「箱舟の聖母」バックナンバー
2000年5月31日号No.001

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

      「 箱 舟 の 聖 母 」

      2000年5月31日創刊号
  (「すべての恵みの仲介者」である聖母の祝日)

    毎週1回発行:年間購読料3,000円
       お申し込みは下記まで!
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
   E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
--------------------------------------------------------
   箱舟の聖母、
      我らが御母聖マリア、
        キリスト信者の扶け
--------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.ご挨拶とお知らせ
 2.聖シャーベル修道会ニュース
 3.聖シャーベル修道会「会則・会憲」Q&A
 4.リトル・ペブルに与えられたイエズス様のメッセージ
   − 2000年3月25日 −
 5.メッセージによせて
 6.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 7.編集後記

--------------------------------------------------------
1.ご挨拶とお知らせ
--------------------------------------------------------
十M アヴェ・マリア!

 2000年5月31日、「すべての恵みの仲介者」である聖母
の祝日に、こうして「箱舟の聖母」創刊号を皆様にお届けする
ことができたことを感謝いたします。

 今から70年前の4月24日、聖マキシミリアノ・マリア・コ
ルベ神父様は長崎に上陸され、それからたった1ヶ月で日本語
の宣教誌「無原罪の聖母の騎士」を発行されました。聖コルベ
神父様は、全く神様を知らない日本の人々の救霊を切望して、
「すべての恵みの仲介者」であるマリア様に奉献して、この
奇跡的な事業を始められました。実は、私達は全く同じ精神で、
日本の人々の、さらにはロシア、中国、北朝鮮…etcの、まだ
神様を知らない人々の救霊を切望して、マスメディアを使った
宣教をさせていただけるよう、長年にわたって聖コルベ神父様
の取次を願ってきました。聖コルベ神父様のように、たった1
ヶ月というわけにはいきませんでしたが、3月31日「聖ヨゼフ
の最も潔き御心」の祝日にホームページを公開し、5月31日、
「すべての恵みの仲介者」である聖母の祝日に「箱舟の聖母」
創刊号の発行にこぎ着けることができました。

 このメールマガジンのコンセプトは「全身全霊をもって、汝
の神である主を愛せよ」「汝自身を愛するが如く、汝の隣人を
愛せよ」という、二つの根本的な「掟」に集約されます。この
「神を愛し、隣人を愛する」という原則に立つことで、私達が
提供する、一見むずかしい情報も、どのような立場の皆様にも
理解していただけると思います。愛する者は、すべてにおいて
単純ですから。

 このメールマガジンでは、「マリア様からのメッセージ」と
「聖シャーベル修道会の会則・会憲」という2本の柱、すなわ
ち「神秘的教会」と「ヒエラルキー(位階)の教会」という、
2つの側面からアプローチし、この黙示録の時代の「燈台」の
役割を果たしていけたらと望んでいます。全くキリスト教は初
めてという皆様から、プロテスタント信者の皆様、そしてカト
リック信者で修道者の召命に応えたいと望まれている皆様まで、
有益な情報を提供できると思います。

 少々長くなりましたが、これをもって創刊のご挨拶とさせて
いただきます。皆様にイエズス様とマリア様からの祝福が豊か
にありますように!(スタッフ一同)

◆お知らせ

 以前のお知らせでは、「毎月1回発行」を予定していました
が、基本的に「毎週1回発行」ということに変更しました。ス
タッフの休暇・出張などの都合で、年間40回程度の発行頻度
になるかと思います。また一般布教のために、創刊号をはじめ、
何回かに1回、ホームページに「箱舟の聖母(抜粋)」をサン
プルとして公開いたしますので、購読者の皆様のご理解をお願
いいたします。

 メッセージについては、翻訳者の関係で、当面、最新のもの
を月1回、その他は、故レオ・スタインバック神父様が発行さ
れたものを掲載していきます。ナウラから緊急の声明などが出
た場合は、随時、お知らせいたします

--------------------------------------------------------
2.聖シャーベル修道会ニュース
--------------------------------------------------------
◆2000年5月5日、ウィルソン司教様、2番目の命令を発布

