「箱舟の聖母」バックナンバー
2000年10月27日号No.022

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2000年10月27日号 No.022

      毎週1回発行:年間購読料3,000円
         お申し込みは下記まで!
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.リトル・ペブルに与えられた聖母のメッセージ
   − 1999年4月13日 No.583 −
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆10月21日 リトル・ペブルへのヒアリングが開催される

 10月21日に、リトル・ペブルは、調査委員会からヒアリングを受
けました。前回のリトル・ペブルの上告を黙殺して行われ、ヒアリング
自体が教会法を無視した違法なものでした。しかもヒアリング以前に、
キャンベラで司教を含む教会法学者の会議が行われ、リトル・ペブルを
非難する方法をどうやって見つけようかという話し合いが行われました。

 ヒアリングは、聖ジャンヌ・ダルクを火あぶりにした不正な裁判そっ
くりで、事実究明の為の質問は全くなく、質問の中に有罪という答えが
もうすでに用意してある「告発」という内容のものでした。

 5,000通をこえる証言者の手紙、4,500以上もの「聖シャーベ
ル祈りの家」の存在という実り、20人ほどの司教からの支持声明は、
調査の対象にもされず、調査委員会は誰ひとり一度もリトル・ペブルを
訪れることもせず、このたった50分のヒアリングで司教の判決を諮問
するという、おそろしい教会法と正義の無視が行われました。

 このようにして第2回目の判決が司教から出されても、リトル・ペブ
ルがただちに上告することによって、判決は差し止められます。


----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられた聖母のメッセージ
----------------------------------------------------------------
    No.583 1999年4月13日
       ナウラの全出現聖堂

リトル・ペブル:
 ロザリオが始まっている時から空に白い十字架が現れています。それ
は非常に大きく、十字架の縁の周りはピンクのもやです。十字架の梁の
所には十字架を通してドアーがあります。それは開いています。そこか
ら淡いピンクのもやが発生し、私たちに向かって漂い、光の「道」とな
ります。聖ミカエルはいつものように十字架の右にいます。聖バラキエ
ルは左です。この時、彼は翼に二つの赤い十字架を付けています。実際、
私はいささかも以前に見たことがありません。少しして私は、彼の場所
に違う天使がいると思いました。しかし、事実は違いました。なぜなら、
彼は私が見たいと求めている印を与えたからです。

 聖母が見えます。メジュゴリエの天の元后としての装いです。もやの
上を急速に私たちに向かって浮動されています。聖母の後ろには大勢の
天使が聖ミカエルと同じような兵士の格好でいます。各自一本の槍を持
っています。

 聖母は、聖堂内に到着されました。祭壇と聖櫃の周りは淡いピンクの
もやで、その中で聖母は祈っておられます。聖母は祈りの間、ロザリオ
を両手で持ち、つまぐっておられました。空の十字架を通って来た天使
たちの多くは、その間、聖母の周りで半円となります。覚えていますか、
私が聖金曜日に受けたメッセージを。私のミッションに関する公的メッ
セージが最後となることを。そういうわけではなく、私が別に受けるこ
とが終わるのです。恐らく、毎月の初土確日と慣いの日には、メッセー
ジがあるてしょう。

 聖母は祈りを終えられて御目を開けられました。それから、御腕を差
し出しされ、私たちをご覧になります。一つの星の形が御頭の上にあり
ます。それはダビデの星です。その後ろに光の尾が形成されています。
その尾は白い十字架を越えて行きます。私はこの意味がわかりません。
聖母は御自分のロザリオの十字架像を取り、聖主に接吻されます。

聖母:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。私はあなたに挨拶し
ます。私のいとしき「白い岩」、「終末の時代」の私たちの甘美なる使
徒、そして私の神なる御子の地上の将来の代理者よ。私は、私のいとし
き司祭なる息子、「小さきバルトロメオ」に挨拶します。そして、私の
いとしき娘マティジャと私の声を聞き、私の顔を見ている恵まれた全て
の私の小さき子供たちにも挨拶します。私は世界中から来た、ここ、私
の前に集まった全ての恵まれた子供たちに挨拶します。

