クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美の告白録 (5)


PDF版 http://charbeljapan.world.coocan.jp/071014_clara_kokuhaku_5.pdf

 夢を見たよ。夢を覚えてることなんてめったにないから、すごく久しぶり。車に乗ってた。道の真ん中に車を止めて、私は助手席に座ってる。運転席の後部座席にお母さんがいて、そのドアは開いていて、その外にはコルベ・マリーが道路に座り込んで、お母さんと何か深刻な話をしてる、そんなシチュエーション。話の内容は、よくわからかったけど、私は「早く話しが終わらないかな〜」ってイライラしてた。お母さんに何か言いたくてたまらなかったの。怒ってたの。でも、何で怒っていて、何を言いたかったのかはわからなかったけど。そこで夢が覚めちゃった。

 しばらくして、もう一回夢を見たよ。今度は清水小屋の家の中。私の両親と、母親方の親戚一同が集まってるの。そこにはマリー・レベッカもいたよ。テーブルに、私とお父さんが座ってて、お父さんはかなり怒っちゃってて、私の頬を平手で叩いたの。何で怒ってたのかはわからない。それを、みんなは見ていたんだけど、何にも言わないの。そこで、私も何にも言えずに、ただ泣くだけ……。でも心の中では怒っていて、誰に対してだか、何で怒ってるのかはわからないけど、とにかく怒っていて、外に出たの。そして、大きなお皿を選んで投げつけてた。やっぱり今までと同じで、「壊してもあんまりスカッとしないな」とか「後で後悔するな」とか、ちゃんとそこで理性が働くの。夢の中でもね。そこで、終わり……。

 ジャン・マリー司祭に話をしたの。「こんな夢見たよ。でも、今までと同じで、ちゃんとまっすぐに怒れなかった」って。そしたら「治療は始まってるよ」って言われたの。「たとえ、健全に怒れなくても、夢を見るってことは、潜在意識の中に、両親への思いが入ってることだから」って。以前に、「間違っていることに対して怒らなくてはいけない。夢の中で怒れるようになったら、治療は進んでる」って言われたの。私は、ほとんど夢なんて覚えてないし、「そんなこと、出来ないよ」って思ってたのね。「夢自体、見ることないもん」って。だから、夢に両親が出てきたこと、そのことだけでもびっくりしたんだね。「治療が始まってる」って言われたとき、嬉しかったよ。不正なことに対して、まっすぐに「間違ってるよ」って言える自分になりたいから。今までは‘まあいっか’って流したり、見逃したり、善悪の認識もしなかった。だって、悪いって思っても、結局、何も言わないんだもん。自分が可愛いから、嫌われたくないから、言えない。ほんとの愛、じゃないでしょ。

 健全に怒ること、発散するために、『叩くこと』を始めたけど、最初は叩けなかったの。「叩いてもいいのかな?」「痛くないかな?」って思って、ストッパーがかかっているのがわかった。でも、今はちゃんと叩けるよ。自分の手が痛くなるくらいに、ね。「リハビリが始まってるんだよ。」って言われて、やっぱり嬉しかったね。

 自分自身の内面がわからなくなるくらい、複雑にゆがんでしまったものを、まっすぐに出していきたいの。その一歩が、始まったんだね。


2007年10月14日
クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美
[ サイン ]



[HOME] [戻る]