「箱舟の聖母」バックナンバー
2001年5月6日号No.048

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2001年5月6日号 No.048

      毎週1回発行:年間購読料3,000円
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな
恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖
母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピー
し身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。
そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様
に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたマリア様のメッセージ
   − 2001年3月25日 その3 −
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブルに与えられたマリア様のメッセージ
   − 2001年3月25日 その3 −
----------------------------------------------------------------

 ------ 続き ------

リトル・レッドロビンに、聖心の共同体で、聖ジャンヌダルクから与え
られたメッセージ
2001年3月25日

リトル・レッドロビン:
 とても大きな白い十字架と、そこから差す光があります。その光は私
の目をくらませるのではと思いましたが、そうはなりません。その光の
いくつもの筋のきらめきは、私の心を平和で満たします。私はそれを楽
しむために目を閉じます。しかし目を閉じていても私はまだ見ています。

 聖ジャンヌダルクが明るい荘厳な十字架から、強い白馬、戦いの馬に
乗ってやってきます。彼女は、左手に彼女の旗を持っていて、その旗は
彼女の鞍にさげた皮ケースで支えられています。その旗には父なる神、
そして地球のように見える球があります。その旗は金のユリで刺繍され
ています。旗のもう一方の側には見慣れない3人の姿があります。とい
うのは以前には決してそれらを彼女の旗に見たことがないからです。私
は、それはアブラハムとモーゼとダビド王が等間隔で左から右に並んで
いるのだと思います。彼らは三つの真珠で分離されています。このあと
で、私は聖ジャンヌダルクが彼女の旗の3人の訪問を先触れするのだと
わかりました。アブラハムが最初でした。彼は頭をさげながら何かささ
やきます。彼は彼の握りこぶしほどの大きさの真珠を一つもっています。
彼は祈っています。彼は真珠をはなし、その真珠はリトル・ペブルに向
かって進み、リトル・ペブルの心臓の中にまっすぐ入ってゆきます。ア
ブラハムは微笑んでいます。そして彼は立ち去ります。今、モーゼが来
ます。そして彼も同じように頭を下げ、そしてひそひそと祈ります。彼
も同じように同じ大きさの真珠をもっています。彼が祝福の祈りを終え
た時、彼もまたその真珠をはなし、真珠はリトル・ペブルに向かってい
きます。それがリトル・ペブルに近づくと、4つのより小さい真珠に分
かれ、彼の左手と右手に、彼の唇と頭に入って消えていきます。全てが
完了するとモーゼは微笑みます。同じくダビド王も同じ事をしますが、
この真珠はリトル・ペブルのちょうど胴体の中に入って消えていきます。
彼もまた微笑みます。そして彼らは立ち去ります。私は聖ジャンヌダル
クに挨拶し、彼女は私に挨拶を返します。私は微笑み、彼女の話を聞き
ます。

聖ジャンヌダルク:
 私はあなたに挨拶します。リトル・アーロンよ! 私はあなたに挨拶
します。神の聖心と聖母の汚れなき御心の岩、真理と信仰のリトル・ペ
ブルよ! 私は今日ここにいるあなたたち皆に挨拶します。私は、忠実
な皆さんと全人類にニュースを持ってくるためにやってきました。今が
その時です!

 天は非常に多くのメッセージを、あなたたちの決定のために与えてき
ています。あなたは神の味方ですか、それともサタンである邪悪な者の
味方ですか? − そして今があなたたちの道を選ぶ時です。若者から
青年まで、主婦、聖職者、若い、そして年を重ねた専門家にいたるまで、
今がその時です! 私の兄弟姉妹たちよ、あなたたちは今日、正義に反
して説教壇から教えられていることを聞き続けることができるのですか?
あなたたちの時代は、説教壇は悪用され、まるで女神の崇拝、ニューエ
イジの信仰、ホモセクシュアルと幼児殺し、教導権と一致しない見地を
説く大通りのようです。その教導権とは、主イエズス・キリストの代理
者によって、その進路を導かれる教会のまことの教導権です。

