「箱舟の聖母」バックナンバー
2001年11月11日号No.074

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2001年11月11日号 No.074

  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.聖母からリトル・ペブル、ライラックフラワー、ゴールデンロッ
   ドに与えられたメッセージ
   − 2001年9月15日 No.611 その(1) − 
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.聖母からリトル・ペブル、ライラックフラワー、ゴールデンロッド
  に与えられたメッセージ
   − 2001年9月15日 No.611 その(1) − 
----------------------------------------------------------------
悲しみの聖母の祝日

リトル・ペブル:
 空に白い十字架が見えます。その両脇には、非常に背の高いほっそり
とした天使が一位ずつ、いつものように広げてというよりはむしろ両翼
で天を指し示して立っています。一位はアルファ、もう一位はオメガの
シンボルを持っています。ちょうど飾り額のようです。十字架の後ろ少
し上方には聖ミカエルが、全て白い服に胸には金の懸章、そして金のベ
ルトをしています。でもそれは兵士のような装いではありません。その
ベルトの中に小さな金色の金属の銃弾に似たもの、もちろんそれは銃弾
ではありませんが、それらにアラム語の記号が書かれています。私は、
聖ミカエルが持っている特別な力と、それらは関係があると思います。

 聖ミカエルは両翼を大きく広げます。彼は、その先端に火の舌がある
両刃の炎の剣を持っています。その剣は普通の剣のようではないので、
実際のところ説明するのが困難なのです。その剣には「だれが神に似て
いるだろうか?」と書かれています。

 十字架がドアのように開き、白と黄の光の流れが横木の中央から射し
出て、聖櫃に向かってくる光の道を創っています。十字架を通り抜けて
やってくる異なる色の服をまとった天使たちが見えます。その色は国を
表わしています。最初に通り抜けてきた天使はイタリアの色で、引き続
いてイングランドとアイルランドの色の天使たちです。彼らはゆっくり
と通り抜け、私達に向かってすべりおりてきます。

 今、四位の特別な天使に従われた、黒い服をまとった聖母が見えます。
天使たちが聖母とともにすべりおりてくるにつれて、彼らはヨハネの黙
示録に出てくる天使たちだということに気付きました。聖母は黒いトニ
カをまとい、頭から紫のマンティラをかけています。彼女の胸には7つ
の小さな短剣で刺し抜かれた汚れなき御心が見えます。これは悲しみの
聖母として描かれるお姿です。聖母の真後ろにはアメリカ合衆国の天使
が、他の特別な天使たち(世界のそれぞれの国の天使たち)が誰である
のか私に教えようとしています。まだ、天使たちは十字架を通り抜けて
います。− たくさんの数の天使です。マリア様は聖堂に向かってすみ
やかに前へやってきて、中に入り、聖櫃の上に立ちました。彼女の足元
にはとても強い光の輝きがあります。聖母は祈り、地球の四つの隅を表
わす四位の黙示録の偉大な天使たちもそうします。彼女は両手にロザリ
オを絡ませています。天使たちは現れると聖堂に近づいてきて、聖母の
まわりに聖歌隊のような半円を形作り、彼女の後ろに後列になるほど高
くなって並びました。

 聖母は十字架を通り抜けてきて以来、ずっと目を伏せて祈っています。
彼女の頬をつたう涙が見えます。マリア様は目を開き、天にまなざしを
とても高くあげます。今、ロザリオの珠が聖母の右手からとけゆき、そ
して聖母はあたかも嘆願するように両腕を開きます。まわりの天使たち
も皆、彼女とともに祈っています。今、聖母は磔刑像を手にとります。

聖母:
 父と子と聖霊の御名によりて、アーメン。

 私はあなたに挨拶します。私の最愛の息子、終わりの時の使徒、私の
「リトル・ペトロ2世」、黙示録のこれらの時の預言者よ。私は挨拶し
ます。私の司祭なる息子「リトルバルトロメオ」よ、そして私の前に集
まった、またキリスト教世界の至る所にいる全ての私の恵まれた子らよ。

--------------------------------
世界はゆっくりと闇の中へ、そして闘争のなかへと深く突入していくで
しょう。人々が目の当たりにしたこの争いは、善と悪、天国と地獄の間
でのものなのです。
--------------------------------
 地球にとって、人類にとっての悲しみの時を、今日が明らかに示すの
です。なぜならば、世界はゆっくりと闇の中へ、そして闘争の中へと深
く突入していくでしょうから。私の甘美な子らよ、人々が目の当たりに
したこの争いは、実際には国と国の衝突ではありません。見た目にはそ
のようですけれど、本当は別のことなのです。私の甘美な子らよ、善と
悪、天国と地獄、キリスト教世界と非キリスト教世界、真実と虚偽との
間でのものなのです。地上でのこの大きな戦いは、時の初めからずっと
行なわれてきています。