------------------------------------
あなたたちの頭上にある懲罰とすぐに来る大警告のために、私の愛の珠
(ロザリオ)を取りなさい。
------------------------------------
 私は何年にも渡って、私の小さき息子を通してたくさん話してきたの
で、長くは話しません。しかし、私は平和の元后として、平和のために
祈るようにと世界中の私たちの甘美なる子供たち全てに訴えています。
世が理解している「平和」ではなく、あなたたちの心と霊魂の平和です。
真理と正義の三位一体の神ヘ、あなたたちの心を開かなければなりませ
ん。私の救い主キリストの内に、他人を兄弟姉妹として愛し、心から赦
さなければなりません。今、全ての心に君臨しなければならないのは、
この平和です。あなたたちの頭上にある懲罰とすぐに来る大警告のため
に、私の愛の珠を取りなさい。甘美なる子供たち、信仰、確信、信頼を
持ち、勇気を持ち、辛抱しなさい。辛抱強く祈り、永遠の御父の御旨に
従うために、あなたたちの信念に堅固に留まりなさい。私の子供たち、
私は、あなたたちを祝福します。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は右手を少し上げられます。天使たちの一位が聖母の後ろから前
に来ます。とても美しい天使で、額に赤い十字架があります。彼の両方
の翼に十字架に似たものがあり、それらは幅広いです。彼は私の方に移
動し、彼の槍先を私の頭に載せます。それより十字の印が作られます。
聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。その天使は直立します。
聖母は真っ直ぐにマティジャの方へ移動し、近づかれます。それから、
少しかがまられ、彼女に静かに話されます。聖母が彼女を通して公的に
話されることをお望みかどうかわからないので、私は待っていましょう。
これが起こるかどうか私はわかりません。

 聖母はマティジャに幾つかの事柄を指示されました。その公的な声と
メッセージを受けるありがたい聖寵に、彼女が適応するために少し時間
がかかります。

 聖母は聖シャーベルの御像の右上に移動されました。そして、そこの
子供たちをご覧になります。彼らの内の数人は聖母が見えます。それか
ら、もっと後のために準備している、ここの机の上にある全ての御像が
聖母によって祝福されました。聖堂内のバラも祝福されました。それは
神の御旨を理解し行うために祝福されています。聖母は神父様に、ここ
にいる人々を祝福するように頼まれます。

ブロウザード神父:
 全能の神が皆さんを祝福し給わんことを。聖父と聖子と聖霊との御名
によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 彼女は、まもなく完成する参詣所のそばに、グロットを復旧してほし
いと言及されました。今から2〜3ケ月の内に、聖ヨゼフの聖水によっ
て巡礼者たちが癒されるでしょう。たくさんの人々がそこを訪れるでし
ょう。
 聖母は、再び御自分のロザリオに接吻されます。そして、しばしば口
にされている言葉「祈りを続けなさい」を繰り返されます。聖父と聖子
と聖霊との御名によりて。アーメン。

------------------------------------
1999年4月11日3:15PM
修道院の祈祷所で、聖主から「レバノンの白いバラ」に
与えられたメッセージ
------------------------------------
レバノンの白いバラ:
 私たちの祈りが始まっている時から、私は聖主の聖心から来ている赤
と青と白の光線と共に、御憐れみの神として聖主を見ています。その光
線は全ての私たちの心と霊魂を貫きます。聖母は白のお召し物で、天使
たちは彼女の後ろで行列して聖母と共にそのままいます。聖母は、大変
威厳があり、上品に見えます。

 聖霊は鳩の御姿で現れ、部屋に満ちています。聖霊の御体と御羽根の
両方から光線が来て私たちを貫き、飲み込みます。私たちは光に取り囲
まれています。私たちは、部屋一杯の美しい薄紫色の光線で囲まれてい
ます。聖霊の御力によって私は仰向けに倒れ、私の後ろにいるマリー・
テレサ修道女の腕に抱きかかえられます。

聖主:
 私の甘美なる子供たち、私の甘美なる浄配、私はお前の奥に私の聖心
を置く。私はお前たちに、お前たちの霊魂を清純にするためにどうすれ
ばよいかを尋ねる。悪魔は、償いや犠牲をすることからお前たちを引き
離そうと誘惑している。

