「箱舟の聖母」バックナンバー
2000年6月30日号No.005

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

      「 箱 舟 の 聖 母 」

      2000年6月30日号 No.005
       (イエズスの聖心の祭日)

    毎週1回発行:年間購読料3,000円
       お申し込みは下記まで!
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
   E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
--------------------------------------------------------
   箱舟の聖母、
      我らが御母聖マリア、
        キリスト信者の扶け
--------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.リトル・ペブルに与えられたマリア様のメッセージ
   − 2000年5月18日 No.598 −
 3.編集後記

--------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
--------------------------------------------------------
◆2000年6月23日、NASA、公式回答発表

 NASAは、6月10日のミレニアム・グループの、「火星と
彗星76Pの衝突の件」についての公開質問状に対して、ホー
ムページ上で公式回答を発表した。
 http://www.millenngroup.com/repository/cometary/
 marshit5.html
NASAは、彗星76Pは火星から650万kmまで接近通過した
だけで衝突はしていない。現在、火星は、地球からは太陽の光
の影響で観測できない、と回答している。


◆2000年6月26日、バチカン教理省「ファチマ第3預言全文」
 を公表

 バチカンの教理省は6月26日に、これまで秘密にされていた
「ファチマ第3預言全文」を、教理省の解説つきで発表した。
御出現を受けたシスター・ルチアの、自筆の手紙のコピー入り
で公表された「ファチマの第3の秘密」とされる部分は、以下
のとおり。
   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【1917年7月13日にファティマのコヴァ・ダ・イリアで明かさ
れた秘密の第3の部分。】

私の神よ、レイラの司教を通して、またあなたと私のもっとも
聖なる御母を通して、あなたは書くようにと命ぜられましたの
で従順にこれを記します。

 すでにご説明申し上げた(訳者補足:秘密の)2つの部分の
あと、聖母の左側と少し上方に、一位の天使が炎に包まれた剣
を左手に持っているのを見ました。剣は光を放ち、炎をあげ、
まるで世界に火をつけるかのように思われました。しかし火は、
天使に向かって聖母の右手が放つ輝きに触れると、次第に消え
てゆきました。天使は右手で地上を指しながら大きな声で叫び
ました。「悔い改めよ、悔い改めよ、悔い改めよ!」

 そして私どもは測り知れない巨大な光である神の中に見たの
です。白い服の司教様で「鏡の前を人が通るときに見られるよ
うな姿に似ていました」「私どもはそれが教皇様であるという
印象を持ちました」。他の司教たちや、司祭たち、男女の修道
者たちが険しい山道を登っており、その頂上には粗くおおざっ
ぱに切り落とされた枝つきのコルクの木で作られた大きな十字
架がありました。そこに到達する前に教皇様は半分崩れた大き
な都市を半ばふるえながら、おぼつかない足取りで通られ、痛
みと悲しみのために苦しみながらも、行く先々に転がる屍の霊
魂のために祈っておられました。山の頂の大きな十字架のもと
まで膝行しながら到達されると、銃弾を放ち矢を射る兵士の一
団によって教皇様は殺されてしまわれ、同じようにそこで他の
司教たち、司祭たち、男女の修道者たちと様々な立場や階級の
信徒たちも殺されてゆきました。

十字架の2本の腕木の下には2位の天使がそれぞれクリスタル
の聖水盤を手にしており、それに殉教者たちの血を集めては神
へと向かう魂たちへふりかけていました。

シスター・ルチア 1944年1月3日
   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 また文書中のインタビューで、シスター・ルチアは「第三の
預言は、キリスト教とキリスト教徒に対する、無神論を唱える
共産主義の迫害と、それをめぐる戦いであり、20世紀におけ
る犠牲者の苦しみを予言したものだ」と語った、とされている。

 教理省のラッツィンガー枢機卿様は解説で、この預言は1981
年5月13日のヨハネ・パウロ2世教皇様暗殺未遂事件のことで
あり、今回公表されたこれらの文書は、20世紀に既に起こっ
てしまったことを言っていて、人類はそこから教訓を学ぶ、と
している。

