「箱舟の聖母」バックナンバー
2000年7月7日号No.006

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

      「 箱 舟 の 聖 母 」

      2000年7月7日号 No.006

    毎週1回発行:年間購読料3,000円
       お申し込みは下記まで!
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
   E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
--------------------------------------------------------
   箱舟の聖母、
      我らが御母聖マリア、
        キリスト信者の扶け
--------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.リトル・ペブルに与えられたイエズス様のメッセージ
   − 2000年6月27日 No.600 −
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

--------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
--------------------------------------------------------

◆2000年6月29日、ファチマ第3の秘密について公式声明

 6月26日、バチカン教理聖省が発表した「ファチマ第3預言
の全文」とされる文書に対して、リトル・ペブルは6月29日、
「ファチマ第3の秘密 ― リトル・ペブルより光の子らへ」
と題する公式声明を発表した。

 リトル・ペブルはこの中で、「…ファチマの秘密は、公表さ
れたものよりずっと多いのです。そして有名なラッツィンガー
枢機卿様に率いられる教理聖省は、この秘密を非常にはっきり
と誤釈しました。
 それが言うには、パパ様は撃たれ傷つけられ、枢機卿達、司
教達、修道者達の死体をまたいでいきます……そして死にます。
彼らはこれが1981年5月13日の暗殺未遂のことを言っていると
主張しています。これはそうではありません! この預言は、
いまだに実現していないのです。けれどもこの預言は、非常に
まもなく起こります。その時第3次世界大戦が勃発し、ローマ
は侵略され、そしてパパ様は傷を負わされ、枢機卿達を含むた
くさんの修道者達が、バチカンの中で死体となって見出され、
その間、パパ様はローマを脱出し、身を隠します。このことは、
私達の地球への、彗星の飛来を促します。……」とし、真実を
隠そうとするバチカン教理聖省の姿勢に抗議している。

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_000307.htm 


--------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたイエズス様のメッセージ
--------------------------------------------------------
   教師であるイエズスのリトル・ペブルへの教え
     2000年6月27日 No.600

 昨晩、ミサ後、イエズスは全て白い装いで、私にいろいろた
くさんのことについて話すために来ました。イエズスはとても
優しかったです。というのは、私は霊的にとても落ち込んでい
たからです。でもイエズスは、常に私を元気づける方法を心得
ています。

 イエズスは私に、「未来の出来事について、またその預言的
タイミングについても、心を悩ますな」と、おっしゃいました。
イエズスは私に、いつもイエズスのために単純に生き、イエズ
スの上にのみ目を注ぎつづけるように、なぜなら、時そのもの
もまたイエズスのものであるから、とおっしゃいました。イエ
ズスは私に、その時にその瞬間を生きるように、ただ未来は、
その時が来たら、未来自身が自分で配慮する、とおっしゃいま
した。イエズスは、将来に備えることはすばらしいが、私達は
現在を、そしてこの時の瞬間を生きなければならないのだ、と
おっしゃいました。

 私達の主は、彗星に関しては、時が来ればその出来事は実現
しつくされる、この破砕物は、まもなく地球を直撃するだろう、
そして人々の良心を呼び覚ますだろう、とおっしゃいました。
イエズスは、私の気がかりをわかっています。でも人は、神の
善良さ、神の憐れみ、神の愛、神の人類への関心のゆえに、神
に信頼しなければなりません。

 人生でおこるすべてのことは、直接、間接に、神のお許しの
もとに、私達の善のために起こるのです。それは今日の有様で
さえもです。それは神の御旨とは違いますが、私達の最終的な
善のため、神によって許されて起こっているのです。

 イエズスは、命は彗星の出来事とその他の来るであろう天罰
の後にも続く、とおっしゃいました。イエズスは、教会のこと
と世界のことで私に預言なさった全てのことは実現するだろう、
しかし、私とイエズスのすべての子らは、一日一日と各瞬間を
生きなければならない、なぜなら、この貴重な瞬間において、
霊魂は救われ、霊魂は完成され、清められるのだから、とおっ
しゃいました。

 しかし、すべての霊魂は、神がすべてをコントロールしてい
て、恐れるものは何もなく、ただ単純に神に信頼する、という
ことを知る必要があります。イエズスは、私が多くの関係筋か
ら、まもなく擁護されるが、そのとき多くの天罰が世に降りか
かるだろう、と私におっしゃいました。

 その夜遅くイエズスは再びおいでになり、天罰に関連して、
父親と彼の息子の例え話を、私にして下さいました。イエズス
は、親の立場にそれを例えたかったのです。私は、昨晩はそれ
を書き付けませんでしたが、今朝、思い出させてくれるよう私
の守護の天使に頼みました。私が起きると同時に、私の天使が
現れて思い出させました。

