箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルを擁護するパブリック・ステートメント

− 2005年7月26日 −

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】


司教マルコム・ブルザード(上級上長(Major Superior))
(シャーベル会神父(Charbelite Fathers))
ゲッセマネ共同体

信仰、友情および忠誠をもって

 この書面は、リトル・ペブルとして世に知られるウィリアム・カム氏の名前と評判を守るためのものです。2005年7月8日、陪審は彼に対して有罪の評決を下しましたが、このことに鑑みて、以下の陳述をなし、信仰と友情と忠誠を表明したいと思います。

 私は、それらの犯罪事実について、リトル・ペブルが無実であると固く信じています。また、彼の汚名が晴れ、陪審の評決が覆されることも固く信じています。

 聖シャーベル修道会は、カトリック教会における新しい形式の奉献生活(教会法605)です。もっとも、このことはウロンゴン教区で論議の対象となっていますが。しかし聖シャーベル修道会はセクトやカルトではありません。

 多くの組織からなる警察力が2002年8月8日に、およそ30人からなる警官を伴い、ワコーの作戦行動のような方法で共同体の捜索を行いました。それ以来、警察は、修道会の信用と善き名を失わせるため、攻撃を集中してきました。リトル・ペブルに対して嫌疑がかけられた犯罪事実は、暗い影が可能な限り大きく落ちるように、あらかじめ意図されたものです。共同体の高い地位にある人間の評判を失墜させるには、性的な非行があったことを示す犯罪事実をその人間に投げかけるのが最善だと言われています。この方法によれば、確実に「メディアによる裁判」で大騒ぎになります。その日以来、メディアのその後の攻撃は勢いを増し、リトル・ペブルに対して否定的な世論が形成されるよう意図され、まとめ上げられていたといえるのです。

 私は手続のほとんどの場面に同席しましたが、事件にまつわる出来事を振り返ると、カム氏に対して幾重にも策略が行われ、彼をおとしめたことは明白です。私は警察、ニュース・メディア、地元のカトリック教会を信頼しています。しかし、そのすべてがさまざまな形で彼をおとしめるために協働し、共謀しているのです。時が経つにつれて、スキャンダルが数多く露見すると思います。そして、高い地位についている権威のある人がリトル・ペブルを救済してくれるものと信じています。このような人は、その良心と信念により、真理と正義のために立ち上がるのです。

 ニュース・メディアは、この三年間の出来事に対して大きな責任があります。この期間に、リトル・ペブルは新聞の一面や、ラジオ、テレビ、インターネットで様々に書きたてられたのです。その描写はショッキングなものでした。ジャーナリズムのあからさまな方法で、常に同じ被欺事実が繰り返されました。そのやり方により、公衆に毒を与え続けたのです。それは、騙されやすい人々の心に否定的な固定観念を定着させるためのものでした。カム氏のニュースは首相や政治的事件の記事と同じ扱いで報道されることが多かったと思います。ここで、私の立場をある原則に照らしてはっきりさせたいと思います。この原則は、教皇ヨハネ・パウロ二世が1987年にニュース・メディアの政策担当者に対して宛てた声明で引用されているものです。

「著述家や芸術家が人間の状態を明らかにする場合、それが卑しく悲しいものであるとしても、善のきらめきが、美しさが光り輝く一瞬の間に、作品のすべてに行き渡ることがあります。作家や芸術家の方々に道徳家になってくれるようお願いしているわけではありません。そうではなくて、人間生活の神秘の背後に存在する光、そうした光の輝く部分を明らかにするそうした方たちの神秘的な力、それに対しての信頼を私たちは表明しているのです。このような事を正しく行うためには、自身の伝えていることが人間の尊厳に完全に一致しているか自問自答する必要があります。社会において最も弱く無防備な人々が、あなたたちの言葉と画像にどのように映し出されるのか。人間としての価値を持つ、あるいは持たない者として、誰を描写するのか。この職業には大きな責任が伴うことは間違いありません。その責任とは神に対して、あるいはコミュニティーに対して、そして歴史の証人としての責任です。そして時には、すべてが著述家や芸術家の手に委ねられます。その責任は大きく、コミュニティに対する責任も法的に果たされるわけではないので、社会は大部分を著述家や芸術家の善意に委ねるしかありません。ある意味では、世界はこうした人たちのなすがままなのです。判断を誤ること、伝達されるものの正しさについて評価を誤ること、制作において規準を誤ることにより、良心と人間の尊厳を害し傷つけます。神聖なる基本的人権を侵害する場合もありうるでしょう。コミュニティーは著述家を信頼するため、こうした人たちは大きな名誉を得、その技量が強く試されることになります。私は作家や芸術家の方々に、ご自身の尊厳に対しても敬意を払うようにお願いしたい。これらの方が属する業界は、速いペースで移り変わる情報や趣向を反映しています。そこでは多額の金銭が動き、その金銭が業界内部の問題を引き起こすのです。それにより、著述家は成功するため大きな重圧にさらされます。「成功」とは何なのかを自覚しないままに。自らの心に描くものを用いて仕事をするため、それらを現実に存在するものとして見る誘惑に駆られます。多くの人たちの夢を満足させようとするため、幻想の世界に陥ってしまうのです」。(1600人のテレビ、ラジオ、映画および印刷メディアの政策担当者に宛てた教皇ヨハネ・パウロ二世の声明。1987年9月15日、ロサンゼルスにて)。

