クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美の告白録


PDF版 http://charbeljapan.world.coocan.jp/070813_clara_kokuhaku.pdf

 私は、2007年の4月に秋田の共同体に来たの。マリア様に「あなたの霊魂が、苦しみ、泣いています。休みなさい」って、とても優しく言ってくれたの。その頃は、自分でも何が起こってるのか全然わからなかったけど、とにかく神様に呼ばれてるんだって思って、自分の意志で秋田に来ることを決めた。ここに来て4ヶ月、内面的にも外面的にもいろいろな事を経験して、教えられてきて、ようやく少しずつ自分のことが見えてきたの。

 まず最初に、私の明るく、楽しく振舞う行動を指摘されたの。これは今までも『本当の自分じゃない』とは思ってはいた。ここに来て、それはいけないことだって、明るく振舞うことでずっと自分も人もごまかしてきたんだってことがわかった。そして本当の自分を取り戻さなきゃ、弱くてみじめなところも含めてありのままの自分でありたいって、今もなお思ってる。でも、本来の自分がよくわからないの。それだけじゃなくって、自分が何をしたいのか、それさえも見つけられない……。
 今、今までの自分をさらけ出す事をしてる。ちっちゃいときからの覚えている事を全部お話してるの。そして、何が正しいのか間違っているのかを教えられていくうちに、自分が受けた傷、そして自分自身の姿がようやく見えてきた。

 私は、生後2週間でアトピーが発症したの。夜中、かゆくて夜鳴きする私を、父は叩いたんだって。それで母は夜中に外に連れ出したって聞いてる。かゆいのを泣く事でしか訴えられない赤ちゃんに、手を挙げるなんてひどいよね。もうその頃から、父は頭ごなしに怒鳴って、手を出して相手を押さえつけていたんだね。私は、それが怖くて、いつも父に対してびくびくしてた。そして、それは悲しいことに、父だけじゃなくって、大人の男性に対しても同じだって気付いたの。いつも父は夜遅かったから、あまり記憶にないけれど、鮮明に覚えているのは、父と母のけんか。父が、一方的に母を怒鳴って、手を挙げて、食器を割ったり、机をひっくり返したりしてた。その姿を見て、ちっちゃいときから、父が怖くて仕方がなかった。私も、(今思うとくだらない理由で)突然怒られたり、叩かれたよ。また、父の言う事は、その場限り、自分に都合のいい事ばかりで、全然信用できなかった。とても気分屋さんなのね。いつの日からか、期待しなくなったな。そして、気付いたら父の機嫌をとるようになってた。怒られるのが、怖かった。また、父は仕事だけではなく、外でよその女の人と遊ぶことでも忙しかったみたい。それは、私が大人になっても続いていて、それに気付き始めた頃からずっと父を気持ち悪いって思ってる。今も……。

 ずっと、『お父さんが悪い、お母さんがかわいそう』って思ってた。でも、そのお母さんも、本当は……。母は、自由と尊厳、正しいことを求めて戦うべきだったんだ。そして、その姿を私たちに見せるべきだったんだね。「何も出来ない赤ちゃんに手を挙げる親がどこにいる?」って言われた。母や子供に対して突然切れて手を挙げたり、女遊び、家庭に生活費をぎりぎりしか入れないとか、そんなひどい行為に対して、母は認めてしまっている。「子供たちがいるからお母さんは生きていける」とか「お母さんの生きがい」とか、ちっちゃいときからよく聞かされたけど、そう言って知らないうちに母に縛られていったんだね。でも、その言葉を聞くのはずっと嫌だったよ。だから、「何で私を産んだの?」とか「私がいなければ、お母さんは幸せだったんだ!」とか、よくあてつけを言った。父には怖くて何も言えなかったからね。母は、子供のためって言って、本当は自分の名誉や生活、世間体を守るため、そして‘我慢して尽くす’ことで悲劇のヒロインや誉められる自分を作っていたんだって気付いた。父も、子供たちも、それに利用されていたんだね。母は、小さいときから私の前で父の事を悪く言った。事実にしても、私はそれを聞くのが嫌だった。……のに、気付いたら父の事を嫌っていた。そして、母はよその人から、純粋で清く見られることを、どこかで自慢してた。父に対してのあてつけもあるのかもしれないけど、性的なことに関して軽蔑していたの。実際自分の娘が、母の言う‘清く正しく美しく’から遠くかけ離れていることを知ってか知らずか……。

