えないからです。

--------------------------------
◆メッセージNo.502 1995年12月2日
 …… 血の涙を流す御像 ……
--------------------------------
【抜粋】
聖母:
 甘美なる子供達よ、今宵、私が話す言葉を恐れてはなりません。甘美
なる子供たちよ、1996年の意味を知らなければなりません。「6」
という数字の形についてよく考えなさい。そうすれば1996年が「獣」
の年となることが理解できるでしょう。

 反キリストは今や、世界で教会内で強く働いています。甘美なる子供
たちよ、反キリストは、自分の預言者である反教皇とともにキリストの
代理者を取り除くでしょう。キリストの代理者は殺されはしませんが、
まもなく取り去られ、全世界に、様々なミッションに従う全世界の人々
にショックを与えるでしょう。目前に繰り広げられている、そして速や
かに繰り広げられるであろう多くの神秘について、過去数日、数ヵ月に
わたり、リトル・ロックに多くを示してきました。

 甘美なる子供たちよ、まもなく聖にして母なる教会に大動乱、大惨事
が生じるでしょう。深く堅固な信仰を実践する必要があることを私は話
してきました。甘美なる子供たちよ、あなたたちの信仰は試みられるの
です。教会は分裂し滅んだように見えるでしょう! 神である私の息子
は教会の聖櫃から取り除かれるでしょう。甘美なる子供達よ、私の言葉
をよく理解しなさい。しかし、勇気を出しなさい。神は御自分のものを
お見捨てになることはないのですから。

 まもなく、歴史に名を残す反教皇が代理者として着座するでしょう。
ヨハネ・パウロ2世は重い病のためもはや教会を統治できないと教会が
主張するからです。以前に私が話したことをよく考えなさい。試練は厳
しいでしょう。司教は司教に、枢機卿は枢機卿に、司祭は司祭に対立し
ます。教会は大混乱に陥り、このため、永遠の御父からの罰として世界
は苦しむでしょう。天から与えられた多くのメッセージを信じなかった
からです。

 このため永遠の御父は教会と世界とを懲らしめられるのです。全世界
で多くの大戦が勃発し、大きな自然災害が発生するでしょう。ですから
甘美なる子供たちよ、あなたたちはこれまでに啓示されてきたすべての
ことについて、極めて速やかに学び、理解するでしょう。そのとき内的
生活の重要さ、祈り、犠牲、償いの重要さを理解するでしょう。あなた
たちにあるものは、それしかないのですから!


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 今日から待降節という季節にはいります。クリスマスまで、イエズス
が救い主としてこられるのを期待して待つ時期なのです。私達は、マリ
ア様がなさったように愛の火に燃えつつ待つべきですが、それはつまり、
間近にせまったイエズスの再臨を、花婿を待つ花嫁のように待つことだ
ということを深く考えてみてください。

 人類史上空前絶後の大艱難をくぐっている私達に与えてくださる救い
だけを待つのなら、あなたの心と霊魂には、イエズスに対する愛情があ
りません。それは自分自身しか愛さない利己主義者であるしるしです。
イエズスご自身に早く会いたい! イエズスご自身を永遠に所有したい!
自分の全てをイエズスに永遠にささげ尽くしたい! という望みをいだ
かなければ、イエズスをイエズスとして愛してはいないと言えます。こ
れを読む今日から、あなたは愛の修業を花婿イエズスのために始めてく
ださい。この意味の花嫁に男、女は関係ありません。

 同様に自問してみてください。マリア様に早く会いたい! マリア様
を永遠に所有したい! 自分の全てをマリア様に永遠にささげ尽くした
い! と熱烈に望んでいるかどうかを。会いたい、所有したい、ささげ
尽くしたい、この3つは御父、子、聖霊、マリア様に対していつもだい
ていなければならない望みです。天国の喜びは、この望みが永遠に続き、
しかも永遠に完全にかなえられ、満たされることがその本質なのですよ。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
 マリア様からの警告 1990年8月4日
  リトル・ペブルに(抜粋)

 私は、あなた達に祈りを頼みに来ました。……かわいい子らよ、平和
のためのお祈りです。中東で起きている戦争はしばらくの間だけ勢いを
弱めますが、その後大きな戦争にエスカレートするのです! アメリカ
合衆国は介入してになりません! 秘密結社の計画は、アメリカと西側
諸国の力を弱めるというものです。このために戦争が始まったのです!
かわいい子らよ、間もなく戦争は中央アメリカや南アフリカでも始まる
でしょう! これによってこれらの地域は国情不安になり、それが西側
諸国の脅威となるのです。この裏には、アメリカを交戦させてアメリカ
の軍隊をこれらの地域に誘い出し、自国の防衛を弱めるという目的があ
ります。これは、ロシアと西側諸国を支配する秘密結社の策略なのです。
アメリカの偉大な力を破壊しようと、ルチフェルは陰険な計画を立てて
いるからです。そして、この計画を実行することで……自由主義世界を
破壊するわけです! これは、本質的に悪魔的計画です。目に見えてい
ることは、ほんのカモフラージュに過ぎないからです。

 このために、東側諸国は民主主義に転換して来ています。しかしこの
ことも秘密結社の計画です。今は、その秘密結社の名前は明かしません
が。かわいい子らよ、このようなことは、すべて西側諸国の軍備を撤廃
するためなのです。

 ルチフェルのいろいろな計画が壊されるように、世界平和のために、
今祈りなさい! 壊されないならば……大勢の子供達が死ぬからです!


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだけ多くの
人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天から
のメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は12月9日頃、発行を予定しています。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]