 あなたたちの世界は混乱の中にどっぷりとつかっています。私達は、
あなたたちが御旨を成し遂げるために選ぶ方法と道を照らしましたから、
あなたたちはそれでもまだどうにか歩き回っています。もしあなたたち
が歩き回らないなら、あなたたちはその道の上には全くいないし、ちょ
うどサタンが反抗してきたように、あなたたちも反抗しているのです。
とても善いお方である神に無関心なままでいる人は災いです。もしあな
たたちが祈ることを学びさえすれば、その時たぶん、あなたたちは立ち
止まり、その日の自分自身の思い・言葉・行いを反省し、そしておそら
く涙を流し、あなたたちはわかるでしょう。どれほどあなたたちが愛す
る人々を傷つける言葉をもって愛徳に反しているか、どれほどあなた達
が愛する人々の心臓を刺し貫く、あなたたちの悪感情をあらわす行いで
もって愛徳に反しているかが。あなたたちはどれほど混乱していること
か、どれほど混乱していることか。そしてあなたたちは何とかしてあな
たたちの方法を正当化します。なぜならあなたたちは、私達の指導なし
で、正しくあれるのだと見極めているからです。しかし、いつかある日、
あなたたち自身の霊魂が、あなたたちを光のもとで裁き、それはあたか
もあなたたちの霊魂があなたたちの陰口を言っているようにあなたたち
には見えるでしょう。それゆえ祈り、祈り、祈って、混乱から救いあげ
られなさい。謙遜、熱烈な信心、そして聖人になることと、神の永遠の
天国への確かな道を求める祈りを祈りなさい。

 おお忠実なレムナントよ、今日から次の朝日へと、少なく少なくなっ
ています。今があなたたちが誰についていくか決める時です。多くの人
が何年も前にでさえ、すでに神に従うと言いました。しかし今日におい
てもいまだそうですか? あなたたちはいまだに神に従っていますか、
そしてあなたたちは神に「はい」と言うことと、サタンに「いいえ」と
言うことが何を意味しているかをいまだにわかっていますか? あなた
たちは御父の御旨を明らかにいまだに見ていますか、それともその御旨
は、どういうわけか注意散漫につぐ注意散漫に覆い隠されてしまったの
ですか? それが家族、仕事、世間的責任と義務における騒がしさであ
ろうがです。神はいらっしゃいますか、それともあなたたちがいないの
ですか? 全てあなたたちが見るものは、私に、私へ、私を、そして私
が、私のもの、私の、となってしまったのですか − それともあなた
たちはいまだにイエズス・キリストと、あなたたちのための彼のご計画
に焦点を合わせているのですか? お金の価値があなたたちがキリスト
を見るのを妨げているのですか、それともあなたたちは心の中にいまだ
にロザリオを保っているのですか?

 私の兄弟姉妹たちよ。私はあなたたちの世界がどのようなものである
かわかっています。なぜなら私は同様な状況の中を生きたからです。多
くの人が神に仕えるように呼ばれました。しかし、みんな助言する人に
なろうとして、兵士になるものはほとんどいません。多くの人が真理の
同盟を作ろうとしますが、あなたたちが真理を、真理の基準をこして広
げるとき、どうやってこれができますか? あなたたちは皆、ちょうど
弟子たちがそうしたように、イエズス・キリストの呼びかけに応えてい
ます。それは人をすなどるものとなることです。しかし、あなたたちは
同時にまた、魚をきれいにする人になりたがっています。きれいにする
ことは神と神のお約束にまかせなさい。覚えておきなさい。永遠の御父
はあなたたちについての全てを知っており、あなたたちのやり方を熟知
しています。イエズス様とマリア様においてあなたたちは生き、動き、
存在しています。神はあなたたちが胎に宿る前からすでに知っており、
そして、あなたたちは全ての日々が神の本の中に書かれていると考えて
間違いではありません。今が希望をあらたにし、偉大な徳に生きるその
時です。私達の愛する主イエズス・キリストと、私達のいとも甘美な母
マリア様は、私達の最も偉大な「勇気の与え手」であり、お二人はあな
たたちに、徳の実践には眠りこけていて、徳の実践のマントを抱きしめ
るために起きる気にもう全くなれないあなたたち皆に、今は起きて行動
する、その時だと言っているのです。行動は誰の善のためでもなく、あ
なたたち自身の霊魂が癒されるためなのです。もし告解の秘蹟を受けず、
恩寵のない状態であったなら、私の軍隊の兵士が、いったいどうして私
のために戦えると期待できますか? 私のために戦う兵士はキリストの
ために戦うのです。そしてあなたたちが、あなたたち自身の思い、心、
体における戦争に打ち勝ってきていない時、いったいどうしてイエズス・
キリストのために戦えますか?