 こうした誘惑に落ちてしまったメディアの政策担当者、編集者、ジャーナリストは数多くいると思います。自らの持つイメージや固定観念により、自身が作り出した幻想に陥っています。1980年代の初期に遡ってみると、それから今日まで、常に同じシナリオが展開しているのです。2002年の8月8日以来、メディアの表現は上の教皇様の御言葉が正しいことをくっきりと浮かび上がらせていると思います。その時以後、扇動の水準は程度を増し、カム氏に対する下劣で否定的なイメージを一般に浸透させたため、そうした固定観念がメディアの作り出したリトル・ペブルの「横顔」として受け入れられることとなったのです。教皇様が仰った人間の尊厳の大切さについて、今一度再読して下さい。

 様々な点でそうした大きな捏造、言葉とイメージによる壁に直面して、「セクト」、「カルト指導者」、「収容所」、「ペテン師」というイメージが作り出されました。カム氏こそが上で引用した無防備で貧しい人なのです。彼はずっと以前から、メディアによって審理され、有罪を宣告されて判決の言渡しを受けてきたのです。

 ここ何ヶ月間のことについても全く同じです。カム氏に対する判断には大きな誤りがあり、テレビや印刷物で描写されたことの正確さについては評価の誤りがあります。これらのことは、一般にコミュニティーの良心を害し傷つけるものです。そのため、政策担当者や編集者、ジャーナリストの責任はとても大きいと思います。

 司法制度も責任を果てしているとはいえません。公判付託手続の最初からカム氏の無実を明確にすべきでした。こうした手続に出席した後になってみると、司法制度が法廷に提出された「証拠」に不当な重きを置いていることが分かり本当に悲しくなります。真実が露骨にゆがめられ、事件が陪審審理に委ねられる。どうして、このようなことが起こるのでしょうか。当局は、カム氏の件に関して「手を洗う」ことができ、彼を上級裁判所に送るのです。

 ほぼ3年の後、このような心が痛むドラマを経験して、カム氏の苦しみは2005年7月8日に頂点に達しました。この日、シドニーのダウニング中央・地方裁判所では、メディアが熱狂していました。カム氏のバリスタが、陪審の評決に対して上訴する旨をメディアに告げました。すると、カム氏が法律家らとともに建物を去るとき、カム氏に対して侮辱の言葉を叫ぶメディアの人がいました。メディアは大変に満足していたわけです。ノートパソコンやメモ帳、携帯電話を持って走り回り、ネットワークで「喜び」を表現して、彼らの「よい知らせ」を世界中に伝えることができたのですから。


信仰

 信仰の賜物は、聖なる人の魂の中で輝きます。そのような人は、信仰により神の神秘を黙想することができます。そして同時に、神の神秘は信仰の神秘として残ります。信仰、希望、愛の徳は、カム氏の生活に色合いを超自然的に与え、そのため見るもの、聞くもの、経験することのすべてが神の慈しみ深い御摂理により意味が与えられるのです。ウィリアムはまさしく十字架の聖ヨハネのようだと思います。教皇ヨハネ・パウロ二世も同様の事をはっきりと仰いました。

