「箱舟の聖母」バックナンバー
2000年8月18日号No.012

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

      「 箱 舟 の 聖 母 」

      2000年8月18日号 No.012

    毎週1回発行:年間購読料3,000円
       お申し込みは下記まで!
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
   E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
     ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
--------------------------------------------------------
   箱舟の聖母、
      我らが御母聖マリア、
        キリスト信者の扶け
--------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたマリア様のメッセージ
   − 1999年11月13日 No.593 −
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

--------------------------------------------------------
1.リトル・ペブルに与えられたマリア様のメッセージ
--------------------------------------------------------
No.593  1999年11月13日

聖主:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。お前に挨拶
する。私の親愛なる息子、使徒たちのプリンス、「小さきぺト
ロ」よ。私の司祭なる息子と私の恵まれた子供たち、そして世
界中からここに、私の前に集まった私の子供たち全てに挨拶す
る。

 世界と聖にして母なる公教会にとって、この終わりの時代の
中の今日、私は来ている。この終わりの時代は、宇宙と私の子
供たちの心が大きく変わる時である。時、お前たちの時は速や
かに移り行き、砂時計の中の砂は空になる。お前たちの運命は
永久不変である。黙示録として知られる啓示の本の頁は速やか
にめくられ、私が天へ昇ったように、お前たちの神であり救い
主として地上へ戻ってくる時である。憐れみの時はすぐに私の
正義に取って代わる。私の御父、天におられるお前たちの御父
は、人類に対して大変辛抱しておられる。けれども、御父への
侮辱は減らずに続いていて、御父を気にかけていない。しかし、
これはすぐに変わる。神の崇高さや、私の御父の愛と善良さを
理解するために、人間の良心を正し、照らすからである。

 お前たちが見ているように、世のごくわずかな者の心に真理
の光がまたたいているだけで、奈落の底へ更に更に進んでいる。
ごくわずかの者と共に、私は全キリスト教国を回復する。私は
彼らと共に、私の地上の家を再建する。残存教会の子供たちは、
十字架を辛抱して担わなければならない。今は勤勉に頑張る時
である。私の子供たち、自分の生き方が真理の小道に留まって
いるかをしばしば見直しなさい。もし私の十字架を担わないな
ら、それは難しい。私の十字架を印された者は、全て御父の子
である。

 他の場所の緑の牧場を捜してはならない。私は真理である。
私は光であり、お前たちの心の命である。私は道であり、私の
御父と楽園へお前たちを導く。私はお前たちの心を平穏と平和
に至らせる。重荷を負っている全ての者は私のもとに来なさい。
私は私の霊で休ませてあげよう。

 この「涙の谷」にいるお前たち、私、神の息子はお前たちの
前にあるこの道を歩いた。そして、私と共に私の天の御母も、
お前と共に歩くことを覚えておきなさい。自分の十字架を取り、
私に従いなさい。お前たちの報いは大きい。そして、心は喜び
に満たされ、二度と奪われないだろう。

 私の甘美なる子供たち、祈りなさい。祈り、祈り、祈りなさ
い。祈りはお前たちの霊魂の糧であり、祈りを通して、神が今
お前たちにしていることを全て理解するだろう。そして、お前
と共に、来たる地上と天国における生活のために、お前たちの
霊魂を準備している。お前たちの霊魂をひどく悩ますたくさん
の誘惑に対し、勇気を出し恐れないようにしなさい。私の御母
と私はいつでもお前のそばにいて、お前たちの言葉を待ってい
る。

 教会、私の地上の家は大いなる闇に入っている。心が石にな
っている人の心に入り込むことは、私の霊でさえ難しい。昔の
ファリサイ人のようである。私の家の多くの者はファリサイ人
と似てきた。私の甘美なる子供たち、それゆえ、これを理解し、
私と共に忍耐して十字架を担う者たちは、私から遠く離れ、そ
れでもまだ我が御名を呼び続けている実際は死んだ霊となった
者たちを哀れみなさい。私の霊が彼らの曇った心を刺し貫くよ
うに祈りなさい。私は慈悲と憐れみの神であり、人類のこの最
後の時でさえ、放蕩息子が戻るのを待っている。

