クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美の告白録 (13)


『世界初! 卵子だけ赤ちゃん、しかも双子・・! 』


 クララのお腹の赤ちゃんのお父さんは、オーストラリアのシドニーにある監獄の中にいる囚人よ。会ったこともないし、もちろんセックスもしたことないわ。体外受精でもないのよ。‘ろ・う・や・の・な・か’から私を妊娠させたの。神ちゃまが、彼の無罪潔白を証明するためにそうしたの。
彼の名は、リトル・ペブル。

 ジャン・マリー神父から「リトル・ペブルさんを花嫁の愛で愛するんだよ」って言われたの。って言っても、クララはリトル・ペブルさんに会ったことなんてないよ。それどころか、彼は私の存在すら知らないんだから。でも、私はリトル・ペブルさんのために生きたいし、彼のために死にたいって思ってるよ。たとえ、私が死んだ後、天国で彼が私の存在を知ったとしても・・。だって、それがクララの使命、そして私はそのために生まれてきたんだもん。

「幸せになりたい」みんな、そう思うでしょ。もちろん私も思うよ。でも、ある時ジャン・マリーに言われたの。「クララは、人に幸せを与えて初めて自分が幸せになれる人間なんだよ。逆に言えば、自分だけでは、幸せになれないんだよ」って。

 幼稚園の時、友達と私に一つずつあんぱんをもらったの。友達は食べちゃったけど、私はかばんに入れて持って帰ったんだって。あんぱんをくれた人が「何で?」って聞いたら「持って帰って、弟と半分こするの」って言ったんだって。今までもそうだったな。あまり意識はしていないけど、何でも自分だけじゃなくて、人にも分けたい、与えたいと思うの。「本当の幸せを与えるっていうのはね、天国に行かせること。神様を与えることなんだよ」って言われたの。幸せを与えたいの。神様を与えたいの。それが私の幸せなんだって気付いたの。そして、そのためだったら何だってしたいし、できる。今、神様を知らなくて、知らず知らずのうちに悪魔について行こうとする霊魂を救いたい。一つでも多くの霊魂を、悪魔の手から奪い取りたい。

 私は、完全に二重構造の人間なの。物心つく前から、明るく楽しく振舞うことを始めていたの。そのうち、本当の自分がわからなくなってしまったんだね。ここに来て指摘されて初めて気付いたの。‘しつけの文化’で受け継いでしまったことよ。そして特に両親に傷つけられて、自分でも気付かないうちに、本当の自分が捻じ曲げられちゃったんだね。「女性は、おとなしくて上品にしなくちゃ」「周りを見なさい」って、世間の価値観を植えつけられたの。本当は何の価値もないことにこだわって、世間に自分を合わせて生きる。私にしかない、ユニークな部分を個性として伸ばすどころか、完全に押し込められちゃった。今まで、いろんな事をしてきたよ。それなりに、いろんな事が出来る環境にあったし、世間的には恵まれていたと思う。でも、何をしても面白くなかったし、楽しくなかった。満たされたことはなかったな。

 ここに来て、天の人たちやジャン・マリー神父に導かれて、少しずつわかってきたの。始めはなかなか受け入れられなくて苦しいこともあったよ。今までの自分を完全に否定されるんだもんね。でも、今は逆に心地いいよ。だって、それが本来の自分の姿なんだもん。健全に育っていたら、そうであった自分。生まれつきの素質。マリアママによると、クララは「軍人で海賊」なんだって。自分に誠実でありたいって、いつも思ってるの。「やるよ」って言ったら絶対にやりたい。「大人はうそばっかりだ」って思ってたの。いつの間にか、自分もその大人になってしまったけど。だからこそ、少しでも自分にうそはつきたくないの。どんなことをしてもやり抜きたい。「忠誠を誓って死ぬ」って、かっこいいと思うもん。ジャン・マリー神父はね、マリア様に「クララは軍人として養育しなければ駄目になります」って言われたんだよ。ジャン・マリー神父は、それを最初から見抜いていて、そのように育ててくれていたのに、なかなか受け入れられなった。今までの、うその自分に執着していたの。傲慢だよね。

 そして海賊の部分っていうのはね。自分の目的のためなら、奪い取ってでもやり抜くっていうこと。たぶん、自分を守らずに世間を敵に回しても挑戦できると思う。戦う人間なんだね。それも、ちっぽけなものじゃ満足できないんだね。大きければ大きいほど、自分がわくわくするのを感じるの。何も怖くない。