 しかし今回の発表について、なぜこの程度の内容が、長い間
バチカンのトップシークレットだったのか、という疑問の声が
あがっている。 


◆2000年6月29日、リトル・ペブル、ファチマの発表について
「公式声明」を発表

 リトル・ペブルは、「ファチマ第3預言」を過去の出来事と
とする、今回のバチカン教理省の発表について、抗議する内容
の公式声明を発表した。


--------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたマリア様のメッセージ
--------------------------------------------------------
   2000年5月18日 No.598
     全御出現聖堂(ナウラ)で、
 聖母からリトル・ペブルに与えられたメッセージ

リトル・ペブル:
 ロザリオの後半の間、聖ミカエルはずっとここにいました。
聖堂の内部に立っています。聖センチミンタリウスの御絵の右
側に。祭壇の下の部分に彼の足が触れています。彼の頭は天井
からわずかに下すれすれです。聖ミカエルを、間近で長時間見
るのは初めてのことです。彼は、軍人のように本格的な甲冑を
着ていますが、右手に剣を、そして左手に計りと天秤を持って
います。彼は、祭壇にそれらを置きます。

 7位の小さな天使達が祭壇のまわりにひざまづきます。彼ら
の頭は、ほとんど祭壇の頂上の高さです。そして、聖バラキエ
ルがここにいます。いつものように、彼は印を持っています。

 十字架が、空の非常に奥にあります。それはピンクがかった
白色です。そして、それから発する光が脈動しています。その
光のために、ここと十字架の間に、あるひとつの影があります。
影の上は、多くのバラからの花びらになっています。それらは
何マイルにもわたってです。非常に美しく、はっきりと明示さ
れた異なった色あいです。十字架の、交差する梁(はり)の中
央が開かれます。非常に強い光線が出てきて、聖櫃にむかって
差し込みます。エネルギー、あるいは力のフィールドが、聖櫃
のまわりに形成されます。極めて明るい光が、次々に、その中
から外に照射されます。

 小さい天使は、まだひざまづいており、今、深く頭を下げま
す。聖ミカエルもひざまづきます。さくで仕切られた祭壇の第
一段目に。礼拝しています。さらに大勢の天使達が、十字架か
らやってきて、私達の方に向かって、非常に迅速に、滑るよう
におりてきます。彼らの翼がひらめくことで起こされる、そよ
風のために、バラの花びらが舞います。花びらは宙に舞い、ま
るで吹雪のようです。それは、本当に素晴らしい。

 天使達によって運ばれる、小さいノアの箱舟におられる聖母
を先導する天使達には、多くの異なる種類があります。それは、
私が以前見たことのあるノアの箱舟のような小さいものですが、
それよりもっと小さいもののようです。聖母は、ノアの箱舟の
上に浮いておられ、幼子のイエズス様を抱いておられます。彼
女は右手に小さなノアの箱舟を持っておられません。聖母のう
しろに、さらに大勢の天使達を見ることができます。それは、
本当に美しい眺めです。

 箱舟は、ちょうど建物の前の外までやってきて止まります。
聖母は今、小さい光の雲にのって、聖堂に向かって、滑るよう
にやって来られます。(聖堂は)、壁はまさに消えてしまい、
戸口のように開け放たれています。聖母は、幼子イエズスとと
もに、いつものように壁にかけてある十字架像のところに立た
れます。彼女は「箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト
信者の助け」です。彼女の右手には、12のバラがあり、幼子
イエズスがおられる左手には、さらに12のバラがあります。
聖なる幼子はおよそ2歳くらいです。そして今日は、美しいク
リーム色のチュニクを着ておられます。彼の頭には、大変小さ
な冠があります。そして彼の至聖なる聖心だけでなく、聖母の
汚れなき御心も見ることが出来ます。御頭にはファチマの冠が
あります。私達が良く知っている冠です。

 聖母は美しく微笑まれ、聖ミカエルを見られます。彼は祭壇
に向かってお辞儀されます。そして頭を上げられ、信心深く組
まれていた彼の両手を、聖母に向かって差し出されます。聖母
は彼に12のバラを渡されます。幼子イエズスは聖母の腕をさ
っと離れられ、聖ミカエルに向かって滑って行かれます。彼の
頭に接吻され、彼の12のバラを彼に与えられます。そして聖
母のところに戻られます。聖母はいくつかの理由のため、聖ミ
カエルにうなずかれます。彼は花々とともに消えます。聖母は、
幼子イエズスに接吻され、聖主とともに十字架の印をされます。

