「箱舟の聖母」バックナンバー
2000年12月8日号No.027

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2000年12月8日号 No.027
        ( 無原罪の聖母の大祝日 )

      毎週1回発行:年間購読料3,000円
         お申し込みは下記まで!
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.リトル・ペブルに与えられたイエズス様とマリア様のメッセージ
   − 2000年11月26日 No.604 −
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
 聖ヨゼフのいときよき御心の祝日(3月31日)に開設した私たちの
ホームページが、ローマ・カトリック使徒教会の修道会のホームページ
としては、全く異例なことに、わずか8ヶ月でアクセス1万件を数えま
した。ちょうど無原罪の聖母の祝日に1万件を越えたことは、マリア様
とヨゼフ様から、アクセスして下さった方々へ大きな恵みが注がれた印
であると受けとめざるを得ません。アクセスして下さった方のほとんど
がまだイエズス様のことを知らない人で、しかも青少年の男女です。

 スタッフとしては、このことを神様にたいへん感謝しています。この
ホームページへのアクセスは、天国のイエズス様、マリア様、ヨゼフ様
へのアクセスにほかなりません。そのみ心のあたたかさに接したことは、
みなしごが親をさがしあてた喜びにはるかにまさる幸せでしょう。この
幸せに永遠にあずかることができるように、彼らが天国を目指して努力
するように祈ります。また間近に迫ったイエズス様の再臨後1500年
続く「平和の統治」に生きて入ることができる特権を、できるだけ多く
の人が得られるように祈ります。

◆THE ORDER OF SAINT CHARBEL in JAPAN
( 日本における聖シャーベル修道会 )
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm


----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたイエズス様とマリア様のメッセージ
----------------------------------------------------------------
 No.604 2000年11月26日(王であるキリストの祝日)
        − ナウラの全出現聖堂 −

リトル・ペブル:
 白い十字架はすでにしばらくの間空にあります。その十字架から下に、
Vを逆さにした形に、他の6つの十字架が、3つずつ両側にあります。
それらはまるで丘の斜面にあるように見えます。中央の十字架から見て
右に、最初の十字架は黒、2番目は金、3番目は銀です。左は茶色、赤、
黄色の順です。白い十字架から一本の光線が出て、他の十字架を通過し
ます。他の全ての十字架の横木の中央を通るとき、更に別の光が出ます。
それらの光線は共に動き − ダイヤモンドの形を形成し、私達の方へ
やってきて、この聖堂のここ、聖櫃に集束しています。

 聖ミカエルは全ての十字架の右にいて、いつものように巨大です。彼
は右手に剣を持っていて、それで聖櫃のそばのこの光の中心点を指して
います。その剣から稲妻が聖櫃に向かって出ます。そしてそれが起こる
と、すさまじい量の光がそこから出て、聖堂内に扇形に広がります。聖
バラキエルは白い十字架の左側にいます。

 最も大きい白い十字架では、今、たて木と横木の交差した中心にひと
つの開口部が見え、すさまじい量の光がその開口部を通って出てきて、
また別の光の光線を形成します。たとえそれが光でもって作られていて
も、転がして広げたじゅうたんにそっくりです。それはとてもきらめい
ています。

 天使たちが白い十字架を通ってやってくるのが見えます。そして私達
に向かってその美しい光をすべりおりてきます。彼らは炎の舌でできた
と思われる翼を持っています。それが何かをふさわしく説明するのは、
とてもむずかしいのです。つまり彼らの翼は火のようです。滑り降りつ
つやってきながら、全ての天使たちは深い祈りの状態にあります。そし
て聖堂に着くと、聖歌隊がよくやるように、半円を形成します。開口部
は、続いてまだ来つつある方々のためにそのままです。この多くの天使
たちの後ろにイエズス様もマリア様もいらっしゃって、同じくこの白い
光の上を滑ってきます。お二人とも美しい金の冠をかぶっていて、イエ
ズス様はマリア様の手を握っています。聖母は実際、聖主の手の上に、
彼女の手を置いています。ちょうど皇族のなさるようにです。聖母は全
く荘厳で、白い絹のような仕上げの服と、そしてとても美しい金のマン
ティラをお召しになっています。彼女は新しい聖なる時代の7つの突端
のある冠をかぶっていて宝石が7つあります。イエズス様の冠には3つ
の突端があり、その先端には小さな十字架があります。中央の十字架に
は緑の宝石が埋め込まれています。他の2つの十字架にも宝石が埋め込
まれていて、一つは赤で、もう一つはディープブルーです。イエズス様
は白いトニカを着ていらっしゃり、金でふちにレース飾りをしたガウン
を、ちょうど皆さんが御像や御絵でいつも見るように、一方の腕にかけ
ていらっしゃいます。お二方、それぞれの胸の上には聖心も、聖母の汚
れなき御心も見えます。お二人の後ろには、更にたくさんの天使たちが
います。

