「箱舟の聖母」バックナンバー
2000年7月28日号No.009

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

      「 箱 舟 の 聖 母 」

      2000年7月28日号 No.009

    毎週1回発行:年間購読料3,000円
       お申し込みは下記まで!
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
   E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
--------------------------------------------------------
   箱舟の聖母、
      我らが御母聖マリア、
        キリスト信者の扶け
--------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

--------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
--------------------------------------------------------
◆2000年7月22日、76Pコホーテク彗星について公式声明

 リトル・ペブルは一般大衆、報道機関に向けて、さらに詳細
な公式声明を発表しました。
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_000307.htm

(以下全文)
緊急事態の計画 ― ちりの雲 ―
76Pコホーテク彗星のフォボスと火星への衝突の結果
(注:オーストラリア・ナウラ 7月22日発表)
(注:ただし、リリースは、「印」が現れる時点に限ります)

 すべての善意の子らへ。

 時の始まり以来、誰も経験したことのない出来事を、まもな
く私達は経験することになります。神の聖なる御言葉である聖
書、そしてあらゆる世紀の幾千人もの聖人と、現代のカトリッ
クの世界からだけではなく、他のキリスト教と、キリスト教以
外からの預言者を通して、神はこのことを明らかになさってき
ました。

 まもなく世界の人々を苦しめる出来事は、「アルマゲドン」
「ディープインパクト」および「Meteorites」という、近年の
映画において描かれたものに比較可能な出来事です。この直撃
は、「ワームウッド(にがよもぎ)」として知られている彗星
の、予期されている直撃ではありません。このことは数年先に
起こります。しかしこの地球への直撃は、今年の9月から12
月の間でしょう。この直撃は3つの段階で来ます。つまり、も
し、このコホーテクと火星の接近通過が私達の信じるとおりで
あればこうなり、しかも遠い未来の問題ではないということで
す。

 3つの段階は明瞭です。

1.8月下旬―9月初旬から9月中旬:泡のようなエネルギー
のエアポケットが、それは火星とその衛星フォボスへの直撃に
起因する「ちりの雲」によって引き起こされたのですが、大気
圏外から地球に向かってきます。これは地球の大気中に巨大な
ハリケーン、サイクロン、竜巻と雷雨を生み出す、全世界規模
の電気的な放電する嵐を生み出します。

2.そして、ことによると9月半ばから10月の末頃に「ちり
の雲」は小さな小石のような隕石を含んでいて、それが地球を
爆撃し、多くの火災を生じさせます。

3.そして最後に、3つのかなり大きい石が(おそらくは0.5
キロメートルか、それより小さい)、この惑星を打ちます。ひ
とつは合衆国の陸上に、もうひとつはフランスの陸上に、そし
てもうひとつがクリスマス島に近い太平洋上にです。陸上の直
撃は、太平洋上の直撃よりも深刻ではありません。

 しかしながら、以下は現在考慮されるべき緊急事態計画です。
特にオーストラリアの東海岸線、アメリカ大陸の西海岸、中国・
アジア・日本・ニュージーランドの海岸線、そして、すべての
島に住んでいる人々のためです。

 いったん皆さんが、前もっての警告のニュースを聞いたなら、
パニックにおちいらないで下さい。私は今、皆さんに個人的に
勧めます。水、缶詰の食料、乾燥食品、暖かい衣類、暖を取る
ための手段をストックしてください。しかしながら、どの沿岸
地域に住む人も休暇を取って、海から離れた内陸に行ってくだ
さい。津波が約200フィートか60メートルの高さなので、
小さな島に住む人は、できれば大きな島に移動するか、とても
高い場所に移動してください。陸にいる人々は、非常事態のた
めの全ての手続きに単純に従うべきです。

 どうぞ注意してください。政府は緊急事態手続きか、ことに
よると戒厳令をしきます。非常事態の場合に忘れないで下さい。

 ・どの店も取引しません。
 ・お金は凍結されます。
 ・プラスチック製のカードは使えません。
 ・衛星を機能不能にする「ちりの嵐」のために、遠隔通信の
  手段はほとんど存在しません。
 ・皆さんの自治体の非常事態の手続きをチェックして下さい。
 ・サバイバル情報を、本屋さん等で調べてください。非常用
  携帯品一式を得ておいてください。