 結局、父にも母にも、本当に愛されてなかったんだね。二人とも、本当に愛していたのは自分自身。物心ついたときから、父と母の関係を見て、よくわからないながらにも『いつ壊れてもおかしくない家庭』だって思っていた。両親のけんかの後、母が外に出て行ってしばらく戻ってこないんだけど、その間、「お母さんが戻ってこなかったらどうしよう」っていつも不安だったな。部屋で一人で泣いてた。壊れるのが怖かったの。だから、自然と‘いい子’を演じてしまっていた。それは、未だにしっかりと自分に染み付いていて、なかなか離れない……。本当は‘いい子’じゃなかったよ。小さい時から母は「お金がない」ばっかり言ってた。「でもお父さんはしっかり持ってるのよ」みたいなことをほのめかすの。「外で(女の人と)遊ぶお金はあるのに……」って。あてつけに、父の財布から小銭をとったりした。

 こうやって話していくと、父親よりも母親からの傷の方が、自分の中に重くのしかかっていることに気付く。私は、母の価値観をしっかり受け継いじゃったの。そして、それは自分自身の悪徳として……。『お母さんみたいになりたくない』、ずっとそう思ってきたのに、同じ生き方をしてきちゃった。

 ‘自由と尊厳’を求めず、世間の価値観だけを大切にして、いつも何かに依存して見返りを求めてきた。戦おうとせず、逃げ回って負けっぱなし。いつのときからか、あきらめてしまっているのに、「楽しい」って思い込むために、明るく楽しく振舞って……。うその自分。何てみっともないんだろうね。みじめになるだけなのに……。

 両親でさえも信頼していなかったんだから、当然人に対しても信頼できなくて、だから本当の自分も出せない。知的傲慢ゆえに、わかる、知ってる、理解する、感情などに頼って自分の力で何とかしようとする。結局自分では何一つ出来ないのに……。高い自己認識、ずるくて、卑きょうで、悲観的だし、ねたみ……。「ここに呼ばれたのは、最低で最悪な霊魂だからだよ」って言われて、はじめはピンとこなかったけど、確かにその通りだね。そして、悲しい事に、誰からも愛されなかったから、愛されることを知らなくて、自分も本当に愛することができない。ちっちゃいときから、両親にも甘えた事がないから、甘え方を知らない。そして、人に信頼する事が出来ない。ずっと孤独だった。はっきりと理由なんてわからないけど、とにかくいつも寂しかったな。

 大学に入ってから、はじけ始めた。全部この世の快楽を求めての行動だったけど、だからって、寂しさを埋めてくれる人は誰一人いなかった。でも、結婚した二人の男性には、わからないながらも本当の愛を期待したんだけどな。

 バイトしたり、遊びに行ったり、ディスコや合コン、パーティーも行ったよ。友達に誘われて横浜のマンションの一室に行ったことがあるの。何て言って誘われたかは覚えてない。ちょっとあやしげなマンションで、部屋に入ったら中学生や高校生、大学生の女の子が10数人座ってお菓子食べたり、おしゃべりしてた。一人の年配の女性が電話の前にいて、やりとりしてて、呼ばれた2、3人の子が突然外に出て行った。どうやら私の友達はそれに登録してるみたい。そこで何をしていたのか、詳しくは聞かなかったし、私は何もしなかったけど、そんな所に行った記憶もある。未だに自分でもよくわからない経験の一つだね。あまり家にはいなかったな。友達とディスコに行って、その後、気付いたら知らない男性と二人きりになって、突然キスをされてホテルに誘われたら、急に怖くなって、走って逃げて、終電で帰ったこともあったなあ。もう一人の友達は、その日は帰らなかったよ。両親にはうそばっかりついて、朝帰りもしたね。朝、駅の中で出勤する父とばったり会って「おはよう」なんてこともあったな。

 20歳のときに、始めてセックスをしたの。でもその時、セックスのこと、本当に知らなくて、何をする行為なのかも知らなくて、相手の男性に「マジ?」って言われたくらい。子供も、コウノトリじゃないけど、結婚して抱き合ったら生まれるのかな?って思ってたんだよ。誰も何も教えてくれなかったし、自分自身興味もなかったしね。だから、もちろん罪の意識も何もなかったよ。その男性は仕事もしていたから、あまり構ってもらえなかった時期があったの。その間に、バイト先の男性と遊びに行って、夜は家に誘われて行った。そして、好きでもなかったのに、求められるままセックスしたの。その後、食事に連れて行ってくれて、高いものを食べさせてくれた。お金を払おうとしたら「ご馳走するよ。当然だろ。」って言われて、はっと気付いた。その時‘私何てことをしたんだろう’って、初めて後悔したの。バカだったな。

