箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

小さき白いロザリアに与えられたビジョン

2005年6月6日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」



 下記の公的メッセージは、リトル・ペブルさんによって確認されました。しかしながら、100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。




2005年6月6日頃

次のビジョンを受けました。

聖主イエズスの聖心と聖母の汚れなき御心とが浮かびました。聖母がご自分のハート(霊魂)を指して、この本を読めばよくわかるようになりますとおっしゃられました。

『霊魂の城−神の住まい』(アビラの聖女テレサの著作)を読みなさいと。

これは、私の頭の上方に一瞬浮かび、一瞬にして消えてしまったものです。永くなかったビジョンで、ひさしぶりのビジョンです。

【 注記 】
 以前に2度ほど、こんなことがあったのを思い出します。はっきりいつか憶えていませんが、ほぼ1988年が1989年頃だったと思います。日曜日(主日)以外の日に、特に初金に教会を訪れると聖主が喜ばれることを本で知り、近くのカテドラルに出向いてみたのです。カテドラルにはごミサがなくて、小さな聖堂の方へ行きますと、途中の同じような集会用の別の部屋にうすいカーテン越しに、確かに聖主イエズスがいらっしゃり、歩かれているのが、上半身だけですが見えました。体は透き通っていて、紫色と赤色の御洋服をお召しになっていらっしゃって、大きさは等身大であられたと記憶しています。
 もう一つのビジョンは、だいたい同じ頃で、別の地域ですが、近くの修道院付の教会の御聖堂の中でのことでした。この聖堂の後方には、立派なほぼ等身大の至聖なる聖心の御像が置かれてありました。中央の祭壇は簡素な印象を受けましたが、そこに、まるで白くて小さな赤ん坊のような天使たち(智天使(ケルビム)でしょうか)を二位か三位、楽しそうに飛んでいたのを見ました。このことも全く、瞬く間の出来事でありました。




2001年10月


私的なインスピレーションです。

バラの聖母、またはファチマの聖母かもしれない。聖母様より、「朝起きてすぐ、大天使聖ミカエルの祈りを7回と、天使祝詞(めでたし…)を5回を唱えるとよい」と告げられた。

【 注記 】
 これらは特に大天使聖ミカエルへの祈りをしておくと、トラブルが避けられるように思う。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】