「箱舟の聖母」バックナンバー
2000年9月1日号No.014

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

      「 箱 舟 の 聖 母 」

      2000年9月1日号 No.014

    毎週1回発行:年間購読料3,000円
       お申し込みは下記まで!
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
   E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
     ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
--------------------------------------------------------
   箱舟の聖母、
      我らが御母聖マリア、
        キリスト信者の扶け
--------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.ナウラで「ホワイト・ローズ」と子供たちに与えられた
   マリア様のメッセージ
   − 1999年10月13日 No.592 −
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

--------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
--------------------------------------------------------
◆ 艱難(かんなん)の時代の準秘蹟「フードリスト」(無料)
 を、望む方にお送りします。
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/foodlist.htm


★「フードリスト」とは?
 「フードリスト」は、準秘蹟です。食糧が入手できない艱難
の時、あなたの食糧のたくわえが尽きないように、神様が奇跡
を行ってくださるものです。


★お申し込みの条件
 下記の条件を満たすその本人が、自分で申し込まなくてはな
りません。
(1)三位一体の神に信仰をもっていること。洗礼を受けてい
  なくてもかまいません。
(2)リトル・ペブルのミッションを信じ、支持していること。
この2つが、奇跡を得る基本的条件です。


★注意事項
(1)「フードリスト」は祝別された準秘蹟なので、無料で配
  布しています。
(2)食糧のたくわえを持たなくてはなりません。たくわえた
  ものを増やしていただけるのです。
(3)艱難のとき、無理に与えることはありませんが、隣人の
  必要に応じて食糧をわけてあげること。神様は、あなたの
  愛徳の行いを祝福されます。
(4)他人のために申し込むことはできません。また、他人の
  名前で申し込むこともできません。 本人が望まないのに
  「フードリスト」を与えても、その場合はただの紙切れに
  すぎません。
(5)お送りする「フードリスト」は、イエズス様とマリア様
  が御出現のときに一枚一枚を直接祝別されています。これ
  をコピーしても、もとの一枚の他は、祝別されていないの
  で全く無効です。またお送りする「フードリスト」には、
  偽造防止のため、各プロモーターに割り当てられたナンバ
  ーが印刷されています。


★「フードリスト」お申し込み方法
 あなたの住所・氏名を記入し80円切手を貼った返信用封筒
(定形)を同封し、「フードリストを希望」と明記の上、下記
住所までお申し込みください。

  〒444−3521
  愛知県岡崎市市場町円光24
  藤川郵便局留
  「箱舟の聖母」社


--------------------------------------------------------
2.ナウラの聖堂、リトル・ペブルがいないため、聖母から
  ホワイト・ローズと子供たちに与えられたメッセージ
--------------------------------------------------------
No.592  1999年10月13日

ナウラの共同体からの4人の子供の幻視者は、はじめての公的
出現を受ける。


ホワイト・ローズ:
 司祭が主を聖櫃からお出しする時、ちょうど私たちが祈りや
聖体降福式を始める前に、聖櫃の上の十字架から白く輝く光が
見えました。それは祭壇の前方を照らし、その光線を通して一
つの美しい白い十字架が見えました。中央の周りには美しい白
いバラの飾りがあります。この飾りの中心を通って聖母が見え
ました。私たちに向かい、十字架の左に来られます。彼女はす
べて白のお召し物で、御頭に様々な色のバラがついています。
チュニクの周りに金の飾り帯があります。

 聖母は向きを変えられ、彼女の後ろに永遠の御父の玉座が見
えます。玉座の縁の周りは白い光で金色に包まれています。永
遠の御父はそこに座っておられ、右手に笏をお持ちです。左手
には地球をお持ちです。永遠の御父の右にイエズスが見えます。
左には鳩の御姿をした聖霊がおられます。聖霊の御体や翼から
美しい金白色の光が放たれています。この光は教会を取り巻い
ています。ドームのように教会や地面を覆っています。

 玉座の両側に一位づつ大きな天使が立っているのが見えます。
一位は全身、白く、翼の先端あたりが金色です。彼は頭に冠を
被っています。もう一方の天使もまた全身、白で、翼のあたり
に赤いバラがついています。頭にはバラでできた赤い冠を被っ
ています。永遠の御父はここにいるすぺての霊魂を深々とご覧
になります。彼は微笑まれ、聖母に頷かれます。聖母は御父の
御前でお辞儀をされます。聖母の頭上に私の印を見ます。聖母
は向きを変えて前進されます。


