クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美の告白録(10)


PDF版
 http://charbeljapan.world.coocan.jp/071118_clara_kokuhaku_10.pdf

 ジャン・マリー神父にね、「クララは、何でもすぐにわかろうとする。そして理解しないと行動しない。」って言われたの。もう何度も言われてること。まず頭で考えちゃって、すぐに行動に移さない。そして「わからない」って言い訳する。これが、私の悪いパターンなんだね。

 2回目の結婚で、横浜にいたときのこと。2005年1月にマリー・レベッカおばさんに連れて行かれたミサで、ジャン・マリー神父に初めて出会ったの。その時、私はまだ独身で、そのミサに来ていた男性を知り合って、その年の9月に結婚することになったんだけど。そして、神様とかマリア様とか、カトリックとか、とにかく何も知らなかったの。もちろん、洗礼も受けていなかったし、正直なところ受ける気もなかったよ。洗礼を受けた動機も、かなり不純。横浜のある教会で結婚式を挙げたかったから。でも、彼は長くクリスチャンで神様を信じてたから、私も同じように信じたいって思っていたよ。なのに、ずっと「神様のこと、マリア様のこと、わからない」って言って、知ろうとしなかった。そして、神様が私たち夫婦に望まれていたことがあってね、具体的に言えばハウスチャーチを作るとか、共同生活をするとかっていうことなんだけど、それについても知ろうとせず、私は蚊帳の外って感じで、遠くから見ていただけ。「わからない」「知らない」って言って、単に逃げてただけ。そうやって、責任逃れをするテクニックをもっていて、無意識のうちにやっちゃうんだね。今思うと、本当にずる賢いことをしていたと思うよ。ジャン・マリー神父に「それも、母親から受け継いでるものだ」って教えられた。確かに、そう。お母さんの行動パターンと同じだもん。

 お母さんだって、神様、マリア様に対して同じことをしたんだよ。ジャン・マリー神父に洗礼を受けて、カトリックを信じるって言いながら、何もしなかったよね。それどころか、お母さんが離婚するとかしないでもめた時に、ちょっと親身になってくれる人がいたからって、それを利用しただけじゃん。マリア様に「(神様のところに行くために)前進しなさい」って言われたのに、「私は関係ないわ」って顔をして、見向きもしなかったよね。ちゃんとその時、お母さんに求められていたことがあったんだよ。マリア様からのメッセージ、それは同時に理解して、実行する賜物も一緒にもらってるんだって。そのことに責任があるってことだよね。だから、理解しようとしなくちゃいけないの。そして、たとえわからなくても、謙遜だったらとにかく‘やる’でしょ。「わからないけど、マリアちゃまのこと信じてるからやるもん」って。「わからないから、知らないからやらないし、出来ないし、私には関係ないわ」なんて、ちょー傲慢。ましてや、自分の都合のいいとこだけを利用しようなんてとんでもないよね。何のことを言ってるか、わかるでしょ。

 私もお母さんと同じパターンをもっている。それは罪なんだって教えられて初めて気付いたの。また、ある時、ジャン・マリー神父に「自分の我を折るようにしなさい。」って、「相手の望みに答えるように。」って言われたの。でも、実際には出来なかった、というより、しようとしなかったんだね。ジャン・マリー神父の望みに対しても、軽く見ていて、完全に棚上げにしてたの。すごい傲慢、でしょ。そんな風にして、横浜にいた約2年間、ずっと神様の方を見向きもしないでそっぽ向いて、世間の快楽にどっぷり浸かってた。でも、こんなひどい私を、それでも呼んでくれたんだよ。愛してくれてたんだよ。ずっと。ジャン・マリー神父でさえ、私のことをあきらめていたのに。神さまって、ほんとにほんとに優しいよね。「神ちゃま、マリアまま、ごめんね」 そして「いっぱい、いっぱいありがと。だいちゅき!」

2007年11月18日
クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美 [ サイン ]




[HOME] [戻る]