クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美の告白録(8)


PDF版
 http://charbeljapan.world.coocan.jp/071026_clara_kokuhaku_8.pdf

 マリー・レベッカおばさんには、子供が二人いたの。『いたの』っていうのは、下の男の子は病気で6歳の時に死んじゃったから。だから、今は女の子一人。二人とも、ちっちゃい時から仲が良くて、おとなしくて、親の言う事をよく聞く、本当に‘いい子’だったよ。

 おじさんは、私のことも本当によく可愛がってくれたから、好きだったよ。ただ、マリー・レベッカおばさんに対しては、よく怒ってた。手を出したところは見た事がないけど、普段の夫婦の関係は、私の両親とよく似てるなぁ〜って思っていたよ。下の子が亡くなる前に、一度だけこの家族4人と私で、ディズニーランドに行ったの。もちろん、子供たちのためにね。上の女の子は私より10歳年下で、私は高校一年だったかな……。その時、おじさんはマリー・レベッカおばさんに対して何度か怒ったの。理由は覚えてないけど。私も、そして子供たちも笑顔なんてなくて、すごく緊張した雰囲気になって、嫌だったな。特に下の子には、楽しい時間を過ごして欲しかったのに。私は、ホテルやディズニーランドのアトラクション自体は面白かったけど、いい思い出にはなってないの。「うちの親と同じだなぁ」って、思ったよ。

 うちは、お父さんが、お母さんを怒る姿を、小さい時から目の前にしていたから、いつの間にか‘怖い’って思うようになって、抑圧されちゃった。そして、お母さんは、‘〜しなきゃいけない’症候群。女の人は、‘清く正しく美しく、そしておしとやかにしなきゃ’っていう、今どき平安時代の貴族みたいなしつけを、生まれた時からしてくれたんだね。お母さんもマリー・レベッカおばさんも、同じ親に育てられたんだもん。まさしく‘しつけの文化’、そして子供にもそれを押し付ける。

 その‘押し付け’は、マリー・レベッカおばさんの方が強かったように思う。自分の考えを、ずけずけとしゃべって、強引に従わせる姿に、結構‘あっぜ〜ん’としてたんだよ。子供にも、もちろんそれを要求してて、‘抑圧されて束縛された、いい子’ちゃんは、ある時期まで、マリー・レベッカおばさんの言う事に従ってたよ。表面的には、ね。少なくとも私の場合、内面は両親に対して反発心でいっぱいだったから。この子たちは、どう思っていたんだろう。

 でも、この‘抑圧されて束縛された、いい子’たちは、二人とも子供らしくなかったように思う。私も同じだから、よくわかる。上の女の子は、親の言うことに、よく従っていたよ。彼女が小学生の頃から、マリー・レベッカおばさんに、明け方も、まだ暗いうちに起こされて、早朝ミサに連れて行かれていたね。まだ眠い目をこすりながら……って感じだったよ。詳しくは知らないけど、小学校に行かなかった時期もあったし、いきなり共同生活したり。なっが〜いお祈りもさせられてた。マリー・レベッカおばさんは教会のお仕事をして忙しいから、まだ小学生の彼女がご飯を作ったりもしてたよ。よくやってるなぁって思ってた。そして、かわいそうだなぁって。

 だって、全部マリー・レベッカおばさんの押し付け、でしょ。子供だからって、自由と尊厳はあるはずなのに、完全に無視。いかにも関西のおばちゃんって感じで、強引に従わせたんだね。そして、‘〜しなきゃだめ’っていう義務感を、あんなちっちゃい時から植えつけられて、やはり彼女も義務感でマリー・レベッカおばさんの言うこと、聞いてたんだよね。決してそうしたかったわけじゃないでしょ。だって、その子がある程度の年になると同時に、だんだんと教会から離れていったから。そりゃあ、当然だと思うし、その時はそれでよかったんじゃない? だって、どんなに長いお祈りしたって、‘口パク’だったでしょ。

 下の子は、亡くなっちゃったからわからないけど、もし生きていたら、やっぱり同じように、親の言うことをよく聞く‘いい子’だったろうね。だって、すでに5、6歳にしてそうだったもん。でも、本当は何をしたいとか、嫌だとか、そういうことを正直に出す、いわゆる子供らしさはなかったね。

 私も同じ。ちっちゃい時から、抑圧されて束縛されて、その結果まわりを見て、その期待に答えて行動してきた。それも、かなり小さい時から。そのうち、自分が本当に何をしたいのか、本当の自分はどういう人間かもわからなくなっちゃった。本当に自分がやりたいから、じゃないの。まわりを見て、期待に答えて行動する 〜 全部‘義務’。そうしていれば、世の中では‘いい子’になれるし、誉められる。でも、自分の意思で、「誰が何と言ったって、私はそうしたいからやるんだぁ」みたいな、そんな本当の‘愛’なんてないよね。


2007年10月26日
クララ・ヨゼファ・メネンデス [ サイン ]



[HOME] [戻る]