 オーストラリア・ウォロンゴング教区のフィリップ・ウィル
ソン司教様は、「リトル・ペブルへの御出現に関する教会調査」
について、2番目の命令を発布しました。それは正式にリトル・
ペブルに対して、2人の神学者および2人の教会法弁護士から
なる委員会を編成するというものです。
 ウィルソン司教様は、既に1998年9月11日付けで、教会調査
の開始を正式に発表していましたが、以後その問題の審理を行
わないばかりか、1999年9月27日に「リトル・ペブルのミッシ
ョンをやめるように」という、教会法に抵触する不法な命令を
出していました。これに対してウィリアム・カム氏(リトル・
ペブル)は、より高位の教会権威に上訴する、という状態が続
いていました。
 今回のウィルソン司教様の命令は、実質上、教会調査の手続
きが再開されることを意味しています。詳細情報は下記にて。
  The Website of the Little Pebble(英語)
  http://www.shoal.net.au/~mwoa/index.html

◆2000年5月13日、パパ様、ファチマ列福式で第3預言を公開

 ヨハネ・パウロ2世教皇様は、1917年5月13日、マリア様の
御出現を受けた3人の牧童の中の2人、フランシスコとジャシ
ンタ・マルトを列福するため、5月13日にポルトガルのファチ
マを訪れました。列福式後、パパ様の依頼を受けて、バチカン
国務長官アンジェロ・ソダーノ枢機卿様が会衆にメッセージを
朗読しましたが、これはファチマ第3預言の概要でした。枢機
卿様によると、第3預言の全文は、間もなく教理省による解説
つきでバチカンから発表されるとのことです。
 列福式でのパパ様の説教の日本語全文、列福式前後の報道な
どは、成相神父様(フマネ・ヴィテ研究会)のホームページで
閲覧できます。 http://www.synapse.ne.jp/janariai/

--------------------------------------------------------
3.聖シャーベル修道会「会則・会憲」Q&A
--------------------------------------------------------
◆はじめに

 「聖シャーベル修道会」は、ローマ・カトリック教会の教え
に従った「新しい形式の奉献生活」(教会法605)です。そ
れは、教会の教導権に服従するカトリック組織で、認可のため
に聖座(バチカン)に提出された「会則・会憲」によって統治
されます。現在、世界120ヶ国で53人の司祭、300人の修道女、
200人の修道士、30の共同体、および、64の女子修道院という、
既に開設された共同体と500,000人の支持者を持っています。
日本においては、まだ共同体や修道院はなく、第4部門会員が
若干名と「聖シャーベル祈りの家」や「リビング・ストーン」
に登録している友愛会員がいます。

 過去十数年にわたって日本においても、数々の幻視者・幻聴
者が立てられ、「聖シャーベル修道会の共同体」を創立しよう
とする試みがなされましたが、その多くは挫折してしまいまし
た。これをお読みの皆様の中にも「リトル・ペブル」「幻視者・
幻聴者」「聖シャーベル修道会」「聖シャーベル共同体」「聖
シャーベル祈りの家」「リビング・ストーン」という言葉を聞
いたことがあるか、実際にかかわったことがある方もおいでの
ことと思います。

 では、どのくらいの方が、これらの正確な情報を知っている
でしょうか? 冒頭に書きましたが、「聖シャーベル修道会」
は、ローマ・カトリック教会の教えに従った、「新しい形式の
奉献生活」です。現代に啓示された、ローマ・カトリック教会
の「新しい修道会」のひとつなのです。

 カトリック教会にはカルメル会、フランシスコ会、ドミニコ
会、イエズス会…etc などの様々な修道会があって、それぞれ
のカリスマ(神様から賜った特別な才能・精神)に従って「会
則・会憲」が存在します。多くの場合、その創立者達は、神様
からの啓示(インスピレーション)を受け、それに従って「会
則・会憲」をつくり、聖座(バチカン)に認可を申請します。
「会則・会憲」は、その会の憲法・規約のようなものです。各
々の修道会は、各々の「会則・会憲」に従って、宣教・慈善・
教育などの愛の使命を果たしています。聖座は「会則・会憲」
と、その「新しい修道会」が生み出す「実り」によって、それ
が神様の御旨であるかどうか判断します。「善い実は、悪い木
には実らない」からです。この間の教会調査(審査)は、大変
厳しいもので、何十年かかることもあり、創立者が亡くなって
から認可されることさえあります。