 イエズスは、子らを愛する親の行動は、永遠の御父が地上の
子らを扱うのと同じであって、ただもっと愛深く永遠の御父は
なさるのだ、とおっしゃいました。イエズスは説明なさいまし
た。例えば、あなたが息子を持っていて、その息子がいたずら
をする。父親は、最初は簡単に彼に注意する。そして、何度も
何度もそれが繰り返される。息子は意に介さない。それで父親
は息子を棒でおどす。初めは息子は反応するが、実際は頑固な
やり方を押し通し、そのやり方をもって父親を軽蔑しさえする。
まるで「とうちゃんは、そんなことするもんか」と信じている
かのようである。そして父親の脅しを嘲ることさえ彼はする。
ついにある日、父親はうんざりした。なぜなら息子が、たとえ
脅してさえも、注意を気にかけないのを知ったからだ。それで
父親は棒で息子を懲らしめ、息子は注意を受け入れる。いちば
ん傷つけられたのは息子か? 父親か? 角棒の角は、瞬間的
に痛みを与えた。しかし本当の傷は父親が受けたのだ。なぜな
ら、彼は息子を罰することを望んでいなかったのだから。ひと
たび息子がぶたれたら、その息子は父親に対して憤り始め、悪
い父親で自分をちっとも愛していないと信じさえする。しかし
時がたつにつれ、息子は成長し、尊厳のある、礼儀正しい、愛
すべき息子になる。息子は、父親がちっとも悪くなく、真実に
愛していたのだと悟る。なぜなら悪いことをしたのは息子の方
であって、父親の純粋な愛からの懲らしめを必要としたのだか
ら、と。

 同様に、永遠の御父はどう行い、子らを扱うか、イエズスは
説明されました。彼は、彼の預言者、幻視者、そしてメッセン
ジャーを送り、彼の子らに何度も何度も繰り返し警告します。
メッセンジャーたちが軽蔑され、嘲られ、笑われるまで。そし
て御父は、試練、病気、疫病、伝染病、および自然災害を送る。
まだ子らは、その時、それらの不幸のために、神を呪い非難し
ます。悟るかわりに、子らは自らの上にこれを招きました。そ
してついに、永遠の御父は、聞こうとしない子らを十分待った
後で、大きな懲らしめを送る以外方法がなくなります。そして、
これらの悲しい出来事の後で、人類は再び、神に愛と感謝のう
ちに立ち戻るでしょう。

 しかし神は親と同様に、憎しみではなく、愛を通して懲らし
め、そして反抗的な子らが、彼らのおろかで弱いやり方から立
ち返り、彼らを真実に愛する唯一のお方に聞き従うことを熱烈
に望んでいるので、人間は、神が子らを懲らしめることで、ど
れほど傷つけられているか学び、理解しなければなりません。

 これが、イエズスがこの世の人に、愛深い御父について学び、
理解してほしいレッスンでした。なぜなら神の、人に対する愛
はきわめて大きく、ひとり子イエズス、「みことば」を彼らに
送られたほどだからです。

神の僕
リトル・ペブル


--------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
--------------------------------------------------------
 マリア様もイエズス様も、幻視者を通じてのメッセージで、
一人一人の霊魂に語りかけています。そしてマリア様もイエズ
ス様も、人間の側からも語りかけてくるように願って、待って
います。それは「お祈り」です。子供のように、親に対しての
親しみと信頼の表現をすればよいのです。それは愛です。マリ
ア様もイエズス様も、この愛をひたすら望んでいます。

 ですから、一日を終えて、何か心に残ったことを日記に書く
ように、ささいなこと、ありきたりのこと、人に言えないこと
を語りかけるのです。マリア様も神様も天使たちも、耳をかた
むけて大喜びで聞いています。それは愛と信頼にあふれた対話
になってゆきます。

 天からの返事は、言葉ではなく、霊魂に直接かえってきます。
はげます力、なぐさめる力、反省させる力、頑張りぬかせる力、
何をすべきかを知る照らし、自分の状態を知る照らし、そして
マリア様の愛、神様の愛をもっと知る恵み、……何とたくさん
の返事を返して下さることでしょう。はじめはわからなくても、
信じて続けて下さい。

 救われるためには、お祈りは必要でしょうか? はい。とて
も必要なのです。それは愛だからです。天国にいくのは、神様
を愛する人だけなのですから。

 罪にそまっている人にとって、とても大切な祈りがあります。
「神様、私は罪を犯して、あなたを悲しませたことが悲しいで
す」「この世で時間があるかぎり、つぐのい(償い)たいと思
っています」「私の罪をゆるしてください」