「十字架のヨハネは神を愛する人です。ヨハネは神と親しく、常に神について証しました。その心と唇に神がともにいたのです。神はヨハネの真の宝物であり現実の世そのものでした。ヨハネが神の聖なる神秘を宣言し歌う前から、彼は神の証人でした。ですから、神について語るとき、ヨハネは大変に熱心で、普通ではないほどに説得力があったのです。「彼らは聞いたことを黙想し、神と信仰の神秘について語る。あたかも体の目で見たかのように」。信仰の賜物は生命をもたらします。信ずる者は神秘のうちにそれを知るからです。そして、それがその人の現実の世界となります。証人は、預言者や使徒にならい、見たもの、聞いたもの、よく見て手でさわったものについて、あかしをします。(ヨハネの第一の手紙 第一章1−2)」。(教皇ヨハネ・パウロ二世、十字架の聖ヨハネに関する教皇書簡、1990年12月14日)

 私個人の考えですが、教皇の書簡は、文字通りウィリアム・カム氏を描写するものだと思います。センテンスの一つひとつが書かれているままに、すべてリトル・ペブルにあてはめることができます。こういうことを言いながら、ニュース・メディアがそれとは反対の絵を描き「幻想」であると述べるのを聞いたとしたら、悲哀を覚えるだけかもしれません。しかし、驚くことがあるでしょうか。世代のすべてにわたり、キリスト教徒、特に神の聖人たちにとっては、状況は同じだったのです。

 さまざまな国、文化、言語に属する多くの人々がリトル・ペブルを神の真実の証人であると信じるのは、なぜでしょうか。世界中の多くの人々が、リトル・ペブルを現代における神の預言者であると信じるのは、どうしてでしょうか。聖シャーベル修道会の共同体が異なる国で増え、発展し続けているのは、なぜでしょうか。修道会が前進し続けるのは、どうしてでしょうか。3人の司教と26人の司祭、1人のブラザーと多くのシスター、そして言うまでもなく多くの家族者と独身者とともに。

 2005年の4月、教皇ベネディクト16世を選出するコンクラーベが執り行われていたとき、私はローマにいました。三つの聖省を訪れたのです。それらは聖シャーベル修道会の地位に関係しています。私は良い助言を受けることができました。特に私たち全員を励ましてくださった聖省長官(prefect)の1人から。私は神の御摂理を信頼しており、最終的には正しい時に教会から公式に認可を受けることができると思います。

 この修道会、すなわち「新しい形式の奉献生活」(教会法605)の基礎を据えたカリスマは、それ自体がリトル・ペブルの生活に神の聖霊による実りがあることを証明するものです。これは間違いなく良い実であり、世界中の多くの善良な人々がこれを認めています。神にはすべてが可能である。そのように信じるリトル・ペブルの信仰をあかしするものです。神の全能の力、善良さと慈愛を心から信ずる者に対して与えられる信仰の報い。私はそれを何度も自らの目で見てきました。神が造られたものと同じく、修道会は成長し発展し続けるでしょう。なぜなら神の恩寵がそう望むからです。


友情

 私は1987年以来、カム氏の贖罪司祭であり、霊的指導者です。この18年の間に、彼の人格、生涯そして良心について多くのことを知りました。ウィリアム・カムはカトリック信者です。敬虔なカトリック教徒のように考え、すべてのものの上にカトリックの信仰を置いています。これが彼の生涯であり、その多くは三巻からなる印刷物、書籍に詳しく書かれています(私たちの事務所で入手可能です)。これと反対のことを述べ、考える人がいるということは、問題ではありません。過去に生きた聖人のすべてがそうされたのです。皆がその信仰のために迫害されたのです。

 カム氏は毎日ミサにあずかり、告解の秘蹟をたびたび受けています。彼の信仰と信心は、とても単純。自分の避難所、力、慰めとして、神の御母により頼むだけです。カム氏は、ずっと昔から、聖母の汚れなき御心に自分自身を捧げ、そうして、マリア様の母としての優しい保護に自身を完全に委ねているのです。私の考えでは彼は謙虚な人間で、自分の家族や共同体のメンバーと時を共にしています。言うまでもなく、巡礼者が折に触れて聖地を訪れます。

