「箱舟の聖母」バックナンバー
2001年5月20日号No.050

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2001年5月20日号 No.050

      毎週1回発行:年間購読料3,000円
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな
恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖
母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたマリア様からのメッセージ
   − No.607 2001年5月13日 −
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブルに与えられたマリア様からのメッセージ
----------------------------------------------------------------
2001年5月13日 ファチマの聖母の祝日

リトル・ペブル:
 ロザリオの最初から、3つの十字架が空にかかっています。− 最も
大きい十字架が白い十字架になります。その右側が黒い十字架、左側の
が赤い十字架です。それぞれの十字架から各々の色のせまい光線がさし、
それらが結合して一条の流れとなり − そして、聖櫃に向かってさす
一本の道になります。白い十字架の背後に流れ星が一つ見え、それは尾
をひいています。一つの名がそれにつけられています。「アストラ」と。

 聖ミカエルが白い十字架の右側に立っています。− しかし空のとて
も深いところにいます。いつものように彼はとても背が高く、盾を持っ
ていて、それには虹が描かれていて白い十字架が重ねられています。彼
が右手に持っている剣の先がその星にふれます。− 聖ミカエルの剣の
持ち方は、手首をきかせて、その星をはじこうとしているという印象を
与えます。

 多くの細かい金の粉がふっています。それは天使たちの翼から聖堂の
中に落ちてきています。聖櫃のまわりでは、それはもっと密度が濃く、
直径約10〜15メートルの霧となっていて、私達のまわりに落ちる残
りの粉とはずっと異なっています。

 光が差し出ている白い十字架の横木の中心が今、開きます。そこには
光で満たされたとても大きい入り口があり、それは天国への入り口です。
それは誰も測り得ない距離、星々のかなた、天国があるところまで通じ
ている一本の小道のように思われます。

 白い十字架を通って今、素早く多くの光の上をすべってやってくるの
は多くの天使たちです。彼らは頭に、様々な色のバラの花輪または冠を
かむっています。彼らが降りてくるにつれ、彼らの翼の下からバラの花
びらがこの道の上に落ちてきます。私達と白い十字架の間の距離を考え
てみると、それはちょうど私達と太陽の間のようなもので、それはとて
もとても遠く、人間の言葉では表現できません。私は今、白い十字架の
右手、でも空のずっと遠くで、太陽が非常に速く回転しているのを見ま
す。太陽の内部と表面に大きな爆発が起こっていて、宇宙に向かって炎
を一度にどっと噴き出させています。同様にある反動も発生しています。

 天使たちは、いまだに降りてきつづけ − そして白い十字架から御
出現になるのは、ファチマの聖母としてのマリア様です。そしてもっと
多くの天使たちに伴われています。私は彼らが何の天使かはわかりませ
んが、おそらくバラの歌隊かららしいです。彼らが、彼らから出てくる
多くのバラを持っていますし、バラの冠をかむっていますから。聖母は
聖堂に向かって、素早く滑ってきました。そして今、聖堂に入り、聖櫃
の上に、小さな雲の上に立っています。私は聖母のつま先が見えます。
足の親指と人差し指の間に、小さな金のバラの花飾りがあります。聖母
は右手にロザリオを持ち、左手に様々な花、でも主にバラの花束を持っ
ています。聖母がかむっていらっしゃるファチマの冠は、いつもとても
大きいのです。たぶん聖母の全ての冠の中で最大のものに違いありませ
ん。聖母は微笑みます。しかし、聖母の両目に光るものが見え、まるで
聖母がずっと泣いているようです。聖母はうなずき、そしてここにいる
霊魂たちを非常に集中してご覧になり、ゆっくりそうなさっています。
天使たちはいまだに白い十字架から現れつづけていて、− いまや何千
位にもなったに違いありません。− そして彼らはいつものように聖母
の後ろに半円を形作って並びます。各列が前の列よりわずかに高くなっ
て − ちょうど聖歌隊の配置のようです。聖母は今、ロザリオを上に
あげ、主の磔刑像に接吻し、お話しになります。

聖母:
 父と子と聖霊の御名によりて、アーメン。私はあなたに挨拶します。
私の最愛の息子 − 私の甘美な「神の愛の天使」よ。私は挨拶します。
私の司祭なる息子「リトル・バルトロメオ」よ。そしてここ、私の前、
そして世界中の私の甘美な子らよ。そして、神からは失われ、裁かれた
者どもを除いてですが、永遠の御父によって創造された、全ての王国に
いる全ての私の甘美な子らよ。

