「箱舟の聖母」バックナンバー
2000年9月29日号No.018

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

      「 箱 舟 の 聖 母 」

      2000年9月29日号 No.018
  (聖ミカエル・聖ガブリエル・聖ラファエルの祝日)

    毎週1回発行:年間購読料3,000円
       お申し込みは下記まで!
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
   E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
     ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
--------------------------------------------------------
   箱舟の聖母、
      我らが御母聖マリア、
        キリスト信者の扶け
--------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられた永遠の御父のメッセージ
   − 1999年8月7日 No.588 −
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

--------------------------------------------------------
1.リトル・ペブルに与えられた永遠の御父のメッセージ
--------------------------------------------------------
    No.588 1999年8月7日
    全出現聖堂、聖シャーベルの祈りの家

リトル・ペブル:
 白い十字架がかなり長い間見えています。交差した光線の上
には三つの聖心があります。聖主の聖心が中央にあり、聖母の
汚れなき御心が右に、聖ヨゼフの潔き御心が左にあります。中
心の光線にそってたくさんの小さい心臓があります。聖ミカエ
ルは十字架の右に立っています。彼は巨大で盾を持っており、
それには聖主の聖心が描かれています。

 今、十字架が開き、聖主の聖心からここの聖櫃に向かって明
るい光線が射します。これが小さな破裂を生じ、たくさんの色
とりどりの光の原因となり、聖櫃から現れています。白い光が
十字架から来ます。その形は幅が広いですが、奥行きはありま
せん。光の「道」は大きくなって道になり、小さな複数の十字
架となります。これらは光の全てのスペクトルの色によってで
きています。とても小さな何百万という十字架です。複数の十
字架の上には複数の小さな心臓があります。

 今、十字架を通ってたくさんの天使たちが来ています。彼ら
の二つの翼には二つの聖心がついています。それぞれ一つずつ
です。一つは聖心で、もう一つは汚れなき御心です。そのシン
ボルは翼に埋め込まれています。聖なる天使たちは純白の服装
で、私たちの方へゆっくりと降りてきます。いろいろな大きさ
のたくさんの天使たちです。永遠の御父は十字架から現れて隣
におられ、全て白の装いてす。御父は御頭にローマ教皇の三重
冠を被っておられます。その象徴は、複数の聖心とバラです。
御父は金の玉座に座られ、玉座から非常に輝く光が発散してい
ます。非常に小さいケルビムの天使たちが玉座の下にいます。
御父の後ろは数百万の天使たちです。白い十字架の上方には、
聖霊が鳩の御姿でおられ、御胸に赤い小さな聖心かあります。

 永遠の御父は天使たちと共に大変速やかに移動なさいます。
御父は玉座に腰を下ろされ、とても美しい純白の着物を御召し
です。その上には金色のケープあるいは厚いストールが肩にか
かっています。司祭の祭服のようです。金色の房がついていま
す。近づかれたのでよく見ると、この祭服にヨハネ・パウロ2
世とペトロ2世の紋章が見えます。

 今、永遠の御父は非常に近づかれます。空は天使たちで一杯
で、彼らの翼には前に話したように聖心がついています。他に
違うシンボルがついています。それらは数えられません。彼ら
は永遠の御父の後ろに半円となります。その小さな天使たちは、
玉座の下から彼らの小さな頭で時々、玉座を持ち上げています。
しかし、私は彼らの翼をほとんど見ることはできません。永遠
の御父は本当に威厳があり美しいです。長くふんわりしている
御髪、あご髭も極めて長く、大変ふんわりしています。御目は
澄んだ青です。聖主に似た極めて美しい御目です。御父は典型
的な杖をお持ちです。羊飼いが持つような小さな牧杖です。棒
の部分からなる柄の曲がりの前、それの頂部に十字架がありま
す。十字架は緑のエメラルドの宝石です。

 永遠の御父は微笑まれ、全ての霊魂を深々と御覧になります。
各自に直接話しかけられているようです。聖バラキエルは始め
からここの右にいます。永遠の御父の御前にやって来て跪きま
す。永遠の御父の玉座が聖櫃の上面についているので、彼は実
際に聖櫃の右で平伏しています。永遠の御父はとても近づかれ
ます。まさに2〜3メートルです。あなたたちは御父に触るこ
とができる近さです。御父は本当に微笑まれています。御目を
見ればわかります。水晶のようにきらめいています。これは説
明するのが大変難しいです。しかし、私は永遠の御父の聖心の
暖かさを感じます。

