「箱舟の聖母」バックナンバー
2000年7月14日号No.007

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


「箱舟の聖母」7月14日号No.007
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

      「 箱 舟 の 聖 母 」

      2000年7月14日号 No.007

    毎週1回発行:年間購読料3,000円
       お申し込みは下記まで!
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
   E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
--------------------------------------------------------
   箱舟の聖母、
      我らが御母聖マリア、
        キリスト信者の扶け
--------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたマリア様のメッセージ
   − 1984年2月2日 No.002 −
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

--------------------------------------------------------
1.リトル・ペブルに与えられたマリア様のメッセージ
--------------------------------------------------------
   1984年2月2日 No.002
      「主の奉献」の祝日

聖母:
 我が愛するオーストラリアと世のすべての子らよ。わたしは、
リトル・ペブルと天で呼んでいる、けんそんな幻視者をとおし
て、あなた方に話しています。私は、彼とこの国に特別な名で
ある、「はこ舟の聖母、我らの御母聖マリア、キリスト信者の
扶け」という名で来ました。子らよ、私がこの愛する息子へ現
われたのは、天がこの国と世界中の子らに対し、祈り、かつ償
いをしなければならない、ということを告げるためです。なぜ
なら、祈りが世を破滅から救うために、緊急に必要だからです。
あなた方の天の母は、あなた方皆を、本当に愛しています。

 この美しいオーストラリアの我が愛する子らよ、私はあなた
方のところヘロザリオと、茶色のスカプラリオを持って来まし
た。愛する子らよ、どうか祈り、償いをし、ロザリオを唱えて
下さい。ロザリオの祈りは、私が世界中の多くの出現地で、同
じように頼んだ祈りです。

 この大きな国の我が愛する子らよ、あなた方は我が汚れなき
み心の勝利を予告するために、永遠の御父によって選ばれまし
た。この国において、神の母であるマリア、すなわち神の御子
イエズス・キリストの母てあるわたしは、ルシフェルに対する
勝利を得ようとしているのです。我がリトル・ペブルを通して、
世界中のすべての出現を一つにするのです。いろいろな国で、
子どもたちが次から次ヘと、出現について論争したり、一致し
ないことで私を悲しませているからです。神の母はただ一人、
至聖なる童貞マリアであり、今、リトル・ペブルをとおして語
っている同じ母で、又、世界中のすべての出現地で語ってきた
母なのです。一つの出現が、他よりもすぐれていることはあり
ません。すべては同じ神からのものであり、同じ母からのもの
だからです。

 このすばらしい国、オーストラリアの愛する子どもたちよ、
わたしはあなた方を本当に愛しております。今、私は、聖父と
聖子と聖霊の御名によって、あなた方を祝福します。アーメン。

 愛する子らよ、私の切なる願いを聞き入れなさい。なぜなら
オーストラリアは若い国ですが、折りと犠牲の使徒的活動にお
いて、他の国々をリードし得るからです。愛する子らよ、私を
助けてくれませんか? 我が息子イエズスは、世界中の御聖櫃
の中で、日々苦しんでおられます。どうか息子をなぐさめて下
さい。イエズスのところへ行きなさい。訪問しなさい。イエズ
スはその御聖櫃の中に住んでいるのですから。イエズスはさび
しいのです。私の、この我が切なる願いを聞き入れなさい。私
は子どもたちのために毎日泣いています。世は、今や、大戦争
に向かって突入しております。その大戦争は、他のすべての戦
争を終わらせるほどのものです。そしてあなた方、我がオース
トラリアの子らよ、あなた方もこの戦争で苦しむでしょう。

 あなた方は神に対して、祈り、償いをし、犠牲を捧げなけれ
ばなりません。あなた方の神である私の神は、その子らがほろ
びるのをごらんになりたくはなく、かえって救われて、天国で、
ご自分と共に永遠の至福を楽しむことを望んでおられるのです。
私はオーストラリアと世界の一人一人の子どもたちに頼みます。
祈りなさい。たびたび御ミサにあづかって聖体拝領をしなさい。
罪の深みに陥っている兄弟姉妹を救うために、償いと犠牲をし
なさい。

 世界の我が愛する子らよ、世界中のすべての出現地をとおし
て、私がかつて語った切なる願いを聞きなさい。特にファチマ、
ルルド、ラ・サレット、ガラバンダルでのもの、そして今現在、
世界で我が愛するゴッビ神父やベイサイドやモンティキャリを
とおしてのメッセージ、その他多くの地で今、私や息子イエズ
スが出現して、私達の子らを救うために、導きのことばを与え
ている願いを聞きなさい。