--------------------------------
人間は私の言葉を脇に置いてしまっているので、人類は神と神の真理か
ら非常に遠くに漂流してしまっています。ファチマで啓示されたすべて
のことは今、あなたたちの目の前で素早く繰り広げられています。
-------------------------------- 
 今日、ずいぶん何年も前にポルトガルで私が出現したこの祝日に、私
は、私達の甘美な子らに、私が届けたメッセージを思い出させたいので
す。それは希望のメッセージ、憐れみのメッセージ、そして永遠の御父
から人類への警告のメッセージです。世界中の多くの私の子らが、この
メッセージを非常によく知っています。しかし私達の子らのうちわずか
しか − 特に権力を持っている人々のわずかしか聞いてくれていませ
ん。そして、なぜなら人間は私の言葉を脇に置いてしまっているので、
人類は神と神の真理から非常に遠くに漂流してしまっています。ファチ
マで啓示されたすべてのことは今、あなたたちの目の前で素早く繰り広
げられています。聖福音のメッセージのように、それは私の多くのボイ
スボックスを通して世界中で繰り返されます。悔い改めなさい。なぜな
ら人の子が来て、この世界を新しい天と新しい地に変える時が近づいた
からです。再臨の時は近づきました。

--------------------------------
善と悪の分離は加速されてきています。選ばれた者達は試され、清めら
れ、堅忍と忍耐を通して完成されるようにと試練に会わせられています。
--------------------------------
 既に永遠の御父によって選ばれた人々の間では、私達の子らの霊魂に、
神のひとり子のしるしがつけられ、彼らは私の神なる息子の再臨が差し
迫ったことに気がついています。しるしは天にも地にも、人間の心の中
にも与えられています。善と悪の分離は加速されてきています。なぜな
ら預言されてきたこと全ては、非常に素早く起こるでしょうから。私の
子らよ、選ばれた者達は試され、清められ、堅忍と忍耐を通して完成さ
れるようにと、試練に会わせられています。それは彼らが、すぐに来る
新しい聖なる時代において、地上の神の王国を受け継ぐ準備が整うよう
にするためです。

 私の神なる息子は地上にいる時、再臨がどんなに突然にやってくるか
を啓示しました。人々が全く思いがけない時、裁きは行なわれるでしょ
う。− そして時間は、あなたたちが知ってのとおり、存在しなくなる
でしょう。それゆえ甘美な子らよ、あなたたちの救い主をしっかりと見
つめ続けていなさい。あなたたちの成聖への、そして地上のもう一人の
キリストとしての、真の善徳の生活への内的召命にしっかりと集中し続
けていなさい。

--------------------------------
多くの出来事が遅らされてきています。生き方を変えるであろうわずか
の者の救いのために、神は大多数の人々への試練を引き延ばしました。
霊魂を救うため、罪人を救うために多くのことが求められています。
--------------------------------
 多くの出来事が遅らされてきています。あなた達は自分自身に「なぜ
なのだろう」と問いかけたことがありませんか、甘美な子らよ? そう
です。あなたたちの多くが、神によって許された遅れによってくじけて
しまっているのですが、神は全てを予見なさっています。そして生き方
を変えるであろうわずかの者の救いのために、神は、大多数の人々への
試練を引き延ばしました。霊魂を救うため、罪人を救うために多くのこ
とが求められています。というのは、もしわずかな人の祈りがなかった
ならば、更に多くの人々が永久に失われてしまうからです。それゆえ堅
忍しなさい、私の甘美な子らよ。私の神なる息子があなたたちに教えた
ように、その日その日を生きなさい。なぜなら、あなたたちはいつ召さ
れるのか、その時を決して知らないからです。天の私達は、私達の子ら
を愛しています。そして彼らの必要をみな知っています。ですから祈る
ことを決してやめてはいけません。私の愛の珠を手にとって、絶えず祈
りなさい。そうすればこの最後の時において、更に多くの霊魂たちが救
われるでしょう。天の時の時計においては、日数は更にわずかしかなく
なっています。ですから平和にしていなさい。そして私の汚れなき御心
の勝利は近いと確信していなさい。そして、それは私達の聖なる代理者
ヨハネ・パウロ2世によって、もう間もなく明らかにされるでしょう。
教皇のために祈りなさい。なぜなら彼を、永遠の御父が彼の住まいに召
される、その彼の時が来つつあるからです。暗黒の時が − そのまっ
たき暗さをもって − すぐにあなたたちの上にやってくるでしょう。
しかし、これはまた、私の汚れなき御心が大勝利を収める瞬間でもある
のです。愛する子らよ、もっと多くの時間を祈るだけでなく、反省や、
幾世紀にもわたり世界中で多くの恵まれた霊魂を通して与えた、私の神
なる息子イエズスと私の汚れなき御心の良いメッセージを読むことに使
いなさい。

