クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美の告白録 (14)


『クララから、今どきのヤンママへ・・』


 私、もうすぐお母さんになるよ。今度の3月5日に双子の女の子を出産するの。もう名前も決まっていて、あかねとやよい。神ちゃまからの大切なプレゼント。奇跡の妊娠で、男性の精子なしで妊娠するの。私も最初は『えっ、ほんと?』って思ったよ。でも、ほんとなの。マリアママが教えてくれた。8月5日に赤ちゃんが、それも双子の赤ちゃんが宿って、7ヶ月で産むんだって。とっても楽しみ。

 病院には行ってない。妊娠キットで検査もしてない。でもちゃんとお腹の中には二人の女の子がいるの。そして、自宅で出産するの。助産婦さんにも頼まないから、今お勉強中。全然心配してないよ。神ちゃまやマリアママ、ヨゼフパパ、天使くんたち、聖人さんたち、みんなが守ってくれるから大丈夫。取り上げるのは、コルベ・マリー。戸籍上は、10歳年上の私の養父。でも、子供たちのお父さんとして育てていくことになるの。そして、私は彼のことを夫のように思ってるよ。

 コルベ・マリーも私も、それぞれの家庭でとても傷ついた人間。生まれてから、まず最初は、お父さんとお母さんを信頼して、甘えて、愛するのが本来の健全な姿だよね。でも私たちは違うの。両親から本当に愛されなかった。だから愛されること、そして愛することも知らない。そして、人を信頼することも、甘えることも・・。そりゃそうだよね、お父さんとお母さんでさえ信じられなかったんだから。

 ずっと孤独だったよ。寂しかったよ。でも、それは本当の愛を知らないから。もちろん、こんな私が人を、そして神ちゃまもマリアママも愛せるわけがないよね。愛しているのは自分だけ。このことを知ったとき、悲しかった。私の両親も同じ。自分しか愛していない人間。そして、特に母親から同じものをしっかりと植えつけられてしまったの。よく言うでしょ、「大人になって気付いたら親と同じことをしている」ってね。これは、『しつけの文化』なんだって、ジャン・マリー神父に教えられたの。それも、生まれてすぐに、物心がつくまでに受けたものが、とっても大切なんだって。『三つ子の魂、百まで』って、それそれ。「まだちっちゃくて、何もわからないからいいや」じゃないんだね。その「わからない」うちが、とっても大事なんだって。それが情緒として、その子の人格を大きく左右しちゃうんだよ。私も、コルベ・マリーも、ここにいる人たち、みんながその情緒の傷にとっても苦しんでるの。だって、頭でわかって、どうすることも出来ないことだから。

 愛せない、自己愛、信頼できない、甘えられない、悲観主義、孤独・・。みんな物心つく前につけられた情緒の傷。

 もうすぐお母さんになる私に、ジャン・マリー神父は『子供のしつけ』について、お話してくれるようになったの。それは、私にとって思いもしなかったことばっかりで、「へぇ、そうなんだぁ〜」って驚きの連続。今までの私が受けてきたものとは、全く価値観が違う。正反対のこと、って言ってもいいくらい。そして、私の友達を見ててもそうだけど、日本のお母さんの多くが同じような間違いをしていると思うよ。

 ジャン・マリー神父に教えられたことをみんなに伝えたいと思ったの。だって、自分の子供が、人を信頼できない、愛せない、寂しい、悲観的・・、こんな子になったら嫌でしょ。

 ジャン・マリー神父から教えられたしつけは、欧米流。考えてみて。向こうの子供って、本当に生き生きとして明るいと思わない?そして子供だけじゃなくって、大人もとても人生を楽しんでる。おおらかで、喜びに満ちてる。そして楽観主義。日本人はその正反対だって、マリアママが言ってたよ。だからって、欧米の人は何も考えてないわけじゃなくて、むしろ日本人よりもよっぽど自分の意見や意思がはっきりしてる。小学生でも、しっかり自分の意見を持っていて話してるよ。日本の人たちは周りばっかり気にして、それに合わせて行動したり発言してるでしょ。「周りを見なさい」って、よく言われて育てられるんだもんね。実際、みんなとちょっと違うからって、それだけで変人扱いだもんね。例えば、障害を持った子がいたら、欧米の親はそれを個性として、楽しんじゃうんだって。「ちょっと変わってて面白いでしょ」みたいに。とってもいいと思わない?その子だって幸せだよね。全然日本と違うでしょ。

