「箱舟の聖母」バックナンバー
2001年7月15日号No.058

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2001年7月15日号 No.058

      毎週1回発行:年間購読料3,000円
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな
恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖
母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 今、死んでゆく人の10%が地獄をまぬがれています。そのうちのほ
とんどの人が煉獄に行っています。まっすぐ天国に行く人はとても少な
いのです。

 煉獄には13段階があります。下に行くほど清めのための苦しみは大
きいのです。霊魂は地上で果たせなかった償いを果たすために、ふさわ
しい段階に神様から送られます。8段階から下には悪魔がいて責め苦を
与えるので、その苦しさは地獄に近いほどです。これは霊魂にとっては
清めであり、悪魔にとっては罰なのです。なぜなら、霊魂は一段一段上
がっていき、いつか必ず天国に行くのに、悪魔は永遠にねたみの火に焼
かれ苦しむからです。

 とにかく煉獄の苦しさは生きている私達の理解をこえています。煉獄
の一日が、その苦しさゆえに地上の数百年、あるいは数千年、あるいは
数万年にも感ずると言えば十分でしょう。数知れない霊魂が今、この苦
しみの中にいます。

 マリア様のお望みは、私達が彼らを愛することです。彼らは私達を愛
して助けているのですから。彼らを助けるためには、マリア様に私達が
祈るのです。マリア様の地上でのご生涯の一瞬一瞬は、絶え間なく神様
を完全に愛した一瞬一瞬でした。ですからマリア様お一人で積んだ功徳
は、アダムから最後の一人にいたるまでの全人類にゆずってもなおあり
あまる量なのです。神様は生きている私達が祈ることによって、煉獄の
死者たちにマリア様の功徳を適用し、解放を早めてくださいます。

 マリア様の取次ぎの力がどれほどであるかを示す具体例をあげましょ
う。7月16日は「カルメル山の聖母の祝日」です。この祝日のために
9日間の祈りがあります。「カルメル山の聖母よ、神のあわれみによっ
て霊魂を解放し、私達を救ってください」と3度繰り返す祈りを9日間
続けます。マリア様は「この9日間の祈りを成し遂げたら、100万の
霊魂が救われて解放されます。それは私の『カルメル山の聖母』の名の
もとでの、私の取次ぎによるのです」と約束してくださいました。明日
の祝日から9日間、あなたがこの祈りをささげるなら、あなたは100
万人の煉獄の霊魂を天国にのぼらせることができるのです。

 この世のどんな苦しみにもまさる苦しみの中にいる人々に対する愛徳
は、本当に価値ある愛の行為です。マリア様と共に、マリア様のうちに、
マリア様によって彼らを愛しましょう。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
 マリア様からの警告 1989年7月1日
  リトル・ペブルに(抜粋)

 かわいい子らよ、今日の教会の中には、彼らの口を通して神の「御言
葉」を公言している多くのファリサイ派の人間がいます。ですが、彼ら
の心はからっぽです。御子への愛を持っていないのですから! かわい
い子らよ、時の中の時が来ているのですと私は告げませんでしたが、今
や暗黒の時が勢力をふるっています。そしてこの暗闇は、それほどまで
に広がるほどさらに暗さを増すので、ほんの光の瞬きが人間の心の中で
輝き、御子の「御言葉」は文字通り成就されるでしょう! 御子の来臨
の時、信仰はあるのでしょうか? いいえ!…ほんの少数の人々が信仰
をしっかり保って、真理にしっかりしがみついているでしょう。そして、
その少数の者達よ、御子のものである生き残るべき者達よ、あなた達の
天の元后、母としてあなた達に告げます…恐れてはいけません! たと
えほんの少数だけであっても! あなた達はルシファーに勝利するだけ
でなく、過ちにも……異端にも反キリストにも、そしてこの世にも勝利
するでしょう。何故ならあなた達は、心に御子を抱いているからです!
しっかりととどまり、あくまでもやり抜きなさい! 御子の「来臨」を
信じられない霊魂達…多くの世代の人々に対して、あなた達の天の母で
ある私が時は来たということを明かしてきたことを信じられない霊魂た
ち……そのようなすべての霊魂のために祈りなさい!


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだけ多くの
人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天から
のメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は7月22日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
----------------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]