 全ての天使たちは、敬畏の念で神を礼拝しています。彼らは
大変幸福そうです。永遠の御父は今、聖バラキエルに牧杖を与
えられます。彼は永遠の御父の右に行き跪きます。

永遠の御父:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。私のいとし
き「清き岩」、私の聖心の「岩」よ、お前に挨拶する。私の司
祭なる息子「小さきバルトロメオ」よ、お前に挨拶する。そし
て私の祭壇の前に集まっている全ての私の甘美なる子供たち。
私は世界中から来たお前たち全てに挨拶している。今晩、私は
お前たちの天の父として、創造主として、私の父的愛の胸の内
にお前たち皆を抱きしめるために来ている。いとしき子供たち、
私の神なる息子と、私の娘マリアに献げることを恐れる必要は
ない。

---------------------------------
 世界は大いなる危険の内にある。今は私が造ったものを浄化
し、清める時である。お前たちの審判のために用意していなさ
い。すぐに多くの者が空の手で私の前に立つだろう。
---------------------------------
 本当に世は私の愛から更に離れて行き、私ではない別の愛を
探している。しかし、私はお前たちの天の父として留まり、私
の強情な子供たちのために、限りない辛抱強さと慈悲で待って
いる。いとしき子供たち、勇気を出しなさい。私はお前たちの
天の父としてお前たちの全てを見、知っている。私のために私
の神なる息子の印を身に帯びた全ての人々だけでなく、印のな
い者も、私の霊の言葉を聞いて自分たちの罪深い生き方から離
れ、私に戻って来るだろう。甘美なる子供たち、これは私の時
である。注意深く、用心深く、不寝番の祈りをしていなさい。
私の娘マリアに従順になりなさい。彼女は、私の潔き聖心の王
国への道を彼らが見つけるのを助けるために、全ての私の子供
たちを指導している。真に私はお前たちに言おう。世界は大い
なる危険の内にある。今は、私が造ったものを浄化し、清める
時である。お前たちの審判のために用意していなさい。すぐに
多くの者が空の手で私の前に立つだろう。

 私はお前たちを愛している。私の甘美なる子供たち、私はお
前たちに私の神なる息子を与えている。私はお前たちに私の聖
なる娘マリアを与えている。それゆえ、「選ばれる」者の内に
住む私の霊の光の内に前進しなさい。私はお前たちの神であり
創造主である。今お前たちを多くの聖寵で大いに祝福する。私
の神なる息子と私たちの霊と永遠の上智によって。聖父と聖子
と聖霊との御名によりて。アーメン。

---------------------------------
 すぐにお前は、教会の最も暗黒の時を導くことになるだろう。
私が持っている杖は岩の杖である。この杖を、お前たちが私の
愛と慈悲に留まり、決して恐れないように、お前たちの霊魂の
内に置く。
---------------------------------
 そしてお前、私のいとしき息子、私が手ずから選んだ私のリ
トル・ペブル、地上の私の神なる息子の教会のための「真の岩」
よ。十字架を担い続けなさい。そして平和に留まりなさい。私
たちはお前を決して見捨てないだろう。すぐにお前は、教会の
最も暗黒の時を導くことになるだろう。私が持っている杖は岩
の杖である。この杖を、お前たちが私の愛と慈悲に留まり、決
して恐れないように、お前たちの霊魂の内に置く。私の息子よ、
私はお前を祝福する。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

リトル・ペブル:
 永遠の御父は、特に全ての祈りが御父の祝日に献げられたこ
とで大変喜んでおられます。御父は今、後ろの天使たちに指示
されています。その天使たちは翼に聖心があります。私はその
意味がわかりません。しかし、御父はあなたたち皆に天使たち
を送っておられます。今、私の後ろの人々の上に天使たちが浮
いているのが見えます。それから彼らの翼の下からクロークを
取り出しています。私は今まで気がつきませんでした。そして、
彼らはここの人々を包みます。それは「しるし」です。

私たちは祈りを続けます(祈りが続く)