 大いなる浄めは既に始まっている。しかし完全な浄めはまだ
来ていない。しかし、すぐにお前たち、あらゆる男、女、子供
の間でその影響を感じるだろう。使徒と弟子たちへの私の言葉
を思い出しなさい。「私がお前を愛したように、お前は真に他
人を愛さなければならない。」 兄弟姉妹を赦すことによって、
愛は全ての心を獲得する。

 どんなに私はお前たちに全てを見せたいと願っていることか。
どんなに私は、私の御父の御国をお前たちに見せたいと願って
いることか。私の言葉に忠実に留まっている子供たちに、この
ことはすぐに来る。仕事、祈りに励んでいなさい。忠実になり
なさい。犠牲のことを考えてはならない。霊魂の価値は極めて
貴重である。それゆえ、全てを与えなさい。私の聖なる霊魂、
私の親愛なる娘、カルカッタのマザー・テレサはお前たちの槙
範である。私の代理者ヨハネ・パウロ2世は聖職者、修道者、
全ての霊魂の模範である。自分が持っているもの全てを与える
ということは、時間や損失を考えず、犠牲を考えないというこ
とである。

 聖シャーベル修道会の私の子供たちヘ、この聖なる霊魂たち
の模範を勧める。私の御父への献身によって、与えられている
生活の指針がもっと多くなるだろう。祈りなさい、私の子供た
ち、教会のため、各メンバーのため、教会位階のために。彼ら
は私の光を受けるだろう。すぐに私は代理者を取り去る。そし
て、全ては闇になるだろう。

 お前たちが見ているロシアと隣国での戦争は、西側世界に来
ることの序章である。ロシアはこの国、チェチェンを利用して
いる。これは西側世界を攻撃する準備の見せしめである。全て
は潔白ではない。全ては真実のごまかしである。その大きな戦
争は終わるが、戦争の全ては間近に迫っている。私の来臨が近
いことを全ての者が信じられるように、パレスチナで血が流れ
るだろう。多くの懲罰が世界の全ての者に降り続けている。そ
れゆえ祈りなさい。そのとき私の子供たちは自分たちの神を知
るだろう。

 私の子供たち、終わりにあたって、浄めの場所でお前たちの
祈りを待っている、お前たちの愛する者のことを忘れてはなら
ない。彼らはお前たちを忘れてはいない。私の甘美なる子供た
ち、お前たちを愛している。お前たちにたくさんの花を送ろう。
それは私の至聖なる御母の御心から来ている。お前たちの霊魂
を聖化し、心を浄め、試練と苦難のこの時代を辛抱できるよう
にという天の賜である。まもなく、苦難の三番目がお前たちに
降るだろう。そのときお前たちは、その封印が解かれたことを
わかるだろう。お前たちを祝福する。私の至聖なる聖心からお
前たちを強め、慰めるために。聖父と聖子と聖霊との御名によ
りて。アーメン。

 そして、お前、私の親愛なる息子、私の聖心の「小さき白い
岩」よ、私の勧めで前進し続けなさい。そして、真理を教えな
さい。私がお前に約束したことは与えられ、肋けとなる。辛抱
していなさい。私の御母と私はいつでもお前と共にいる。実際、
ペトロの座はお前のものにすぐになる。聖父と聖子と聖霊との
御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 イエズスはいろいろな霊魂をご覧になっています。聖主が誰
かに何か話されるようなので、私は今、黙っていましょう。

(誰にも公的には話されない)

 聖母は聖主の右に来られます。美しいお召し物、ロイヤル・
ブルーのマンティラです。それは本当にとても長く、彼女の素
晴らしい白いお召し物を包んでいます。聖母は豪華なロザリオ
とバラをお持ちです。ロザリオは金と銀で作られていて、両手
でお持ちです。それは大変美しいです。カルカッタのマザー・
テレサが聖主の右にいます。「へッジ・ローズ」もいます。私
は何年もの間、見ていませんでした。彼女は煉獄から来ている
ようです。