 これらの直撃の影響は、火山の噴火と大地震も引き起こしま
す。巨大な断層の線近くに住んでいる人々は、そこから転居す
べきです。いったんこのすべてが終わったら、多くの死者がい
るでしょうから、衛生に大変留意してよく実践してください。
そうすれば水不足や、他の要因で、あなたが病気になることは
ないでしょう。すべての家庭が包括的な医薬のキットと、役に
立つ応急手当のキットを常備し、応急手当の技術を磨いておく
べきです。銀コロイドが自然の抗生物質なので、それをストッ
クする必要があります。

 信仰を持っている人は、恐れる必要はありません。なぜなら
神様は、すべてを見守っていらっしゃるのですから。

 これらの出来事がいったん過ぎれば、約3〜4ヶ月で生活は
正常に戻るでしょう。しかし、もしあなたがキリスト教徒であ
れば、覚えておいてください。これは、ダニエル書に書かれて
いる苦難の、ほんの始まりに過ぎないということを。これに続
いて起こる出来事は、これもまた聖書に書かれていますが、そ
の後、第7の封印が解かれるのです。

 どうぞこの出来事に先駆けて、すべての民族、政府、統治体、
教会の指導者、メディアに、この情報を転送してください。し
かし火星が見えるようになる時までは(そのことは8月下旬〜
9月上旬に起こります)、この情報を転送してはいけません。

 すべてが知られた後、私は皆さんに、2000年10月から
2004年12月までに起こる、次の出来事をお知らせします。

 起きる全ての出来事にもかかわらず、神様はいつもそれを支
配しておられ、私達の救い主だということを、いつも覚えてお
いてください。

 皆様全ての上に、神様の祝福をお祈ります。

2000年7月22日
リトル・ペブル

 -------------------------------------------
 リトル・ペブルからの追加の情報
 -------------------------------------------
 私は、2000年7月22日の私のプレスリリース(上記)
に付け加えたいと思います。

 以前の私のすべてのプレスリリースにおいて、次のことをは
っきり述べてきました。つまりコホーテク彗星の火星への接近
通過が、衛星フォボスと火星に、バウンドする様式での直撃の
シナリオだった可能性があります、と。 また、フォボスが、
その軌道からはじき出されて、地球に向かう可能性もあります、
と。 私は、フォボスが太陽に引かれる新しい軌道に入ってい
ると考えます。しかし、後日、地球への衝突進路に入るでしょ
う。その進路に入るのは、おそらくは2000年のクリスマス
か、近い将来のいつかです。

 私がこれを言う理由は、私の以前のプレスリリースのこの問
題を混同しないためです。フォボスが地球に向かってくるより
先に、コホーテク彗星が崩壊してしまったことによる、その埃
と小片がまず第一に地球に向かっていると信じています。

 フォボス現象は、「大警告」を引き起こすでしょう。「大警
告」は、私が言及した他の出来事に、さらに続いて起こるので
す。フォボスは、地球の大気圏をバウンドしていくだけなので
すが、それは巨大な爆発を引き起こします。このようにして、
地球を、太陽をめぐる新しい軌道に約6ヶ月間投入して、そし
て、地球の地軸の傾きに大変化を生じさせるのです。

2000年7月24日
リトル・ペブル

参照:メッセージNo.601
http://www.shoal.net.au/~mwoa/the_messages/m601.html
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/lpm601.htm

先のプレスリリース「教会の牧者たちへ ― 76Pコホーテク
彗星」:2000年7月15日
http://www.shoal.net.au/~mwoa/press_releases/
press_release_15_july_2000.html
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_000307.htm


--------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
--------------------------------------------------------
 人の霊魂は、愛そのものである神によって、一人一人創られ
ます。それで霊魂は、愛するように創られています。何かを愛
さずにはいられないのです。それで、神様とまわりの人と善徳
を愛さない人は、自分自身と、この世の快楽と名誉、悪徳を愛
します。90%の人が、最後の最後まで、神様とまわりの人と
善徳を愛さず、自分自身と、この世の快楽と名誉、悪徳を愛し
て地獄に行っているのです。

 いったいどうしたら、この地獄に導く悪い愛を捨てることが
できるのでしょう。まず神様の愛の深さと、自分のみじめさを
理解しなければなりません。そのためにこそ、マリア様は世界
中を巡りに巡って、多くの幻視者、幻聴者を通して、愛のメッ
セージ、改心を呼びかけるメッセージを与えているのです。マ
リア様からの働きかけに、耳と心を開くことではじまります。
「マリア様、神様の愛と、自分自身の悪さ、みじめさをわから
せて下さい」と話して下さい。マリア様は大喜びで助けてくだ
さいます。

