クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美の告白録 (12)


『 妊 娠 』

 私が秋田に来たのは、2007年3月31日。その次の日に、マグダラのマリアが来たばっかりの私にメッセージをくれたの。『あなたは、特別な方法であかちゃんを得ます。・・リトル・ペブルに繋がれた一人の女性の地位にあなたは選ばれています。だから超自然的な形で赤ちゃんを産みます。愛するジャン・マリー司祭から聞いてください。男爵の地位です。』

 その時は、マグダラのマリアがどういう人だったか、とかバロネス(男爵)っていう言葉も意味も、とにかく何にも知らなかったから(今でも何も知らないけどね)、頭の中ポカン!って感じだったよ。「へぇ〜、赤ちゃん産むんだぁ。え?でもでも・・」。

 私は、20歳の頃、3ヶ月で8kg近く急激にやせちゃって、その時から生理が止まっちゃったの。病院に行って、卵巣機能不全って感じの診断をされて、ホルモン治療を受けてたの。女性ホルモンを投与しないと生理が起きないの。ここに来る今年の3月まで続けてたよ。そして、医者からは「妊娠したい時は相談してね。排卵誘発剤を使わないと無理だと思うから。」って言われていたの。そりゃそうだよね、基礎体温をつけてても、排卵してないんだもん。治療しないでほっといたら生理もこないんだから。普通のセックスだけでは、絶対に妊娠しない体なの。だから余計に驚いたんだね。私が赤ちゃんを産むの? それも、メッセージで受けたバロネスっていうのは、特別な方法、超自然的な形で赤ちゃんを産む。それは、セックスなしで、男性の性器の挿入なしで妊娠するんだって。最初は、私も何が何だかわからなかったよ。「リトル・ぺブルさんの聖なる輝く棒から、命の種が運ばれて、男性の精子なしで妊娠するんだよ。」って言われたってねぇ。それも私が? リトル・ぺブルさんってどんな人? 今どこにいるの? 棒とか種とかって何?

 リトル・ぺブルさんは、オーストラリアに住んでる。ドイツからの移民。お父さんはイタリア人で、お母さんはユダヤ系ドイツ人。天の人たちからの声を聞いたり、見たりするんだよ。預言者でもあるの。ベッティーナさんっていう可愛い奥さんがいて、5人の子供がいるんだって。今は、でっちあげの婦女暴行の罪で訴えられて、刑務所に入ってるんだよ。簡単なことは知ってたけど、ここに来て初めて知ることもいっぱいあったよ。今でも知らないこと、たくさんあるけどね。でも、リトル・ぺブルさんは本物だっていうことだけは知ってる。そして、バロネスについての知識もゼロ。『聖なる輝く棒』から、神ちゃまの力で命の種が運ばれて子供が宿るんだって。その種は男性の精子じゃないんだよ。だからあくまで、女性だけの遺伝子で赤ちゃんが形成されるってこと。だから生まれてくる子はリトル・ぺブルさんにはちっとも似てないんだよ。リトル・ぺブルさんは、1993年7月3日に『聖なる輝く棒』が天から与えられたの。これは、天からのメッセージで、リトル・ぺブルさんが直接受けたんだね。その奇跡の妊娠について、クララのことを『夕刊フジ』の記事には『世界で初めての出産になる』って書かれてたけど、違うんだよ。実際今までに、何人かの女性が『聖なる輝く棒』で妊娠し、出産してるって話をジャン・マリー神父から聞いたの。そして、ジャン・マリー神父は、その女性と子供たちに会ってるんだよ。そして、ジャン・マリー神父が知ってるだけで宿った子は13人なんだって。こんなにいるんだから、地球のどこかで、同じ方法で生まれた子供はもっといっぱいいるんだろうね。

 最初の妊娠は、リトル・ぺブルさんの奥さんベッティーナさん。オーストラリア在住のドイツ人。私より1つ年下だから、今34歳だね。17歳で結婚したんだって。若いよね。1993年、リトル・ぺブルさんに『聖なる輝く棒』が与えられた時は、すでに2人の子供がいたの。そして、彼女にとって3人目は、リトル・ぺブルさんの精子を用いずに女の子を妊娠したことを、天から知らされたんだね。でも、妊娠初期で流産しちゃったんだって。同じようにして、今度は双子を妊娠。無事に男の子と女の子の双子を出産。そしてもう一人、女の子を出産したんだよ。奇跡の子として4人の赤ちゃんを妊娠したことになるね。一人はかわいそうに流産だったけどね。今、彼女はリトル・ぺブルさんとの性交でできた子供が3人、奇跡の子が3人いるんだよ。
それから、ベッティーナさんに妹がいて、その子も『聖なる輝く棒』で女の子を出産してるんだよ。その時、彼女は未婚で処女だったって。

