「箱舟の聖母」バックナンバー
2000年11月3日号No.023

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2000年11月3日号 No.023

      毎週1回発行:年間購読料3,000円
         お申し込みは下記まで!
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたイエズス様のメッセージ
   − 1999年4月2日 No.582 −
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブルに与えられたイエズス様のメッセージ
----------------------------------------------------------------
    No.582 1999年4月2日(聖金曜日)
          ナウラの全出現聖堂

リトル・ペブル:
 白い十字架が空にあります。燃えるような鮮やかさです。空は明るい
青色です。たくさんの天使が十字架を囲んでいます。十字架の右に聖ミ
カエルが立っています。彼は剣先を祭壇に向けています。彼は黒を着て
います。十字架から来る光の光線が聖堂に向けて射し、扇のように散ら
ばり、光の「道」を形成します。聖主がもやのようなものを抜けて、十
字架を通って来られ、十字架の上におられます。天使たちはこの十字架
を聖堂に向かって運んでいます。聖主の周囲に非常にたくさんの天使が
います。行列の次に聖母、そして聖主と彼の十字架像の間にいる聖人た
ちの何人かが見えます。皆さん黒の装いです。

 イエズスが聖堂に到着され、祭壇上の壁にある十字架像をお取りにな
ります。生ける十字架である聖主は、その十字架上で生きておられます。
しかし、少しお疲れの御様子です。聖主は御頭を上げ、優しく微笑み、
あたりを見回されます。聖母と聖ヨハネと他の者が、聖主の御前に来ま
す。祭壇上にかなり広がって跪いています。天使たちもまた十字架の周
りに浮いています。聖母と聖人たちのそばで、他の者が跪いています。
聖ミカエルと聖バラキエルもまた、空の十字架のそばで跪いています。
イエズスは十字架から右腕を延ばされます。そして、不思議なことに、
御手に釘跡があります。

聖主:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。私の親愛なる「小さ
きペトロ」、「小さき白い岩」、そして来たるわずかの時間に教会刷新
の土台となる隅の親石よ、私はお前に挨拶する。私の司祭なる息子たち、
ダビデの王家と私の甘美なる弟子たちに挨拶する。

----------------------------------
短い期間にお前たちの生活に多くの出来事が起き、運命が変わるだろう。
これは実に、人類にとって、私の地上の教会にとって、闇の時だからで
ある。
----------------------------------
 今日は特別な日であるだけでなく、お前たちは罪人たちのための私の
受難の祝典を更新している。しかし、特別な日に私が集め、私の前にい
るお前たちに、私はめいめい一人残らず、たくさんの並み外れた聖寵を
授ける。短い期間にお前たちの生活に多くの出来事が起き、運命が変わ
るだろう。これは実に、人類にとって、私の地上の教会にとって、闇の
時だからである。私の御父へ罪人たちを連れて来るために、人の子は、
世の罪のために贖いとして、彼の神秘的体を通して上げられた。お前達
には多くの印が与えられている。人間を変えようと望んでおられる永遠
の御父に確信していなさい。私の御父の神的計画のふさわしい時に、印
が与えられるのはこの理由のためである。

 もう一度、私はお前たち全てのために、私の命を捧げる。それはミサ
のいけにえを通して絶えず更新される。なぜなら世は贖いを必要として
いる。人間は、依然として真理の小道から離れ、迷っているからである。

----------------------------------
私の「小さき白い岩」のミッションは、今この時代に世を取り巻いてい
る大いなる闇を抜けて、私の羊を彼が導き、約束された地に入るという、
彼の人生の次の段階に進んで行くだろう。
----------------------------------
 私の「小さき白い岩」のミッションは、今この時代に世を取り巻いて
いる大いなる闇を抜けて、私の羊を彼が導き、約束された地に入るとい
う、彼の人生の次の段階に進んでいる。私の至聖なる御母と私は、私達
の言葉を広めるために「小さき」霊魂を立てた。私の甘美なる子供たち、
今はお前たちにとって反省する時である。私の御父の御旨に信頼し、私
と共に共贖者、仲介者である私の親愛なる御母のために、聖にして母な
る公教会を御父に任せなさい。