聖主と聖母:
 聖父と、聖子と、聖霊の御名によりて、アーメン。

聖母:
 私は、私の最愛の息子、私の小さな「白い岩」、私の司祭な
る息子たち、そして全ての甘美な子供たちに挨拶します。今日
は、聖にして母なる教会にとって、大変重要な日です。今日、
私がやってきた称号は、黙示録の称号です。それは、私が「教
会の母」「契約の櫃」としてであり、そして私達の子供たちの
救いの箱舟が私の汚れなき御心のうちにあるからです。

 私は長く話すつもりはありません。私の甘美な子供たちを励
ますこと以外には。彼らの十字架を担い続けるようにと、そし
て、お互いの重荷を忍耐するようにです。それは、彼らが、彼
らの、そして私の神であるイエズスを愛し仕える人々が、永遠
の命を獲得し、今から、まもなくパラダイスの園に来る特権を
与えられるでしょうと知る喜びのうちにです。なぜなら「聖霊
の黄金時代」の夜明けがきたからです。ほんの短い間に、私の
甘美な子供たちは、その意味を悟り、歓喜することでしょう。

 今日あなたたちが、その誕生日を祝っている、私達の聖なる
代理者のために祈りなさい。私は、彼と、私の神聖なる息子イ
エズスの将来の代理者、私達の小さな「白い岩」に、私の母と
しての祝福を送ります。聖父と、聖子と、聖霊の御名によりて、
アーメン。

 私の声を聞くであろう、他の者たちがいます。そしてこれは、
適切な時に記録されるでしょう。私は、あなたたちの祈りを、
私の神聖なる息子イエズスの玉座に運びます。神聖にして母な
る教会のために。私は皆を祝福します。私の甘美なる子供たち。
聖父と、聖子と、聖霊の御名によりて、アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は、2人の司祭に、私達を祝福するように望まれます。

2人の司祭:
 (ラテン語で)聖父と、聖子と、聖霊の御名によりて、アー
メン。

リトル・ペブル:
 幼子イエズスは、聖母を離れられます。聖堂中の各々の霊魂
を祝福するために素早く移動されます。そして何かを彼らの心
に置かれます。それはここにいる人々だけでなく、主を愛する
全ての人々にたいしてそうされます。私達は、残りのロザリオ
を続けましょう。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

親愛なる友人達へ。2000年5月16日。

 今日は、私の50回目の誕生日です。多くのことが、これら
の多くの年月に起こりました。特にイエズス様とマリア様から
の多くの幻視とローキューションが始まった1982年以降は。
この年月を通して、私はカトリックの世界に広く知られるよう
になったのですが、人々は過去の偉大な神秘家の何人かからの
預言を、私に教えてくれたものです。例えば、聖痕を受けた有
名なフランスのブルターニュのマリア・ジュリー・ジャーニー。
彼女は、最後の教皇「ペトロ2世」が、50歳になる前に、聖
ペトロの王座(教皇位)にあげられるだろうと預言しました。

 私もまた、幻視者たちが次々にこれらの真実を確認したよう
に、このことを確信しています。私は今50歳で、まだ待ち続
けています。でも当惑していません。私の誕生日に先だって、
私は、これらの預言について、主に質問しました。主は、この
日時について一つの神秘がある、と答えられました。それは、
人間が数える時と同様のものではなく、後にはっきりするとの
ことです。しかし、私が教皇になるという預言は、何人かが、
2003年だと言っているように、非常にすみやかに実現する
ことです。私は、霊魂たちのために、そして主の栄光のために、
全てを捧げ続けてきました。

 合衆国に修道女マザー・セント・チャールズがいます。彼女
は修道院長で、神秘家でもあります。彼女は83歳で、彼女が
修道院に入った63年前から幻視を受けてきました。彼女は啓
示を受け続けていますが、先月、イエズス様は彼女にこの問題
について話されました。イエズス様は簡単に言われました。
「私は、日付を変更できないとでも言うのですか? 我が息子
「リトル・ペブル」に告げなさい。彼は、彼が信じているより
もはやく教皇になる、と。彼に告げなさい。我が神聖なる御母
と私は、彼を大変愛している、と」これらの言葉は、私を大い
に慰めました。