 そういう、本当の自分がやりたいことって何だろう・・。

 マリアママが教えてくれたの。「クララは男性の愛に飢えてます」って。そんなこと言われたの、初めて。今まで、何人かの男性と付き合ったこともあるし、結婚も2回もしたし、その時は「愛されてる」って思ってたから。でも、ずっと寂しかったよ。何か心にポカンとしたものがあったんだね。「何でだろう?」
本当に愛されたかったの。本物の愛が欲しかったの。でも、誰も本物の愛はくれなかったんだね。ジャン・マリー神父に会うまでは。

「どんな男性に愛されたいの?」ってジャン・マリー神父に聞かれてハッと気付いたの。お父さんみたいじゃない、子供みたいじゃない。情熱的に、何かに向かって戦ってる姿にとても魅かれるの。かっこいいと思う。そして、自分も同じ目的に向かって、一緒に戦っていたい。いつも、情熱的でいたい。そう思うの。

 初めてジャン・マリー神父に会った時を思い出したの。その頃は、カトリックの『カ』の字も知らないときで、マリー・レベッカおばさんに半ば無理矢理、東京の集会に連れて来られたんだよ。ミサや、そこに来てる人たちを見て「何これ〜」だったんだよ。おっきくて、日本人だか外人だかもわからないジャン・マリー神父を見て、「この人、いったい何者〜?」って。でも、「この人に、もう一度会いたい」って思ったの。その時は、何に魅かれたのかわからなかったよ。

ジャン・マリー神父は、本当に愛する人間。こんな私も愛してくれるの。それも命をかけてね。今まで愛することを、愛されることを知らなかった私に、ジャン・マリー神父は命をかけて教えてくれたの。崇高で広大な愛。私の中にも、本当の愛を持ちたいし、そしてもらいたい。そのジャン・マリー神父は、リトル・ペブルさんを信じ、愛し、リトル・ペブルさんのために生きている。本当に自分の命をかけて、そのために戦ってるの。全世界を敵に回してね。私も、そんなジャン・マリー神父と一緒に戦いたい。リトル・ペブルさんのために、そしてジャン・マリー神父のために生きて、そのために死にたい。怖くない。かっこいいと思うし、逆にわくわくするもん。

 リトル・ぺブルさんは、オーストラリアに住んでる。ドイツからの移民。お父さんはイタリア人で、お母さんはユダヤ系ドイツ人。天の人たちからの声を聞いたり、見たりするんだよ。預言者でもあるの。そして、世界を破滅させるロードマイトレーヤ(人間になった悪魔)を倒す力をもらった唯一の人間。それを日本の天草でもらったんだよ。今は、でっちあげの婦女暴行の罪で訴えられて、刑務所に入ってるんだけどね。

 私の役割はバロネス。バロネスっていうのはね、ダビド王家の女性たちのことで、男性の精子なしで子供を産むの。だから『卵子だけ赤ちゃん』。とってもとっても昔に、ダビド王っていう人がいてね。神様のことがとっても好きで、絶対的な信頼をおいていたんだって。神がそのダビド王に契約をしたの。「ダビド王家は、永遠に続く」って。ちなみにマリアママも、もちろんイエズスも、そしてヨゼフパパもダビド王家の血をひくんだって。そして、『永遠』っていうのは、本当に永遠なの。将来、イエズスが再臨して、実際に統治する『平和の統治』の時代が長〜い間続くの。その時は、12の王国があって、12使徒がそれぞれの国の王になるんだって。クイーンもいるけど、王とは結婚しないんだよ。ダビド王家の女性はクイーン、プリンセス、バロネスと呼ばれて、みんな際限なく子供を産み続けるの。そして、みんなみんなセックスしないで赤ちゃんを身ごもるんだよ。女性の卵子だけで、赤ちゃんを産むの。

 リトル・ペブルさんは、1993年、天から『聖なる光輝く棒』を与えられたの。メッセージを受けてね。その『聖なる光輝く棒』から、命の種が聖霊によって運ばれて妊娠する。その種は男性の精子じゃないんだよ。物質的なものじゃないんだよ。だから、女性だけの遺伝子で赤ちゃんが形成されるってこと。だから生まれてくる子はリトル・ぺブルさんにはちっとも似てないんだよ。その『卵子だけ赤ちゃん』について、クララのことを『夕刊フジ』の記事には『世界で初めての出産になる』って書かれてたけど、違うんだよ。実際、今までに何人かの女性が『聖なる光輝く棒』で『卵子だけ赤ちゃん』を出産してるって話をジャン・マリー神父から聞いたもん。