---------------------------------
1999年8月7日
ナウラ、永遠の御父からレバノンの「ホワイト・ローズ」に
与えられたメッセージ
---------------------------------
ホワイト・ローズ:
 私は、祭壇の場所全部を占めるような全身が白い大きな天使
を見ています。聖堂全体が白い光線で一杯です。白い十字架が
空の奥にあり、茨の冠で囲まれたイエズスの赤い聖心が見えま
す。聖心から御血が滴っています。そして、これがリトル・ペ
ブルの心臓の中へ垂れました。
 白いバラの飾りで囲まれた聖母の汚れなき御心が見えます。
これがリトル・ペブルの霊魂の中に置かれました。これらは清
き真の「自い岩」の情熱と喜びであると私は言われました。

 白い十字架が下りながら聖堂に近づき、、永遠の御父は天の
深みから白い十字架に向かって来られます。御父は大変輝き、
明るく発散している宝石と美しい石で飾られた黄金の玉座に座
っておられます。御父の御頭には、玉座と同じ宝石と石で飾ら
れた金の冠があります。永遠の御父の上方には、翼から美しく
白い光線を放つ、鳩の御姿をした聖霊がおられます。私たち皆
の上に降りて来られます。永遠の御父の玉座の下に何か見えま
す。地上に玉座から下って来る稲光です。それは地上で二つに
分かれます。この稲光は地震に似ています。これは人々が神を
知らず、拒絶することに対する神の御怒りであると私は言われ
ました。

 永遠の御父が近づいて来られた時、私は御父を拒絶する全て
の霊魂のために、御足の下に平伏しました。私は、御父の愛に
圧倒され、全く打ち負かされました。私は平静を取り戻して起
き上がり、跪きました。私は永遠の御父を見るように求められ
ました。御父は私たちに近づいて来られ、私たち皆を御覧にな
っています。御父は全て白の装いです。永遠の御父は来られ、
私の心と霊魂を貫かれます。

永遠の御父:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。私の甘美な
る娘、お前を愛している私を、お前たちの父として見てもらい
たい。私の神の御旨の甘美なる「白いバラ」よ。私は今日、私
に献げられたお前たちの祈りが大変嬉しい。私はまた、私の神
なる息子イエズスと私の娘、終生童貞なる汚れなきマリアの誉
れのために、兄弟姉妹によって過去数週間唱えられてきた祈り
を感謝している。私の清き「白い岩」の見たように、神的愛の
天使たちをお前たち皆に与える。今日、私の誉れのために献げ
られた祈りが、多くの者を解放するために使われた。煉獄から
多くの霊魂が解放された。お前が私に誉れを帰すために頼んだ
その霊魂は、今ここに私と共にいる。私の息子ペトロは今ここ
にいる。
 私はお前たちを祝福する、私の甘美なる子供たち、更に多く
の霊魂が私、彼らの永遠の御父の下へ来るように、償いの祈り
を続けるように求める。私の甘美なる子供たち、私はお前たち
を愛している。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。


---------------------------------
1999年8月7日
ヨゼフ・ブラウンの幻視
---------------------------------
ヨゼフ:
 私たちに話しているリトル・ペブルを見ることができます。
それから私は、玉座に座っておられる永遠の御父を見ました。
御父は金の王冠を被られています。玉座の下に小さな天使たち
の頭と翼が見えます(ケルビム)。玉座の後ろにたくさんの天
使たち、その時、私は中心に聖心がある白い十字架が来るのを
見ました。
 それから私は天に連れて行かれ、聖主と聖母が、たくさんの
天使に囲まれているのを見ました。イエズスの聖心とマリアの
汚れなき御心を見ることができます。
 それから、私は聖堂に戻り、聖主と聖母がリトル・ペブルと
一緒なのを見ました。それから私は目を覚ましました。


---------------------------------
1999年7目16日
永遠の御父からアフリカ、ウガンダの幻視者「リトル・ダバ」
に与えられたメッセージ
---------------------------------
永遠の御父:
 私はお前に、私の神的挨拶を与える。聖父と聖子と聖霊との
御名によりて。アーメン。私は私の息子なる司祭たちにも特別
な神的挨拶を与える。使徒のベネディクト神父、クレシェント
神父、ダニエル神父とイポリット神父よ。私はお前たちの父で
ある。私は地上の子供たち、お前たち皆に挨拶している。
 私は、お前がウガンダのセミナーで私に誉れを与えたことで
感謝している。とりわけお前マリアンに。しかし、私は小さな
ことで全世界を救うことができると言おう。それは、お前マリ
アンが私に与えた誉れのためである。私は特別な道にいるお前
に全て感謝している。

