クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美の告白録 (3)


PDF版 http://charbeljapan.world.coocan.jp/070930_clara_kokuhaku_3.pdf

 ジャン・マリー司祭から「クララの傷を癒すには、二重構造を砕くには『抱っこ法』しかないからやるよ」って言われたの。早速その日から始まったんだけど、ジャン・マリー司祭が抱っこしてくれてね、安心して、リラックスしてお話しするの。「まず、小さい頃からのことを何でもいいから、どんなに些細な事でも話してね。」……それは、秋田に来ることを決めたとき、全部を捨ててきたから、忘れようとしていたこと。でも、今は逆にそれを思い出して吐き出すこと、そして今までの自分に何が起こっていたのかを認識することで、自分の傷の癒しにつながっていくんだって。

 まず、生後間もないときのこと、もちろん覚えてないから聞いていたことから話し始めたの。そしたら、自然に涙が出てきた。「思い出したくないから、封印してたのに……」って、わんわん泣きながらしゃべったよ。自分でもびっくり! あまり意識していなかったけど、結構傷ついていたんだね。お父さんとお母さん、2つの結婚生活のことに触れるのは、とても辛かったよ。話をしながらいっぱい泣いちゃった。本当に愛してもらいたかった人たちなのに、誰も私のことを愛してくれていなかったんだから。何よりもショックだったのは、親でさえも愛してくれなかったこと。愛されることを知らないから、愛することを知らない。自分がこんなにも人を愛せない人間だってことに気付いたときは、本当に悲しかった。

 こうして子供の頃からのことを話しながら、無意識に体をぼりぼり掻(か)くようになってた。吐き出すことを続けていくうちに、だんだんとアトピーが悪くなったね。特にお父さんとお母さん、それからマリー・レベッカのことを思い出すと、急激に悪くなったね。一時は、アトピー本当にひどい状態になって、結構しんどかったな。でもマリア様に言われたの。アトピーが悪くなっても、恐れないで吐き出すことを続けなさいって。それが癒しにつながるからって。そして妊娠と同時に癒しも始まって、アトピーも良くなっていくからって。確かに、少しづつ良くなってきてたよ。本当に妊娠したんだね。マリー・レベッカに関しては、一緒にいた間はずっと悪かったよ。彼女とは、肉親の情を断ち切ろうって思いながら、なかなか出来なくて自分を責めてた。彼女は、私のことを「自分の娘のように思ってる」みたいで、明らかに他の人とは違った態度で接していたの。いくら注意されても、次の瞬間にはまた同じことをしていたね。全然従順してなかったよ。私もそれを振り切ることができなくて、最後には目が合ってもそらせるようになっちゃった。すーごく疲れた。そして、彼女が無意識に人を傷つける発言や行動の一つ一つが、私にとってすごくストレスだったの。

 9月24日、弟が突然訪ねてきたの。私に会いたいって。弟は、全てを捨てて秋田に来た私を責めたりしなかった。でも、話をすると必然的に家族のことを思い出すよね。やっぱり何らかのストレスを感じるようで、その日の夜は、体中痒(かゆ)くなった。

 そういえば、実家にいた頃も、お母さんにお父さんのいや〜な話をされた後は、たいてい次の日にアトピー悪くなってたよね。お父さんの悪口、特に女性関係のことを聞くのは本当に嫌だったから。いやみったらしく「こんなネクタイ持ってなかったのにどうしたのかしら?」とか、「きれいな下着はたくさんあるのに、今日は新しい下着を着て行ったのよ」とか、「家にはお金は入れないのにお父さんはたくさん持ってる。一晩で5万もなくなってるの」とか……。だいだい財布や手帳の中身をチェックしてること自体、何やってんの?って感じ。すごく嫌だった。「もう聞きたくない」って言っても、お母さん止めなかったでしょ。「何で逃げるの」とか何とか言って……。なんで私なの? お父さんに直接言ってよね。ぶつける相手が違うでしょ! で、そんなことを、ばかみたいに繰り返してたね。すごく腹が立ったよ。でも私もお母さんと同じことをしていたんだね。いやみったらしい‘あてつけ’。直接お母さんにぶつけずに、部屋のドアをバン!って閉めて、物を投げつけたり、壊して暴れるの。だけど、そんな状況でも、どこか冷静なところがあって、‘これは壊したら後悔するな’とか‘後で掃除が大変だし’とか考えちゃってね。壊す物は、選んで投げつけた。お父さんに買ってもらった空気清浄機を壊したけど、後で理由を聞かれて「上から物が落ちてきて……」とうそついた。本当に私もゆがんでしまっている。そして、暴れた後は決まって体が痒くなったり、ぶつぶつが出てきたり、顔が赤くなったりしたよ。本当に、いつも同じパターン。お父さんとお母さんは、今でも私のことを連れ戻そうと思ってるみたいだけど、そんな状況に、また私を引き戻すの? 私を殺すつもりなの? 二人とも、今までと何ひとつ変わってないじゃない! こんなに私のことを傷つけてきて、まだ傷つけるつもりなの? もう、やめてよ。

2007年9月30日
クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美 [ サイン ]



[HOME] [戻る]