--------------------------------
あなたたちが、ここ数日見てきたことは、これから到来することのほん
の一断片でしかありません。なぜなら、啓示の書のページはめくられて
いき、全てのことは実現しなければならないからです。というのはサタ
ンの王国が今、この地上を支配しているからなのです。
--------------------------------
 善良に清廉潔白な人生を送ろうと熱心に望む善意の人々の破滅を強く
望んでいる邪悪な人が、地上にはたくさんいます。しかしながら、あな
たたちは知ることになるでしょう。私の甘美な子らよ、あなたたちが、
ここ数日見てきたことは、これから到来することのほんの一断片でしか
ないということを。なぜなら、啓示の書のページはめくられていき、全
てのことは実現しなければならないからです。というのは、善意の人の
心の中で統治している神の国を破壊しようと、サタンの王国が今、この
地上を支配しているからなのです。今後数ヶ月間、そして十字架の足元
で始った私の神なる息子の偉大な勝利としてのこの世への再臨の前の数
年間に、多くのことが世界で変わります。それは私の子らの生活におい
てわかる変化です。

 長年にわたり、私の神なる息子と私は、数え切れない数の幻視者を通
じて、人類が今、どの段階を生きているかを理解させて、彼らのための
道を開いてあげようと話しつづけてきています。私は話してきているこ
と全てを繰り返したりはしません。なぜなら、あなたたちの多くが、来
るべき事を知っているからです。いと高き神の御旨を受け入れるも、ア
ダムとエバに彼らが地上の神々になるのだと約束した堕天使ルシフェル
のいつわりの約束を受け入れるも、人類の運命に関しては、人間の手に
握られているとはいえ、この世は啓示されてきたことに従って進まねば
なりません。

--------------------------------
世界はすぐに戦争に突入するでしょう。アメリカ合衆国は自国の若者達
を破滅させてしまうことになる争いに引きずり出され、そのために自由
主義世界は奴隷化されるでしょう。
--------------------------------
 人間の愚かさの度合いが、来るべき事の期日を決するでしょう。世界
はすぐに戦争に突入するでしょう。アメリカ合衆国は自国の若者達を破
滅させてしまうことになる争いに引きずり出され、そのために自由主義
世界は奴隷化されるでしょう。反キリストの時代が、彼の独裁権の完成
というかたちで、すぐにこの世界にやってきます。そして、ずっと昔に
初代キリスト教徒がそうされたように、私の神なる息子イエズスに真に
従う人々は迫害され、狩り出され、殺されるでしょう。多くの国々が変
化します。それは単にその指導者たちが変わるだけではなく、むしろそ
の進む方向において変わるのです。なぜならこれらの時は通常の時では
なく、私の甘美な子らよ、「時の終わり」の時だからです。聖書に書か
れている聖なる御言葉を読みなさい。そうすればあなたたちは、人類に
起こるべきことを真に理解するでしょう。というのは、アメリカや世界
の自由市民への攻撃は、真理と自由と平和への攻撃だからです。

--------------------------------
全ての戦争を終わらせるであろう大戦争がすぐ近くにきています。合衆
国とその同盟国だけが中東の紛争に引きずり込まれるのではなく、世界
の他の地域でもそうなります。それは彼らを、来るべき猛攻撃から西側
陣営を護る道からそらすためなのです。
--------------------------------
 私の甘美な子らよ、私が最初から言ってきているように、すべてはあ
なたたちが思っているようなものではありません。というのは、これら
の人類の争いの背後には複数の大国が存在しているからです。人々の目
から隠された秘密結社が犯人です。多くの霊魂に破滅をもたらそうと、
彼らは反キリストとともに働いています。世界の行く末を変えるのは祈
りの不寝番です。すべての戦争を終わらせるであろう大戦争がすぐ近く
にきています。合衆国とその同盟国だけが中東の紛争に引きずり込まれ
るのではなく、世界の他の地域でもそうなります。それは彼らを、来る
べき猛攻撃から西側陣営を護る道からそらすためなのです。たくさんの
印が人々に与えられるでしょうが、多くはまだ示されていないのです、
愛する子らよ。しかし、恐れてはいけません。ちょうど私の神なる息子
イエズスが、天の門を開くために十字架にはりつけにされる必要があっ
たのと同様 − 教会が新たにされるためには − 教会の復活と来る
べき平和の統治が生み出されるために、私の子らはその同じ十字架の上
に進んでいかなければなりません。祈りの生活に徹底しなさい。神の御
旨に対して忠実でありなさい。そして聖なる生活を送るために力を尽く
して全てを行なおうと決心していなさい。というのは、私の小さな息子
が今日話したとおり「あなたたちは決して自分が召し出される時を知ら
ない」のですから。あなたたちの兄弟姉妹たちのために祈りなさい。す
べての霊魂のために祈りなさい − たとえその人々が暗黒の中にいる
としても、彼らもまた光を見、そして彼らのあやまりを理解するように
と。カルワリオの玉座にのぼり、そして間もなくパラダイスに行くキリ
ストの代理者のために祈りなさい。地上の神の家の聖職者と修道者のた
めに祈りなさい。彼らが私の神なる息子イエズスに、彼の真理をみたす
ために仕えることができるように、彼らもまたそのまどろみから目覚め
るようにと。

