「箱舟の聖母」バックナンバー
2001年6月3日号No.052

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2001年6月3日号 No.052

      毎週1回発行:年間購読料3,000円
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな
恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖
母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.「箱舟の聖母」一周年のご挨拶
 2.聖シャーベル修道会ニュース
 4.メッセージによせて
 5.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 6.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.「箱舟の聖母」一周年のご挨拶
----------------------------------------------------------------
 貧しさと迫害の中で人々に仕え、生きた信仰と徳と成聖の模範となっ
ている教会では、パパ様もマリア様も熱愛され、リトル・ペブルさんと
聖シャーベル修道会は多くの聖職者・修道者・信徒から支持されていま
す。それはアフリカ諸国、インド、ポーランド、ハンガリー、レバノン
などで、彼らは信仰を支えとして生き、真理のために血を流しています。

 この一年、聖シャーベル修道会は世界的にさらに発展し、特にアジア
で唯一のカトリック国、貧しいけれども素朴で強い信仰を持つフィリピ
ンのカトリック教会内で、幾人もの司教から支持され、この修道会の共
同体設立を要請されました。

 対称的に、豊かさと自由気ままの中で現代主義に染まり、パパ様に反
してあらゆる異端を広めている堕落した教会では、マリア様は冷たく扱
われ、リトル・ペブルさんと聖シャーベル修道会も支持されていません。
それは先進自由主義諸国です。もちろん日本の教会もそうです。マリア
様に母としての悲しみの血の涙を流させている日本において、このメー
ルマガジンが、宣教誌として皆様にコピーして用いていただけますよう
願ってやみません。購読料による皆様の支えに感謝いたします。

2001年5月31日
「箱舟の聖母」社
代表 Jean−Marie杉浦洋


----------------------------------------------------------------
2.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
(ナウラから、AOTへのレターの抜粋)

……最近、五月のことですが、グレン・タロー氏(アライアンス・オブ・
トゥルースのモデレーター:ヴィクトリアの聖シャーベル修道会共同体
所属)が、フィリピンの聖シャーベル修道会共同体への訪問から帰って
きました。

 彼はこの機会に、聖シャーベル修道会所属の仲間と一緒に、幾人もの
この国のカトリック教会の司教と会うことができました。この国の様々
な教区から、共同体設立の要請を聖シャーベル修道会は受けました。こ
れらの司教達は、この修道会のカリスマに非常に感銘を受けていて、そ
の中の一人の司教は、カム氏個人宛の公式な手紙を書いて、彼の教区内
にこの修道会の共同体設立を要請しました。私達はこの手紙を受け取り
ましたし、ごく控えめに言っても、この支持は私達をたいへん勇気づけ
ました。教会位階のメンバー達がこの修道会と創立者を信じていること
は、神の働きのさらなるしるしですから、今、私達は祈り、この方向へ
の良い発展を希望しています。

 この手紙(訳注:フィリピンの司教様の)はまた、私達のホームペー
ジに掲載されていますから、皆さんは最近の発展と、来たる数ヶ月に起
こることを見ることができます。……


----------------------------------------------------------------
4.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 今日は聖霊降臨の大祝日です。皆さんを含め、この世のものはすべて、
神様にささえられ続けていなければ、存在を続けることが決してできま
せん。でもそれを皆さんは意識していません。これと同じように、神で
ある聖霊によらなければ決して神様を愛することはできないのですが、
それを私達は意識していません。神である聖霊は、私達のうちに働き、
神を愛させる神なのです。幼い子が「神ちゃま、あなたがだいしゅきで
しゅ!」という時も、キリシタンの子供が、役人に燃える炭火をつかめ
と命ぜられ、平然と握りしめた時も、神への最初の愛のめばえから英雄
的愛にいたるまで、すべて聖霊が働いて愛させて下さっているのです。

 次に書くことは、とても重大なことです。その聖霊とマリア様の意志
は完全に一致していて、私達のために聖霊は必ずマリア様とともに働か
れるのです。例外はありません。私たちの改心と聖化のために、聖霊が
マリア様ぬきで単独で働くことは決してありません。ですから神を愛し、
日々改心し、日々聖化されるためにマリア様によりすがらなければいけ
ないのです。つまり、すべての恵みはマリア様によって配られています
から、マリア様に「ください」と頼む人に最も豊かにそそがれるのです。
以上の真理を教会は、マリア様を聖霊の浄配(花嫁)、すべての恵みの
仲介者と呼んで、教え示しています。


----------------------------------------------------------------
5.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
 マリア様からの警告 1989年3月19日
   リトル・ペブルに(抜粋)

 悪魔は、私達の幻視者が「私達の御言葉」を伝えるために国から国へ
と旅するのを妨げようとして、世界のたくさんのミッションを破壊しよ
うと必死になって働いています。しかし、このために聖寵が与えられ、
天使達が私達の幻視者や代弁者たちを護るために遣わされるよう、世界
中で祈りの輸が広がらねばならないのです。祈りは、今の時代、もっと
いうなら、かつてなかったほど最も必要なものです。なぜなら、今すベ
ての悪魔(悪霊)が、世界と「地上における」御子の家を徘徊している
からです! 「神の家」とすべての国の中の重要な地位のほとんどが悪
魔の手に渡ってしまっています。聖書に書かれているように、反キリス
トの支配が成就するために、今や地上において、ほとんどの権威や力が
ルシファーとその手先達の手に渡ってきているのです。しかし、光の子
らは決して恐れる必要はありません。天の私達が、あなた達を肉体的に
も、霊的にも、精神的にも養うからです。いすれにせよ、悪魔は善い霊
魂と御子の忠実なしもべたちによって克服されるでしよう。しかし、そ
の道は困難です。特に私の預言者たちにとっては! あなた達は彼らが
肉体的、霊的に護られるだけでなく、彼らが傷を受けないで旅をするこ
とができるように、彼らのためにたくさん祈らねばなりません。悪魔は
私達の代弁者の口を封じるために、彼らを地上から取り除こうと望んで
いるからです。


----------------------------------------------------------------
6.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだけ多くの
人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天から
のメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は6月10日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
----------------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]