クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美の告白録(9)


PDF版
 http://charbeljapan.world.coocan.jp/071104_clara_kokuhaku_9.pdf

 3ヶ月くらい前にね、1ヶ月間、3人兄弟の子供を預かったの。一番上の女の子は7歳、あとの二人は男の子で、6歳と3歳。両親に傷つけられて、情緒的に問題があって、ジャン・マリー司祭がそのケアをするっていうことだったのね。もちろん、そのケアはみんなにも任されていたよ。その子たちは、特にお父さんによる傷が大きかったから、男の人になつかせるように、私は男の人に任せるようにって言われていたの。でも、できなかった。子供たちと一緒になって遊んで、それも子供たちに全部合わせてしまう。本当に注意しなくてはいけないのに、何も言えない。男の人に任せなさいって言われながら、寄ってくる子供たちをつき離せなかったばかりか、子供に合わせて接して、機嫌をとってしまう。そんな世間の価値観っていうのを見せて、結局子供たちには悪い影響しか与えないで終わっちゃった。ジャン・マリーの言う事に従順できなかったの。「自愛心だよ」って言われちゃった。自分が可愛くて、嫌われたくなくて、相手を見て、相手に合わせて行動しちゃう。本当は、相手のことなんか、これぽっちも考えてないのに。愛せないんだなぁ、ほんとに。

 一番上の女の子は、私にとてもよく似ていて、まるで自分を見ているようだった。お父さんからは、暴力によって抑圧されて、お母さんからは、先回りされて育てられたことで「自分は何をしたい」っていうのがなかった。まだ7歳だけど、すでに世間の価値観で生きてる子だったの。きっと、私も早い時期からそうだったと思うよ。まわりを見て、それに合わせて行動していた。「私はこうしたいの」じゃないんだね。‘こうしなきゃ’。「弟の世話をしなさいって言われたから、しなきゃ」「先生にこうしなさいって言われたから、しなきゃ」……。確かにそうしていれば、世間的には‘いい子’ちゃんで誉められる。でも、全部『義務感』で動いてるんだね。相手に向ける愛が原動力じゃない。自分に向けられた愛、なのね。愛されるっていうことを知らない子だった。だから、本当に愛してあげなくてはいけなかったのに、出来なかった。だって、私自身も愛すること、愛されることを知らないんだもん。悲しいけどね。同時に、その子は甘えることもしなかった。「甘えていいんだよ」って言ってもね。きっと、人を信頼することもできないんだと思う。信頼して、甘えることができない、どうやって甘えていいかもわからない。私がそう、だったから。‘しっかりして、いいお姉ちゃん’であることを求められて、そして応えてきたんだね。

 私のいとこで、マリー・レベッカおばさんの女の子がいるんだけど、その子も同じ。私と本当によく似ているの。しっかりして、いい子だったよ。でも、信頼して甘えることは出来ない、だから愛することを知らない。本当に愛されたことがないと思う。少なくとも、マリー・レベッカおばさんには、ね。私のお母さんとよく似てるからよくわかる。姉妹だもん。彼女たちの価値観を、私たちはかなりちっちゃい時から押し付けられてきたんだよ。いとこの場合は、教会、お祈り、共同生活、家事……。そして、女性は‘清く正しく美しく’、キャリアウーマンを否定して家庭に入るべき、とか婚前交渉なんて駄目とか……。わかるでしょ。いとこは「今どき婚前交渉しない、化石のような人なんていないよ。」って、言い返してたけど。小さい時から、無理矢理教会に行かされて、家でも長〜いお祈りさせられて、よくわからない人と一緒に住んだり、まだ小学生も早い時期から一人でご飯作ったり……。いとこは大きくなって、教会を離れたの。当然だと、思うよ。にも関わらず、彼氏を家に連れてきたとき、「お母さんは、彼にカトリックの本を見せて話をしはじめた」って、「彼は完全にひいちゃって、恥ずかしくて嫌だったよ。もうやめて。」って言ってたよね。そりゃ、そうだよ。あつかましい、ただの押し付けだもん。いとこが嫌がってるの、知ってるくせに。相手の意思なんて、全然尊重してないでしょ。「愛してる」って、安っぽく振りまわしているけど、本当の愛じゃないんだよ。「子供を愛してる。子供のため」って言って、大うそ。そうやってちっちゃい時から縛りつけて、先回りして、子供を支配してる。そうやって私もいとこも、自分が本当に何をしたいのかわからなくなっちゃって、まわりを見て‘いい子’を演じてきた。そして気付いたらいつまでも親離れできなくなってたね。いとこだってそうなんだよ。同じように、私のお母さんもマリー・レベッカおばさんも子離れできてない。それどころか、私の両親なんて、大人になった今もなお、子供を支配しようとしてるんだよ。それも、可愛そうなお父さん、お母さんをしっかりアピールしてね。どんな顔してそんなことしてるか知らないけれど、恥ずかしいから止めて。本当に愛していたら、自由と尊厳を認めてよ。私はお母さんのペットじゃないんだからね。

