クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美の告白録 (7)


PDF版
 http://charbeljapan.world.coocan.jp/071018_clara_kokuhaku_7.pdf

 ジャン・マリー神父に「神はあわれみだよ。人は罪だらけ。だから‘自分はこんなみじめな人間だけどゆるしてね’って、神様の前で言うことが大切なんだよ。それだけでいいんだよ。神様は本当に優しいから、ゆるしてくれるからね」って教えられたの。私は、ここに来て、初めて自分のことを理解してくれる人に出会ったの。ジャン・マリー神父だよ。そして、初めて私は自分の傷、醜さ、そして謙遜を知ったの。

 ここに来て、叔母であるマリー・レベッカおばさんと、3ヶ月間、一緒に過ごしたの。マリー・レベッカおばさんも、自分がどういう人かって、教えられていたけど認めなかった。「私はこんな人間なの」って決して言わなかったの。そして、何かあると「私はここに来て悪くなった」って言ってた。そんなことを言うから、いつの間にか、自分は被害者で、まわりは加害者にしてしまう。そして、みんなは「自分が何か悪いことしたかな?」って、知らないうちにみじめに、そして罪責感に苦しんでしまっていたの。そんな人と一緒に生活して、何でだかわからないけど、楽しさや幸せな気持ちは奪われてしまったみたいだったね。『私は被害者、まわりは加害者』にしてしまうことで、どれだけ人を傷つけてしまうか、そういうことを教えられても、マリー・レベッカおばさんは認めなかったの。ただ、自分を誉めてくれて、同調してくれる人を探してるだけ。それ以外の人は、みんな彼女にとっては『加害者』にされてしまうの。そしてあげくの果てに、「ここに来て悪くなった」んだもんね。

 お母さんも同じ人間なんだよ。同じことをしてきたんだよ。今まで、知らないうちに私もそれで傷ついてた。何でだかわからないうちに、ね。お母さんもここに来れば、謙遜を知ることができるかも……、って思ったけど、無理だね。マリー・レベッカおばさんと同じ親に育てられたんだもん。この前の手紙を見ても、それがはっきりわかったよ。本当に傲慢な人たち……。

 そして、大うそつき。自分を美化するために、そして自分の悪賢さを隠すために、巧妙なうそをつくの。天才的だって思う。表向きと、内面が全然違うんだよ。実際、お母さんにしたって、ジャン・マリー神父に言ったことと、私に言ったこと、全然違うんだもん。それを知ったとき、ショックだったよ。二枚舌、どころかそれは三枚舌だったけどね。‘私は上品で、いい人’だから、下品な人を軽蔑して、嫌っていたでしょ。お父さんでさえも。でも、表面はそんなそぶりも見せないで、‘いい人’なんだよねえ。

 そして、お母さんは自分を美化するために、私も利用されていたの。お母さんにとって、‘品行方正な親に育てられた娘’は、もちろん‘品行方正’なはずだったのね、実際は、とんでもない大間違いで、お母さんが大っ嫌いな不潔で下品なこと、いっぱいする子だったんだよ。それを言っても、認めようとしない。どこまでも‘清く正しく美しい娘、よくできた自慢の娘’と思われることが、どれだけ私を傷つけたかわかる?

 だから、お母さんに‘あてつけ’をしたんだよ。マリー・レベッカおばさんにも娘がいて、私のいとこになるけど、全く同じ。まるで、自分を見ているみたい。お母さんも、マリー・レベッカおばさんも、自分たちを美化するために、良い人でいるために、まわりの罪もない人を『加害者』にするけど、二人こそ、いつも『加害者』なんだよ。って、大声で叫んでしまいたいな。


2007年10月18日
クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美 [ サイン ]



[HOME] [戻る]