「聖シャーベル修道会」は、1985年3月、オーストラリア
の幻視者ウィリアム・カム氏(リトル・ペブル)に、マリア様
が御出現され、この新しい修道会を創立するように啓示された
ものです。「リトル・ペブル」とは、マリア様がウィリアム・
カム氏に与えた幻視者の名前です。そして「聖シャーベル修道
会」の創立者は、このウィリアム・カム氏です。この「会則・
会憲」は聖座に提出され、認可を待っている状態です。「会則
会憲」は、今までに8回改訂され、1996年1月版が最新の
ものです。また上記「聖シャーベル修道会ニュース」にもあり
ますように、創立者であるウィリアム・カム氏へのマリア様の
御出現についても、1998年9月に教会調査が開始され、現
在進行中です。このように紆余曲折がありながらも「聖シャー
ベル修道会」は教会法に従って、正式な認可に向けて、堅実な
歩みを続けています。

 さて驚くべきことに、日本で「会則・会憲」日本語訳(私訳)
が公開されたのは、2000年4月のことです。つまり、ごく
一部の人を除いて、ほとんどの日本人が「会則・会憲」を知ら
ないのに、「聖シャーベル共同体」云々と大騒ぎをしていたの
です。残念ですが、これでは日本において「リトル・ペブル」
「聖シャーベル修道会」が、多くの人々に誤解されるのは当た
り前のことです。

 この連載では、「聖シャーベル修道会の会則・会憲」を柱と
して、私達の体験を踏まえて「聖シャーベル修道会」とは何か
を説明して行き、皆様の様々な質問・疑問に答えていきたいと
思っています。

--------------------------------------------------------
4.リトル・ペブルに与えられたイエズス様のメッセージ
--------------------------------------------------------
  No.596 償いの日、全御出現聖堂で
   2000年3月25日 お告げの祝日

聖主: 御父と御子と聖霊の御名によりて、アーメン。

 私は挨拶する。愛する息子、私達のリトル・ペブル、将来の
地上の私の代理者、私達の使徒リトル・ピーターよ。私は挨拶
する、私の司祭の息子たちよ、奉献されている娘たちよ、そし
て、ここに私の前に集まった、そして世界中の甘美な子らよ。

 私は今日、私達の子らに短い助言を与え、私の群れを励ます
ために来た。それは御父が厳選してあなたたちの前においた道
に、忍耐してしっかり留まるようにである。見ての通り、世界
は神愛の永遠の御父からますます離れてゆく。人類は、救いの
恵みと贖いに対して、心を閉じてしまった。黙示録の時は到来
した。光の子らにはきわめてはっきりとわかる。しかし、地上
の私の教会の大多数も、人類の大多数もそれを悟らない。あの
邪悪な者が、私の民と地上の人々の中を自由に歩き回っている。
彼は、真実と、この世代の終わりが近いという現実から、人類
を離れさせながら、そうしているのだ。

 宇宙と太陽系と地球の大変化がやってくる。それがあまりに
大きいので、人類は世の終わりがやって来たと感じるだろう。
しかし光の子らは良くわかるだろう。それが終わりではなく、
むしろ、この時代の、この世のターニングポイントであると。
人間は、大いなる大変動の入口に立っている。それは、人間が
かつて経験したことをはるかに越えるものである。これがため
に私のすべての甘美なる子らは、改心し、祈りと私の御父から
くる召し出しに、真実献身する生活を、生きなければならない
のだ。あなたたちをこの世に引き付けるすべてのものを、その
ものの正しい目的に使わなければならない。そうしないとあな
たたちは私から引き離されてしまう。そうしたならば神があな
たたちに備えた神の大義と、摂理に対する献身において、あな
たたちの生活をもっと強めるのだが。