 愛する子らよ、スカプラリオを身につけなさい。私や息子が
与えた準秘蹟を身につけなさい。このような武器を捨ててはな
りません。それらはあなた方を守るからです。我が愛するオー
ストラリアと世のすべての子らよ、あなた方は今や時の終わり
の時代に生きているのです。

 息子イエズスが、かつて(それほど昔ではありませんが)言
ったこと、すなわち“時の終わり”大いなる悲しみの時代の前
に、砂時計には一粒の砂しか残っていないのです。今の時代に
は、この砂時計の砂は3/4が落ちてしまっているのです。愛
する子らよ、わかりますか? あなた方にはいかに時間がない
ということが。しかし多くの祈りと苦しみによって、悲しみを
和らげることができるのです。

 あなた方の兄弟姉妹を救うため、私を助けてくれませんか? 
我が愛する子らよ、この私のメッセージを、どうかないがしろ
にしないで下さい。息子はいかにあなた方を愛し、あなた方の
ために悲しんでいることか。私はあなた方オーストラリアと、
世のすべての子らを、聖父と聖子と聖霊の御名によって祝福し
ます。アーメン。

 我がオーストラリアの子どもたちよ、私は、あなた方に特別
な願いをいたします。それは、毎月13日に私を崇敬すること
です。つまり、この日を私のために聖なる日とし、この愛の日
には祈り、償いをし、犠牲をし、私を「はこ舟の聖母、我らの
御母聖マリア、キリスト信者の扶け」の名のもとに崇敬するこ
とにあります。またできる者は、この日の正午にロザリオを唱
えるように。そして、もしあなた方がこの名でもって私の保護
を求めるならば、私と永遠の御父に祈り求めるどんな御恵でも、
(その祈っている時間に、我が名のもとに保護を求めるならば、
願った御恵は)与えられるということを約束します。子らよ、
この名は永遠の御父の御前で大きなカとなるでしょう。我が愛
するこの国の子らよ、この国は聖霊に奉献された国だというこ
とを忘れないようにしなさい。どうか聖霊を崇拝し、愛し、礼
拝しなさい。真実の神である聖霊は忘れられているからです。

 愛する世の子どもたちよ、あなた方を愛します。どうか地上
のすべての聖地をとおして、一致団結して働いて下さい。そう
すれば、我が汚れなき御心の勝利を早めることになるでしょう。
私は永遠の光である御父より、我がオーストラリアと、世のす
べての子らを、聖父と聖子と聖霊の御名によって祝福します。
アーメン。

 愛するオーストラリアと世の子らよ、あなた方は又、すべて
の出現が、天からのものであるとは限らないということで、霊
の識別をしなければなりません。もし出現のある特定の人や場
所のことで、確信てきないならば、大天使聖ミカエルの祈りを
くり返しなさい。そうすれば、聖にして母なる公教会の保護者
である聖ミカエルは、あなた方を照らし、真実を知ることがで
きるように助けて下さいます。

 愛する子らよ、あなた方の聖なる父、教皇ヨハネ・パウロ2
世のために祈りなさい。教皇様はローマの都で非常にお苦しみ
になっていらっしゃるからです。あなた方の祈りによって教皇
様は助けられ、大いなる光と力を得られるでしょう。我が愛す
る子らよ、あなた方の司教、司祭、修道女、修道士のために祈
りなさい。子らよ、祈りこそ鍵なのです。

 愛する息子、我がリトル・ペブルよ、私はあなたの霊的指導
者たちに、聖父と聖子と聖霊の御名によって祝福を送ります。
アーメン。

 子らよ、祈りどつぐのいと犠牲を続けなさい。そしてあなた
方の兄弟姉妹に及ぼしなさい。彼らのために祈り、彼らを愛し
なさい。私はオーストラリアと世のすべての子らを祝福します。
愛する子らよ、祈りなさい。祈りが真に必要なのです。聖父と
聖子と聖霊の御名によって、アーメン。


--------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
--------------------------------------------------------
 罪の根っこは、快楽と名誉を求める自愛心です。 自愛心と
傲慢(ごうまん)は、ひとつに結びついています。自愛心を生
き方の原則としているかぎり、謙遜(けんそん)にはなりませ
ん。自愛心の反対は、神とまわりの人に対する愛です。神とま
わりの人に対する愛は、謙遜とひとつに結びついています。