 私の誕生日の、2000年5月16日の午前零時3分、イエ
ズス様、マリア様、無数の天使達、聖ヨゼフ、聖フランシスコ、
聖ウィリアム、聖ドミニコ、尊者アンナ・カタリナ・エンメリ
ック、幼きイエズスの聖テレジア、福者ピオ神父、多くの多く
の聖人達が、私の寝室に来られて、私を祝福されました。同日
のミサ中、イエズス様が来られて私を祝福され、ミサ後、聖母
が「カルメル山の聖母」の称号で来られ、大きな茶色のスカプ
ラリオを着ておられました。しかしこのときのスカプラリオに
は絵があり、前面は、被昇天の聖母であり、背面は主の御昇天
でした。

注:マリア・ワルトルタの「神人の詩」のビジョンによると、
イエズス様の御昇天は5月16日(木曜日)です。聖母は、こ
れは、彼女の信心深い子供たちへの贈り物です、とおっしゃい
ました。これは、レムナント・チャーチ(残存教会)のために
作られたスカプラリオで、ニューエラ(平和の統治の時代)の
スカプラリオであり、パラダイスのスカプラリオでもあります。
このスカプラリオを身につける人々は、ニューエラ(平和の統
治の時代)に入ることを約束されました。聖母は、彼女の肩か
らそれをとられ、私の肩にそれを置かれました。聖母とともに
聖シモン・ストックが来られました。彼は、司教の杖のように
見える、牧杖をもって来ました。しかしその先端は、クエスチ
ョンマークのようにカールしているのではなく、十字架になっ
ていました。その牧杖の最上部は、宝石で覆われており、聖母
は、これは私が司教になるときのためのものです、とおっしゃ
られました。聖母と聖シモン・ストックは、私を祝福され、去
りました。

 イエズス様はまた、私に告げられました。私が5月16日の
午前零時3分に生まれた理由は、それがユダがイエズス様を裏
切った時間であり、私は、この裏切り行為を償うために創造さ
れ、生まれてきた、とのことです。この理由により、私自身も
また過去ずっと、また今でも、大変多くの人々から、大変頻繁
に裏切られるのです。

 私は、誕生祝いのカードと挨拶を送ってくれた多くの霊魂た
ちに感謝します。また、多くのミサとロザリオを捧げてくれた
ことに。これらは私の力です。

 最後に、私は大変重要なことを分かち合いたいと思います。
数週間前、ウォロンゴング教区のウィルソン司教様は、4人の
陪審員のメンバー達と、これらの手続きの進行役の1人を加え
た、委員会の調査の過程を設置中であり、まもなく私にも弁護
士がつけられるでしょう。

 もう一つの痛快なことは、私のローマ・カトリック司教の友
人が、2000年5月18日の教皇ヨハネ・パウロ2世の誕生
日に謁見に行きました。彼は、パパ様とミサをたて、私的謁見
で、聖シャーベル修道会の認可についての彼の意志を尋ねまし
た。私達は、彼の報告を今待っています。

 2001年5月に、私は、世界中を旅する計画を立てていま
す。今年末に、その詳細をお伝えするでしょう。どうぞ、その
成功をお祈り下さい。神様が皆さんを祝福し、報いてください
ますように。

リトル・ペブル

--------------------------------------------------------
3.編集後記
--------------------------------------------------------
 このところ、「彗星」「ファチマ」…と大きな出来事が続い
て、対応におおわらわです。今号No.005は「修道会ニュース」
「メッセージ」だけになってしまいました……(-_-;) 
まだ1回しか書いてない「会則・会憲Q&A」、もうしばらく、
お待ち下さい m(_ _)m 

 天からのメッセージに版権はありません。天はメッセージを、
できる限り多くの人々が読むことをお望みです。したがって、
本誌に掲載された天からのメッセージを、コピーして配布して
も結構です。ただし悪用はしないで下さい。本誌掲載記事を使
用される場合、事後で結構ですから、弊社まで御連絡下されば
幸いです。

 編集室では、皆様からのご質問、ご感想をお待ちしておりま
す。また関連情報もございましたらお寄せ下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集していま
す。できるならば、カトリック信者で専門用語に強い方を希望
していますが、その限りではありません。

 本誌購読者 =「聖シャーベル修道会会員」ではありません。
どのような立場の方でも歓迎いたします。どうぞ、安心してお
申込下さい。お友達にもお勧めいただければ幸いです。

次回は7月7日頃、発行を予定しています。

--------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
--------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
--------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]