 救いは、罪のゆるしによるのです。「ゆるしてほしい」と言
わなければ、ゆるされません。神様を罪によって苦しめたこと
を悲しみ、あやまらなければ、ゆるされません。罪ほろぼしを
する気がないのなら、ゆるされません。神様だけが罪をゆるす
ことができ、しかも、人が永遠に地獄に行くことのないように、
罪をゆるしたくてしかたがないのです。それでも人は、自由な
存在としてつくられました。自分の罪をみとめたくない、あや
まりたくない、つぐのいたくない、ゆるしを願いたくないなら、
神様はその人の意志を尊重されます。そうやって90%の人は、
自分の意志で地獄に行っているのです。何と悲しいことでしょ
う。そして人間は、何とごうまんなのでしょう。

 このごうまんを減らしていき、ついにけんそんを身につける
にはどうしたらよいのでしょうか? よい方法はあるのでしょ
うか? 

 はい、あります。赤ちゃんの時、ごうまんでしたか? 幼児
の時、ごうまんでしたか? マリア様を母として受け入れて、
もう一度幼児に戻るのです。自分の霊魂を、弱く、何もできな
い、何も知らない、すぐころび、すぐ泣いてしまう霊魂、母に
よりすがらないと生きていけないものとして考え、そのように
マリア様に対してふるまうのです。どうぞ、やってみてくださ
い。

 マリア様に対して、このようにふるまう人に、もっともマリ
ア様は母らしく助けることができるのです。一日中、何につけ
ても子供のように、幼児のようにマリア様に話しかけ、助けを
願って下さい。

 つらい時、苦しい時には、マリア様の胸でなぐさめを得て下
さい。マリア様の母としてのすべては、そうする人のものなの
です。その口づけ、まなざし、愛撫、腕、ひざ、母乳も、語り
かけも。こうしてマリア様に育てられ、いつしか、ごうまんな
人間から、けんそんな人間に、マリア様の胎によって、生まれ
変わらされて行くのです。


--------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
--------------------------------------------------------
  マリア様からの警告 1985年5月13日
      リトル・ペブルに(抜粋)

 子らよ、この偽牧者が我が息子の家を治めるとき、真のキリ
スト信者は隠れてしまっていることでしょう。初期のキリスト
信者達が、カタコンブに隠れたのと同じように、将来のキリス
ト信者も隠れることでしょう。

 しかし、子らよ、反キリストの教皇が、ペトロの聖座につい
ている間、一人の偉大で聖なる教皇が隠れているのです。この
教皇はペトロ2世となり、歴史上最後の教皇ということになり
ます。彼は、暗闇の時代にある教会、人類の歴史における最終
の時にある教会を率いるのです。まもなく、この歴史的出来事
は、あなたがたの眼前で展開されて明らかになりますから、よ
く気をつけて見ていなさい。

(注)反キリストのロード・マイトレーヤは、自らを「神・メ
シヤ」と宣言し、全人類を支配します。反キリストの反教皇は、
ロード・マイトレーヤを拝ませ、その総支配のために「666」
の獣の数字のマイクロチップを埋め込むように強制します。こ
の反教皇もペトロ2世を名乗りますが、聖マラキ司教の預言に
ある「オリーブの光栄」という名の対立教皇です。


--------------------------------------------------------
5.編集後記
--------------------------------------------------------
 今、話題の掲示板「2ch」で、「火星と彗星76P衝突の
件」が大きく取り上げられました。1〜2週間のうちに1000件
を超える書き込みがあったのですが、読んで唖然としたのは、
そのほとんどが面白半分、ジョークで、「元ネタを自分で調べ
て、その真偽を判断する」という人がたった一人しかいなかっ
たことです。おかげさまで私どものホームページも「電波系サ
イト」としての地位を確立しつつあるようで、光栄のいたりで
す……(^_^;)
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=lobby&key=961902864

 ホームページの方に、リトル・ペブルのメッセージ・ライブ
ラリーを開設しました。過去600件にのぼるメッセージを、
古いものから順次掲載していきます。また、今回の火星と彗星
76P衝突の件に関して「彗星・太陽系に関するメッセージ集」
を掲載しましたので、こちらの方もあわせてご覧下さい。
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/lpm_index.htm

「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布
しても結構です。できるだけ多くの方に、「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。本誌掲載記事を使用される場合、事後で
結構ですから、弊社まで御連絡下されば幸いです。


 編集室では、皆様からのご質問、ご感想をお待ちしておりま
す。また関連情報もございましたらお寄せ下さい。

次回は7月14日頃、発行を予定しています。

--------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
--------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
--------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]