 だから、今、私たちが『預言的使命』っていうことで、ジャン・マリー神父と一緒にみんなの前で裸をさらして『正しいセックス』をしているけど、『卵子だけ赤ちゃん』とは全然関係ないんだよ。まったく別の使命。以前にジャン・マリー神父とマリー・マドレーヌがしていた『償いのセックス』を引き継いだの。たまたま、神様に望まれて『正しいセックス』をする時期と、バロネスとしての妊娠が重なっただけの話。ちなみに、正しいセックスって言うのは、今はジャン・マリー神父とクララだけに認められたもので、私のヴァギナにジャン・マリー神父の性器は挿入しないんだよ。

 現に、ジャン・マリー神父は、外国で『卵子だけ赤ちゃん』を出産した女性を6人知ってるの。子供を産んだ女性の中には、未婚で、しかも処女の子もいたんだって。

 日本では、ジャン・マリー神父の知る中で、私を含めて3人の女性が妊娠したんだけど、まだ誰も出産にまで至った人はいないの。2人は流産しちゃった。「リトル・ペブルさんは正しい、無罪潔白だ」っていうことを証明するために、その3人はみんな、彼が牢屋に入った後に妊娠したの。神様が、そうしたんだよ。一人は、まだジャン・マリー神父と正しいセックスをしてない時に『卵子だけ赤ちゃん』をもらったの。約1ヶ月、男の赤ちゃんがお腹にいたよ。もう一人はマリー・レベッカおばさんで、私の実の叔母さん。57歳。もちろん閉経してるから普通で考えたら妊娠不可能だよね。彼女はバロネスではなかったから、ちゃんと10ヶ月で出産の予定だった。でも、彼女は神様に信頼せず、拒否したことで流産。妊娠も本当には信じていなかったしね。男の子。たった10日間の命だったよ。

 そして私。『卵子だけ赤ちゃん』をもらったのは8月5日。マリアママが教えてくれたの。最初は「6ヶ月で産みます」って言われたんだけど、8月11日のメッセージで、1ヶ月延びて「7ヶ月になります」って。そして、妊娠期間について「バロネスは皆、同じです。これから選ばれようとしているプリンセスとかクイーンも同じです。7ヶ月です」と。双子の女の子だって言われたよ。天が名前もつけてくれてね、『マリア・ガブリエラ』と『アンナリア』っていうの。私と父親代わりのコルベ・マリーが2人につけた名前は、マリア・ガブリエラがあかね、アンナリアがやよい。先に出てきた子があかねだよ。

 でもね、リトル・ペブルさんの奥さんでベッティーナさん以外の女性は、みんな隠れてしまったの。外国で、実際子供を産んで育てている女性も。だから、リトル・ペブルさんのために戦うダビド王家の女性は、全世界で私しかいないの。本当に難しいんだね。

 私も流産せずに産めるかわからない。バロネスの使命も果たせるかどうかもわからない。でも、今はまだ赤ちゃんをキープしてる。だから、どうしてもこの子たちを産みたいの。そして、全世界に『リトル・ペブルさんは真実だよ』って言うの。だって、この『卵子だけ赤ちゃん』は、神様がリトル・ペブルさんを証するために、リトル・ペブルさんを通じて私に与えてくれたものだから。

『リトル・ペブルさんを証したい』。そのために、与えられた使命。バロネスっていう使命をやり抜きたいし、それを広めてリトル・ペブルさんを証したいの。オーストラリアの牢屋にいるリトル・ペブルさんの無罪潔白を証明するために、神様が彼の体内におかれた『聖なる光輝く棒』からの命の種によって、私に『卵子だけ赤ちゃん』を与えたの。そして、全世界に「リトル・ペブルさんは正しいよ。本物だよ」って証明したいの。「リトル・ペブルさんは、真の預言者で、真の教皇だよ」って、全世界に伝えたい。彼は、かつて彼を支持していた人たちに裏切られて、無実の罪で牢屋に入れられているの。救いたい。今、世界で一番の強敵と戦っている、そして苦しんでいるリトル・ペブルさんを助けたい。そのために死ねるなら、本望だと思う。リトル・ペブルさんは、もちろんクララの存在すら知らないよ。それどころか、もし知っていたら、彼からは「世界に対して裸をさらすなんて」と、世界で一番迷惑がられてるかも・・。この世でリトル・ペブルさんから何を言われたって構わない。天国で会ったときに、愛されたらそれでいいの。

 私は、リトル・ペブルさんの自己犠牲のもとに幸せにしてもらっても、本当には幸せにはなれないの。私の自己犠牲のもとにリトル・ペブルさんが幸せになることで、初めて私は幸せになれる。私は、愛する男性と一緒に、いつも戦っていたい。