『未婚の処女』シリーズを続けると、まずカナダ人で17歳の女性が女の子を出産。ジャン・マリー神父が彼女に会って、「受胎した時びっくりした?」って聞いたら、「その2ヶ月前からマリア様から告げられて霊魂の準備をしてたからびっくりしなかった」んだって。そしてニュージーランドの二人の女性。二人とも10代で、一人の子は男の子、もう一人の子は女の子を出産。

 それから、アイルランド系のオーストラリア人の家族。その夫婦はある期間、性交しなかったんだけど、その間に妊娠して女の子を出産したの。その時は何も知らなかったから、当然のことながら、疑われるよね。その夫は「不倫しただろう」って怒っちゃって離婚寸前まで至ったんだって。でも、後になってマリア様が教えてくれたんだね。「聖なる輝く棒からの奇跡の妊娠です。」って。

次は日本で秋田でのこと。一人はマリー・レベッカおばさん、57歳。私の実の叔母さんだよ。もちろん閉経してるから普通で考えたら妊娠不可能、だよね。でも、イエズスから「赤ちゃんを妊娠した」って教えられたの。男の子。天がちゃんと名前も付けてくれて『マリア・ヨゼフ・ガブリエル』、そしてジャン・マリー神父は日本名を奥田信二郎ってつけたんだよ。なのに、彼女が神様を拒否したことで、10日後に流産しちゃったの。たぶん着床もしてなかったね。もう一人の女性も男の子を妊娠したの。天がつけてくれた名前は『ヨゼフ・マリー・ジュディエル』。でも流産。1ヶ月の命だったよ。ここでの妊娠は、天からのメッセージで、いつ妊娠したのかを教えてくれるの。そして、3人の男性が受け皿になって、その上で妊娠、出産するってこと。もちろん、私も同じだよ。

 私は、2007年8月5日、雪の聖母の祝日に妊娠したの。雪の聖母大聖堂っていうのがあって、その祝日には赤ちゃんが欲しい女の人が行くんだって。だからジャン・マリー神父がマリアママに「今日赤ちゃんちょうだい!」っておねだりしたの。そしたらマリアママがね、「聖母が今日クララ・ヨゼファ・メネンデスに、妊娠の恵みを授けました。」って言ってくれたの。双子の女の子で、初めは6ヶ月で出産って言われたんだけど、変更があってね、7ヶ月になったよって教えてくれたよ。だから予定日は来年の3月5日。「本当に妊娠したの?」ってみんなは思うかもしれないね。妊娠キットは使ってない、使わないの。今年の5月の終わりに流産したマリー・レベッカおばさん、彼女は「信じなさい」って言われながら、「妊娠キット使う」って言って、信じなかったの。その償いとして、私は使わない。検査もしないし、ただ信じてる。だって、神ちゃま、うそつかないもん。「ベビー用品も揃えなさい」って言われたから‘西松屋’に買いに行ったんだよ。ベビーベットや布団、肌着とか・・。赤ちゃんグッズって、何もかもが可愛いね。そして、病院には行かないから自宅での出産になるんだけど、助産婦さんにも頼むつもりはないの。お金ないしね。

 で、コルベ・マリーが取り上げるんだよ。内緒だけど、実は彼は血が苦手なの。でも大丈夫。神ちゃまやマリアママ、それから天使くんや聖人さんたちが絶対に助けてくれるもん。今、彼は出産の本を片手に一生懸命勉強してるよ。『孫十郎』っていうくまのぬいぐるみがいるんだけど、「生まれてくる赤ちゃんってこれくらいの大きさなんだね」ってくまちゃん抱きながら言ってるんだから。マリアママからも言われていたけど、「コルベ・マリーは赤ちゃんが出来たらメロメロになっちゃいますね」って。男の人って純粋でかわいいな〜って思っちゃう。女の人の方が冷めてるかも知れないね。コルベ・マリーと私は戸籍上は夫婦ではないけど、彼が赤ちゃんを取り上げて、お父さんとして育てていく・・。実際は彼のことを夫のように思ってるし、愛してるよ。私たちが付けた名前は『あかねとやよい』。名前の由来は聞かないでね。だってないんだもん。天が付けてくれた名前は『マリア・ガブリエラ』と『アンナリア』。アレンドゥスちゃんっていう天使がメッセージをくれたの。このメッセージで、双子だってわかって2ヵ月後に妊娠したんだね。カナダの17歳の子と同じ。だから私も「妊娠したよ」って言われてもびっくりしなかったよ。ただ嬉しかっただけ。
ジャン・マリー神父が知ってる9人の女性の中で、その中の3人は出産後の今でも、処女のまんまなんだよ。そして一人の女性は、奇跡の妊娠の後、素敵な男性と恋をして、ポンポコポンのお腹で結婚式してんだよ。ジャン・マリー神父も列席したんだって。でも、そのお腹の子は、相手の男性の子じゃないんだよ。面白いよね。