 イエズス様は聖堂に入り、聖櫃の上にたちます。非常に荘厳なご様子
です。聖母は聖主の右にいらっしゃり、お二人の足の下に浮かぶ細長い
帯状の光の上にたっています。マリア様の足の指の間に小さなバラがあ
ることに、たった今気が付きました。それはまるで小さなバラでできた
サンダルのようです。イエズス様とマリア様はほほえんでいます。そし
て彼らの美しいディープブルーの目のとても奥深くまで見えます。聖母
は右手に7枚の花びらの、美しい一本のバラを持っています。一枚ごと
に異なる色です。そしてこの花の中には別のもっと小さい5枚の花びら
が見えます。同様に一枚ごとに色が異なっています。聖母がおっしゃい
ました。「ダビド王家のバラです。」

 イエズス様は、今、私の心の奥深くを見、彼の聖なる母の方に向き、
彼女の額にキスをし、そして十字のしるしをなさいます。

聖主:
 聖父と、聖子と、聖霊の御名によりて、アーメン。

リトル・ペブル:
 聖主の胸から白いハトが現れるのが見え、それが私の胸を通り過ぎま
した。

聖主:
 あなたに挨拶を送る。私の最愛の息子 − 聖にして母なる教会の私
の将来の代理者、私の「神の愛のリトル・ペブル」よ! 私の司祭なる
息子 − 私の小さき使徒「バルトロメオ」よ。私の甘美な娘「ブルー
ミング・フラワー」よ。そしてあなたたちの王である私と、すべての霊
魂の女王である私のいときよき御母の前、ここに集まった私のすべての
貴重な子らよ!

-------------------------------------
私は最終的なカウントのために、羊を集めるために地上にやってきた。
なぜなら彼らに私の印をつけるために、世界中に私の天使たちをすでに
送ってきたからだ。 − なぜなら、今、山羊は羊から取り除かれつつ
あるからだ。
-------------------------------------
 今日のこの偉大な祝日に、私は地上の私の子らに話したい。私の甘美
な子らよ: あなたたちの神であり、あがない主である私は、私のいと
祝された御母とともに、最終的なカウントのために、羊を集めるために
地上にやってきた。なぜなら彼らに私のしるしをつけるために、世界中
に私の天使たちをすでに送ってきたからだ。 − それは、あがないの
しるしである。なぜなら、今、山羊は羊から取り除かれつつあるからだ。
それゆえ、私に属し、私の遺産である全ての者は信仰と真理のうちに今、
立ち上がり、前進し、私の言葉に対する自分達の忠実を宣言しなければ
ならない。

-------------------------------------
2つの軍隊 − 善のそれと悪のそれ − は、最終的な闘争の用意が
すぐに整うだろう。
-------------------------------------
 悪のための時は終わろうとしている: 2つの軍隊 − 善のそれと
悪のそれ − は、最終的な闘争の用意がすぐに整うだろう。そして、
その結果は天のためには勝利であり、サタンと彼の仲間、そして善より
も悪を好んできたすべての霊魂たちのためには敗北である。この世は更
に暗黒になってきていて、永遠に失われるであろう多くの霊魂を飲み込
みつつ深い淵が広く開いている。

 私の忠実な子らへ: この時期に忍耐のうちに祈ることは、天と地獄
の間のこの大いなる闘争の結果に決定的に影響する。私の御母と私は、
世界中の多くの霊魂のもとにしばしば行き、私の子らに祈るように、苦
業をするように、神と自らの人間性に対して犯され続けている多くの罪
の償いをするように呼びかけてきた。罪は、天に正義を叫び求めている。
あわれみのための時が終わりに近づいている。 − そして罪人の改心
のために、すでに多くのしるしが与えられてきたのに、その後でさえ、
どうしても後悔しようとしないこの世代の上に正義が下るだろう。大聖
年はまもなく終わる。人類が自ら選んだ生き方と道を変えるのに十分な
時間を私は許してきた。この道とは、私の意志に沿うものではなく、む
しろサタンの意志と人間の弱さによるものである。