 その後、大学の同級生と付き合って、セックスはしたよ。相手は結婚を考えてくれていたけど、私はその気はなかった。最初の結婚まで、セックスに関してあんまり深く考えなかった。それほど大切なものだとも思わなかったし。でも、私自身は一度も‘いいもの’だと思ったことがないの。ただ痛いだけで、何がいいのかよくわからなかったな。ジャン・マリー司祭から「クララは不感症に近い」って言われたの。そして、それは主に母親から‘性行為に対する嫌悪’を植えつけられて、知らずのうちに感じられなくなってるんだって。それは、自分ではどうしようもないんだよね。

 社会人になって、付き合った人と25歳で結婚した。その人は、私に「本当は、セックスは結婚した人とだけするものなんだよ」って言ったの。もう遅かったけど、今までの経験全部をとても後悔したな。最初の結婚相手は、神様を否定したの。その時は、私も全然神様のこと知らなかったけど、何となく嫌だった。彼は、本当に自分のことを愛してくれるって、信じたけど違った。私のためって言いながら、彼の願いと違う事をすると怒られた。父とは違って手は挙げなかったけど、冷淡に懇々と話をして、精神的に追いつめられた。怒られるのが怖くなって、いつも緊張して、びくびくしてた。どうしたら彼に怒られないか、を真っ先に考えるようになっていったの。アトピーも悪かったし、過呼吸になったり、貧血になったり、体は正直に反応したね。そして体が教えてくれたの。離婚しなさいって。彼ともセックスはしたけど、結婚して半年くらいで終わっちゃった。私の病気もあったから、子供が出来ないようにコンドームをつけてた。一度だけ、ペニスを口に含んで射精されたことがある。でも、精液をどうしても飲む事ができなくて捨てちゃった。この行為が罪だって、その時は知らなかった。結婚して4年後に、離婚した。

 次の結婚まで、一人の男性と付き合って何度か食事に行った。妻子ある男性だった。不倫、だね。ある時(それが最後になったけど)、食事の時に胸とかおしりを触れられて、その後ホテルに誘われて行っちゃった。そこで、その男性が裸になって私に触ってきたんだけど、急に気持ち悪いって思って逃げてきた経験がある。あんなに、父の女遊びを嫌がっていたのに、セックスはしなかったけど、同じ事をしてしまった。妻子ある人と……。何であんな事をしてしまったんだろう。その後、再婚した。

 秋田に来て、まず驚いたのは、ジャン・マリー司祭とマリー・マドレーヌの‘裸の抱っこ’。情緒の傷を癒すのに裸で添い寝してるって聞いて、すごいなあ〜って思った。そして、それほどマリー・マドレーヌが深い傷を負っているんだって知ったの。その頃は、まさか自分が同じケアを受けるなんて想像もしなかったから、人事でしかとらえていなかった。さらに驚いたのは‘償いのセックス’。ジャン・マリーとマリー・マドレーヌが‘正しいセックス’するのを目の前にして見たの。最初は何でこんな事をしているのか、わけがわからなかった。そして、ショックで泣いちゃったの。その時、マリー・レベッカが抱きしめてくれてた。でも後で「私が不従順をしたからやね。心が痛むわ……」って言ったのを覚えてる。ジャン・マリー司祭は「でも神様は赦してるよ」って答えてた。神様はとっても優しいんだって。マリー・レベッカのその言葉は、その後も何度か耳にしたよ。そしてここに来たばかりの私に、「私は失敗したけど、クララは頑張ってね。」って言ったの。ジャン・マリー司祭には「プレッシャーになるからやめなさい」って言われていたけど。でも、マリー・レベッカは実際には痛悔していなかったのね。本当にへりくだっていたわけではなく、かりそめの謙遜だったんだ。そして、先生面をして、私が偉いんだってアピールしてたんだね。彼女はよく「ここは真理を行ってる」って言ったけど、ジャン・マリー司祭は「ここを誉めるな」って注意してた。それは‘自分を誉めること’だからなんだって。でも止めなかった。