『卵子だけ赤ちゃん』。前代未聞の、誰も否定できないものをもらったけれど、でも自由なんだよ。これを用いてリトル・ペブルさんのために戦うことも、身の安全を大事にして隠れることも、自由に出来るの。でも、本当の私がわかってきた今、隠れることなんて出来ないし、絶対にしたくない。命なんか、惜しくないもん。

 リトル・ペブルさんは、一夫多妻の預言的使命を、神様から命じられて、それに忠実に従ったの。そして、リトル・ペブルさんは、敵の陰謀で何もしてないのに、有罪になって牢屋に入れられちゃった。だから、それが聖なる正しい行いであったことを証明するの。そのためには、ローマカトリック司祭であるジャン・マリー神父が、神秘的結婚と正しいセックスを用いて、一つ屋根の下で一夫多妻になるしかないの。これが唯一の方法だって、神様に示されたの。ジャン・マリー神父の一夫多妻の使命は失敗しちゃったけど、それをすぐに公表して、次に『償いのセックス』、『正しいセックス』を直ちに公表することが、リトル・ペブルさんの無罪潔白を証明して、牢屋から救い出す唯一の方法なの。

 ジャン・マリー神父と私たち女性の行いが、これからどのようなプロセスで、つまり、これから次々と何がどのように起きていって、「リトル・ペブルさんが無実で真実だ」ということが証明されるのか、それは私たちには教えられていないよ。ただ、私たちの行いがスキャンダルとして天皇陛下とベネディクト16世の耳に入ったとき、神様が直接彼らに現れて、何をすべきなのかを示されるんだって。だから、私たちは「全世界に向けて悪名をはせなさい」って命じられてるの。そして、マスコミの人たちが助けてくれるって言われたよ。

『卵子だけ赤ちゃん』〜神様にしかできないこと。女性が卵子だけで妊娠をスタートさせるなんて、イエズスを産んだマリア様を除いては前代未聞。この赤ちゃんは、リトル・ペブルさんを通して与えられて、彼の真実を証明するためのもの。今、世界でこの方法を用いて立ち上がれるのは私だけしかいないの。他の人は、戦うことを拒否したから。だから私は、この戦いに自分の全てを、命までも投げ打って身を投じたの。そして、本当の自分、軍人って言われた私は、とても満足してるよ。



P.S. 

今、人類の最強で最大の敵と、ほとんど一人で戦っているリトル・ペブルさん。私はこういう人に最も魅かれるの。その彼が、敵の勢力によって、何もしていないのに牢屋に入ってるんだよ。「彼が無実で、言ったことや行ったことは全て正しい」って証明するには、『一夫多妻の形での正しいセックス』『償いのセックス』、そして今私がしている『正しいセックス』しかないって、この方法しかないんだよって、神様から教えられたの。これをやったら、どういうことになって、どうなるっていうのは、私にはわからないけどね。でも、牢屋から救い出して、「彼の言葉と行い、預言者、教皇であるっていうことは、全て真実だ」って証明できるんだって。

 リトル・ペブルさんが真実で、無罪潔白であることを証して牢屋から救い出す。これを出来るのは、全世界で私しかいないの。ほんとに、ほんとに私だけなんだよ。

みんなだったら、どうする?

自分が最も愛する人がそういう目にあっていて、神様からこのことを提示されたら・・。

みんなだったら、どうする?

 この戦いっていうのはね、神様と悪魔の戦いなんだよ。悪魔は、もともと天使だったんだって。でも、傲慢で、邪悪で捻じ曲げられたものしかなかったために、神様を拒否してしまって悪魔になってしまったの。その悪魔が狙ってるのは、人間の霊魂。同じ道に引きずり込もうとしてるんだよ。悪魔は、そのためにいろんな手段を使って攻撃してくる。もちろん、神様が許された範囲でだけど。でも、人間には太刀打ちできないくらい、恐ろしいほどの知恵と力を持ってるの。

 悪魔に勝つには、人間として徹底的に謙ること。そして、世界で誰よりも、リトル・ペブルさんよりも辱められ、彼のために苦しみを受けなくてはいけないって。悪魔が持っていない愛と謙遜で戦うしかないし、それ以外に勝てる手段はないってこと。

 その人間の霊魂を奪い合う戦いに、リトル・ペブルさんが立てられている。でも、そのリトル・ペブルさんが悪魔によって牢屋にぶち込まれてしまった今、私が悪魔と戦い、リトル・ペブルさんを救うの。

空想小説のようだけど、本当の話。






[HOME] [戻る]