 お前たちのカルワリオは、今ここにある。私の体である教会とその頭
は打たれ、羊は散らされた。まさにそれは今日も起きている。もし、彼
らが私の御父から報いを受けようとするなら、全ての者は私の足跡に従
わなければならない。お前たちの多くは今、待っている。私が私の「小
さき岩」を通して、私自身を明らかにするのを待っている。祈りなさい、
これはすぐに来る。しかし、全てにはふさわしい時がある。

----------------------------------
私の至聖なる御母と聖ヨハネは、十字架の足下に私と共に留まった。苦
しみ、心痛の大試練のさ中に、お前たち自身がどのように行動するかと
いう手本である。
----------------------------------
 私は私の子供たち全てを招き、この黙想をよく考えるために今日ここ
に集めた。私の御父に従うために、お前たちは呼ばれている。お前たち
の生活に試練が来ても、お前達はくじけないだろう。私の至聖なる御母
と聖ヨハネは、十字架の足下に私と共に留まった。苦しみ、心痛の大試
練のさ中に、お前たち自身がどのように行動するかという手本である。
苦しみがあっても平和で忍従していなさい。ちょうど私がお前達のため
に、私の御父に全てを捧げたように、私の御父の御旨に任せれば、御父
がお前を愛していることを知って満足するだろう。

 私の教皇ヨハネ・パウロ2世のために祈りなさい。すぐに私は、彼の
ために来るだろう。世のために祈りなさい。世は不安定で、すぐにも大
いなる暗闇に突入するだろう。私がペトロの上に建てた教会のために祈
りなさい。この教会は真っ二つに裂けるだろう。甘美なる子供たち、心
に心配がないように。公的出現は今終わるが、お前を「孤児」として残
し、あるいは見棄てないために、私の母と私はお前と共に残る。今は祈
りと反省の時である。お前たちの生活を考慮しなさい。甘美なる子供達、
お前たちの生活の良い面を見なさい。もしお前が私の御父の御旨に本当
に従うならわかるだろう。お前が自分の道を真っ直ぐにしていないなら、
今が正す時である。

 甘美なる子供たち、初期のキリスト教徒が生きたように、真理に生き
なさい。謙遜と愛徳によってお前は全てを成し遂げられるだろう。私を
見なさい、お前たちのために突き刺された救い主を。私はお前を回復さ
せて強めよう。今日の私の言葉は易しい。なぜならお前たちは心が単純
だから。これらの心は私の霊のために開いている。実際お前は私の遺産
である。勇気を出し、前進しなさい。お前たちの心の内にある祈りと共
に、お前たちの日々の十字架を取り上げなさい。

 そして、お前、私の親愛なる息子、私の神的愛の「リトル・ペブル」、
お前の内に残る私の体の受難によって、私の十字架を運び続けなさい。
全ては短期間に過ぎ去るだろう。私の霊の接吻をお前に送る。私の羊を
導くために、お前と共に留まる。私はお前たちを祝福する。私の息子、
そして世界中から集まっている全ての私の甘美なる子供たちに、聖父と
聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖主の御血が祭壇の上に落ちています。天使たちはすぐに来て聖主の
御傷からの御血を小さなカップで受けています。聖主は非常に痛そうで
す。しかし、御唇の微笑みは優しいままです。天使たちは銀のごく小さ
いカップで取り始めます。ミニチュアのカリスのようです。霊魂たちは
聖主と共にそのカップで飲んでいます。

 私はまだ受難の時ではないと知っています。なぜなら、印がまだ与え
られていないからです。私たちは神の両手の内に留まります。私は聖主
が述べられた印を既に知っています。いつかそれが目に見えたら、私は
その指示に従います。聖母は私の方に向きを変えられ、霊魂の利益のた
めにとても大切なので、黙想を続けなさいと言われます。彼女は、私は
何事も心配していません、ただ、祈り、待ちなさいと言われます。私た
ちはロザリオの二環目を終えます。