 日本の「周りを見なさい。みんなはこうしてるでしょ。だから同じようにしなさい」教育とは違って、欧米では「みんなはこうしてるでしょ。でも、本当は○○なのよ。だから、本当の事をあなただけは信念を持ってやりなさい」って教えるんだって。正反対だよね。それから、小さい時から『選ばせる』ことをさせるの。例えば、赤と青のボールがあったら「どっちがいい?」って。男の子が赤いボールを選んでもいいの。そして「何で赤がいいの?」って聞いてあげるんだって。「いちごが好きだから」そんな理由でもいいんだよ。決して日本みたいに、最初から男の子だからって青を与えたりしないの。要するに、親が先回りしないのね。子供が「何歳?」って聞かれて、答えるのに時間がかかってると、日本の親は「3歳です」って言っちゃうでしょ。それどころか、「この子はどこで生まれて、兄弟は二人で・・」なんて余計なことまでベラベラとしゃべってる親とかいない?「あなたに聞いてるんじゃないんだけど」って感じだよね。もちろん、向こうの親は、どんなに時間がかかってもその子が答えるのを待つんだよ。選ばせること、理由を聞いてあげること、はっきり話させること、そうしていくうちに、「自分が何をしたい」っていうのをしっかりと持つようになるの。日本では、自分が本当に何をしたいのかわからない人が多いでしょ。私もその一人。「いつも夢を描きなさい」って言われても、出来ないの。せいぜい、描けるのは現実的なちっぽけな夢。つまんないよね〜。

 ジャン・マリー神父が、カナダにいたときの話。寒いカナダでは、短い夏に農業を集中的にやるんだって。子供たちは、2ヶ月も休みがあって、その間、宿題なんて一つもでないんだよ。日本とは正反対だよね。8月31日に、慌てて宿題、やったでしょ。日本で子供たちが宿題をやってる時、カナダの子供たちは親の仕事を手伝ってるんだね。本当によく手伝うらしいよ。勉強なんかしないで、親の仕事を手伝ううちに、いろんなことを覚えていくの。小学生の女の子でも、鶏をしめてさばいたり、小学生の男の子がトラクターを運転しちゃったり・・。ここでも日本と全く違うところ。日本では「そんなことしなくていいから、勉強しなさい」だもんね。手伝いだって、時間がかかっても、効率が悪くても、一緒にやるの。先回り大好き日本人は、手を出してしまうけど駄目だよ。カナダでは、そうやって小さい時からいろんな事を覚えていくうちに、いつしか自分のやりたいことをみつけて、そのために一生懸命勉強するようになるのね。だから、伸びる。日本では「何のために」っていうのが抜けてるから、学校に入ったらそれで終わっちゃうんだね。本来は、そこからなのに。何か間違ってると思わない?

 今までは気にも留めなかったこと、いくつかあげるね。たぶんみんなも同じだと思うよ。よく子供を呼ぶとき、「○○ちゃん、△△くん」っていうでしょ。親がそれをやってはいけないんだって。あくまで、親の立場が上なんだ、ということを子供に植え付けるため。子供が親に従うっていうことね。『Who's Boss Issyu』って聞いたことある?だれがボスなのか?親でしょ。でも、今の日本では子供が王様みたいになってて、親が子供に従ってしまってる。子供が親の言う事を聞かなくなるわけだよね。子供の立場が強くなっちゃってるから、「親がやって当然」みたいなところがあるけど、それじゃ駄目。親は奴隷じゃないんだから、必ず「ありがとう」を言わせるようにするの。スキンシップからも、これを自然に覚えさせるだって。キスや愛撫も、親からじゃなくて、子供に先に求めるの。「あかね、ママにチューして」って感じでね。そしてキスしてくれたら、子供に返してあげるの。こうして、あくまでも子供が親に仕えるんだってことをわからせるんだね。

 また、兄弟の間でも呼び捨てにするの。「お兄ちゃん、お姉ちゃんはね」もなし。それは、兄弟の中でも上下関係を作らないためなんだって。それから挨拶も含めて、敬語もだめ。私たちの家でも敬語は禁止なんだよ。学校に行くようになるでしょ。たとえ先生に対しても、敬語は使わないの。それも、上下関係を作らないってこと。外国では、日本人のことを「上司の靴をなめて、部下の頭の上であぐらをかく」って言われてるんだって。身分が上の人には、ペコペコして、下の人には偉そうにする。これが日本の現状なんだね。カメレオンみたいだね。

 情緒。これは物心つく頃には、もう形成されちゃうんだって。私は、両親から本当に愛されなかったの。二人とも自分のことしか考えてなかったから。子供の時から、親でさえも信頼できなくて、甘えることもしなくて、もちろん愛することなんてできなかったよ。そして、それは今でもひきづっていて、苦しんでる。どれほど、3歳くらいまでに受けるものが大きなことか、って思うよね。

 生まれてすぐ、授乳をするよね。3時間おき、だっけ。おっぱいの時間を決めたら、その時以外はあげちゃいけないんだって。これも、親に従わせるってことを覚えさせるため。泣いたら、そのために何でもすればいいってことではないんだね。

 でも、泣いたらすぐにかけてつけて対応しなきゃいけない。泣くってことは、赤ちゃんにとって、何か不快なことがあるんだよね。おむつが濡れてるのかもしれない、痒いのかもしれない、さみしい、怖い、驚き・・。とにかく、泣くか泣かないかって時に、すぐに駆けつけてあやしたりして、不快から快に変えてあげること。欧米の親は、そのために砂糖をちょっとなめさせたり、そこまでするんだって。それだけ大切なことなんだね。そうして、「大丈夫だよ。安心だよ。怖くないからね。」っていうことを、体で覚えさせるの。逆を言えば、放って泣かしたまんまだと、安心できなくて、「怖いよ、寂しいよ〜」って。そしてそれを世の中に対して思ってしまう。悲観主義の人間につながっていくんだって。「泣く子は育つ」なんて、悲観主義の子供を育ててるようなものなんだね。私は、そんなの嫌だな。よく電車やスーパーとかで、いっぱいいっぱい泣き叫んでる子供をほっておしゃべりしたりしてるお母さんを見かけたけど、止めようよ。