 今が、あなたたちが失ってしまったものを新たに得、そして神の恵み
によってあなたたちが得た全てのものを黙想するその時です。ほこりが
澄んだ時、神はあなたたちの涙をぬぐってくださり、この地上で苦しん
できた全ての痛みを取り去ってくださるでしょう。しかし、それはまだ
− まだなのです! あなたたちの手はいまだに空っぽです。神の玉座
の前に出る時には、それは満たされていなければならないのです。

 おお忠実なレムナントよ、なぜならば人類は神への返答において、と
ても冷ややかであり続けているからです。今があなたたちが、ひどく冷
たい天気があなたたちの上に降りかかるのを見るだろうその時です。ス
テンレス鋼が割れるほどの冷気が田園地帯を襲い、そして、多くの人が
食べ物がないままになるでしょう。すぐに全世界いたるところで、あな
たたちは多くの荒廃を見るでしょう。そしてあなたたちは考えるでしょ
う。今までぬりかえられてきた記録は、これから私達に起こるであろう
出来事に比べれば、マッチ棒と薪を比べるようなものでしかないのだと。
ですから祈り、祈り、祈り、そしてこれを最後まで続けなさい! 私は
あなたたち皆を御父の御名によって祝福します。十

リトル・レッドロビン:
 聖ジャンヌダルクは、彼女の白馬にまたがってしまい、他の者たちと
ともに去って行こうとしています。その前に私は、彼女が旗を空中に振
り、祭壇の前の全ての準秘蹟と、そこの二枚の絵に一条の光線が差すの
を見ます。日の目を見ることのなかった赤ちゃんの絵がその光に打たれ、
その絵の中の小さな赤ちゃんが生き返ります。


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 10年前にはマリア様は、死にゆく人の80%は地獄におちていると
おっしゃっていました。今は、死にゆく人の90%が地獄におちている
とマリア様はおっしゃいます。

 この世的な楽しみは、この10年間、ますます増えてきました。舌を
よろこばすもの、目をよろこばすもの、耳をよろこばすもの、感覚にこ
ころよいもの、情欲をあおるもの、それらの大洪水の中に霊魂はおぼれ
死んでしまっています。五感を通して入ってくるそれらの快楽の水かさ
は、霊魂のはるか上まで届いた水のように、霊魂を窒息させています。
あなたの霊魂を生き返らせることができないなら、行き着く先は永遠の
地獄です。

 どうすればいいのでしょう? まずマリア様に目を注ぎ、マリア様が
どのように生きたかを見て、まねてください。外目にもはっきりわかる
のは、マリア様の節制です。マリア様のように、五感の楽しみをわずか
な量にするのです。

 けれども、これをまねしはじめたら、あなたは最初、とてもさびしく
感じるでしょう。心を満たしていたもの、それは霊魂にとって有害無益
なものであるにしろ、それが少なくなったあとは、ポッカリあいた穴の
ようです。そのとき、自分がさびしがりやの子供になった感じがするで
しょう。それでいいのです。お母さんであるマリア様といつもいっしょ
にいるようにつとめてください。何をするにしても、「お母さん、いっ
しょにいてね」「お母さん、これをいっしょに行ないましょう」と言っ
て、本当にさびしがりやの子供になればよいのです。

 やがて快楽の洪水はひいてゆき、霊魂は息をすることができるように
なります。そしてあなたは一日中、いつもマリア様といっしょにいるこ
とを身につけていることでしょう。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1988年2月13日

 ルシフェルと彼の堕天使達、そして地獄へ行った者たちに対する戦い
は今真っ最中です。それは聖書の中で語られた大いなる戦いであり、我
が神なる御子イエズスと彼の光の真理に従う者たちに刃向かう反キリス
トの戦いなのです。可愛い子らよ、この大戦争に生き残ろうとするあな
た方は、身体に素晴らしい武器を着けなければなりません。それは私と
我が神なる御子イエズスが、過去に何度もあなた方に語った武器、すな
わち準秘蹟です。……

 ……この武器はサタンとその軍勢を敗北させるでしょう。しかしこの
ことは戦い、祈り、断食、犠牲なしには達成されません。善人と悪人と
のあいだの戦いは、今から苛烈なものとなるでしょう。そして心と額に
「十字架の印」を受けたすべての子らは、自分自身を強める必要がある
でしょう。なぜなら、この戦闘は激しいものとなるからであり、霊戦で
あるからです。しかしながら、我が神なる御子を愛し、彼に仕える者に
とっては恐れることは何もありません。なぜならイエズスとその天の母、
無原罪のマリアが、あなた方のそばにとどまるからです。そして私達は、
あなたがたが悪魔とその蛇どもに打ち勝つために強められるようにと、
私達の聖心をあなた方の心の中に置くからです。

(注)ルシフェルは受肉し、反キリストのロード・マイトレーヤとなり
活動しています。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだけ多くの
人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天から
のメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は5月13日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
----------------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]