--------------------------------
用心し、油断しないようにしていなさい。なぜなら邪悪な者どもが、全
ての曲がり角にひそんでいるからです。彼らは私の神なる息子と私に献
げられた霊魂をおとしいれ、その霊魂を、その霊魂に示された道から取
り去りたいのです。
--------------------------------
 用心深くあり続けなさい。そして、自己満足したり、ゆるんだ生活に
なってはいけません。なぜなら邪悪な者どもは眠ることは決してないか
らです。これがもとで、多くの入れ替えがこの時期に、私達の選ばれた
子らの間で起こっているのです。用心し、油断しないようにしていなさ
い。なぜなら邪悪な者どもが、全ての曲がり角にひそんでいるからです。
彼らは私の神なる息子と私に献げられた霊魂をおとしいれ、その霊魂を、
その霊魂に示された道から取り去りたいのです。なぜなら、もしサタン
が喜びを感じることができるなら、彼の喜びとは、神に捧げられた霊魂
を、その優れた小道から離れさせ取り除くことだからです。あなたたち
は皆、忠実である恵みを与えられています。誰一人として罪におちいる
必然などありません。なぜならあなたたちは、甘美な子らよ、秘蹟を、
そして準秘蹟と神からの多くの賜物を与えられていて、それらはあなた
たちを支えるためなのですから。これゆえに天の私達はあなたたちに、
祈りにおいて警戒していなさいとしばしば言っているのです。

 今日、世界中の私の美しい母親みなのための、この母の日にあたり、
あなたたちの天の母としてあなたたちに、私の汚れなき御心からのキス
をひとつ贈ります。あなたたちのどんなに多くが、あなたたちの子供の
ために心に傷を負っているかわかっているからです。私とともに祈りな
さい。そして私達の祈りを通して、これらの悪と災いの多くが消え去る
でしょう。なぜなら私は、あなたたちの慰めの母であり、あなたたちを
助けるからです。私はあなたたちに、私が世界中の私たちの子ら全員を
祝福するとき、私の母としての祝福をおくります。父と子と聖霊の御名
によりて、アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は今うしろにさがり、ここのメンバー皆と他のあらゆる場所にも
天使を送ります。天使たちとともに、私達の上と神に捧げられた全ての
場所にバラの花びらが雨のように落ちます。1972という年号がたっ
た今、赤で白い十字架に書かれます。そして今、その数字が上下さかさ
まになります。聖母が、その年から月そして時間を数えなさい、そうす
れば来るべき出来事の手がかりが私達に与えられるでしょうとおっしゃ
います。聖母はもう一度私達を祝福します。

聖母:
 父と子と聖霊の御名によりて、アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母はロザリオを手に持ち、私達にいつもロザリオで祈るように思い
出させます。そして天使たちと共にとても速く戻って行かれます。聖母
は、まもなくもう一人の霊魂が「レインボウローズ」という名でたてら
れるところですとおっしゃっていました。今、聖母は白い十字架がある
ところまで戻ってしまい、そして多くの天使たちも彼女に従って行きま
したが、残りの天使たちはずっと留まっています。

 私達は今、ファチマの聖母の聖歌を歌いましょう。この聖歌のあとで、
神父様が私達みなを祝福なさるでしょう。

 (聖歌が歌われる)

ブロサード神父:
(ラテン語で)全能の神、父と子と聖霊が汝らを祝福し給わんことを。
アーメン。


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
  日本の皆さんに気がついてほしいことがあります。それは、復讐心
という悪意を心に宿していることです。あなたの日常生活のいろいろな
場面で、思い、話し、行動することにおいて、この復讐心が影響してい
ませんか?

 同じ場面でマリア様のことを心に思い描くなら、ゆるしにつぐゆるし、
完全なゆるしによって思い、話し、行動するマリア様が見えるでしょう。
親類、同郷の人、同じ民族からのひどいひどい誤解、非難、侮辱、罵倒
を受けつづけては、完全にゆるしぬく御生涯でした。御ひとり子のイエ
ズス様を迫害されて十字架刑で殺されることまでも、御自分に加えられ
る以上に苦しみ、相手をゆるしぬきました。

 イエズス様が昇天なさったあと、その神秘体である教会に加えられた
迫害も、御自分に加えられる以上に苦しみ、ゆるしぬきました。ひとか
けらの遺恨ももたず、いつもいつも完全にゆるしました。イエズス様の
受難と死の本当の下手人である私達、全人類の一人一人に対しても、完
全なゆるしを行ないつづけていて下さっています。

「ゆるす人は2倍愛する」これはイエズス様のお言葉です。おお、それ
でしたら、ゆるすということは何とすばらしい行いでしょうか。あなた
がマリア様に似たもの、もう一度この世に生きてくださるマリア様にな
るためには、ゆるしぬくマリア様を生活のあらゆる場面で心に思い描き、
その思い、言葉、行いを手本にして、自分を変えてゆくことが必要です。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1988年2月19日

 その奥義とはつまり、あなたたちも知っているとおり、あなたたちは
今、艱難の時、この世の最後の瞬間にいるということ、そのために今、
あなたたち一人一人が準備しておくということです。なぜなら獣である
反キリストと「太陽をまとった婦人」との間の大きな戦い − その時
とは今だからです!

(注)獣である反キリストはロード・マイトレーヤです。太陽をまとっ
た婦人とはマリア様です。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだけ多くの
人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天から
のメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は5月27日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
----------------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]