「箱舟の聖母」バックナンバー
2000年9月22日号No.017

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

      「 箱 舟 の 聖 母 」

      2000年9月22日号 No.017

    毎週1回発行:年間購読料3,000円
       お申し込みは下記まで!
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
   E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
     ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
--------------------------------------------------------
   箱舟の聖母、
      我らが御母聖マリア、
        キリスト信者の扶け
--------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたマリア様のメッセージ
   − 1999年8月13日 No.589 −
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

--------------------------------------------------------
1.リトル・ペブルに与えられたマリア様のメッセージ
--------------------------------------------------------
   No.589 1999年8月13日
       ナウラ、全出現聖堂

リトル・ペブル:
 白い十字架はいつものように空にとても輝いています。この
時間、十字架の端のあたりに小さな赤いバラがあります。始め
聖ミカエルはここにいて、聖櫃の右に他の大天使たちと行きま
す。十字架の右には、たくさんのたくさんの聖人と天使たちが
三角形をなしています。私はこの膨大な数の誰もわかりません。

 十字架の開いている所を通して、ピンクの霧のかかった光が
現れます。雲となり、それは迅速に集まって私たちの方へ移動
してきて、ピンクの霧の「道」となります。

 十字架を通って来るたくさんの天使が見えます。彼らは花の
冠を持っています。花冠のようです。彼らすべてはまた、たく
さんのバラやユリやその他様々な花を持っています。彼らは今、
この霧の「道」のてっぺんを私たちに向かって滑り降りてきま
す。

 聖母が十字架の霧の中央を通って現れました。白いチュニク
のドレスで、肩の上に青いケープがかかっています。御頭はた
くさんのバラがついた美しいベールをしておられます。聖母は
お足下のケルビムの天使たちに付き添われ、他の天使たちと共
に滑り降りられます。彼女の後ろからたくさんのたくさんの天
使が、白い十字架からとめどなく出てきます。今、諸天使と諸
聖人は三角形の形を解き、行列のような長い列の形となります。

 今、聖母は聖堂に入られます。たくさんの天使と聖人たちは
ドーム状に彼女のお供をしています。諸聖人と諸天使との間に
は、花々と共に覆われた茂みがあります。まさにそこに吊され
ています。それらは灌木のようですが、それほど大きくありま
せん。

 これらの花からの素晴らしい芳香が聖堂に満ちます。あなた
たちの何人かはそれを今嗅ぐことを許されるでしょう。それは
天の御母の庭のとても素晴らしい香りです。聖母は徴笑んでお
られます。彼女はいつものように見ておられます。個々の人に
関心をお示しになられます。本当の一人一人の母としてです。
聖母のお足下の何かを私は今まで注意していませんでした。月
の紋章です。聖母のお足下にあるのは確かに月です。とぐろを
巻いたとても大きな緑の蛇ではありません。彼女の左足は死ん
でいない蛇の頭の上です。その下はたくさんのケルビムの天使
です。

 聖母の右手に大理石でできた杖があります。そのてっぺんは
金の十字架です。聖母の御手にロザリオが巻きついています。
ロザリオそれ自体は真珠で、十字架像は金で、大珠もまた金で
す。聖母は微笑まれます。白い十字架を出て来る天使と聖人た
ちで益々天空の入口は埋まります。今、聖母の上にとても輝く
三角形の光の内に、鳩の御姿をした聖霊が現れます。聖母は十
字架像をお取りになり救い主に接吻されます。

聖母:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。私はあなた
に挨拶します。私のいとしき息子、私の汚れなき御心の「清い
岩」、「リトル・ペブル」よ。私は司祭なる息子や恵まれた霊
魂、そして世界中からここに集まっている私の甘美なる子供た
ちに挨拶します。