 秋田に来て早々、「マリー・レベッカとは肉親の情を捨てなさい」って言われたの。そして女同士の会話を特に禁止された。でもよく話しかけてくるマリー・レベッカを無視出来なくて、また私もちゃんと彼女に注意することが出来なくて、自分の中でとっても辛かった。結局自分が可愛いかったんだね。天の人たちにも、ジャン・マリー司祭にも、何度も注意されたのに。次第にマリー・レベッカに‘話しかけないで’とまで思い、そして目を背けるまでになっちゃった。戦わないで逃げてしまう、私の悪いところ。

2007年4月17日  ヨゼフ様の御出現。お母さんが「ジャン・マリー司祭に対して悪感情を抱いてる。忘れなさい。」って言われた。それから、今まで私は寺沢に行く予定だったけど、シナリオが変わって清水小屋にいることになったの。どうやらマリー・レベッカから悪影響を受けるから、一緒にいてはいけないって。後でマリー・レベッカが部屋に入ってきて、「クララと同宿服を作るの、楽しみにしていたのに残念だわ」って言われた。これがいけないんだろうな……。私もそこで「はあっ」としか言えないし。本当に弱い……。

4月19日  祭壇の前で、そしてここにいるみんなの前で、マリー・レベッカが百合を開き、隣でジャン・マリー司祭とマリー・マドレーヌが‘償いのセックス’をしたの。秋田に着いたばかりの時に‘償いのセックス’を一度見たけど、その時は泣いちゃったし、何が何だかよくわからなかった。でも、今回は落ち着いて見ることが出来て、セックスする二人の姿を美しいって思ったのを覚えてる。性欲ではなく、愛だけで交わっている姿を見て、美しいって……。今まで世間で見てきたもの、自分が経験してきたものとは、全然違うのに思えた。そして、二人の全裸、特に性器に関してもきれいだった。だって、全て神様が創ったものなんだもんね。

4月30日  マリア様がね、「心を開くには、傷を治さないといけません。甘えさせてあげて下さい」って言われたの。その方法が‘裸の抱っこ’だったの。話をされた時、正直驚いた。恥ずかしさはあったけど、でも嬉しかったよ。私の傷を癒すのにここまでしてくれるんだもん。

5月1日  早朝に、初めての裸の抱っこ。二人とも裸になって、抱き合ってお休みするの。裸になるのは、正直恥ずかしかったな。ジャン・マリー司祭は、おっきくて、あったかかったよ。ただ裸で添い寝するだけではなかった。唇だけだったけどキスされて、おっぱいも吸われた。ちょっとびっくりした……。でも、とっても優しかった。
 夕方の御出現。‘預言的使命’が再開。私はベッティーナ役として正しいセックスをすることになったの。そして、同時にジャン・マリー司祭との神秘的結婚もなされたの。神秘的に夫婦として愛し合うこと。もう一つの目的は、孤独で男性に対する傷が深い私を癒すため……。昨日の、今日って感じで驚いたけど、ジャン・マリー司祭とマリー・マドレーヌの‘正しいセックス’を思い出したの。美しいって思ったセックス。私もやりたいって思ったよ。

5月2日  初めての‘正しいセックス’。ちょっと緊張した。でもジャン・マリーはやっぱり優しくて、おっきくて、あったかかった。彼が私の性器を口で吸ってくれた時は、びっくりしたよ。私のためにここまでしてくれる、その姿を見て、私も彼の求めに応じたいって思ったの。そして、彼のペニスを口に含んだ。これは後から聞いたことだけど、「これをしたのはクララだけなんだよ」って言われたの。何で?って思った。私が、かなりの二重構造で、本当のクララを愛する事が難しかった事、そしてただでさえ愛しにくい私を、恋愛の過程なくいきなり愛するには……。その答えが‘お互いの性器を口にすること’だったって。こうして‘クララを本当に愛するんだ’って思ってくれたのね。嬉しかった。私も、本当にジャン・マリー司祭を愛したいって思ったよ。
 始めの頃は緊張してる私に「安らいで、リラックスして、甘えてね」っていっぱい言って、いっぱい抱きしめてくれた。本当の愛をたくさんもらって、幸せだったよ。‘正しいセックス’に「はい」って言ってよかったって、そして私も本当に彼を愛したいって、思うようになっていった。
 マリー・レベッカは、‘正しいセックス’をすることになった私に、いろいろ話をしてた。「ジャン・マリーとのセックスは全然違うの。性欲を感じないし、まるで子供とセックスしてるみたい。ロマンチックじゃないのよ。」とあっさり言われて、ちょっとびっくりしちゃった。そして「ジャン・マリーは母性愛に飢えていて、かわいそうなのよ。だから、クララ、優しくしてあげて」って突然言われたの。そうなの?
 夜は、始めにマリー・レベッカ、明け方近くに私とっていう状態が、この日から約1ヶ月続いたの。後から聞いたけど、よくマリー・レベッカはジャン・マリーに「クララが寂しがっているから行ってあげて」って言ったんだって。ジャン・マリーはマリー・レベッカのこと、本当に愛していたのにね。