 もう何年にもわたって私のいときよき御母と私、あなたたち
のイエズス、人類の贖い主が、準備せよと、ずっと告げてきて
いる。何よりもまず、あなたたちの霊魂をである。あなたたち
の生活が、聖なる、そして尊厳ある、そしてきよいものであり、
模範であるようにである。そうすれば、闇の中の他の霊魂たち
を、闇から離れて光の中へ入るようにと導くであろう。また、
あなたたちは、非常に近い将来にやってくる「ふた時」のため
に準備しなければならない。そうすれば、人類は、私の福音の
真理を本当に証しできるであろう。また「ふた時」と「ひと時
と半時」が来たことを理解できるだろう。獣の時もまた、来た
ことを理解できるだろう。あの邪悪な者、反キリストと呼ばれ
るだろう者は、わずかの間、勝つであろう。

 いったん私の代理者、ヨハネ・パウロ2世が取り去られると、
私の地上の教会は分裂する。それはまもなくおこる。しかし、
まず彼は、私のいときよき御母のドグマを宣言しなければなら
ない。その時、あなたたちは、彼の時が、まさにもうないのだ
と知るであろう。

 何度も告げられてきたように、甘美な子らよ、家庭に準備を
せよ。それは、今がその時だからである。私のしもべモーゼの
時代を思い出しなさい。エジプトにおいて、彼と私の民に、何
が求められたかを。今度は、今である。そして全世界において
くり返される。しかしもっと大規模に、全人類・宇宙を巻き込
んで。天体は揺さぶられる。そして腐っているものはすべて落
ち、正しいものはすべて強められ清められる。私の御父からの
光が見え、全人類は時が来たことを理解する。それは三位一体
の神の偉大さの神秘の、大いなる啓示の時。それによって全て
の人は、まことの信仰を認める。それは一にして公、使徒継承
のローマ教会である。それは、私が岩であるペトロの上に立て、
リトル・ペトロ、神の愛の私のリトル・ペブルによって完成さ
れるのだ。今よく見なさい、私の息子よ、そして見たものを言
いあらわしなさい。

リトル・ペブル: さっき、宇宙と太陽系が見えると言いまし
たが、今はそれをもっとはっきり見ることができます。太陽は
きわめて明るく、普段よりずっと輝いています。その表面はす
さまじく活発です。大きな爆発です。すべての惑星が見えます。
太陽のまわりをまわるにつれ、太陽のこれらの活動から影響を
受けていきます。惑星が輝いていくにつれ、それらはゆっくり
一直線になっていきます。まっすぐな線ではありませんがそれ
にとても近いです。太陽系全体が動いているようですが、太陽
のまわりを、いつものように滑らかにではなく、むしろよろめ
いているようにです。私は、地球に特に注目しています。なぜ
なら、それが拡大されていくからです。しかしいくつかの彗星
も見守っています。その一つが、地球と火星と金星のあいだを
通ります。不規則に動いています。当の彗星は、三つの大きな
破片に砕けているようです。ひとつは火星に近づいていきます。
もうひとつより小さい破片は地球に向かいます。最後のは金星
に向かいます。聖主は地球を指さします。巨大な火の玉が太陽
を離れ、地球に向かってくるのが見えます。すさまじいスピー
ドです。そして地球の大気圏内で、この太陽の炎によって閃光
が発します。その結果空の白い十字架が極めて明るくなります。
白い光の雲が地球を取り巻きます。地球の上にかかっている十
字架は、ずっときわめて明るいままです。それは何か、太陽と
関係があるのですが、私には全くわかりません。十字架からの
光が、地球ではねかえったりつらぬいたりしています。そんな
力のために、地球は不安定になります。

聖主: そうだ、私の息子と、甘美なる子らよ。今、あなたが
証言したことは、愛する子よ、まだおきてはいない出来事だ。
それは全宇宙と、その安定性を乱れさせるだろう。これが人類
にとって、罪から離れ去って神へと向き直らなければならない
という、大きなしるしとなるだろう。