----------------------------------
 何世紀も前の今日、楽園に入るために自分の霊魂を準備する
ために、私は黙想しました。三日間、私の霊魂は祈りました。
それから、私は、私の神なる御子によって引き上げられました。
----------------------------------
 私が今日来ているのは「被昇天の元后」として、私たちの子
供たちにたくさんの賜をもたらすためです。試練や苦難のこの
時代を耐え忍ぶために必要なたくさんの聖寵の賜です。何世紀
も前の今日、楽園に入るために自分の霊魂を準備するために、
私は黙想しました。三日間、私の霊魂は祈りました。それから、
私は、私の神なる御子によって引き上げられました。これが私
の神なる御子の御死去や御復活を通して、彼に倣うたくさんの
方法の一つです。これを私の甘美なる子供たちに示したのは、
霊魂や精神と共に永遠の命に入る体のよみがえりの約束のため
です。

 私の神なる御子に忠実に留まる子供たちすべては、これと同
じく約束されます。私の甘美なる子供たち、喜びなさい。すぐ
に世は永遠の御父の御手によって審判され浄められるでしょう。
すべてはかつてのように清められ、新しい世界が降り、生活は
全く単純になるでしょう。それは最初の時代の両親たちのよう
に、その人々は終わりまで残るでしょう。私の甘美なる子供た
ち、それゆえ祈りなさい。信仰の内に耐え忍びなさい。今は羊
が分けられる時代です。天の母である私は、安全になるように
全員を招いていることを知りなさい。聖体の内におられる私の
神なる御子や、告解の秘蹟を受けにしばしば行きなさい。私の
神なる御子はあなたたちを強め、慰める永遠の命への門戸です。

 私の甘美なる子供たち、私は、あなたたちを愛しています。
楽園への道を付き添うように、たくさんの天使と聖人たちを、
あなたたちに遺わします。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は今、私たちの少年ヨゼフの方を一瞥されます。聖母が
彼を通して話されたいのかわかりませんので、私は黙っていま
しょう。

(メッセージが内的に与えられる)

 聖母は彼女の場所へ戻られました。それからここにいる恵ま
れた子供たちの方へ速やかに移られます。私は彼女がその人た
ちを通して話されるかわかりません。聖母が彼らに幻視を見せ
ておられるのを知っていますが、私に話されないで代わりに彼
らに直接話されています。あるいはそうではないかもしれませ
ん。

 聖母は微笑んでおられ、彼女を円弧状に取り巻いているすべ
ての者に祝福を与えられます。聖母は太陽光線でピカピカ光る
ロザリオをお取りになります。彼女はロザリオを続けるように
私たちに頼まれます。

聖母:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 二人の司祭が今祝福されます。

ブロウサード神父とオカンポ神父:
 全能の神が皆さんを祝福し給わんことを。聖父と聖子と聖霊
との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 私たちは聖母へ賛歌を歌いましょう。

(「めでたし天の元后」が歌われる)


--------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
--------------------------------------------------------
 人生の目的を、楽しみを味わうことにおいていませんか? 
これを快楽主義と言います。快楽主義の人生の終わりに、口を
あけて待っているのは地獄です。

 人生の目的は、神様を知り、神様を愛し、神様に仕えて天国
へ行くことです。このためには禁欲主義でなければなりません。
天国への道は、いばらと岩だらけの狭い道です。地獄への道は、
平坦で広い道です。天国へ行きたいと強く願い、そのために激
しく努力しないなら、天国へはいけません。この世にただ合わ
せて、流されて生きていくなら地獄へ行ってしまいます。

 たとえば、テレビゲームをしたとします。楽しかったでしょ
うが、それだけです。天国へいくためにはなりません。むしろ
地獄に近づきます。その時間を、楽しみたいという自分の欲望
にのみささげたからです。家族のだれかを喜ばせるために使う
か、友達のだれかを喜ばせるために使うかできる時間でした。
まわりの人を愛することを通して、神様を喜ばせることができ
るのです。そうしたなら天国への道を進めたでしょう。