 マリー・レベッカおばさんはね、家庭だけじゃない、この秋田でも同じことをしたの。人の意思を無視して、自分の価値観を押し付ける。あくまでも「自分が正しい」からね。彼女は‘清く正しく美しく’ないって思った人を見下してた。でも表面には出さなかったけど。すべて‘義務感’で動いて、愛からじゃないの。私のお母さんがしてきたように、自分は被害者で、他はみんなを加害者にしちゃう。「自分は正しいの、あなたが間違ってるのよ」って、勝手にそう思い込んでいる。そんな彼女の言葉や行動に、ここにいる人たちがどれだけ傷つけられたかわかる? 特に、軽い言葉、そしてあてこすりの言葉に、とても傷つけられて、ずっと苦しんでいた人がいたこと、知ってる?

 婚前交渉や性的な罪、盗みとか、してはいけないこと、神様のことを伝えたいっていうこと、確かにそれはその通り。でもマリー・レベッカおばさんの場合、根底にあるのは愛じゃないんだよ。掟とノルマが好きで、それを頑張ってする自分を愛しちゃってるだけ。そして自己満足。「ちゃんと掟を守ってるし、こんなにお祈りもいっぱいしたよ」って、神様にアピールしたいだけ。形だけで、「神ちゃまのこと、大好き!」っていう中身は何もないの。そんなことしたって、神様は嬉しくないよね。私が、お父さんやお母さんも含めて、本当に愛されなくて悲しかったり、寂しかったり、むなしかったりしたことと同じ様に……。

 それから、言わせてもらえば、マリー・レベッカおばさんが「〜は、罪やねん。」っていうこと、クララはいっぱいしてきてるんだよ。結婚前にセックスもしたし、コンドームも使った。男性のペニスを口にくわえたこともあるし、不倫もした。その場限りのセックスもして、そのお返しにご馳走してもらったこともある。制服のスカートも短く切ってはいてたし、ミニスカートや肌を露出する服も着たよ。お父さんからお金をとったし、高校生でお酒飲んで警察に捕まった。うそもついたし、ねたんだり、傲慢で、ずるい。洗礼だって、「ここの教会で結婚式挙げたらおしゃれだよね」がきかっけだし、それ以降お祈りもしなかったよ。マリー・レベッカから伝わってくるのは、「〜は罪やねん」ってことばっかりやっちゃったら、「神様に怒られちゃう」とか「怖い」っていうこと。でも全然違うんだよ。だって、こんなに罪だらけのクララでも、神ちゃまは呼んでくれてるんだよ。「こっちにおいで」って。「ありのままのクララを愛してるよ。」、そして「赦してるからね」って。今でも悪いこといっぱいしちゃってるのに、そんなクララを「可愛いクララ、愛してるよ。」って言ってくれる。クララも愛したいって思ったの。本当に愛したいって、思ったの。「神ちゃま、大ちゅき!」って。

2007年11月4日
クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美 [ サイン ]



[HOME] [戻る]