(ロザリオが捧げられた後、三人の司祭から祝福を受ける)

 十二枚の黒いバラが聖櫃の近くの祭壇上に置かれています。各バラに
は名前があり、花びらの間に金の十字架があります。聖母が昨夜それを
説明されました。この聖堂内の花々と聖体安置の聖堂には、聖主の尊き
御血から特別な祝福があります。それらには非常に特別な意味が与えら
れています。聖母は、イエズスの御受難を熟考することを望まれていま
す。マティジャ・ミハジは今後、啓示を受けることが明かされました。

 聖母は、彼女の黒いマンティラを広げられます。何か大きなケープの
ようです。その片側の下に十二のちっちやな心臓が見えます。それらの
各々の上に花のシンボルがあります。別の方に十二使徒に関係する十二
の紋章が見えます。今マンティラは聖母を再び包みました。彼女はイエ
ズスを悲しそうに見て、懇願を続けられます。聖主の御足下に聖ペトロ
のドームが見えます。教皇です。祈っています。剣のような物がドーム
に突き刺さっています。聖ペトロのドームの周りは火事です。

 天使たちは後方の白い十字架の方ヘ、聖主をゆっくりとお連れします。
聖母と聖ヨゼフと全ての他の聖人も続きます。十字架に向かって、上へ
滑っています。聖ミカエルは立っていて、彼の巨大な白い翼を広げてい
ます。それによって全ての者を守っているようです。大勢の天使が残っ
ています。彼らは前面に金色の十字架がある黒いチュニクを着ています。
各十字架の中央には霊魂の名前が書かれています。恐らくこれらは色々
な名前に関係した非常に特別な目的を持った天使たちでしょう。しかし
私は、彼らが誰だか正確なことは知りません。彼らが関係しているのは
歌隊でしょうか。言えることは、彼らは償いをする歌隊の力天使から来
ているのでしょう。

 イエズスと聖母は白い十字架を通って移動し、見えなくなりました。
聖ミカエルを除いて全ての天使も見えなくなります。私たちは聖ミカエ
ルの祈りを唱えてから終わりにします。

三人の司祭たち:
 全能の神が皆さんを祝福し給わんことを。聖父と聖子と聖霊との御名
によりて。アーメン。


----------------------------------
1999年4月2日
ナウラの全出現聖堂でウォーリイ・ボルマンに与えられた幻視
(聖金曜日の典礼の間の、嘆願の祈りの間に特別に与えられた)
----------------------------------
 主祷文が始まって二位の祭壇の天使が起立しています。聖堂の各角へ
移動しました。振り向き、お互いに向き合っています。彼らは、両手を
カップのようにして、そこへ祭壇の上方の十字架とつながっている虹が
来ます。突然、虹の上方に、金で彫られた玉座に座っておられる永遠の
御父が真っ白なお召し物で現れます。その時、祭壇と床の虹の先端から
延びている壁の十字架に至る虹が消えました。十字架の上端と虹の先端
の間から、白い鳩の御姿の聖霊が現れました。

 最初の祈願が唱えられ、永遠の御父は御肩とぴったりの所まで御手を
挙げられ、両掌から二つのとても柔らかい明るく白い光線が来ます。こ
の二つの光線は聖霊に集中し、一つの光線が十字架に変容して現れ、美
しい十字架になります。

 その白い十字架は嘆願毎に脈打つように見え、アーメン毎の賛歌で輝
きが増します。私はその事実に気を取られました。聖所の床が開き、白
い十字架の端は中央が開いています。私は、その開いている所は、煉獄
から天国への入口であると言われました。その脈打っている十字架は、
今日、彼らのために捧げられた祈りによって、この天国への入口を使う
ことを、たくさんの霊魂が許されたことを表しています。私に与えられ
る数え切れない霊魂は400万です。そして、巡礼者たちによって彼ら
に特別な祈りが捧げられました。各アーメン毎の明るさの意味は、この
償いの日に捧げた祈りの努力のための、永遠の御父による祝福でした。
全てが徐々に消え、終わります。アーメン。