聖母:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。私はあなた
に挨拶します。ここにいる私の汚れなき御心の甘美なる子供た
ち、すべての霊魂の償いのために、一緒に祈りに来ている私の
甘美なる子供たちに感謝します。前もって出来事を教え、わか
らせるために私は来ています。

 私のいとしき息子「リトル・ペプル」について書かれている
第一巻の本は完璧だということをわかりなさい。その本には、
私の浄配である聖霊の上智があり、この本を通して多くの霊魂
に触れるでしょう。誰でもこの本を読む者は、真理に照らされ
多くの回心が起きるでしょう。しかし多くの霊魂は疑うでしょ
う。それにも関わらず、私達の意志は成就するでしょう。そし
て、御父は大変喜ぱれるでしょう。

 あなたたちが見てのごとく、ここオーストラリアの周囲には
たくさんの誘惑があります。隣国インドネシアでの争いは激し
くなり、あなたたちの国に飛ぴ火するでしょう。私たちは以前
から話していました。私の甘美なる子供たち、準備していなさ
い。「真理の武器」である聖なるロザリオを使うことを忘れな
いようにしなさい。いつでも互いに一致していなさい。暴動が
起きる時、これは敵を打ち負かす強さとなります。いつでも平
安に留まり、一緒に祈りなさい。私はあなたたちを祝福します。
聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。


ホワイト・ローズ:
 今聖母はあたりを見回しておられます。私の後ろや私の右側、
マリー・テレジア修道女や少年たち、マティジャです。聖母が
この人々を通して話されると思うので、私は黙っていましょう。


ヨゼフ・フィンレイ:
 白い十字架が見えます。白い十字架の後ろには聖母や聖ミカ
エルがおられます。白い十字架のそばに聖ベルナデッタがいま
す。天使たちは白い十字架を起こし、十字架から出てきます。
金色の光が見えます。聖主が出て来られます。聖主は聖母の脇
に立っておられます。聖母は私にロザリオの祈りを続けるよう
に話されます。彼女は青いロザリオをお持ちで、大珠は金です。
十字架像は銀です。今、聖母はヨゼフ・プラウンに話されるよ
うです。


ヨゼフ・ブラウン:
 4位の天使が見えます。彼らは白いバラを持っています。聖
ミカエルは前面にいます。白い十字架は、4位の天使の前面に
あります。聖母は聖櫃の上におられます。金色の冠を被ってお
られます。聖フィロメナが聖母の脇にいます。彼女は黄色とピ
ンクのバラを持っています。聖主は聖母の左側におられます。
聖ミカエルの前に5つの石が見えます。
 今、聖母はウイリアム・フィンレイに話されるようです。


ウィリアム・フィンレイ:
 白い十字架が見え、その後ろに聖ベネディクトがいます。彼
は剣を持っています。聖パードレ・ピオは十字架の前にいます。
聖母は右手側に、聖主は左手側におられます。


ニコレ・マチソン:
 聖ミカエルと聖母が見えます。彼らは、差し出された一輪の
バラを受け取ります。聖母は聖ミカエルに、エデンの園にその
バラを置くように言われます。聖主が来られてそのバラを祝福
され、聖母は喜ばれます。彼らは皆さんを祝福されます。


聖主と聖母:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。


ニコレ・マチソン:
 聖主と聖母は私に、人間が引き起こすすべての冒涜や傷つけ
による、傷や痛みに満ちた彼らの聖心を見せてくださいます。
聖母はまた私たちのために取り成してくださり、聖ミカエルは
最後の戦いのために、ある甲冑を皆さんに与えてくださいます。
イエズスとマリアは、神の冠からの宝石を皆さんの心に置かれ、
それで勇気の聖寵を受け取ります。


ヨゼフ・フィンレイ:
 聖母は私たち皆にとても満足そうです。彼女は私たちにロザ
リオを続けるように、煉獄の聖なる霊魂たちのために祈り続け
るようにと言われます。皆さんの祈りでたくさんの聖寵が彼ら
に与えられることで、彼女は、皆さんに感謝しておられます。
「古の蛇」からいくらか攻撃されても、首にロザリオをぶら下
げていれば、私たちを守るだろうと聖ミカエルは言いました。
今、白い十字架は近づいています。聖主と聖母は帰って行かれ
ます。聖ミカエル、聖ベルナデッタやすべての天使は残り、聖
ベルナデッタは私たちを祝福されます。