 このようなことを教えてくれる人は、誰かまわりにいますか?
ほとんどの人はいないはずです。ですからマリア様が、とって
もとっても重要なのです。マリア様のメッセージを、心と耳を
ひらいて聞けば、天国へ行くためのなすべきことを、一から十
まで教えてくださいます。まず、マリア様を知り、愛し、仕え
れば、もうすでに神様を知り、愛し、仕えているのです。

 マリア様は母ですから、子供を導くように優しく教え、たや
すく実行させ、親しく愛させてくださいます。いつもマリア様
がいっしょにいてくださって、はじめて天国に行きたいと強く
願い、そのために激しく努力できるようにトレーニングできる
のです。自分の欲望を抑え、神様からいただいた時間と才能を、
善い目的のために使えるようにトレーニングできるのです。

 どうかマリア様にしっかりとすがりついて、快楽主義と手を
切って、自分の霊魂を鍛え、罪を避け、罪ほろぼしの、自発的
に犠牲を受ける「禁欲主義」を取り入れてください。


--------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
--------------------------------------------------------
  イエズス様からの警告 1981年から1987年
      シスター・グァダルーペに(抜粋)

 ヴァチカンには「聖」と「砦」となる教会を汚す軍勢が出現
するであろう。その者達によって聖なるミサの犠牲が取りやめ
になり、廃墟、つまり獣の像、またの名をサタンという忌まわ
しきものを打ち立てるであろう。これらのことが起こる時、全
世界の教会で、獣の像を礼拝しない教会は閉鎖される。反キリ
スト(サタン)は、聖なる同盟に圧力をかけるであろう。彼は、
全ての人々を自分に統合したいのだ。しかし、神を知る人々は、
確固たる信念の下に努力して事に従事し、彼らのうちの賢明な
者が人々を導くであろう。しばらくの間、火の剣と捕虜と略奪
が人々の上に降り注ぎ、その間、彼らにはほとんど助けがない。

(注)人間となったルシフェルである反キリスト、ロード・マ
イトレーヤは、すでに国連とNATOをかげであやつるように
なりました。もう間もなくカトリック教会を乗っ取り、世界統
一教会をつくり、全ての人に自分を「神・メシヤ」として礼拝
させます。世界経済を、今はかげであやつっていますが、まも
なく、今のシステムを破たんさせ、666の獣の印のマイクロ
チップを埋め込まなければ、売ることも買うこともできないシ
ステムの世界統一経済に持ってゆきます。その時、これを拒否
する人々を捕らえ、収容所に送り、処刑、拷問するのは国連軍
です。


--------------------------------------------------------
4.編集後記
--------------------------------------------------------
 最近のニュースでショッキングだったのは、若い父親が2歳
になる我が子が泣き止まないのに腹を立て、2階のベランダか
ら放り投げた、という事件です。このような幼児虐待、少年犯
罪、登校拒否……、すべてに共通しているのは親らしくない親、
特に「父親の不在」だと思います。今の若い両親達だけがおか
しいのではなく、すでにその親たち、つまりその病根は3世代
以上にわたっていると考えられます。

 これは日本だけの問題ではなく、ヨハネ・パウロ2世教皇様
は、社会のもっとも基本的な単位である「家庭」の再福音化を
重要なテーマとして、世界に呼びかけておられます。日本にお
いて、戦後の歴史を振り返る時、いまのお父さん方が、家庭を
犠牲にして働きつづけざるを得なかったことは、全くの不可抗
力で、罪ではなく、賞賛に値することです。しかし、今、その
代償として、何を手に入れたでしょうか? 世のお父さん方に
とって、大きなチャレンジですが、今、自分の家庭・親兄弟・
親族について考え直す機会を持つことは、非常に重要なことだ
と思います。

「天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだ
け多く人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人
知人に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして
配布しても結構です。本誌掲載記事を使用される場合、事後で
結構ですから、弊社まで御連絡下されば幸いです。


 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集していま
す。できるならば、カトリック信者で専門用語に強い方を希望
していますが、その限りではありません。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連
情報もございましたらお寄せ下さい。

次回は9月29日頃、発行を予定しています。

--------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
--------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
--------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]