 第6の封印はひらかれる。そして第7の封印が、すぐそれに
続く。人類への裁きがやってくる。そして人類は、自分の罪の
大きさがどんなに大きいか理解するために、霊魂を照らされる。
私の子らは、何がミレニアムグループから報告されているか注
意すべきである。彼らは私の祝福を受けている。なぜなら神は、
世界にやってくる全てのことを、多くの手段で明かしているの
だから。

 これらの出来事は、人類が考えを完全に転換しないかぎり、
変わらないだろう。人類は、悪とプライドに向かうのをやめ、
天の私の御父に向き直らなければならない。そうすれば、人類
は死後の生命があるということを理解する。そうすれば人類は、
人間は御父と御子と聖霊の三位一体の神と永遠に喜ぶという報
いを受けるために、地上に住む間は、清く、聖なる道を歩かな
ければならないことを理解する。もし、人類が変わらなければ、
多くの私の子らは、永遠の炎の地獄に行く。その炎は、決して
消えない。サタンは、人類から神の記憶、罪に対する罰、永遠
の死という罰の記憶を根絶するという、多くの目標を達成して
しまった。

 それゆえ、甘美な子らよ、ロザリオを祈ることにもっと時間
をあてなさい。祭壇上で捧げられた私の神性を、聖体の内に受
けることにもっと時間をあてなさい。それはあなたたちの霊魂
を強めるためである。あなたの兄弟姉妹である友のための慈善
の良い業のためにもっと時間をあてなさい。あなたたちに与え
られたメッセージを再読することに、もっと時間をあてなさい。
それは私の至聖なる聖心と、私のいときよき御母の御心から、
無償で与えられたのだ。

 甘美な子らよ、世俗の楽しみや、人間的な娯楽にかける時間
をもっと減らしなさい。そのかわり、反省と黙想のうちに神に
時間を捧げなさい。なぜなら、まもなくあなたたちは皆、裁き
のために私の御父の御前に来るだろうから。そして行ったすべ
てのこと、行わなかったすべてのことに対しての責任を問われ
るのだから。忠実な祈りの不寝番として絶え間なく祈りなさい。
愛する兄弟姉妹のために、そしてあなたの敵のためにさえも。
平和のうちにとどまり、もし私を真理の内に探し求めるなら、
私の平和がいつもあなたにくだるのだと知りなさい。

 あなたたちを愛している。私の甘美な子らよ。そしてあなた
たちがきわめて必要とする時の避難所として、私のいときよき
御母の汚れなき御心を与えよう。私はあなたたち皆を祝福する。

御父と御子と聖霊の御名によりて、アーメン。

(注)ミレニアムグループとは、キリスト教がバックグラウン
 ドの、専門の科学者と天文学者のグループです。
     http://www.millenngroup.com/

--------------------------------------------------------
5.メッセージによせて
--------------------------------------------------------
 人は、天国に行くために生まれます。天国へ行くか行かない
かは、個人の自由にまかされています。どうしたら天国へ行け
るか、知っている人はわずかです。罪にそまっている霊魂は、
天国での永遠の命を生きる資格を失って死んでいます。霊魂を
清く生き返らせてくださるのはマリア様です。マリア様が一人
一人の霊魂を、イエズス様の十字架のもとに生んで下さいます。

 各自は、イエズス様といっしょに、十字架をすすんでになう
ことによって天国へ行けます。イエズス様の流された血で洗わ
れて、罪のゆるしを与えられて救われます。天国に入る前に、
各自、罪ほろぼしを完全にすまします。それは生きている間に、
自発的に苦しみをささげることによってです。つぐのい(償い)
きれなかった分は、死んだ後、強制的に苦しみを受けることに
よってです。そこは煉獄と言い、神様の無限のあわれみによっ
て救われた人々が、神様の完全な正義にたいして、罪のうめあ
わせの苦しみをささげています。