 聖母は聖主を見つめられ、御胸に接吻されます。イエズスは
向きを変えて聖母の額に接吻されます。聖母は前方に滑って来
られ、特別なバラを聖主のお付きの天使たちの一位に与えられ
ます。聖母は十字の印をなさいます。

聖母:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。あなたに挨
拶します。私の親愛なる息子、私の大切な上智の「白い岩」よ。
そして、私の司祭なる息子と私の甘美なる子供たち全てに。私
は私の神なる御子の御言葉に付け加えません。彼の御言葉は人
類にとって十分です。けれども、私はあなたたちの天の母とし
て、頑張るように励まします。特に今は人生で最も困難な時で
す。神の御旨を理解することは、私たちの子供たちの多くには
神秘で不可解となっています。今は信仰の時です。私の神なる
御子の約束を信じる時です。信じなさい。私の神なる御子に信
頼しなさい。信仰をもって信頼しなさい。落胆しないようにし
なさい。あなたたちの神の約束に希望を置き、信仰を生きなさ
い。

 私の神なる御子イエズスと共に、私の御心からの接吻を送り
ます。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 イエズスは今、頷かれ、二人の司祭たちに、人々に祝福を送
るように頼まれます。

二人の司祭:
 全能の神が皆さんを祝福し給わんことを。聖父と聖子と聖霊
との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 イエズス、マリアと天使たちは今、十字架に滑るように速や
かに戻られます。祭壇には花々が残っています。私は後でその
意味を知るでしょう。
(私たちはロザリオの最後の一連を続けます)


--------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
--------------------------------------------------------
 心が満たされていると感じていますか。この世的なものを追
い求める現代人は、決して心が満たされることはありません。
たとえば車であれ、ドレスであれ、何であれ、それを愛したと
しても、愛し返してはくれません。恋人であれ、親であれ、子
であれ、望むほどには愛してくれません。人間の愛はもろいも
のです。まったく愛してくれないものと、不十分にしか愛して
くれないものを愛しても、心は満たされません。

 マリア様、イエズス様が愛のうちに心に住んでくださる時だ
け、心は満たされます。私達が限られた愛で愛するのに、無限
の愛で愛し返して下さるからです。

 どうか、今のままの生き方では、たとえ全世界を手に入れて
も、心は満たされないことをわかってください。この世でも満
たされず、死後も地獄で苦しむことを望みますか。マリア様の
メッセージに心を開き、従うなら、苦しみの道を自発的にたど
るのです。自分の罪を認めなければなりません。自分の罪と戦
わなければなりません。罪ほろぼしをしなければなりません。

 しかし、心と霊魂は満たされます。愛される喜びに満たされ
ます。神様に従っている安心感に満たされます。そして死後、
永遠に完全な幸せを手に入れます。永遠に比べれば、一瞬にす
ぎない苦しみをいやがって、この道を歩かないのですか。

 たとえ全世界を手に入れても、地獄に行くなら何になります
か。今死にゆく人の90%は地獄に行っています。その人達の
人生も、やはり苦しみに満ちていたのですよ。マリア様のため
に苦しむか、自分の利己心のために苦しむかを、どうぞ選んで
ください。でも、どれほどマリア様が傷つき、悲しみ、苦しみ、
嘆くかを考えてからにしてください。

 マリア様は完全で、無限の母性愛をもって、最悪の罪人まで
も愛しています。御心は愛で激しく鼓動し、愛の炎が燃えさか
っています。霊的子供たちの恩知らずに傷つけられ出血してい
ます。この御心の中に、ご自分にすがる子をいれてかくまい、
天国に至るまで守り抜くことをどんなに熱望していることか。
ほとんどの人にとって、永遠の運命について心配してくれる唯
一の人なのです。

 物質主義の罪の本質は、こんな良い母であるマリア様に「マ
リア様は好きじゃない。マリア様に頼らない。マリア様なんか
知らない」と言って、その御心をズタズタに引き裂くという行
為なのです。