-------------------------------------
 この世に来ようとしている短い平和の統治は、人類への大懲罰と共に
到来するだろう。長年にわたってこの懲罰に関して語られてきた。
-------------------------------------
 人類にとって時は非常に短い! 次の時代 − 短い平和の統治 −
は、すぐにこの世界を引き継ぐだろう。そして今、あなたたちが持って
いるものの大部分は、もうすぐなくなる。そして多くの人にとって人生
は徹底的に変化する。今は変わるべき時である。私の甘美な子らよ。−
あなたたちの心を変えるのだ。− 私の最も神聖な聖心と私のいときよ
き御母の御心に従うために。この世に来ようとしている短い平和の統治
は、人類への大懲罰と共に到来するだろう。多くの、多くの年にわたっ
てこの懲罰に関して語られてきた。にもかかわらず、人類は自分の人生
に自己満足してしまい、それもあまりにもそうなので、ほんの一握りの
霊魂たちのみが、私達のために真に献身し、堅忍するものとして残って
いる。それでもなお私の甘美な子らよ、たとえ最終的なカウントにおい
て多くのものが失われても、すべては私の意志に従って成し遂げられる
だろう。

 私は特に忠実な子らに幾度も言ってきた。私達の言葉をしばしば熟考
し、もっと多くの時間を私達とともに過ごせと。それは、私の父のあわ
れみと愛を、あなたたちが理解するためである。なぜなら私達は、あな
たたちのために、あなたたちの人生に入ってこようとしている大いなる
苦難と、ほとんど全てが変化する来る数年に対して準備する方法を備え
ているのだから。しばしば祈れ。甘美な子らよ! 天があなたたちに、
そしてあなたたちが私達にコミュニケイトするのは、祈りを通してであ
る。− そして、あなたたちに対する私の父のすばらしい計画をあなた
たちが理解するように、あなたたちの心の秘密のうちに多くのドアが開
くだろう。私が私の幻視者を通して預言してきた出来事が、いまだに起
こらないからといって落胆したり、幻滅したりしてはいけない。むしろ
希望と、あなたたちのための私の父の御旨に対する信頼に生き、私の言
葉を真実に生き、信仰を生き、そして信頼しなさい。なぜなら、私があ
なたたちにこれを約束するからだ。あなたたちは、あなたたちに対する
私達の聖なる意志を実行すると決めたその日を、決して後悔しないだろ
うと。

-------------------------------------
忠実に全ての善徳を実践せよ。そうすればあなたたちは、悪魔と肉と世
の誘惑に負けないだろう。なぜなら私の御母と私があなたたちを助ける
ためにいつでもそこにいるからだ。
-------------------------------------
 忠実に全ての善徳を実践せよ。そうすればあなたたちは、悪魔と肉と
世の誘惑に負けないだろう。なぜなら私の御母と私があなたたちを助け
るためにいつでもそこにいるからだ。もし、あなたたちが死後の生命を
本当に信じ、そしてあなたたちに約束してきたことを本当に信じるなら、
その時、私があなたたちに告げた全てのことは、あなたたちの人生にお
いてとてもすみやかに実現し、そしてあなたたちは恵みを受けて、日々、
ますます罪を犯さないようになるだろう。なぜなら私は寛大な愛の父で
あり、私の聖心はあなたたちすべてに対してあわれみ深いからだ。あな
たたちの十字架をとって私のあとに従いつづけなさい。というのは、私
と私のいときよき御母は、来る日々と、あなたたちすべての各々に対す
る神のご計画にあなたたちを備えさせつづけているからだ。

 あなたたちを愛している。私の甘美な子らよ。そして、私のいとも聖
なる聖心のわが王権の祝日の今日、あなたたちが私に頼むことは何であ
れ、あなたたちの霊魂とあなたたちが愛している人々に有益である限り、
あなたたちに与えよう。私はあなたたちを、私の聖なる聖心から、私の
いとも貴い御母の御心を通して祝福する: 聖父と聖子と聖霊の御名に
よりて、アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は彼女がいたところから聖主の右に動いてゆき − そしてイエ
ズス様からちょっとはなれて − ブルーミング・フラワーから約5m
離れたところに立ちます。彼女の汚れなき御心から青と金色の光が出て、
ブルーミング・フラワーの心を射ます。今のところ、私はだまっていま
しょう。

ブルーミング・フラワー:
 マリア様が見えます。− 彼女はしばらく前から私と共にいらっしゃ
います。また、聖なるウェインと聖ディンフナも見えます。マリア様は
うす青色の服に、腰のまわりに白いサッシをしめています。彼女はとて
も美しいです。もっと早いときに、私には彼女の御心からやって来てい
る光が見えました。彼女は今、この聖堂内の多くの霊魂に触れてます。

聖母:
 私はあなたに挨拶します。私の甘美な神の娘「リトル・ブルーミング・
フラワー」よ! 私はまたあなたにも挨拶します。私の最愛の息子「愛
のリトル・ペブル」よ! 今日、私は「すべての恵みの仲介者の聖母」
の名のもとに来ています。私はあなたたちに挨拶します。私の甘美な神
の子らよ!