 私はあなたたちを愛しています、私の甘美な子らよ! あなたたちの
天の母として − そして今日は「悲しみの母」として、あなたたち皆
を強めるために来ています。それはあなたたちが自分の十字架をひろい
あげ、私のイエズス、私の神なる息子の後に従えるようにするためです。
私の汚れなき悲しみに満ちた御心からあなたたちを祝福します。そして
いつも平和でいなさい。− そして決して恐れてはいけません − と
いうのは、神は全てをコントロールしているのですから。私の甘美な子
らよ: 父と子と聖霊の御名によりて、アーメン。

 …… 続く ……

----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 マリア様によりすがるとはどういうことでしょうか? 日本人は「が
んばれ」とよく言います。欧米では「全力をつくせ」とよく言います。
マリア様によりすがるとは、がんばっても全力を尽くしても、自分一人
では何も出来ないと悟った人が、前進するために用いる行動様式です。
逆に言えば、うぬぼれ、自負心、プライドを捨てないで、自分一人で前
進できると思い込んでいる人は、仮にマリア様によりすがっているつも
りでも、実はよりすがってなどいないのです。

 神様は一人一人に主要な弱点を与えています。あなたが自分の最も大
きな弱点との戦いを、もしも真剣に始めるならば、自分一人では、がん
ばっても全力を尽くしても何もできないと悟ることができますよ。悪魔
は強く、人間は弱いのですから。この過程をとおってうぬぼれ、自負心、
プライドを捨てなければ、自分を頼んで前進しようとすることをやめよ
うとしないのが私達です。おろかですよね。

 マリア様を受け入れ、愛するなら、マリア様はいっしょにいてくださ
います。だからこうしましょう。「最後までがんばりぬこう」と言うの
をこんりんざいやめて、「最後までよりすがりぬこう」というように。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
 マリア様からの警告 1990年5月18日
  リトル・ペブルに(抜粋)

 我が子よ、あなたが今見ている大きな箱舟は、聖にして母なる公教会
のためのものです。この箱舟は、時が始まる以前に永遠の御父が準備な
さったものです。かわいい子よ、私はこの箱舟……永遠の神の入口なの
です。私は罪人の拠り所として来ています。我が汚れなき御心は、すべ
ての子らが来るために開かれています。きょう、私は重大な事を知らせ
るためにやって来ました。まず最初に、時は速く進んでいるということ
です。大苦難の四分の一がもう過ぎて、いま、四分の二に入りました。
かわいい子らよ、これは旧約聖書で言われている七年間のことです。現
教皇ヨハネ・パウロ2世の時代が「太陽の労働」です。彼の教皇権が、
大苦難の前半なのです。かわいい子らよ、このことを知らせるのは、あ
なた達に今生きている時代の重大性を理解させるためなのです。大苦難
の時代の四分の二に入ると、今の教皇様が殉教し、世界に大懲罰が下る
のです。子らよ、大苦難の第二期の後半では、世の始めから今までに明
かされた大いなる奥義がわかるでしょう。それは子らが今の時代にここ
にいるというすばらしい特権を理解できるよう、聖霊が偉大な力と知識
をもって人類にお降りになるからです。

 大苦難の時代の後半は、ユダヤ人のための教皇「オリーブの栄光」の
統治となるでしょう。彼らは、偽りのメシアの指導を侍っているからで
す。かわいい子らよ、まもなくエルサレムの神殿は再建されるでしょう。
その後、時の終わりをむかえたことを知りなさい。なせなら、大苦難の
時代の後半に、反キリストの時代が来るからです。この時、世界中の大
破壊が起こるので、世界は廃墟と化すでしょう。ペトロの座は、エルサ
レムに移されます。しかしかわいい子らよ、まことの「キリストの代理
者」の力と権限はそこにはありません。なぜならそのあと、ここにいる
我が「最愛の子」が統治するからであり、そのことは大苦難の後半に起
こるからです。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだけ多くの
人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天から
のメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は11月18日頃、発行を予定しています。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]