 神を否定し、エゴイズムをますます強める今の時代に生きる
人は、子供のころから、もう自愛心と傲慢にそまりきっていま
す。今、死に行く人の内、わずか10%が救われていますが、
その多くは純真無垢な赤ちゃんと幼児でしょう。何と、傲慢に
そまってしまった人達のほとんどが、地獄に行くことでしょう。
天国に行くには、謙遜でなくてはならないのです。自分の罪を
みとめ、あやまり、ゆるしを願わなければならないのです。

 傲慢な霊魂には、自分の罪をみとめることさえできません。
自分を愛して、自分を理想化しているからです。天国に行くに
は、神様に仕えたいと思わなければならないのです。傲慢な霊
魂には、できません。それは、自分自身をいやしめなければな
らないからです。彼は、快楽と名声への、自分の望みに仕える
だけです。そのためには何でもします。盗みも、うそも、策略
も。それで人を愛しません。ただ利用するだけです。

 さて、傲慢な霊魂は、またゴシップとかスキャンダル、うわ
さ話しを喜んで聞きます。そして、しょっちゅう人を悪く考え
ます。人を引き下げれば、相対的に自分が上に立てるからです。
なんとあさましい生き方でしょう。

 この自愛心と傲慢にそまりきった自分を変える頼みのつなは、
マリア様だけです。生まれ変わることを可能にして下さるのは、
母だけです。傲慢な人は、人をさばきまくり、他人を悪の原因
としますが、謙遜になるためには、自分をさばき、自分を悪の
原因と見なさなければなりません。

 マリア様は、よりすがって傲慢と戦おうとする人に、真実の
その人の霊魂のさまを理解させて下さいます。その人が、自分
で自分を責め始めるように助けます。それはつらいことですが、
マリア様はやさしくいたわりつつ、その仕事を続けさせます。
快楽と名誉を求めるのをやめようという気持ちを起こさせます。
すすんで苦しみを受け入れ、神様のために、はずかしめられる
ことを受け入れようという気持ちを起こさせます。その道はつ
らい道ですから、マリア様はいつもそばにいて、やさしくなぐ
さめ、はげまします。こうして、まるで幼児の歩く稽古につき
そう母親のように、一歩一歩を手をそえて導き、ころんだら抱
き起こし、なぐさめ、やる気をまた起こさせて下さいます。こ
れほどのお世話をしてもらわなければ、誰がこの根元的な罪か
ら清められるでしょうか? 

 ですから、強く強くマリア様によりすがって下さい。「傲慢
と自愛心を捨てて、謙遜と、神と人とに対する愛を持ちたいの
です。マリア様、あわれな私を助けて下さい」と話して下さい。
その日の自分の努力、失敗、成功、むずかしさ、喜びを、マリ
ア様にうちあけて下さい。

 この努力の途中で死ぬことになっても心配いりません。マリ
ア様はイエズス様にとりなして下さいます。神様の前で、弁護
者となってくださいます。ですから決して希望を失わずに、こ
のたいへんな道を、マリア様にすがって進んで下さい。


--------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
--------------------------------------------------------
  マリア様からの警告 1985年9月29日
      リトル・ペブルに(抜粋)

「反教皇がヴァチカンの王位に座すであろう。故に教皇が、真
の教皇を発表しなければならない。なぜならば、次に選出され
る者は、カトリック教会を滅ぼそうとする敵が、偽りによって
選んだ者だからである」

 子らよ、教皇ヨハネ・パウロ2世の次の教皇は誰になるかを、
あなたがたが知るための印を与えましょう。真の教皇は、その
紋章に聖シャーベルの顔がついています。偽の教皇の紋章には、
上弦(1/4の月)がついています。

(注)まもなく反教皇が、ヴァチカンで即位し、世界はこぞっ
て歓迎します。彼はフリーメーソンの力で選ばれるフリーメー
ソンの教皇です。こうして黙示録の「小羊のような獣」が登場
し、カトリック教会は黙示録の「大淫婦」になり、ロード・マ
イトレーヤを神・キリストとして礼拝します。その時、まこと
の教会は地下に隠れていて、真の教皇であるリトル・ペブル、
ペトロ2世がそれを導き、反キリストと反教皇と戦います。

--------------------------------------------------------
5.編集後記
--------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布
しても結構です。できるだけ多くの方に、「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。本誌掲載記事を使用される場合、事後で
結構ですから、弊社まで御連絡下されば幸いです。


 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集していま
す。できるならば、カトリック信者で専門用語に強い方を希望
していますが、その限りではありません。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連
情報もございましたらお寄せ下さい。

次回は7月21日頃、発行を予定しています。

--------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
--------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
--------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]