5月17日  ジャン・マリー司祭に、マリー・レベッカとの関係に「クララの方から断ち切らないといけないよ」って言われて、「このままだと駄目だよ」ってマリー・レベッカに直接話をしたの。わかってくれるかな?

5月19日  明け方、ジャン・マリー司祭に突然「おっぱい出たよ」って言われたの。5月2日のマリア様の御出現で「これが正しい行ないだというしるしとして、おっぱいが出ますよ」と言われていたから、‘いつかな〜?’って思っていた。まだちょっとだけみたいだけど、とっても嬉しかったよ。神ちゃま、ありがとう……。マリー・レベッカもとても喜んで、自分の母乳の話をしてた。「ジャン・マリーが吸うと出るの。そして旅行の間は出せないけど、乳は張ってこないのよ。普通は赤ちゃんにあげない日があると乳が張って痛くなるのに。そして、ジャン・マリーが帰ってきて吸うと、ちゃんとまた出るの。不思議だけど、本当なのよ。」って。へえ〜。

5月25日  マリー・レベッカ妊娠。ジャン・マリーがあまりに嬉しそうな姿を見て、マリー・レベッカも涙ぐんでた。よかったね。

5月26日  マリー・レベッカの妊娠を公式声明で出すことになったよ。それに加えて、‘預言的使命’の再開と全裸の4人の写真も一緒に載せることに。マリー・レベッカと二人になった時に、突然メモを渡されたの。ちょっと前に、親族の関係についてあんな事を言ったからかな?‘本当に望んでるやるの?’って書いてあったよ。私はすぐに「うん」って一言だけ答えた。
 ジャン・マリー司祭を本当に愛したくて、そしてこの人と運命を共にしたいって思っていた。これが私にとって、実際的な‘始めの一歩’になるね。‘喜んで受けよう’って思ったよ。その日の夜、写真撮影。みんなの前で裸になるのはちょっと恥ずかしかったけど、私に何か出来るって事は、嬉しかった。結構和やかな雰囲気の中で、写真撮影終了。いい写真が撮れたみたいだよ。

6月3日  マリー・レベッカが、この前のヌード写真について「クララは嫌がってる」って思ってるって。だからお話したの。「私は望んでした事だよ」って言ったら、「クララは子供のようなものだから、かわいそうになったの」って。だから「私は両親でさえも捨ててきたんだから、マリー・レベッカはもっと他人なんだから、そんな言い方はやめてね」って答えた。実際は、マリー・レベッカ自身が嫌がっていたのを、私に転嫁してたのね。性的なことを軽蔑していたの。お母さんと一緒だ。

6月5日 ‘預言的使命’だめになったよ。早朝、トイレに行ってベットに戻ったら、ジャン・マリー司祭が服を着たまま座っていたの。おかしいな?って思った次の瞬間、すぐにそれがどういうことだかわかった。「服は脱がないで」。ジャン・マリー司祭はとても悲しそうだったな。何にも言えなかったよ。それからは、服を着たままの添い寝なんだって思ったら、ちょっとだけ寂しくなっちゃった。
 その日の夕方、6:30くらいかな? 大阪からお父さんとお母さんが、警察の人を連れて来たの。警察の人とお話した。自分の意志で秋田に来たこと、もう両親に会うつもりはないこと、そしてお父さんとお母さんには私のことを忘れて欲しいってこと、正直にお話したよ。
 このことは、後になって卑怯なことだったんだって気付いたの。本当に私のことを愛してくれていたら、私の自由と尊厳を大切にしてくれていたら、こんなことはしないって。この歳になってまで、まだ縛りつける……。私は、全てを捨ててここに来たんだから、もう家族や親族と会うつもりも、電話でさえ話すつもりはないよ。