 この世のものへの欲望という、この致命的な罪を捨てるには
どうしたらよいでしょうか。まずマリア様の愛を受け入れ、か
みしめ、味わうことによって可能になります。マリア様の愛の
母乳は、この世で比べるもののないおいしい食事なのです。そ
れで、今まで味わっていたものが、味気なく感じるようになり
ます。こうして執着が弱められ、その欲望から離れやすくなり
ます。

 マリア様の愛の交流を、次に始めるのです。会話がなければ、
愛はさめたままです。会話が多ければ、愛は盛んになっていき
ます。子供のように、母に何でも話すのです。こうして、ます
ますマリア様の愛を感じ、味わいます。

 これは祈りであって、マリア様の胸から、そのたびに母乳を
飲むのです。その胸で、マリア様の愛の鼓動を聞くように祈り、
その胸で、マリア様の御心の燃え盛る母性愛の火の熱に暖めら
れるように祈り、まったく身をゆだねて安らぐように祈るので
す。その胸をすかして、マリア様の御心に与えてしまった傷を
見て、痛悔の情を起こすのです。

 どうですか? マリア様がいれば簡単です。


--------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
--------------------------------------------------------
  マリア様からの警告 1987年4月5日
      リトル・ペブルに(抜粋)

 では、かわいい子よ、今夜はあなたを御子イエズスの証人と
して、世界中の多くのところへ連れて行きます。なぜならあな
たは間も無く世に出て、大勢の者を破滅させ地獄の炎の呪いの
中に投げ込む反キリストの困難な時代に、人々を導くため、も
うすぐ地上におけるイエズスの公教会の牧者となるからです。
息子よ、あなたは復活された主、王の中の王、人類にすべてを
与え尽くし給うた神である、十字架につけられたイエズス・キ
リストを信じるすべての人々と一致して、反キリストと戦うの
です。

(注)反キリストのロード・マイトレーヤの支配する困難な時
代、キリスト教徒も人類全体も、ロード・マイトレーヤに従う
者と、従わずに戦う者に分かれます。少数派で苛酷に弾圧され
る、イエズス・キリストを信じる人々を助けて戦うために、リ
トル・ペブルら聖母の使徒たちには、バイロケーション(両所
同時存在)の賜物が与えられます。


--------------------------------------------------------
4.編集後記
--------------------------------------------------------
 イエズス様の再臨後の「平和の統治」について、Dr.メア
リー・J・イーヴンに与えられたメッセージをホームページに
掲載しました。「大警告」「大奇跡」「大天罰」と続く一連の
終末の出来事は、ともすると私達を絶望のどん底に叩き落して
しまうかもしれません。しかし私達を絶望させることが御父の
御旨ではなく、私達が悔い改めて永遠の限りない幸せに到達す
ることが御旨なのです。どうぞ「平和の統治」についてのメッ
セージをお読みください。いかに神様が私達を愛してくださっ
ていることか! 天からのメッセージが、いかに希望に満ちた
ものかおわかりいただけると思います。

「平和の統治」は、天国ではありませんが、再臨されたイエズ
ス様と、マリア様、諸聖人たち、天使たちとともに暮らす「パ
ラダイス」のことです。「平和の統治」については、まだ全て
が明らかにされたわけではありませんが、今の時代に生きる人
々に与えられた大いなる恵みです。メッセージでは1,500年
続くと言われていますが、この後、最後の審判(公審判)と続
きます。

 どうぞ皆さん、平和であってください。一日一日を大切に生
きてください。それがあたかも人生の最後の日であるかのよう
に。皆様にイエズス様とマリア様の祝福が豊かにありますよう
に! 

「天からのメッセージ」に版権はありません。天は、できるだ
け多く人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人
知人に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして
配布しても結構です。本誌掲載記事を使用される場合、事後で
結構ですから、弊社まで御連絡下されば幸いです。


 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集していま
す。できるならば、カトリック信者で専門用語に強い方を希望
していますが、その限りではありません。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連
情報もございましたらお寄せ下さい。

次回は8月25日頃、発行を予定しています。

--------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
--------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
--------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]