 人には愛する力が与えられているように、憎む力も与えられ
ています。それまでは神様を逆恨みしたり、人を憎んだり、善
徳への努力を嫌悪したりして、与えられた憎む力を使っている
のですが、この大きな力を自分自身の罪深い本質への嫌悪、こ
の世の快楽と名誉のむなしくはかないことへの嫌悪、悪徳への
嫌悪として使うのです。こうして、今まで好み、愛していたも
のを、嫌い、憎むのです。

 自分自身の罪深い本質に気づいて下さい。天国に導こうとし
て、神様がやってほしいと望んでいることと反対のことばかり
望んでいるのではありませんか。たとえば神様は、目も、心も、
思いも、体も清くあってほしいと望んでいますが、その反対に
人はポルノを見たり、SEXを空想したり、婚前交渉、フリー
セックス等々を望んでいます。たとえば神様は、困っている人、
苦しむ人を助け、かばうように望んでいますが、その反対に人
は、面倒なことにまきこまれないように、知らぬふりをするこ
とを望んでいます。

 こうした我意を憎み、捨て去ろうと戦わなければなりません。
自分自身の我意に対しては、憎しみをふるいおこし、神様のお
望みに対しては、愛をふるいおこして受け入れる。このように
霊魂に与えられた愛と憎しみの力を、両方とも使って戦うので
す。

 また、悪魔そのものをも、激しく憎まなければなりません。
悪魔は、人を地獄に連れていくことしか望んでいないのですか
ら。悪魔は、自分の思い通りにふるまう人には、この世の快楽
も、富も、名誉も与えます。それが、その人の良心をますます
鈍らせ、思い上がらせ、神様のことを忘れはてさせるからです。
それでもこの世の快楽と名誉を求めますか。それは、味わえば、
ますます欲望を刺激する麻薬と同じです。天国に向かって上昇
できなくする、足かけにつなぐおもりです。そんなものは憎む
べきものです。

 そして悪徳は、霊魂をみにくくし、けがし、弱らせ、ついに
は殺します。ごうまん、プライド、うそ、ねたみ、憎み、どん
なに日常的に習慣化していることでしょう。これらは自分も損
ないますが、まわりの人も損なうのです。そうして、まわりの
人をも地獄へ道連れにした責任を背負い込ませるものなのです。

 自分自身を不幸に、しかも永遠に不幸にするこれらの悪徳を、
憎まずにはおれないはずです。逆に、この戦いを助けてくださ
るマリア様、イエズス様、天使たちを強く愛してください。


--------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
--------------------------------------------------------
  マリア様からの警告 1986年12月6日
      リトル・ペブルに(抜粋)

 私の子供、聖なる代理者(ヨハネ・パウロ2世)は殉教する
でしょう。それからあらゆるキリスト教徒に対して……大迫害
がやってくるでしょう。というのもこの迫害は、全世界の人々
をとりこにする準備をしている反キリストから生じるからです。
そして天にいる私達は、悪魔によって印をされている滅びた羊
を集めるために、悪魔に時を与えるのです。ですから用心して
いなさい、世界中の愛する子供たちよ! 最も恐ろしい時代の
極みがきたのです。

(注)あらゆるキリスト教徒に対する大迫害では、プロテスタ
ント信者、カトリック信者の殉教の時です。天は、空中携挙は、
この艱難の時期の最後、つまりイエズス・キリストが雲に乗り、
栄光のうちに再臨する三日前に起こると告げています。艱難の
時期の前に空中携挙が行われると考えている人は間違っていま
す。反キリストのロード・マイトレーヤを神・キリストとして
礼拝することを強制される時、そして666の獣の印のマイク
ロチップを埋め込むことを強制される時に、皆さんはまだ地上
にいます!


--------------------------------------------------------
4.編集後記
--------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。できるだけ多く
の方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして
配布しても結構です。本誌掲載記事を使用される場合、事後で
結構ですから、弊社まで御連絡下されば幸いです。


 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集していま
す。できるならば、カトリック信者で専門用語に強い方を希望
していますが、その限りではありません。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連
情報もございましたらお寄せ下さい。

次回は8月4日頃、発行を予定しています。

--------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
--------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
--------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]