 ウィリアム・カムは勤勉で、世界中に多くの友人がいます。この中には、多くの幻視者と恵まれた霊魂が含まれます。カムは自身の過ちを隠そうとしません。見た所そのままです。また許しを拒むようなことはありません。彼は真に仲裁者であり、常に「より大きな状況」を見通すことができる人間です。彼は多くのことを同時にこなすことができる能力を、神から授かりました。さまざまな活動を分離したり、整理して上手く進むようにすることができます。今、このことは信じ難いことかもしれませんが、カムを真に知る人々であれば、この主張に賛同してくれると思います。彼は友人に対して忠実で、些細なことにこだわったり、杓子定規な人間ではありません。イエズスやマリアと直接語り合うことができるからといって、自分自身を過大評価することもありません。人の上に立とうとすることはなく、個人の自由と責任を尊重しています。また常識豊かな人間です。

 カムを長いこと知っていますが、私は彼が持つ友情を高く評価し、自分自身を恵まれた人間であると思います。これらの言葉を読む人は、それを「甘い作り話」だと考えるかもしれません。でも、それは個人の自由です。いかなる人に対しても証明すべきことはありません。神が自ら汚名を晴らしてくださるでしょう。


忠誠

 長い年月の間、さまざまな人が来て、そして去って行くのを見てきました。離脱は時に混乱、劇的事件、陰謀、ついには裏切りで燃え上がることもありました。しかしながら、最悪であったのは、こうした人たちの中には、自分たちの考え方を他人にも共有してもらうため、訴訟やメディアの番組を通じて、その後カム氏を攻撃する人たちがいたのです。カム氏は、すべての場合に、あらゆる点で、徳をもって行動しました。それは本当に、離脱の裏にある真の事実をも知っている人々を教え諭すようなものだったのです。もちろんメディアは、カム氏の良い点には全く興味がありません。ですから、そうしたことは全く活字にはならないのです。カム氏が色々なことでジャーナリストのインタビューを受けると、最終的な記事にはいつも「偏向」が加えられ、他の世間受けするさまざまな記事の固定観念に合わされてしまうのでした。こうしたことが長年続いてきたのです。

 こうした事にもかかわらず、満足がいかない人たちは、自分の選んだ道を行きました。それに対して、カム氏はミッションと神が与えたカリスマに常に忠実だったのです。どんな障害が行方を阻んだとしても、彼は神が望まれたことに対して常に忠実でした。しかし、問題の解決のために、彼は慎重に行動してきました。カムは神の恩寵を待ち、霊魂が神に照らされて神の望むところを良心によって理解することができるように祈りました。

 彼が別の人の創造的な考え方を尊重して、自分の判断がより良いものだったとしても、その自分の判断とは異なったことをするのを、私は何度も見てきました。これはカムが人の話す良い言葉に信頼を置いていたからです。彼は無知で騙されやすい人間ではなく、どんな人でも善意をもって支えていたのです。誰でも少なくとも一回はチャンスがあります。カムは個人の自由を大切なものだと考え、聖シャーベル修道会の生活においても個人の自由を尊重しています。

 カムは神の子らの一致を重要なものと考えています。とりわけ幻視者の一致を。幻視者や恵まれた霊魂が誤ったメッセージやビジョンを受けたとき、カムは指示を与え、間違いを正しますが、いつも謙虚であり、その人に対して誠実です。助言が受け容れられない場合、カムはその人の善のために祈り続けます。一致が続くように希望し、人間的な間違いや非難を常に許しているのです。

 カムはまず友人に対して誠実であり、したがって、自分を愛し、好意をもってくれる人が友情を示してくれた場合、それに対して誠実であることが大切なことだと考えています。


結論

 私はこの声明で霊魂がバランスを回復してくれればと希望しています。そうした霊魂は、最近におけるメディアの雪崩のような報道で、その良心が傷つけられているからです。メディアの幻想的な「偏向」に惑わされないで下さい。平和を保ち、リトル・ペブルのために引き続き祈って下さい。祈りと愛と苦しみのうちに一致し、共に立って下さい。離れてしまえば落ちます。イエズスがこれらの言葉を読む人に祝福を与えてくださいますように。また、神の御母がその優しい愛でこれらの人を包んでくださいますように。

キリストにおいて敬具

+司教 マルコム・ブルザード

http://www.shoal.net.au/~mwoa/in_defence/statement_bishop_broussard.html



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】