「箱舟の聖母」バックナンバー
2000年6月9日号No.002

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

      「 箱 舟 の 聖 母 」No.002

        2000年6月9日号

    毎週1回発行:年間購読料3,000円
       お申し込みは下記まで!
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
   E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
--------------------------------------------------------
   箱舟の聖母、
      我らが御母聖マリア、
        キリスト信者の扶け
--------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.リトル・ペブルに与えられたマリア様のメッセージ
   − 1983年11月11日 −
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

--------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
--------------------------------------------------------
◆2000年5月18日、パパ様、80歳の誕生日を迎えられる。

 ヨハネ・パウロ2世教皇様は18日、80八十歳の誕生日を
迎えられました。カトリックの「大聖年」にあたる今年、バチ
カン・サンピエトロ広場で最大規模といわれるミサが挙行され
ました。パパ様はミサで、「私の思いは『最後の晩餐』に向か
っている」と述べられました。
 報道では、「退位論議」が取りざたされていますが、マリア
様のメッセージにありますように「パパ様がバチカンから脱出
する」という事は、「大警告」が間近に迫っていることを示す
重要な印となります。どうか、時が延ばされ、一人でも多くの
霊魂が救われますようにお祈り下さい。

--------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたマリア様のメッセージ
--------------------------------------------------------
 No.001  1983年11月11日 金曜日
  11番目の月の11番目の日の11番目の時刻

 この大いなる広大なオーストラリア大陸の我が愛する子らよ。
今日は特にロ一マ・カトリック教会のすべての聖職者と、司祭
たちに語ります。私、あなたの天なる愛の母は、光の王国にま
します永遠なる御父から、大変重要なこのメッセージをあなた
に送るために、遺わされてまいりました。

 息子たちよ、どうしてあなたがたは、愛と犠牲の道、いのち
に通じる、我が尊い息子イエズスの狭い道から離れてしまった
のですか。あなたがたは地獄への道を歩み、さらに、多くの人
たちを道づれにしていることがわからないのですか。時の印を
見分けられないほどに盲目なのですか。息子たちよ、時間のあ
るうちに引き返しなさい。もうすぐ、神様の審判が執行される
のです。無関心とひとりよがりから離れなさい。我が息子の家
の牧者としてのあなたがたの任務は、霊魂の救済です。しかし、
現在、あなたがたは我が子らを破滅と有罪判決への道へつれて
いこうとしています。あなたがたの母の心と、その尊い息子の
聖心は、苦悩で引き裂かれています。息子よ、子らよ、あなた
がたは、祈り、償いをし、極刑が必要とされる、あなたがたの
罪の償いをしなければなりません。

 子らよ、あなたがたの国は、今までになかった、また将来も
再びないような大患難に向かって進んでいます。天の母である
私と、光の聖霊に奉献されている、あなたがたの大いなる大陸
は、ひざまづかなければなりません。この国の子らがあらゆる
極悪非道と醜態を神の目前で演じておきながら、子らよ、オー
ストラリアが、懲罰を免れられるとでも考えているのですか。
子らよ、あなたがたの国はもうすぐ、天災と敵国軍隊の侵略に
よっで荒廃するでしょう。こんなことになってもいいのですか?

 罪深い生活をやめて、ひざまづいて、神のあわれみを請い、
願いなさい。あなたがたの天の母は、この警告のために、何度
地上に来なければならないのでしょうか。地獄から救うために。
しかし誰が私のことばをきくかというと、ただ小さき人、心の
けんそんな人だけです。我が息子、司祭たち、特に司教たちは、
謙そんになり、私の呼びかけに耳を傾けて下さい。我が息子の
家で、醜態と冒涜が行われるのをとめて下さい。この恥ずべき
道をさらに進むというのなら、あなたがたは、地獄の火に焼か
れて、自分自身を滅ぼすことになるでしょう。

 手で聖体拝領するのをやめなさい。人々に、我が尊い息子の
前にひざまづいて祈らせなさい。聖なるいけにえは、ただの食
事ではありません。それは、いけにえなのです!