6月6日  マリー・レベッカの赤ちゃんが流産しちゃった。妊娠した時、感情的に泣いたけれど、結局彼女は信じていなかったんだって。だから、妊娠キットをつかわなかった事に対して反発したんだね。

6月14日  マリー・レベッカが出て行ったよ。

6月24日  昨日ジャン・マリー司祭がオーストラリア旅行から帰ってきたよ。初めてジャン・マリー司祭とマリー・マドレーヌと3人でお風呂に入った。湯船はかなり狭かったけど、きゃーきゃー騒ぎながら楽しかった。今朝はAM2:00過ぎ、いつもより早い時間にジャン・マリー司祭が私の部屋に来て、添い寝してくれた。旅行の7日間で私の心が離れちゃったって。信頼関係を築き直さないといけないって。何でだろう……?

 それから2、3日してようやくわかってきた。ジャン・マリー司祭とお父さんが、ついオーバーラップしてしまうの。一度、お父さんの顔が2、3回ちらちらっと頭をよぎったことがあってびっくりしたな。悪魔が、弱いとこにつけこんできたのね。でも、ジャン・マリー司祭は、本当に違うの。「本当に愛してないとこんなこと、出来ないよ」って言いながら、とても優しく、あたたかく私を抱きしめてくれる。私はこんなに愛されて幸せだね。私も、いっぱい愛したい。

6月30日  ジャン・マリー司祭に、「クララの傷を癒して、二重構造を砕くには‘抱っこ法’しかないからやるよ」って言われたの。抱っこされながら、安心してリラックスしながら自分の中にある傷や思いを全部吐き出すんだって。今のジャン・マリー司祭の体調や状況の中で、私のために時間を割いてくれるなんて……。
 まず、小さい時からのことを思い出して話し始めたの。でも、実は思い出したくないことばっかりで、話しながら泣きじゃくった。私、悲しくって、寂しかったんだね。そんな気持ちを押し込めて、明るく楽しく‘いい子’を演じて……。ほんとのクララ、早くでておいでって感じだね。そうやって、自分を吐き出すうちに、いろんな事が見えてきて、わかってきて、この告白録が書けるようになったんだよ。

 今朝、ジャン・マリー司祭と添い寝していたとき、彼の今の体調のことを話してくれたの。‘預言的使命’が終わって‘正しいセックス’をしなくなってから、それも突然その時がやってきて、射精しない状態が続いてるんだよね。それがとても辛いんだって。夢精がまったくおこらなくなってしまっていて、精液がたまって、痛くて、心臓まで苦しくなるんだって。「クララ、ジャン・マリーのペニスを口にくわえて、精液を飲める?」って聞かれたの。私ね、ちょっと偉そうだけど、‘ジャン・マリーを慰めてあげたい’って思って「うん」って言ったよ。そして、「今、くわえてもいいの?」って言って自分からそうしたの。そして飲んだよ。以前に、一度精液を口に含んだことを思い出したの。その時は、飲めなくて捨てちゃったけど。‘ジャン・マリーを愛したい’ってそれだけだったのね。

7月1日  今朝、突然ジャン・マリー司祭が「クララに謝らなくてはいけない」って。昨日の朝、精液を飲んだこと。それって、罪だったんだね。知らなかった。そして、それを公的メッセージとして公表するって。「赦してね」ってジャン・マリー司祭は言ってくれたけど、私は自分で望んでしたんだよ。もし、それが罪だって知っていても同じことをしたと思うよ。だって、とにかく‘慰めたいな’って、それだけだったんだもん。私も、罪を犯しちゃったのね。ごめんなちゃい。

8月3日  今朝のマリア様の御出現。「ジャン・マリー司祭とクララは、裸で抱き合っていいです」って。そして、以前のように、ジャン・マリー司祭は私の性器を口で吸い、私は彼のペニスを口にくわえる 〜 二人の愛の手段で。でも、あくまで「クララが望むなら」と私の意志を尋ねられたの。私は「望んでします」って答えたよ。その日から早速、裸で抱かれながら心の内を話して、私の傷を少しずつだけどリハビリしてるんだよ。