聖ベルナデッタ:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。


ヨゼフ・フィンレイ:
 聖母はリトル・ペブルのすべてのことを祝福しますと、私に
天から話されます。聖ミカエルや聖ベルナデッタやすべての天
使は今、天に戻ります。


ホワイト・ローズ:
 聖母は子供たちの進歩に大変喜んでおられ、「星」の形の一
つの美しい白い十字架を彼らの心の中に置かれたと私に話され
ます。これは将来における彼らを強めるためです。彼らは今、
祈りの内に強められ一致しています。これによって悪魔は彼ら
に触れることはできません。

 ここにある聖具は、励まし強めるために祝福されました。ま
た、バラもです。永遠の御父は一つの美しい冠をお持ちです。
それは「愛のリトル・ペブル」を受難と苦しみを通して強める
ためです。中央に一つの青い石がある美しい金の冠です。中央
の赤いルビーのてっぺんに金の十宇架があります。そのルビー
は聖主イエズスの御受難と御死去の象徴です。

 教皇ヨハネ・パウロ2世、すべての司教、枢機卿や司祭たち
が真理に従い、強められるように祈るよう聖母に言われました。
今は神の御旨に従い、永遠の御父にまことの「はい」を言う時
です。憐れみの時は終わりに近づいています。永遠の御父は、
これ以上容認されません。罪から顔を背けるための多量の時間
を御父は与えられています。聖母や彼の息子イエズスを通して
私たちに与えられている彼の御言葉に耳を傾けず、留意しない
なら、私たちのために御父は何ができるでしょうか。どうする
こともできません。御父は私たちに自由意志を与えられ、私達
はそれを賢明に使います。イエズスによって聖化された、永遠
の御父の教会のために大変苦しみ、この時間、彼が必要とする
祈りや取り次ぎのために、私たちは「愛のリトル・ペブル」の
ためにいつもそこにいます。

 私たちは平安の内に行かなければなりません。今日の私たち
のすべての祈りや取り次ぎは、イエズスとマリアの聖心の内に
すべて置かれています。それらは浄められ、すべての霊魂の救
いのために永遠の御父へ贈られました。とりわけ煉獄の霊魂の
ために、彼らが過ごす時間は短くなります。(祈りを通して解
放することができる時間)。この時間、永遠の御父にたくさん
の霊魂がもたらされています。煉獄の霊魂たちは、私たちが献
げる彼らの利益となるあらゆる祈り、あらゆる天使祝詞を待っ
ています。

 今私は、永遠の御父と白い十字架を通って天使たちによって
運ばれている彼の玉座を見ています。中央を抜けた所にバラの
冠があります。御父は聖母とイエズスに付き添われています。
すべての天使と聖人たちはここにいます。今、白い十字架は、
もっと先へ移勤し、見えなくなるほど小さくなります。

 すぺてを永遠の御父が受入れて下さるように、私たちは祈り
を続けます。


ブロウザード神父:
 全能の神が皆さんを祝福し給わんことを。聖父と聖子と聖霊
との御名によりて。アーメン。

-------(メッセージ終わり)-------

 償いの朝、礼拝の私の私的時間の間にイエズスは来られ、私
が手術室にいて欠席している間、子供たちは天からの指示を受
けるであろうが、お前はバイロケーションで聖堂へ連れて行か
れるであろうと言われます。

 それからイエズスは、世は罪の内に益々悪くなり、オースト
ラリアはインドネシアとの戦争にすぐになるであろうと言われ
ました。私たちは平和に留まるために祈ります。それから聖主
は私と世界を祝福されました。

リトル・ぺブル


--------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
--------------------------------------------------------
 世界のあちこちで起こっている戦争や大災害のテレビ報道を
見ているでしょう。生き残った人々は、愛する家族も、家も、
友も、学校も、職場も、服も、食べ物も、お金ももう持ってな
いという姿を。そんなことが近い将来、身にふりかかるのです
よ、とマリア様はメッセージで警告しています。

 愛して執着しているものを失うことは、大きな苦しみです。
今、心の中で愛して執着しているものは、戦争や大災害で失っ
てしまうものばかりではありませんか? そうでしょう?