 ほとんどの人が、人生で何を頑張っていいのか理解していま
せん。何よりも第一に頑張るべきことは、自分の罪と戦うこと
なのです。罪は霊魂を汚し、殺してしまうからです。例えば、
妊娠中絶をしたり、させたり、医師から看護婦にいたるまで、
かかわった人が犯した罪は、地獄にあたいする重さなのです。
中絶するようにすすめたり、カンパしたりした人も含まれるの
です。どうかほとんどの人が、このままでは地獄に行くことを
わかって下さい。実際、今死ぬ人の90%が地獄に行っています。

 罪のおおもとは何かわかりますか? それはこの世の快楽と
名誉を求める自愛心です。そこからプライド、残忍性、ねたみ、
悪意、うそ、ぬすみ、ひきょう、にくしみ、計略、などの罪が
生まれます。この世の快楽と名誉を求める自愛心を捨てない人
は、神様も他人も愛せません。これを捨てない人は、他の罪も
捨てられません。でもほとんどの人にとって、この世の快楽と
名誉を求める自愛心が生活の原則です。天国からどれほどかけ
はなれているかわかるでしょう? 

 ですからマリア様にすがって決して絶望しないことが不可欠
です。マリア様はすべての人の本当の母で、ご自分にすがって
最後まで罪とたたかう人を決して見捨てません。まずマリア様
を愛し、信頼し、望みをかけて下さい。そして話しかけて下さ
い。「私はみじめな罪人です。助けて下さい!」と。

 マリア様と話しながら、どうやって罪とたたかっていくか考
えて下さい。あなたはマリア様に言葉で、心の中で話します。
マリア様はインスピレーションを心の中に与え、実際の助けと
力をくれます。これは「祈り」といいます。それはちょうど、
マリア様が母乳を与えてくださることです。ですから毎日祈っ
てください。そうすればマリア様の胎内で、すこしずつかたち
づくられ、あるいは恵みの母乳で強められ、たおれてころんで
罪におちいった時も、傷をあらい、薬をぬってくださいます。
マリア様はマントでつつんで守り、あたためてくださいます。

 ですから大丈夫です。どんなに今、罪にそまりきっていよう
とも、自分の罪深さをみとめ、罪とのたたかいを、マリア様と
ともにはじめ、死ぬまで絶望せずに続けるならば、地獄には決
して行きません。

--------------------------------------------------------
6.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
--------------------------------------------------------
   マリア様からの警告 1984年2月13日
       リトル・ペブルに(抜粋)

 私は、この世のすべての我が子たちに、今こそ正しい警告を
します。よくよく注意しなさい。
 人間をあざむくものがやって来ます。その者はこの地上に大
きな不幸と滅亡をもたらすことでしょう。彼こそは反キリスト。
ロード・マイトレイヤとは彼のことです。子らよ、絶対、彼に
従ってはなりません。彼こそは邪悪なる詐欺者、旧約で言われ
ていた、あのヘビです。彼は世界統一政府のもとに、世界統一
教会を設立し、世界征服をはかるものです。

(注)ロード・マイトレイヤはルシフェルそのものです。人間
となったルシフェルです。ルシフェルは地獄の悪魔の総大将で、
神に反逆し、サタンとなる以前は、天使の中で最高位の天使で
した。

--------------------------------------------------------
7.編集後記
--------------------------------------------------------
 「箱舟の聖母」創刊号、いかがでしたでしょうか? 編集室
では、皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。また
関連情報もございましたらお寄せ下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集していま
す。できるならば、カトリック信者で専門用語に強い方を希望
していますが、その限りではありません。

 本誌購読者 =「聖シャーベル修道会会員」ではありません。
どのような立場の方でも歓迎いたします。どうぞ、安心してお
申込下さい。お友達にもお勧めいただければ幸いです。

次回は6月9日頃、発行を予定しています。


--------------------------------------------------------
編集・発行:「箱舟の聖母」社
スタッフ : Jean-Marie S.  K.A.
--------------------------------------------------------
ご購読のお申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替:口座番号00840−3−132438
         「箱舟の聖母」社
  通信・現金書留:〒444−3521
        愛知県岡崎市市場町円光24
       藤川郵便局留「箱舟の聖母」社
--------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]