 こうして、自分の心にあるものを、細かいところまで全部吐き出していると、‘私ってこんな人間なんだ’ってわかってきた。ジャン・マリーは、「それは傷からくるものだから」って言って責めないけど、その度に悲しくなっちゃうね。‘その傷を克服したい’って思う。そのために、この告白録を書くってことは、ありのままの自分をさらけ出して、また自分の中で整理するためにもいい事だって思ったの。特に、母から受けた傷が私には重たいね。‘しつけの文化’によって、私の内のほとんどが母から影響を受けている。母に対して‘嫌だな〜’って思う部分も、ちゃ〜んと私の中にしっかり根付いちゃってるの。

 今までの私は、全てにおいてこの世の快楽だけを求めてきた。結局はむなしいだけだったけど。本当に、最低最悪なことばかりしてきて、いっぱい神ちゃまを悲しませちゃった。そして今もなお、なんだけど……。でも、呼んでくれたんだね。こっちに来なさいって。

 性的なこと、本当は全然興味がなかったの。だから20歳までセックスが何なのか知らなかった。それも異常な話なのね。母は‘清く正しく美しく’を自慢してた。そして、性的なことには異常な偏見と軽蔑を示していたから、もちろん私の中にもそれが伝わっているの。だから、興味がなかったり、セックスがいいものと感じないのは無意識のうちに自分をセーブしてしまってるんだね。それでも、罪の意識もなく、その時の流れに身を任せてしまってたのは、母に対する反発からくるものなんだって言われた。
 秋田に来てからの事は、自分自身のことと、マリー・レベッカの事に焦点を当てて書いたけれど、それも同じ。マリー・レベッカは私の叔母で、やっぱり同じ文化を受け継いでるから、彼女のしたことを認識するために、そして私自身の傷を克服するためにも必要だと思うんだ。実際には‘信じられないな〜’って思う事もあるけどね。

 マリー・レベッカも母と同じ、性的なことに関して偏見と軽蔑があったね。ここに来て、それがよく伝わってきたよ。‘正しいセックス’‘ヌード写真’‘みんなの前で百合を開く事’は、従順して「はい」と言いながらも嫌がってた。でも、結局はだめにしてしまったけどね。ただ、嫌がりながらもそれを実行した事で、今度は自分を賛美する方向へ持っていたの。「私が最も苦手な事をしたの。だから私が一番捧げているの。」って得意げに話していたよ。そして、矛盾する発言……。ジャン・マリーとのセックスは「他の人とは全然違う」って、‘いいものよ’って言うような口調で私に話したし、自分の母乳が出る事もそう。‘預言的使命’が失敗したその日からセックスもおっぱいを吸うことも終わったんだけど、その後もジャン・マリーに求めてきたことも。妊娠した時も、感情的に泣いていたのに、実際には信じていなかった事。流産したのに「全然そんな感覚はないわ」ってあっさり言い切ってしまったこと。一つの霊魂が失われたのに、悲しんでいたようには思えなかったな。ジャン・マリーは本当に彼女の事を愛したんだよ。それなのに、セックスを完全に‘使命’としかとらえず、ジャン・マリー本人に「これをすればリトル・ぺブルさんを愛することになるのよね」と言ってしまう。そして、あの発言。‘預言的使命’が失敗した時、「これでジャン・マリーとセックスしなくていいのね。ありがとう。」 信じられなかったな。本当に愛してくれる人の目の前で、そんな事を平気で言えてしまうなんて……。言う事とやる事が違う、そして人を傷つける。大嫌い!

 私の母も含めて、同じ文化を受け継いでいるんだと思うと、悲しくなるの。でも、その傷を克服するために、そして神ちゃまのとこに行くために秋田に来たんだよ。今までもの全部を捨ててね。父も母も弟も、そして夫も、親族も、友達もみんな……。自分ですべて決めたこと。だから、放っておいて欲しいの。もう今までの家族や親戚と会うつもりも、話すつもりはないよ。忘れてほしい。もう私は‘阿部由美’なんだから。

2007年8月13日
クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美 [ サイン ]




【 参 照 】

クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美のブログ
http://lphakobune.blog66.fc2.com/

奇跡の妊娠! 「ダビド王家」の再興!
http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_070814_clara.html
http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/cat20840307/

マリー・マドレーヌの自叙伝
http://lphakobune.web.fc2.com/mm_jijoden_index.html

マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ集
http://lphakobune.web.fc2.com/mm_message_index.html





[HOME] [戻る]