 知っておきなさい。私の甘美な子らよ。私が私の娘を選んで、私の最
愛の息子「リトル・アブラハム」ペトロ2世を支えるために、私の将来
の教会とダビド王家の多くの物事を明らかにするために立てたというこ
とを。私の甘美な子らよ。「終わりの時」の近くに今、います。多くの
苦しみが霊魂たちに与えられるでしょう。彼らは今、地上に残された時
間は全然ないのだとさとらなければなりません。祈りなさい。私の甘美
な子らよ! 誘惑されてはなりません! なぜならサタンが今、私の甘
美な子らを連れ去ろうと、最も熱心に試みているのですから。

 地上の甘美な子らよ: 悪が近いので、この時期を通してずっと、私
はあなたたちに懇願し、祈り、助けています。私の甘美な若者たちよ:
祈り、天から与えられたメッセージを黙想しなさい。準秘蹟を身につけ
ていなさい。私の甘美な子らよ。なぜならあなたたちは次の世代のリー
ダーになるのですから。おお、私の甘美な子らよ、私の最愛の息子「愛
のリトル・ペブル」のために祈りなさい。なぜなら彼は、彼の人々のた
めにたいへん苦しんでいるからです。私の最愛の息子を助けなさい。な
ぜなら彼は、心の中に多くの重荷をになっているからです。彼こそ「終
わりの時」の真のリーダーです。

 堅忍しなさい。そして私が言ったことを黙想しなさい。なぜなら本当
に時は全然残っていないからです。あなたにとても深い方法で与えられ
てきた「神の使命」を引き受けなさい。なぜならそれは贈り物だからで
す。私は今、あなたたちを祝福します。私の甘美な子らよ、− 現在と
終わりにおいて、あなたたちを助け、強める祝福です。聖父と、聖子と、
聖霊の御名によりて、アーメン。

ブルーミング・フラワー:
 マリア様は数歩さがられます。彼女が、聖櫃の上に見えます。聖なる
ウェインが私の右にすべってきます。

リトル・ペブル:
 今、イエズス様とマリア様のお二人とも、とてもにこやかに微笑まれ
ます。ブルーミング・フラワーが話しかけられていた間に、聖母が持っ
ていらっしゃった美しいバラが私に贈られました。− そしてその瞬間
より前に、そのバラの花びらは引き抜かれ、聖母の守護者である聖バラ
キエルによって、定められている様々な霊魂たちに配られました。

 イエズス様もまた、聖母が話している間に、エーデルワイスがすわっ
ているところに移動し、彼女の心に何かを入れて戻りました。しかし、
それが何か、私にはまだわかりません。天使たちはいまだに白い十字架
から出てきています。彼らは燃え上がった翼をもっている「しるし」の
天使 − または「しるしづける」天使 − で、それは霊魂たちにで
す。彼らは世界中におもむいており、様々な人々のもとに行き、彼らの
両翼にその特定の霊魂を包み込みます。そうされると霊魂は燃えるよう
に輝きます。2つのたいへん意味深長で、そして絡み合った印がその霊
魂の上につけられています。それは聖主と聖母 − はじめと終わりに
関係する印です。

 イエズス様とマリア様のお二人ともが私達に、今、祈りを続け、そし
て煉獄の聖なる霊魂たちを思い出すようにとおっしゃいます。聖櫃の一
部が開いたので、煉獄の霊魂たちが今見えます。彼らはそこの下方にい
ます。何百万もの霊魂が火の中にいて、皆、祈りを待って、イエズス様
とマリア様と私達の方を見ています。今、イエズス様もマリア様もお二
人とも、ここの地面にあいた大きな穴のように見えるものの中を見おろ
します。

聖主と聖母:
 聖父と、聖子と、聖霊の御名によりて、アーメン。

リトル・ペブル:
 イエズス様はブロザード神父を見て、今、私達を祝福するように頼み
ます。

ブロザード神父:
 Benedicat vos, Omnipotens Deus. Pater, et Filius, et Spiritus Sanctus. Amen.
(全能の神、父と子と聖霊が汝らを祝福し給わんことを。アーメン。)