 我が息子の家の指導者および司教たちよ、恐れることはあり
ません! 私は、オーストラリアの教会に、充分なる警告を与
えています。まだ時間が残っている今、神に立ち返りなさい。
我が尊い息子イエズスは、もうすぐ、地上における(完全な)
天の支配を宣言するために、大いなる勝利のうちに再臨される
からです。愛する子らよ、世の救い主である尊い主の聖心を、
これ以上悲しませないで下さい。あなたがたの神であり、我が
神であられる御方は、あなたがたを大変愛しておられる故に、
ご自分の聖なる母をあなたがたのもとにおつかわしになり、再
び正義の道を見出させようとしておられるのです。

 教皇ヨハネ・パウロ2世の言われることを聞きなさい。彼は、
この暗いサタンの時代にあって、特別な星なのです。彼に聞く
者は、我が息子イエズスに聞く者です。彼を軽蔑する者は、我
が尊い息子を軽蔑する者です。

 今回、私は、メルボルン市の我が息子たちに、二、三、言い
たいことがあります。天の母はあなたに、我が息子の家で容認
してきた醜態から離れ、我が尊い息子の家を、もと通りの栄光
に戻してくれるよう、お願いします。これは最後の警告です。
あなたがたは地獄の淵に立っているのです。

 オーストラリアの子らよ、お願いです。心を愛と祈りで満た
して、神に立ち返り、しょく罪への母なる呼びかけに応え、私
が世界中、つまりファチマ、ルルド、ラ・サレット、ガラバン
ダル、サン・ダミアノ、メキシコのポルタポーズ、サン・ステ
ファノ、ベイサイド、モンテキアリ、そしてさらに多くの地に
出現して話した言葉に耳を傾けて下さい。天の母である私は、
私のもとへ助けと救いを求めてやってくるすべての子らを、私
のマントでおおいましょう。子らよ、あなたがたの天なる御父
である神は、あなたがたを大変愛しておられます。神は子らの
破滅ではなく、救いをごらんになりたいのです。

 イエズスとマリアの聖心の支配は、もうすぐ、この悲しみの
地上に、尊い王、イエズスの再臨とともに、もどります。

 教皇のために祈りなさい。彼はもうすぐ殉教するからです。
そして母なる公教会は最後の十宇架の苦しみを味わって、尊い
救い主の再臨のうちに、復活して、新しく生まれ変わるでしょ
う。息子たちよ、司教と司祭たちよ、この地上に尊い露を落と
してもらえるように聖霊に祈りなさい。

 我が愛する息子たちよ、我が願いをよく聞いて下さい。神の
子たちに聖なるロザリオを唱えるよう願い、すべての小教区と
教会で聖なるロザリオが祈られるようにしなさい。

 私、天の母はあなたがたを大変愛しています。愛する司教ら
よ、このメッセージをすべての司祭たちに向けて、読んでくれ
るようお願いします。修道女たちにも読んで下さってけっこう
です。息子よ、子らよ、私は聖父と聖子と聖霊の御名によって
祝福します。アーメン。 汚れなきマリア、神と人類の母。


 教皇ウルバノ8世の教令と、第2バチカン会議に従い、この
メッセージに関する母なる公教会の判断を、我々はよろこんで
受入れます。

--------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
--------------------------------------------------------
 この世のすべての人々が、近いうちにしるしをつけられます。
「十字架のしるし」を受けるのは、マリア様に聞き従い十字架
をすすんでになう人です。この人達は、イエズス様に救われて
天国へ行きます。「666」の獣のしるしを受けるのは、それ
以外の人です。ロード・マイトレーヤを神として受け入れ地獄
に行く人です。

 電車のつり広告で、ロード・マイトレーヤとベンジャミン・
クレームの名を見ませんでしたか? ロード・マイトレーヤは、
悪魔の総大将ルシファーが人の姿をとったものです。ベンジャ
ミン・クレームはその使徒です。