2007年6月8日
マリー・マドレーヌ:
 ちょっと天使の服装とかよくわかんないんだけど、天使の羽が見えて、「聖アレンドゥス」って言われました。

天使アレンドゥス:
 愛する子供たちに、『ヨゼフの百合』を読ませる天使アレンドゥスが話します。この間、マリア・ヨゼフ・ガブリエルがリンボウに来て、そしてすぐ洗礼を受け、天国を行った時に、信二郎という名をつけられました。彼は今、神様のもとで、本当に慰められ、イエズス、マリアに愛されています。たくさんの赤ちゃんもいて、一緒にいたリンボウの仲間たちもお友達になって、楽しんでいます。今度生まれてくる子供は、双子かもしれません。そこは神の計画の望みのままですが、女の子いっぺんに二人を育てることになると、名前も本当に可愛いらしい名前を考えてあげて下さい。最初から二人、初めて二人を産むことになるので、大変でしょうが、でも取り上げられた時は、喜びが倍増されます。これは、マリー・レベッカが使命を果たせなかった、その代わりとして、神はまた愛を無限に注ぐ象徴でもあります。二人とも、とても仲良く過ごすでしょう。天使は、この二人につき、この二人の子の守護の天使になってあげます。一人は、アンナリアとつけてあげて下さい。もう一人は、マリア・ガブリエラです。二人とも女の子になります。神は、クララ・ヨゼファ・メネンデスを祝福し、コルベ・マリーを祝福します。司祭の祝福を。この二人の養父・養女のためにお願いします。



 8月5日に妊娠して、その月末に出血があったの。そして9月末にも。秋田に来て4月以降、ホルモン剤は投与してないから生理がくるわけがないし、不正出血も起きないくらい子宮の働きは悪いの。だからびっくりしたよ。それも私にしたらちょっとした量があってね。『月経様出血』だって書いてあったよ。妊娠の初期にあることなんだって。そして、それについてマリアママが教えてくれたの。「今まで選ばれたダビド王家の女性たちのほとんどが、この使命を投げ捨てた償いです」って。詳しい事は私にも説明できないけど、『聖なる輝く棒』で妊娠、出産してたくさん子供を産んでいくっていう使命、なんだね。でも、とにかく全然働かなかった私の子宮の中で、何かが起きていることは確かだね。だって、本当に15年間、ホルモン剤を投与しなかったら生理がなかったんだもん。そして、11月の末にも出血があって、今回は以前と違ってかなりの量があって、自分でも驚いた。最初は尿が真っ赤になって始まったんだけどね。5日間くらい続いたよ。もう妊娠中期くらいに入ってるから、もしかして切迫流産だったかも? この子達が無事に生まれるように、私必死に祈ってるの。まだお腹はまだそんなに目立たないけど、下っ腹がポコッとでてきて、横から見たらBの字に見えるよ。おっぱいは「おっきくなったね」って言われる。どこかの雑誌に『小ぶりな乳房』って書かれるくらい、確かにちっちゃいから嬉しいな。そして、乳首の色は黒くなってる。

 私はすごく便秘症で、下剤を飲んでたんだけど、妊娠したら飲めないでしょ。そしたら、天草四郎くんが教えてくれたの。「わかめとか、じゃがいもを食べるといいですよ」って。面白いでしょ。今、毎日頑張って食べてるよ。便秘は治ってないけど、でも下剤なしでもどうにかなってる。もしかしたら、これを機に、長く付き合ってきた下剤とも『さよなら』できるかも・・。それからマリアママがね、「妊娠したらアトピーが良くなっていきます」って教えてくれたの。確かに、少しづつ落ち着いてきたよ。

 こうして、奇跡の子として生まれてくる赤ちゃんは、リトル・ぺブルさんの精子は何も関与しないから、お母さんの遺伝子だけで形成されるんだって。だから混血ではない、ハーフじゃないの。だから私の子供も日本人として、黒い髪の毛と瞳で生まれてくるんだよ。そして、カナダで生まれた赤ちゃんは9ヶ月で歩いて、とても賢いってジャン・マリー神父が言ってた。発達が早くて、能力の開花も早かったんだって。中には、まだおっぱい飲んでるのに、幻視と幻聴を受けてる子もいて、ジャン・マリー神父は、そういう子を二人知ってるの。もうすでにこの子たちは、神ちゃまの仕事をする、大きな使命をもって私のお腹の中にいるの。ちゃんと生まれてきますように、神ちゃま、いっぱいいっぱい助けてね。





[HOME] [戻る]