リトル・ペブル:
 ブロザード神父が私達を祝福すると、イエズス様もそうなさいました。
− そしてイエズス様はまっすぐに神父様の中に入っていかれました。
それは、祝福はイエズス様から来ることを示すためにです。イエズス様
もマリア様もお二人とも、ゆっくりと後ろにすべってゆきます。私達を
見つつ、何度も十字をきられます。

聖主と聖母:
 聖父と、聖子と、聖霊の御名によりて、アーメン。(ソーンブッシュ
がオーストラリアの旗とともに現れました。)

リトル・ペブル:
 ロザリオの残りを唱えましょう。


----------------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 今の世代の人々の心には絶望が巣くっています。肉の快楽を味わうこ
と以上の善はないと感じています。生活の快適さを味わうこと以上の善
はないと感じています。それですら、金や地位や権力がないので得るこ
とができないとわかっています。それで、求めているものは得ることが
できない、全てはむなしいと感じています。

 この絶望は、人々を確実に地獄に行かせます。神様のあわれみにさえ
絶望させるからです。死ぬ時、人は一生涯の罪を神様から見せられます。
その時、今では90%の人が「私の罪は重いから、神様がゆるすはずが
ない」という絶望にこりかたまるのです。そして「無限のあわれみ」を
拒んで、地獄に自ら飛び込んでいるのです。たった10%の人が、「私
の罪は重いですが、神様、あなたのあわれみは無限です。あなたのゆる
しに希望します。」と希望し続け、救われるのです。

 「絶望」は、霊魂を地獄に引きずり込むための悪魔の最も強力な道具
です。どんな罪でもゆるしを願えば神様はゆるして下さいますが、ゆる
しを願わせない「絶望」という罪は、ゆるされようがありません。神様
のあわれみに絶望するという罪は、最も大きい罪なのです。

 この絶望は霊魂の深い傷ですから、絶望からいやされるためにはマリ
ア様の胸がどうしても必要です。マリア様の胸には無限のあわれみがあ
り、しかもインスピレーションのうちに感じさせ、確信させてください
ます。

 「マリア様、あなたに希望します」という一言は、たった一言でも、
絶大な効果のある祈りです。祈りは、マリア様の母乳を飲むことです。
マリア様の母乳は、悪魔が注ぎ込んでしまった絶望という猛毒を、完全
に解毒する唯一の薬です。神様は、絶望という罪でもって最終的に神様
のあわれみを拒んで地獄に行くのをくい止めようと、希望を与える母を
私達に与えてくださいました。

 単純な真理ですが、人は希望しないから絶望するのです。どうかマリ
ア様の胸に飛び込んで、そこで抱きしめられてください。もうすでに絶
望の毒におかされていることを感じているはずです。何のために生きる
のかわからないなら、すでに絶望の状態にあるのですから。

 マリア様は、清い恵みの母乳を飲ませてくださいます。最後の最後ま
でマリア様に希望し続けなければなりません。そうすれば必ず天国に連
れていっていただけます。


----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
 イエズス様からの警告 1985年5月13日
      リトル・ペブルに(抜粋)

 子よ、あなたは反キリストと衝突し、彼と戦うであろう。しかし子ら
よ、世の聖人たちはしばらくの間、活動を抑えられる。二人の預言者が、
我が子ら、特にユダヤ人種を闇から光に導くためにやってくる。我が母
を愛する地上の子らよ、恐れることはない。我が愛する母は、すべての
人の心の女王であり、あなたがたを御自分のマントでおおわれ、この闇
の日々が続く間、あなたがたを守ってくださる。

(注)旧約時代に、死なずに天にあげられたエノクとエリヤが、まもな
く地上に帰されます。反キリストのロード・マイトレーヤにだまされて、
彼をメシヤと信じたユダヤ人に説教し、まことの救い主イエズス・キリ
ストを信じるように促します。3年半の活動の後、反キリストのロード・
マイトレーヤの手にかかり、エルサレムで殺されます。しかし3日半後、
生き返り、天にあげられます。この奇跡によってユダヤ人の一部が改心
します。


----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだけ多くの
人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天から
のメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布しても結構です。本誌
掲載記事を使用される場合、事後で結構ですから、弊社まで御連絡下さ
れば幸いです。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望していますが、その
限りではありません。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報もご
ざいましたらお寄せ下さい。

 次回は12月15日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
----------------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]