 マリア様は、人々が「666」の獣のしるしを受けないよう
にと世界中で訴えています。なぜなら、額、または右手にマイ
クロチップを埋め込むことが始まったからです。この世の快楽
と名誉を求める自愛心を生活の原則にしていれば、このマイク
ロチップを受けます。たとえ肉体の命を失っても、天国の永遠
の命を得ようと強く決心しない人もこれを受けます。なぜなら、
近い将来、ロード・マイトレーヤを神とした、世界宗教、世界
政府、世界経済に統一されていき、マイクロチップをうめこま
ない者は、売ることも買うことも出来ず、生きる権利すら奪わ
れ、犯罪者あつかいにされるのですから。

 今、マリア様のメッセージに聞き従い、最後までそれをつら
ぬく人は、その時には、額に「十字架のしるし」を天使によっ
てつけられます。このしるしは、この忠実な人々同志の間では、
目に見えるようになり、身の安全を守ることに役立ちます。

 どうか今、マリア様のメッセージを読む人は、おもしろ半分
ではなく、真剣に生き方を変えるように決心して下さい。

 たとえばお金の魅力、よい服、ぜいたくな食事、便利な道具
に心がつよくひかれるなら、それは物質主義という罪にそまり
きっているのです。神様は人の心を真理に、また善徳に、また
聖なる生き方にひきつけられるようにしました。自分の物質主
義とたたかって、善良なものに価値をおくようにならなければ、
善良さそのものである神様を、最終的に選ぶことはできません。
逆に、むなしいもの、この世かぎりのものに自分をささげて、
それらを得るためにルシファーであるロード・マイトレーヤを
神として選び、最終的に地獄に行きます。

 今、物質主義でない人は、ほとんどいません。天国に行く人
はわずかなのです。生まれたからには、何としても天国に行か
なければ。地獄は永遠の拷問です。今、死ぬ人の90%が地獄に
行っています。

 唯一の頼みのつなは、マリア様です。マリア様を信じ、愛し、
望みをかけて下さい。「みじめな私をたすけて下さい」と、マ
リア様に話し、マリア様の胸にすがって下さい。そこは安全な
避難所なのです。悪魔にとりかこまれていても、マリア様の胸
にすがり、そこにかくまわれることで守られます。

「あなたのふところの避難所に、私達はかくれる。おお神の母
よ。私達の祈願を無視なさいますな。さしせまった時に、危険
からお救い下さるあなただけが、もっともきよい、祝された方
だからです。」

 これは、ローマ皇帝を神とみとめるのを拒んだために、残酷
に殺されていった、当時のカトリック信者が祈った祈りです。
彼らは最後までマリア様とイエズス様に忠実にとどまり、天国
で神様の最も近くに、永遠に喜びつついるのです。

 自分が罪にそまりきっていることを謙遜にみとめ、マリア様
にすがり、自分の罪とたたかうことを、絶望せずに最後まで続
けるなら、イエズス様はかならずあなたを救って、天国に入れ
てくださいます。

--------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
--------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1984年2月13日
 リトル・ペブルに(抜粋)

 反キリスト、ロード・マイトレーヤの支配が始まると、− 
それは、まもなく始まります。− その時には、すべての我が
子たちは隠れなければなりません。キリスト教徒は迫害され、
狩り出されるからです。
 世の我が子たちよ、ですからカタコンブを準備しておきなさ
い。我が出現した場所が、多くの者にとって安全地帯となるで
しょう。光の子らは、何も恐れることはありません。

(注)ローマ帝国時代は、大迫害の時代でした。キリスト教徒
は、カタコンブ(地下墓地)に隠れて信仰を守りました。「農
牧業」を基本にした自給自足のキリスト教徒の村を、今から、
数家族が協力して準備しておくことが、「666」の獣の印を
拒否し経済から閉め出された時に、生き残る最もよい方法です。

--------------------------------------------------------
5.編集後記
--------------------------------------------------------
 編集室では、皆様からのご質問、ご感想をお待ちしておりま
す。また関連情報もございましたらお寄せ下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集していま
す。できるならば、カトリック信者で専門用語に強い方を希望
していますが、その限りではありません。

 本誌購読者 =「聖シャーベル修道会会員」ではありません。
どのような立場の方でも歓迎いたします。どうぞ、安心してお
申込下さい。お友達にもお勧めいただければ幸いです。

次回は6月16日頃、発行を予定しています。


--------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
--------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
--------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]