 私はお前に、天におられる私の御父の御旨に生き、真理に従うことを
求める。私たちの光、私たちの清い「白い岩」の言葉に耳を傾け、従い
なさい。彼はお前たちの光。彼は私たちの光と言葉に従っている。私は、
私の聖心を通してお前を祝福する。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。
アーメン。


----------------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 「ああ、マリア様!」となげくとき、これはマリア様の心に強く訴え
る祈りです。自分が罪にそまりきっている汚れた霊魂だと悟る時に、思
わず「ああ、マリア様!」と言えるなら、どんなに良いでしょう。すぐ
さまマリア様は胸に抱きしめてくださいます。解決できない問題をかか
えている時も、「ああ、マリア様!」となげくことができたら、どんな
に良いでしょう。

 マリア様の手の中に、すべてのことの解決があるのです。それはその
問題や苦しみや悩みをマリア様にささげて、自分の罪滅ぼしとして神様
にささげてもらうことなのです。そうすれば、すべての苦しみは意義あ
るものとなるからです。

 一日中、たびたびマリア様のことを思い出すようにしてください。お
母さんから離れられない幼な子の時期があります。ちょっと遊んでは、
お母さんがそばにいるか気にします。なにかあるとすぐお母さんのとこ
ろへ走っていきます。天国へ行くためには、幼な子のようにならなけれ
ばなりません。つまり霊的にマリア様の幼な子となって、マリア様から
離れないようにしなければならないのです。

 母親のことを思い出すのは、自然でたやすいことです。ですから神様
は、神様にたどりつくために、マリア様を母親として私達みなに与えて
くださいました。じっさい、死を目前にしたら、多くの若者は母親を思
い出しました。神風特攻隊員の遺書を読めば、みな、自分の死で悲しむ
母親に思いをはせています。そして許してくださいと書き残しています。

 実は、イエズス様にとって、母親のマリア様が、むごたらしく殺され
る自分を見て死ぬほど苦しむことの方が、むごたらしい処刑よりもはる
かに苦しい拷問でした。

 マリア様は私達一人一人を救おうとして必死なのです。なのにマリア
様の目の前で罪を犯して、自分の霊魂を汚し腐らせ殺すので、マリア様
は一人一人のために、御子イエズス様の十字架刑であじあわれた苦しみ
を再びあじわうのです。それでマリア様は「悲しみの母」なのです。

 そんなマリア様を、どうかひんぱんに思い出し、「ああ、マリア様!」
と、たとえため息でも、つぶやきでも、なげきでもかまいません、言っ
てください。そこには、マリア様に対する愛と信頼と希望が含まれてい
ます。それこそが、悲しみの母をなぐさめるのです。


----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
  マリア様からの警告 1985年1月13日
      リトル・ペブルに(抜粋)

 世界中で多くの人たちが平和を語っていますが、子らよ、人類が痛悔
して神に立ち返らなければ、平和などあり得ないのです。すべて信仰を
もつキリスト信者たちよ、一致して、共通の敵ルシフェルに立ち向かい
なさい。世界に平和をもたらすのは「祈り」なのです。世界で核戦争が
起こる時、それはルシフェルの仕業です。心の奥では、戦争の準備を進
めていながら、平和条約を締結するなんて、なんとばかげているのでし
ょう。

(注)悪魔の総大将ルシフェルは、今、肉体をまとって、反キリストの
ロード・マイトレーヤとなり、世界中の重要な会議に出席しています。
平和を説いていますが、世界を戦争に導くことだけを望んでいて、その
混乱の中でメシヤとして自分をあらわし、その結果、世界中の人が、彼
を世界の指導者として受け入れてしまうのです。


----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 8月13日以降、リトル・ペブルへの公のメッセージがありませんで
したが、10月21日にメッセージNo.603がありました。次号に掲載す
る予定です。

「天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだけ多くの
人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天から
のメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布しても結構です。本誌
掲載記事を使用される場合、事後で結構ですから、弊社まで御連絡下さ
れば幸いです。


 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望していますが、その
限りではありません。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報もご
ざいましたらお寄せ下さい。

次回は11月3日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
----------------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]