「箱舟の聖母」バックナンバー
2000年12月15日号No.028

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2000年12月15日号 No.028

      毎週1回発行:年間購読料3,000円
         お申し込みは下記まで!
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 あなたは良いことをする喜びを親から教えられましたか? 少なくと
も良いことをすれば気持ちが良いと感じますか? 良いことをたくさん
する一日は、喜びにあふれていると思いませんか?

 マザー・テレサの一日は、喜びにあふれていましたね。しかしマザー・
テレサは自分が痛むまで人を愛しなさいと教えました。人の満足と喜び
を求めることが人を愛することですが、そのためには自分の満足と喜び
を犠牲にしなければなりません。がまんしなければなりません。なのに、
善を行う満足と喜びに満たされます。

 今の世代の生き方は、まったくこの逆です。自分の思い通りになれば、
赤ちゃんは喜びます。思い通りにならなければ泣きわめきます。善を行
う喜びを学ばず、このまま成長してしまえば、むかついてばかりいるこ
とになります。人生は、年がいけばいくほど思い通りにならなくなるの
ですから。

 自分の満足を求めるなら、人が犠牲になります。そうやって思い通り
にしても、味わえるのは瞬間的な喜びにすぎません。これは何と喜びの
ない惨めな人生でしょう。しかも行き着くところは地獄です。

 マリア様はメッセージで、どうやったら神様を喜ばせることができる
か教えて下さっています。マリア様の言葉を無視しないで実行すれば、
がまんが必要ですが、善を行い、神様を喜ばせることができます。その
時マリア様は、母だけができる、子供にとっては何よりもうれしい愛撫
を与えてくださいます。霊魂はそれを感じます。地上のお母さんが、良
いことをしたらなでてあげて、良いことをすることの喜びを教育するの
と同じではありませんか?

 しみついてしまった悪い生き方を変えるのは、並大抵のことではあり
ません。最も賢く、やさしい、知恵に満ちた教育係が必要です。それが
マリア様なのです。ですからマリア様を拒否しないで下さい。罪深い生
き方を変えられるかどうかは、マリア様を受け入れるかどうかにかかっ
ています。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
  エノクとエリヤからの警告 1987年3月7日
         リトル・ペブルに(抜粋)

 旧約時代の預言者である我々二人は、間もなくこの世にやってくる。
そして、子供達よ、あなた方は、このことが何を意味するのかを知りな
さい。我々は十字架に付けられたキリストについて御教えを説くことに
なっている。我々はイスラエル国民に、キリストこそ彼らの神であり、
救い主であるということを告げるのである。我々は人類に神の御言葉を
広言しながら、この地上で三年半の間説教する。その間は、世界にとっ
ては苦難の日々になるだろう。我々はあと一年の後にやってくる。そし
て説教し、地獄の頭 − つまり悪魔、すなわち反キリストの体に入っ
たルシフェルの手にかかって死ぬのである。

 おお人類よ、あらゆる戦争に終止符を打つような大戦争が、間もなく
おこるだろう。そして我々が地上の国々に現れ、人類が世の罪の償いの
ため悔い改め、苦業をし、犠牲を捧げなければならないという神の御言
葉を宣べ伝えるのは、まさにこの戦争中である、苦しみの真っ最中にな
るのだ。キリストの土台を以って世を動揺させるため − つまり永遠
の御父へと戻る時間がもうほとんどないということを、あなた方に気付
かせるようにと、私は任命された。兄弟エリアもまたそうである。

(注)エノクとエリヤは殺された後、三日半後に生き返り、天にあげら
れます。祈りによって時は延ばされました。しかし起こることは変わり
ません。
 

----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだけ多くの
人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天から
のメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布しても結構です。本誌
掲載記事を使用される場合、事後で結構ですから、弊社まで御連絡下さ
れば幸いです。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望していますが、その
限りではありません。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報もご
ざいましたらお寄せ下さい。

 次回は12月22日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
----------------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]