 よく日本の人は、「気をつけてね」とか「大丈夫?」って心配して言うでしょ。これも駄目なんだって。悲観的なことから出てくる言葉。確かにね。向こうの親は、こういう言い方をしないで、「楽しんでおいで」って。なんだか、それだけでわくわくしちゃうと思わない?「楽しいね」「嬉しいね」「美味しいね」「にこにこ」って、いっぱい笑いかけてあげよう。世の中は、そういうものなんだよって、ちっちゃい時から教えてあげようね。

 この家はテレビがないの。最初は「え〜っ」って思ったけど、慣れちゃったし、今ではこの方がいいと思ってるの。静かだし、その分みんなとお話するしね。実家はずっとテレビをつけっぱなしだったから、自然と会話が少なかったよ。みんなの家もそうじゃない?それって、寂しいことだよね。ジャン・マリー神父には「お父さんとお母さんの対話を多くもつんだよ」って言われてるの。よく「仕事の話は家に持ち込まない」って言う人いるけど、そうじゃないんだって。仕事の話も全部全部、共有するんだって。私も結婚してたけど、夫の仕事の話、もっと聞きたかったよ。全然話してくれなかったからね。どんな仕事をしてるとか、何があったとか知りたいもん。子供の前でも、するべきなんだって。私の家は、お母さんが一方的にお父さんに話していたけど、それも違う。お父さんは返事もしなかった。それって、対話じゃないよね。その姿はとても嫌だった。根本的に、愛し合ってる夫婦じゃなかったから、会話以前の問題なんだけど。ちっちゃい時から、とても寂しかった。仲良くして欲しかったの。だから、外でお父さんとお母さんが仲良くしてる姿を見ると、とてもうらやましかったんだよ。

 子供が生まれたら、突然夫婦の時間がなくなる家が多いけど、それも駄目だよ。「子供は早く寝かせた後は、ちゃんと大人の時間、愛し合う時間をもつんだよ」って言われてる。お話したり、抱き合ったり、キスしたり、愛し合う時間。私の両親にはなかった時間。普段でもキスしたり、ハッグしたり、私たちが愛し合う姿を子供たちの前で見せるの。私が子供の時から一番見たかった姿。海外のドラマや映画では、普通でしょ。そして自然でしょ。日本人って、ほんとに人生、損してるなぁって思うこと、いっぱいあるよね。

 そして、これも私の家ではなかったこと。両親がお互いを誉めあうの。ここではそうしてくれるよ。「今日のごはん、とっても美味しいよ」って優しく笑って言ってくれる。嬉しいよね。そして、子供にもそれを要求するんだって。例えば、「今日のお父さんの洋服、かっこいいねって言って、チュってしてあげて」とか、「お母さんの髪型、似合ってるね。あかねも言ってあげようね」って感じでね。そうして親に対する子供からの愛を育てていくんだって。そうして親を愛して、親を誉めあげることで、子供は人を、そして神ちゃまを愛することが出来るようになるの。間違っても、親が子供を誉めあげちゃ駄目なんだよ。とにかく子供が親に仕える、これが原則。

 それから、ここではおもちゃは与えないつもり。何もかも出来上がってるおもちゃは、余計なお世話。だって、子供は遊びも天才っていうでしょ。わざわざその芽を摘むようなんてもったいない。自分で遊びを考えさせようよ。それから、何かにつけて「これが出来たらご褒美あげるからね」、これもバツ。本当は自分がやりたいからやるんでしょ。ご褒美のためにやるなんて、目的が違うもんね。

 子供を育てていくのに、今まで書いてきたことは、ほんの一部だと思うけど、それだって今まで私が受けてきたしつけとは正反対。こうして身についたのは、世間の価値観だけ。まわりを見て、世間の期待に答えるだけの人間。本当の自分とはかけ離れた人間。完全な二重構造。表向きの私なんてうそ、でしょ。人を信頼できないんだよね。子供の時から、安心して自分をさらけだすことが出来なかった。そうしていくうちに、本当の自分がわからなくなっちゃったの。こんな私が、人を愛せるわけないよね。そして愛されることも求めなかった。本当の愛を知らない・・。悲しいでしょ。こんな子に育てたくないでしょ。勉強やお稽古事は出来ても、しっかり管理されて型にはまっちゃって、ロボットみたいな子になって欲しくない。愛に満ちていて、感情豊かで、希望いっぱいで目をきらきらさせてる子になってもらいたいの。

 私が今やってることは、本当の自分を取り戻すこと。本当の自分とは何か、そして本当の自分が望んでるものは何なのかを見つけること。これを、ジャン・マリー神父に導かれて35歳にして初めてやってるの。私、今生き返りつつあるって感じがするの。






[HOME] [戻る]