 私は永遠の愛によって今日、お前のところに来ている。その
愛で、私はお前を造った。私の愛はお前のために終わりがない。
というのも、お前は私の手の内で働くからである。私は正義で
あり、私の神なる息子と聖霊と共にいる。私の娘、カルメル山
のお前たちの御母もおられる。私は話そう。多くの霊魂が煉獄
から解放された。そして天国へ直行するチャンスを得た、死に
行く人々がいる。私の息子聖ヨゼフと多くの天使と聖人たちも
いる。

 私はこのメッセージをお前に与える大きな目的のために来て
いる。今年は私に献げられている。それによって私は、人々が
私に立ち帰るように望み、全てを受入れるために私の両手を大
きく広げている。私は、私の造ったものによって多くの方法を
提供している。しかし、私の神的祝福を受け、私に立ち帰るた
めに用意している者全てを、私の慈悲はまだ招いている。世が
私に戻るように祈りなさい。私は正義の神であるが、慈悲の神
でもある。私の慈悲は、それを求める全ての者に終わりがない。

 セミナーの主催者である私の息子ジョン・マリーは、私の祝
福を受けられるように、可能な限り、私の子供たちの多くを招
いた。お前たちの多くは、このセミナーでたくさん経験するだ
ろう。多くの者が向上するだろう。多くの者が変わり、多くの
者が多くの道に達するだろう。幻視者たちはこのセミナーで、
特別な祝福と聖寵を受けられるように、お前たちの心を開く。

 私の子供たち、私はお前たちの父であり、お前たちは私の手
の内で働く私自身の子供である。私はお前たちの間題を知って
おり、お前たち皆を気遣っている。これらのいくらかは、私が
お前たちに担うようにと与えている精神的な十字架となってい
る。私はお前たちが担えないほどの十字架は与えない。私はお
前たちを愛している。私の子供たち、マリアの働き手たちよ、
これが全てである。ウガンダにおいて私がお前たちの心の中を
見ると、お前たちは私に誉れを帰している。お前たち皆はいろ
いろな問題を抱えており、私はお前たちの祈りを受入れた。勇
気を出しなさい。私はお前たちの父であり、お前たちの世話を
している。私の子供たち、これらの十字架なくしてお前たちは
やっていけない。

 お前たち、マリアの子供たちよ、お前たちの地上での役割に
特に注意してもらいたい。私がお前たちに与えているこのメッ
セージで祈りを励ましている。私はお前たちを愛しており、配
慮している。しかし、お前たちは私が公平な者であることを知
らなければならない。お前たちが私の掟に従い、愛徳を実践し、
他人を愛し、裁かないようにと期待している。私だけが裁く。
私は正しく行い、お前たちはそうではない。私はお前たちを造
った。私に誉れを帰し、愛し、私の法を守ることを期待する。
お前たちに従う者を愛しなさい。

 私の息子ヨハネ・パウロ2世のために祈りなさい。私は今、
彼にたくさんの霊感を与えている。今よりもっと道にはぐれる
であろう私の教会のために祈りなさい。その教会を私は愛して
いる。私を信じず、私を知らない人々のために祈りなさい。私
の息子「小さきアブラハム」であるリトル・ペブルのために祈
りなさい。彼は私のもの、私が彼を選んだ。私は彼を愛してお
り、私の計画は彼にある。彼は、彼を造り彼を選んだ私に信頼
している。全ての預言は成就する。いくらかは既に成就した。
私が特別な計画を持っている全ての人々のために祈りなさい。

 私はかつて、今も、同じ神であることを覚えておきなさい。
私は変わることはできない。私自身、真理である。私の言葉は
変わらない。それはいつも同じである。私は騙すことはできな
いし騙すこともない。私は、新しくする必要は全くない。私は
過去も現在も未来も、いつも永遠に同じである。アーメン。
 私は世界中の全ての私の子供たちを祝福する。聖父と聖子と
聖霊との御名によりて。アーメン。アーメン。アーメン。
 このメッセージを私の子供たち全て、世界中のマリアの働き
手たちに広めてもらいたい。