 では、そのとき心に何が残りますか? 大きな苦しみだけで
しょう? 心が何よりも神様と善徳と天国を愛し執着している
人は、この世の富をすべて失っても、幸せでありつづけます。
どんなことが起こっても、それは決して奪われないからです。

 実は、この世の富への愛と執着は罪なのです。神様と善徳と
天国を愛し執着することをできなくするものなのです。唯物論
と物質主義に凝り固まった現代社会に生きる人々の心の中に、
神様と善徳と天国に対する望みはもう存在しません。いつか滅
びるものを愛して同一化しているので、その永遠の運命も滅び
です。この罪に陥っている人々を、永遠の滅びである地獄行き
から救うにはどうしたらいいのでしょう。どうすれば、その罪
の状態に気づかせることができるのでしょう。

 方法は、愛し執着しているものを取り上げることです。けれ
どもマリア様は限りなく優しくて、そんな懲らしめを受ける前
に、子供たちに気づかせたいのです。子らの、この世での悲し
みも、マリア様の母の心には苦しみなのです。今の世代の人々
にとって、過ぎ去るこの世のものに対する淫らな愛と執着の罪
に気づき、悔い改めるには、マリア様のメッセージが頼みの綱
なのです。

 たとえば、あなたが24時間、心の全部をこの世のものに捧
げているとすれば、マリア様のためにたった15分でも捧げる
のです。マリア様のメッセージを読み、自分の罪を深く内省し
てみるのです。それをマリア様とのお話にかえるのです。これ
が祈りであり、罪との戦いなのです。

 マリア様を愛し、信頼し、望みをかけてください。何も話せ
ない赤ちゃんが、微笑んだり、泣いたりするだけからはじめる
ように、愛と後悔の感情だけでもいいのです。マリア様は、大
喜びで抱きしめてくださいます。マリア様自身がインスピレー
ションを与え、片言を話せるようにしてくださいます。マリア
様に話しかけることが、喜びになるようにしてくださいます。
こうして精神的な喜びを味わい、それに価値を見出せるように
導いてくださいます。


--------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
--------------------------------------------------------
  イエズス様からの警告 1987年6月26日

 私の家における大分裂は、もうそこに来ている。私の代理者
ヨハネ・パウロ2世教皇に忠実でありなさい。この愛する息子
の殉教後、ペトロの聖座に就く者には警戒せよ。その者は私か
ら来た者ではないからだ。しかし恐れることはない。なぜなら
この大混乱の時代の最中、私は既にペトロの聖座に就く者を選
んでいるからだ。彼こそは天の愛するリトル・ペブルである。
ペトロ2世となる彼は、最後の教皇となるべき者なのである。

(注)ヴァチカンの高位聖職者の多くは、秘密のうちにフリー
メーソンに入会した、悪魔を礼拝する者達です。彼らは既に、
ヨハネ・パウロ2世の暗殺を数度試みて失敗しています。しか
し、やがてヨハネ・パウロ2世を排除することに成功し(この
時点でまだヨハネ・パウロ2世は生きています)、ヴァチカン
を完全に支配し、全カトリック教会を乗っ取ります。その時、
ヴァチカンは黙示録の「大淫婦」となり、「小羊のような獣」
である反キリストの反教皇が君臨し、反キリストのロード・マ
イトレーヤをメシヤ・神として礼拝させ、666の獣の印のマ
イクロチップをすべての人に埋め込ませようとします。リトル・
ペブルは、真の教皇ペトロ2世ロマーヌスとして、地下教会を
率い、反キリストと戦います。


--------------------------------------------------------
5.編集後記
--------------------------------------------------------
 今年3月31日にホームページを立ち上げてから、わずか5
ヶ月で、アクセス数が5700を超えました。キリスト教のサ
イトとしては優秀な成績と言えるでしょう。しかし日本のイン
ターネットユーザーが約2000万人いることを考えれば、ま
だまだ私達はヒヨコに過ぎません。傲慢(?)にもスタッフは
1000万アクセスを神様に願っています……(^_^;)

「天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだ
け多く人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人
知人に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして
配布しても結構です。本誌掲載記事を使用される場合、事後で
結構ですから、弊社まで御連絡下されば幸いです。


 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集していま
す。できるならば、カトリック信者で専門用語に強い方を希望
していますが、その限りではありません。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連
情報もございましたらお寄せ下さい。

次回は9月8日頃、発行を予定しています。

--------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
--------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
--------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]