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 母親は、自分が産んだ赤ちゃんを初めて抱くとき、「この子のためな
ら命をささげられる」と思うものです。あなたの霊魂が罪によって汚れ、
みにくかろうがどうであろうが、「この子のためなら命をささげられる」
とマリア様は本当に思っているのです。この世のすべての人は、この圧
倒的な愛をマリア様から注がれているのです。

 「どうして人を殺してはならないの?」という質問があります。あな
たが殺してもいいと考えているその誰かに、マリア様が注いでいる「身
代わりに死ぬほどの完全な母性愛」を考えるならば、その誰かを殺すの
ではなく愛すべきだと自然にわかります。

 あなたもマリア様から限りなく愛されています。あなたの命は尊いの
です。そして他人もマリア様から限りなく愛されています。他人の命も
尊いのです。

 マリア様のこの限りない愛を永遠に楽しむために、天国に行けるよう
にマリア様にいつもお願いしてください。子供らしい言葉でお願いすれ
ばよいのです。また、地獄に行けば、マリア様のこの限りない愛を永遠
に失ってしまいますから、マリア様に地獄に行くことのないようにお願
いしてください。

 「マリア様、あなたを愛します。天国に連れて行ってください。地獄
に行かないように守ってください。」 マリア様は、あなたが話しかけ
るのを心待ちにしています。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
     イエズス様からの警告 1985年5月13日
          リトル・ペブルに(抜粋)

 子よ、愛のリトル・ペブルよ。あなたが我が教会の中で、この世界の
軍隊を率いなさい。あなたが、世の終わりの時代の子らを率いて、ルシ
フェルに打ち勝つのだ。天の元后はすべての人の元后だから、あなたを
導いてくださるのである。子らよ、ロザリオを祈って、我が母に立ち戻
りなさい。ルシフェルは、子らを捕らえるために、もう外をうろついて
いる。もしあなたが準秘蹟を体から離してしまうと、あなたがたは滅び
てしまう。

(注)悪魔の総大将ルシフェルそのものである反キリスト・ロード・マ
イトレーヤとの戦いは、二つの次元で行われます。霊的な次元で、彼の
すさまじい霊力から自分の霊魂を守るために、マリア様に助けられなけ
ればなりません。実際の軍隊同士の戦いも、反キリスト・ロード・マイ
トレーヤの率いる軍隊と、リトル・ペブルに従う軍隊との間で行われま
すが、これは最終段階においてです。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
 カトリック教会では、11月を「死者のために祈る月」としています。
マリア様のメッセージにもありますように、かつてなかったほど罪深い
この時代、天国にまっすぐいけるほど聖なる霊魂はほとんどいません。
救われた霊魂のほとんどは、何らかのかたちで煉獄の清めの炎を通らな
ければならないのが真実でしょう。

 煉獄の霊魂たちは、自分自身のためには何もすることができません。
神様が定められた清めの期間を、ただひたすら耐え忍ぶのみです。しか
し、この世にいる私たちは、この煉獄の霊魂たちのために祈り、善行の
功徳を彼らにゆずるということで、彼らの清めの期間を短くしてあげる
ことができます。これに対して煉獄の霊魂たちは、自分達のために祈っ
てくれる人々のために、神様に恵みを嘆願することができます。

 このように煉獄の霊魂たちのために祈ることは、神様の御前で、偉大
な愛徳の業なのです。どうぞ皆様も、亡くなった親族・友人・恩人・知
人、また神様だけがご存知の多くの煉獄の霊魂たちのためにお祈りくだ
さい。

 前号で10月21日の最新メッセージNo.603を掲載すると予告してい
ましたが、翻訳者の都合で今回掲載できませんでした。次号に間に合え
ば掲載いたしますので、もうしばらくお待ちください。

「天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだけ多くの
人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天から
のメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布しても結構です。本誌
掲載記事を使用される場合、事後で結構ですから、弊社まで御連絡下さ
れば幸いです。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望していますが、その
限りではありません。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報もご
ざいましたらお寄せ下さい。

次回は11月10日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
----------------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]