クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美の告白録 (4)


PDF版 http://charbeljapan.world.coocan.jp/071007_clara_kokuhaku_4.pdf

 今、叩くことをしてるの。って言っても最初はわけがわからなかったけどね。突然ジャン・マリー神父から「ジャン・マリーの背中を思いっきり叩いてごらん」って言われたの。叩けなかった。どこかでストッパーがかかってるのを感じるんだね。何の抵抗も感じずに、思いっきり叩くことができないの。「抑圧されてるんだ」って。お母さんによって受け継いだ‘しつけの文化’によって感情をストレートに出すことが出来なくなってるの。だから‘怒り’を健全に発散することができずに、とてもいびつな形で現れていたんだね。お母さんに対するあてこすり、自殺するのを想像したり、破壊したい衝動、実際に叫んだり、暴れたり……。本当は、それをまっすぐにぶつけないといけないのに。自分がどれだけゆがんでしまっているか……。

 そして「叩くっていう攻撃する行動は、その人に接近すること。本当に愛するってことは、接近することなんだよ」って言われたの。接近……。本当の意味で接近したことなかった。接近するどころか、自分から距離を作ってたの。それは、いつの頃からかはわからないけど、何となく感じてはいたことなんだけどね。

 ‘吐き出すこと’を始めてから、一番最初に言われたこと。「クララはあきらめてしまってる」って。意味がわからなかったね。一体、何をあきらめちゃったんだろう? 「本当に愛すること、そして与えるだけではなくて、求めないといけないよ」って言われたの。そのとき初めて、自分は本当に愛することが出来ない人間なんだって知った。知的傲慢とか、卑怯で二重構造で、ねたみや悲観主義、自分が誉められたい、とか高く評価してしまうこととか、いろんな自分の悪徳を指摘されて、結構ショックだったけど、一番ダメージをくらったのは‘愛せないこと’。本当は、生まれてから最初に親に愛されなくてはいけなかったんだよ。お父さんもお母さんも、自分しか愛していない人間なの。自分のことで精一杯で、自分のことしか考えてなかったでしょ。本当の愛なんてかけらもない家庭の中に私と弟を閉じ込めて、束縛して、いかにも‘子供のため’っていう顔をしながら、それは外面だけ。お父さんもお母さんも、大うそつき。特にお母さんは偽善のかたまりだよ。「子供たちのために」「子供たちがいるから、お母さんは生きていける」んだもんね。私は、そんな冷え切った家庭に育って、本当に愛され愛することを、さっさとあきらめちゃったんだね。もちろん、その後に出会った人たちからも、愛されることはなかったよ。ジャン・マリー神父に出会うまでは、ね。

 ちっちゃい時から、お父さんもお母さんも信頼できなかったね。お父さんは怖かったから、自分が学校で怒られたり、悪いことをしたことを正直に話すことはしなかった。お母さんは怖くはなかったけど、どこかで‘お父さんにちくる’って思って話せなかったの。だから、自分の家で安心したことはなかったよ。一番安心していられたのは、唯一、自分の部屋で一人でいるときだけ。それは、私がおっきくなってからも変わらなかったし、今もそう。ずっと寂しかった。何でかわからなかったけど、とにかく寂しかったの。孤独な人間だよね。二重構造だから、表向きは明るく、楽しく振舞って演じることで、友達はそこそこいたけれど、内心はちっとも楽しくなかった。本当の自分を出すことなんて出来なかったし、疲れるだけだったね。だから、自分から誘ったことはほとんどないよ。中学生のときからで一番長く、家族も含めて仲良くしてた子だってそう。その子が、この前突然電話してきたけどね、「東京のハローワーク」ってうそついて。よく考えたね。「そうでもしないと、電話に出ない」って、お母さんに言われたかは知らないけど、すっごい卑怯なやり方して。でももうやめてね。むかつくから。何を言いたいのかはわかるから、正々堂々としてきて来られても、たぶん電話には出ないと思うけど。

 親にも信頼していなかったんだから、もちろん人を信頼することなんてできなかった。期待もしなくなった。期待して、裏切られて、傷つくのが怖かったの。ちっちゃい時から、親に期待しても無駄だったから、いつの間にか人にも期待しなくなっちゃった。本当は愛のひとかけらでも見たかったのに、見せてくれたのは、けんかして、相手を非難して、家庭ではなく外ばっかり向いてる姿。すごく傷ついた。そんな冷え切った家庭に育って、とっくのとうに、あきらめちゃったんだね。だから、自然と人に対しても傷つかないように、距離を置くようになってた。ある意味で‘どうでもいい’って思ってるの。他人にちっとも興味なんてないし、感情も動かない。でも表向きは、心配したり、気持ちを向ける振りをしてるんだよ。‘優しい’とか‘思いやりがある’とか言われるけど、大うそ。内心は、自分にしか向いていないし、自分しか愛してない。人のことなんて、これぽっちも思ってないんだから。とっても冷めた人間なんだよ。こんなにも自分が人を愛せない人間だとは思わなかった。それを自覚するたびに、みじめだな〜って思う。とても悲しくて、いっぱい泣いちゃった。「マリアママ、本当に愛したいから助けてね。昨日よりも今日、ちょっとでも人を愛することができるように、手伝ってね」って、毎朝思うようになったの。

 接近……。今までしたことなかったな。一人でいるほうが楽だったし、部屋で何もしないでボーっとしてる時間が好きだったよ。誘ってくれる友達はいて、一緒に遊んだけど、どこかで心は距離を置いて付き合ってたね。それは、夫だった人に対しても同じで、一緒に暮らしていても、心は離れてた。結婚していても、一人になるとホッとしてたし、一人の時間が好きだったな。本当に幸せだったかって言うと、そうじゃないね。だって、寂しかったもん。孤独だね〜。こんな自分じゃ、いつまで経っても人ひとり愛せないよ。一人が楽だって、引きこもっていたら今までと何も変わらないし、満たされないまま、寂しいままだよって、そう思ったの。「今までのパターンをぶっ壊せ」って言われた。確かにね、今までのパターン=今までの自分、って本当に最低で最悪で、そんな自分が嫌い。だから、ぶっ壊しちゃえ。「失敗しても構わない」って言われて安心したね。今まで失敗が怖かったから、それを避ける生き方をしてきた。このパターンも壊そうよ。今まで自分だけを愛してきたから、その気持ちを人に向けようって思ったの。でも実際は、そう意識していても、やっぱりすぐに自分に向いてしまうんだね。ほんとに、人を愛せないってこういう事なんだって実感したよ。同時に、人を本当に信頼できないし、安心して甘えることも出来ない自分もね。自愛心のかたまりだもん。自分の力で、すぐに本当に愛することなんて出来ないよ。「神ちゃま、マリアママ、昨日よりも今日、ちょっとでも人を愛することができるように助けてね。」

2007年10月7日
クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美 [ サイン ]



[HOME] [戻る]