--------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
--------------------------------------------------------
 天国には、努力してほんとうに善人にならなければ行けませ
ん。全ての人は罪人です。罪に染まりきった状態から改心して
天国を目指すのです。その第一歩は、地獄を恐れることで始ま
ります。

 永遠ということを考えたことがありますか。この世には時が
あり、すべて時に従って変化します。この世を去り、永遠に移
れば、時はなくなり、全ては不変です。地獄に行けば、地獄に
いる状態は決して変わりません。永遠に悪魔から拷問されるの
です。しかも今死ぬ人の90%は地獄に行っているのです。

 地獄を大いに恐れてください。地獄には絶対行きたくないと
思いつめて下さい。どの霊魂も天国に行けるようにと、必死に
働いて下さっている方にすがりましょう。それはマリア様です。

 マリア様を愛し、信頼し、望みをかける生活を始めましょう。
そうすればマリア様は、天国にふさわしい者に生まれ変わらせ
るために、胎内に私達を宿し、イエズス様のようにかたちづく
り、イエズス様の十字架のもとに生んで下さいます。

 天国へ行くためには、自分の十字架をにない、イエズス様に
ならって歩きぬかなければなりません。つらい険しい道です。
第一に自分の罪深さを認め、自分の罪と戦い、罪ほろぼしを神
様に捧げなければなりません。しかし、どちらがいいか、よく
考えてください。永遠に地獄で悪魔から拷問されるのと、短い
この世の苦しみを自発的に受け入れて、永遠に天国の無限の幸
福を与えられるのとでは。

 たとえば、人の悪口を平気でしょっちゅう言う罪に染まって
いるとします。それを悪いこととも認めず、改めようともせず、
神様にゆるしとあわれみを請わなければ、永遠に地獄で口と舌
を焼かれてしまうことでしょう。そんなことになりたくないと
強く思えば、この罪を改める戦いの骨折りを受け入れることが
たやすくなります。

 毎日、その罪を犯さないよう注意しつつ、マリア様に助けて
くださいと頼んで回数を減らしていくのです。失敗してもマリ
ア様のやさしさに信頼して、何度でも立ち上がるのです。そう
やって、マリア様と話しながら、相談しながら続けるうちに、
地獄に対する恐れより、マリア様と神様を、罪によって悲しま
せたくないという考えから、罪と戦う第2の段階に進んでいく
ことになります。これは愛による痛悔です。

--------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
--------------------------------------------------------
  イエズス様からの警告 1981年から1987年
      シスター・グァダルーペに(抜粋)

 神殿が汚され、ミサの犠牲が捧げられなくなった時、その時
こそ「獣」の時代となるのである。その獣の時代は三年半続く。
そのとき獣には、聖徒達と戦って勝つことが許され、すべての
部族と民と言葉と国とを司る権力が与えられる。地上に住む罪
人で、「屠られた小羊」の「生命の書」に、世の始めからその
名を記されなかった人々は皆、その獣を礼拝するであろう。こ
のとき獣は、人々に印をつけることを開始する。そして、印を
つけられることから救われる者達は、額に十字架の印を持った、
私の子供達なのである。獣を礼拝する者は皆、「神の怒りの杯」
に盛られ、神が注いだ「怒りのぶどう酒」を飲み、諸天使・諸
聖人の前で火と硫黄とに苦しめられる。そして私の前で、彼ら
の苦悩の煙は世々立ちのぼる。獣とその像を礼拝し、その名の
印を受けた者は、夜も昼も休みを知らない。

(注)世界中の人が一人残らず「十字架の印」か「獣の印」か
を選ぶ時が数年先に来ます。666の獣の印のマイクロチップ
を埋め込んだ者はすべて、反キリストのロード・マイトレーヤ
と反キリストの反教皇の「2匹の獣」とともに地獄に行きます。


--------------------------------------------------------
4.編集後記
--------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだ
け多く人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人
知人に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして
配布しても結構です。本誌掲載記事を使用される場合、事後で
結構ですから、弊社まで御連絡下されば幸いです。


 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集していま
す。できるならば、カトリック信者で専門用語に強い方を希望
していますが、その限りではありません。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連
情報もございましたらお寄せ下さい。

次回は10月6日頃、発行を予定しています。

--------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
--------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
--------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]